京都11R 平安S(GIII) ダ1900m 良、高速ダート想定
【展開予想】
 馬場は先週は雨の影響もあったが今開催通して良でもかなり時計が出ているので、高速ダート想定でいいだろうと。 


 展開が結構難しいところがある。まず前走逃げて失速したニホンピロアワーズ、これは基本的には番手がベストの馬なので、内枠にいる中で内のエノラブエナ、アスカノロマン辺りが行ってくれればというような感じでじわっと出していきそう。クリノスターオーはどう出るかは読めないところがあり、今回はアジアが外になったのと自身も外枠なので様子を見ながら逃げ馬を見ての番手ができればいいがという感じでちょっと探り探り。アジアは前走逃げて目標にされた、今回は外枠で逃げる必要がなくなったので逃げない可能性が高い。エノラブエナも前走差し切っての勝利だが前々での競馬もできる馬。逃げ番手勢の動静が非常に掴みにくい枠順かなと思う。この中でアスカノロマンが枠もあるし行かせてくれるなら思い切ってハナを叩くかもという感じ。いずれにせよ展開決め打ちは危険かなというところ、ペースが上がらず中弛みでという可能性もあるし、逃げアスカ、番手ニホンピロでスローだと2列目あたりは凝縮する可能性もある。この辺りを読みつつどういう展開でも対応できる馬を上位に、馬群の中でも中弛みに対応できるトップスピードタイプや前々でコントロールして良さが出そうな馬を狙いたい。


【予想】
◎03ナムラビクター
〇16マイネルクロップ
▲サウンドトゥルー
△04アスカノロマン
△11クリノスターオー
×09ソリタリーキング13アジアエクスプレス
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×


◎ナムラビクターは内枠を引けたのが大きいのと前の隊列が読みにくく序盤の先行争いは意外と楽なんじゃないかなと。この馬はダートスタートだとやや出が微妙でかつスタートが下手なミルコなのでこの辺りがマイナス材料だったんだけど、意外と隊列見るとダートスタートでの出が悪いインカンだし、エノラブエナ、アスカ辺りは前を狙いそうなのでちょうど真ん中の3列目~中団ぐらいは取れそうかなと。前走のアンタレスSは淀みない48.1-49.5と明確なハイペースで1800でも基礎スピードを高く要求された。チャンピオンズCの2着はやはり新たな一面を見せたと考えるべきで、中京1800でも50.4-48.7と緩い流れから12.9 - 11.9 - 12.2 - 12.4 - 11.7 - 12.4とL2最速、4角の下りの段階ではまだ緩い流れで直線で加速するギアチェンジ戦で前を向けない好位から外に出して直線入りでスッと反応してて、前走のアンタレスSもペースが早かった中でロスなく立ち回ったとはいえ内内の競馬に対応してきた。馬群の中で動かずに直線でしっかりと反応できるので、これなら京都で3~4角インで立ち回る形になれば中弛みからのコーナー加速戦になりやすい京都1900は合うはず。昨年は中弛みからコーナーでペースを引き上げ12.7 - 12.7 - 12.4 - 12.0 - 11.8 - 12.7と早いラップを要求される中で3~4角ジェベルムーサと一緒に外から上げていく競馬で脚を使った感じ。昨年のアンタレスS勝ちを見てもシリウスSの内容を見ても要所の脚は鋭いが、L1では甘くなりつつあるのでコーナーで溜めて直線で脚を使う形は良い。この距離なら息も入るし溜めながら競馬ができるいい条件、良い枠に難儀な展開予想を考えると軸はこの馬かな。追い切りも時計はアレだがいつものこと、動きは良く見えた。ミルコ頼むから出負けすんなよ。


〇マイネルクロップは大外枠がどうかなと一瞬思ったんだけど、今回の並びを見ると逆に外でどんな展開でも対応しつつスローからのトップスピード持続力が高い、京都で外から動いていって要所で鋭く伸びるというのは合うんじゃないかなと。京都1900なので中弛みになりやすい、まして今回は展開が読みにくいので前中盤をフラットに乗れそうな馬を狙いたい、基本消極競馬の丹内だしこの枠で無理に前を狙うこともないだろうというのと、クリノスターオーやアジアエクスプレスといったところの1~2列後ろから動き出しに合わせてコーナーでロスなくという競馬も可能。京都の場合3~4角でペースが上がった時に大外から押し上げるとしんどいので、その点でも自身より前に動いていきそうな馬がいるというのは好材料。この馬の場合マーチSは辛勝だったがペース的に49.6-50.8とハイペースで基礎スピードが問われてのポテンシャル勝負。高速ダート適性高く、初夢賞のように12.3 - 12.3 - 11.8 - 12.3 - 12.0とL3最速戦でうまく立ち回ったとはいえ3列目から直線序盤でスルッと抜け出しL1で再加速のラップで千切っているように軽いダートでトップスピード面をある程度要求される競馬は良い。中弛みしそうだし、後半勝負になる可能性が高く、内でも外でも立ち回れるし外目で前目に目標があるということから考えても、人気的にも全然今回なさそうなので積極的に狙いたい。今回は個人的には買い材料が多い。外枠なのでどうしてもコーナーで脚を使うとは思うしその分はナムラビクターより難しい材料。まあこのメンバーでこのコースで完全な一貫ペースになったら諦めるし、コーナー加速していく流れでもついていける、そこから質の良いトップスピードを長く使えるという点でもここは十分勝負になると思う。前走は苦手な展開で勝ち切ったんだから力はつけてきている。開花したと見たい。


人気ブログランキングへ(10位!?前後、00:00更新予定、プロフィール欄にあります。)
この馬は結構面白い存在で、トップスピードに乗せてからの持続力に関しては未知数。特に個人的には2走前を評価していて東京ダ1600m戦でペースそのものは48.1-49.0とややハイ、12.6 - 12.8 - 12.2 - 11.8 - 12.1と中弛みからの再加速の流れなのだが、ここで最後方列馬群の中で前を向けない状況だった。直線L2辺りでようやく進路確保という感じだったがそこからぐんと伸びてきて最後までしっかり保って前を楽にとらえたのが印象的。このレースでは緩んでいるから取り付けたしそこから前を向けなくても脚を引き出せたという感じ。前走は同じくマイル戦でも状況が違い、47.2-48.7と明確にハイで12.1 - 12.2 - 12.1 - 11.9 - 12.5とほとんど緩んでいない。この中でほぼ最後方から直線じりじり、最後まで伸びてきたが結局のところ基礎スピード負けしている。こういう馬なので、ペースが淀みなく進むレースよりどこかで緩んだ方が良いだろうというのと、そこからのトップスピード勝負ではどの地点でもいい脚を使っているというのは強み。京都1900なら息が入るし3角の下りからのペースアップになる可能性が非常に高いレースだけに、内からでも対応しながら競馬ができるのは良いし何よりナムラビクターやインカンテーションを目標にしながら進められるチャンス。マイネルクロップも思ったより人気薄かなという感じだけど、一発あるならこれかなと。


△アスカノロマンはこの条件ならアジアエクスプレスに逆転あるかもと。この馬はレパードSでアジアに乾杯しているんだけど、平均ペースから12.7 - 12.7 - 12.3 - 11.5 - 12.0とかなりギアチェンジを要求される形でアジアの外後方2列目から4角出口~直線入りのギアチェンジ地点で置かれたのが敗因だと思う。この馬はペースアップ戦の方が適性は高いと思うんだが、ギアチェンジが微妙で京都で安定するのは3角の下りから加速できるからだろうと。例えば観月橋Sでもドコフクカゼ相手に12.9 - 12.3 - 12.0 - 11.9 - 12.4とL4から徐々にペースを上げ、3角の下りで更に加速させつつの競馬で普通に完勝している。反応そのものはさほど早くないがしっかりとエンジンをかければ長くトップスピードを持続させてくる感じで決して息を入れる競馬が苦手というわけではないだろうと。それにむしろ基礎スピード戦となったみやこSやアンタレスSの内容からも1800は気持ち短いと思う。アルデバランSは京都ということもあったが割と厳しい流れに対応してきたし時計も優秀。このメンバーで内目で立ち回りながらコントロールできれば不気味な存在のはず。


△クリノスターオーは今回ちょっと難しい要素が多いが力を評価しての連下。まず逃げ馬が掴みづらいうえにこの枠なのでハナを取り切るなら最初から行く気で行かないといけない。一応意識的に番手で競馬をしている馬のようにも感じるのでこれができるかどうか。今回はアジアより内だし自身は外、アジアが行くなら行かせてからの番手で良いかなと思っているだろうし、そうなると内の先行争い勢が積極策に出た時にどうしても2列目の外々になるかと。この馬はTS持続力面、ポテンシャル面も高いしポジションを取れるのが武器だがコーナーで加速していく競馬になった時にはどうしても置かれるリスクがある。下りがある淀なので幾らかマシだろうが、昨年やアンタレスSのように前々内内でというのが今回はそこまで簡単に取れないだろうとみて連下。パフォーマンス的には普通に最上位ではあるけど、やっぱり乗り難しい馬というのは確かで、内の逃げ番手勢の動向が読みにくいのはちょっとなと。ニホンピロあたりがスッと逃げてその番手が取れれば理想だしそうなれば勝負だろうけどね。まあ今回は流石に人気してくるしリスクもそれなりにあるので魅力的な馬が多いことも考えて連下が妥当かなと。


×ソリタリーキングは高速ダート適性が非常に高い馬だし、ワンダーアキュートに徹底的に抵抗できた日本テレビ盃の内容からもある程度のペースからの一足が武器。流石に中央に入って逃げるという手は難しいだろうが、中団ぐらいから様子を見ながら3~4角で内目を立ち回りつつの一足を使ってくると圏内ぐらいは怖い。ドコフクカゼとの単純比較でもブリリアントSでは2.5kg差あったのが1kgまで縮むわけで。


×アジアエクスプレスはここはタルマエになれるかどうか興味を持って見ているがひとまず押さえまで。外々から恐らく今回は逃げる手ではなく2~3列目の外だろうと思う。前走は内枠で包まれるのを嫌った面が多いし逃げて目標にされて差されるケースを味わったわけなので、レパードSぐらいをイメージできればいいがそれでもこの枠では楽ではない、好位列だろう。3~4角でペースが上がりやすいコースでTS持続力をそこそこ問われる分けで、昨年のナムラビクターやジェベルムーサ的な立ち位置になる可能性が高い。そこでねじ伏せきるほどかとなると現状では名古屋大賞典で正攻法の競馬で内でうまく立ち回ったメイショウコロンボに最後で甘くなったり、レパードSのレースレベルから考えても決して楽観視はできないだろうと。アスカ相手にはギアチェンジで優位に立ったと思うので、京都だと優位性は削がれるというのもあるし、長距離適性は高いと思うがここで今回の展開だとちょっと様子を見たい。


消からローマンレジェンドはチャンピオンズCは完璧に立ち回ってナムラに完敗、緩んでも対応できたのは大きな材料ではあるが、この枠でこれだけ先行勢が揃った中で対応できるかは。この馬はフェブラリーでも中弛みからのTS勝負で対応できたけど、L1甘くなってる。チャンピオンズCもL2では食らいついたがL1で甘くなっているし、トップスピード持続力は意外とない。単調なポテンシャル勝負でこそなので中弛みからの再加速戦で外々となるとどうかなと。


消からドコフクカゼはアスカノロマンに観月橋Sで中弛みからの再加速戦の流れで正攻法で挑んで普通に完敗している以上、この条件で大外枠、中弛みで外からコーナーで加速していく流れに持ち込まれてどうこうというレベルにはないと思う。前走でも結構ソリタリー相手に苦戦しているしさまざまな面で条件的に悪くなると思う。ここは消す。




今は春のG1戦線まっただ中ですね。

6月28日に行われる宝塚記念まで、マイル~中距離の芝のレースが続きます。

スプリント戦(距離が1,200メートル)なら能力の違いだけで勝ってしまう馬がいますが、 マイル以上になると血統による適正が勝敗を分ける場面が増えてきます。

きちんと血統的に適性がある馬を狙えば馬券をしっかり的中

させられる可能性がグンと高まります。

そこで、今週のオークスを始め、残りの春のG1の予想で参考にして欲しいのが

「栗山求(クリヤマモトム)」氏の予想。



栗山求氏とは・・

テレビ、雑誌、イベント、ブログなど幅広いジャンルで活躍。

抜群の知名度と安定の的中率を誇るプロ競馬予想家。

血統を基にした予想方法が得意で、競馬通信社でのコラム『血統SQUARE』の連載や

フリーライターとして雑誌や書籍などを手掛けるなど多くの経験をしてきた栗山求氏の

配合分析は有名
である。

現在では『競馬総合チャンネル』、『web競馬王』、『競馬王』、などに

連載を持っており
、今年3月に発売されたパーフェクト種牡馬辞典2015-2016

では監修を務めている。

グリーンチャンネルなどのテレビやイベントにも多く出演しており、

抜群の知名度とキャリアを誇る栗山求氏は
血統評論家として日本を代表する存在である。


完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを
クリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。栗山求氏のオークスの予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。


そんな栗山氏ですが、現在、5週連続的中を記録!


皐月賞では

1着 ▲ドゥラメンテ
2着 ◎リアルスティール
3着 △キタサンブラック
3連単12,360円を手堅くGET。


5月2日の青葉賞では

1着 ◎レーヴミストラル
2着 ▲タンタアレグリア
3着 △ヴェラヴァルスター
3連単12,990円をしっかりとGET。


そして5月9日の京都新聞杯も

1着 △サトノラーゼン
2着 ◎ポルトドートウィユ
3着 ▲アルバートドック
3連単13,160円をGET。


そしてそして、先週の京王杯スプリングカップでは

1着 ○サクラゴスペル
2着 ◎ヴァンセンヌ
馬単4,950円をGET。


そして圧巻だったのが4月26日に行われたマイラーズカップ。


マイラーズカップで実際配信された予想は・・


(4月26日)マイラーズカップ(G2)




----------------------------------------
<推奨馬とその根拠(抜粋)>
◎7フィエロ
○9フルーキー
▲4サンライズメジャー
△6ディアデラマドレ
△10エキストラエンド
△15レッドアリオン


◎フィエロは「ディープインパクト×デインヒル」という組み合わせ。
母ルビーは本邦輸入種牡馬ロックオブジブラルタル
(ヨーロッパでマイル戦を中心にG1を7連勝)の全妹にあたる良血馬。

したがって「ディープ×ロックオブジブラルタル」の
ミッキーアイル(NHKマイルC)と血統構成が近い。
ディープインパクト産駒のマイラー配合としては高く評価できる。

昨年のこのレースはレコード勝ちしたワールドエースの2着。
開幕週の速い時計にも対応でき、過去休み明けで崩れたこともない。


<結論>

馬単ながしマルチ
7→4、6、9、10、15

三連単軸1頭ながしマルチ
7→4、6、9、10、15


----------------------------------------

レースはフィエロが最後の直線でインコースから
追い込むも・・・
↓   ↓    ↓    ↓ 
 

惜しくも3着!

しかし相手に買っていた
レッドアリオンが優勝し、
2着にもサンライズメジャーが入着。



【結果】
3連単:15-4-7 的中!

的中配当:98,650円
回収金額:986,500円



実際のPAT画面↓



恐るべし栗山求氏の血統予想・・・


さらに栗山求氏は毎週木曜日に血統についての
コラムを連載しているのでそちらも要チェックです!


競馬スピリッツなら「栗山求」氏の予想が毎週2レース無料で
見れて、さらにコラムも完全無料で読み放題です!



「競馬スピリッツ」に登録して栗山求氏の予想と
コラムを完全無料で楽しんでみてください!

・オークス
・日本ダービー
・安田記念
・宝塚記念
今なら無料登録で上記のG1の買い目を完全無料で見ることができます!


血統が重要な予想ファクターとなるこれからの 春のG1
予想は是非栗山求氏の買い目を参考にしてみてください!



完全無料で「栗山求」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを
クリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。栗山求氏のヴィクトリアマイルの予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ