2015 10/18(日) 秋華賞(GI) 京都芝内2000m
出走予定・登録馬一覧
秋華賞2015の出走予定馬


【↓秋華賞2015出走予定馬の中から注目馬は?】
人気ブログランキングへ(15位前後、プロフィール欄にあります。)


 武豊とのコンビで遅れてきた大器となるか、トゥザヴィクトリーの血を引き継ぐトーセンビクトリーが力をつけてきてここまで辿りついた。春は順調さを欠いた面もあったが良さが出し切れなかった面もあった。しかし夏に古馬相手にメキメキと力をつけてこの舞台まで駆け上がってきた。前走のローズSでも3着に敗れはしたものの権利確保を最優先に先に動いて目標になりつつも桜花賞馬は捕えた。この上昇度を武器に、勝利を以て秋の華を咲かせたい。


 個人的にはこの条件ならローズSからの逆転は十分あり得るかなとみている。尤も、この馬自身が京都2000でどこまでパフォーマンスを上げてこられるかは未知数な面ももちろんあるが、少なくともトップスピード持続戦、かなりタフな競馬になったローズSよりはいい条件だとみている。


 まずは個人的に印象に残ったレースとなった2走前の西部スポニチ賞から振り返りたい。小倉1800m戦でまだAコース、徐々に高速状態にはなっていたがBコースに替わってから程極端ではない。ペースバランスは48.7-47.1と明確にスロー、12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 11.5というラップ推移でトップスピードはさほど要求されず後半のロンスパに近い競馬なのだがL1最速でまだまだ余力があったという内容。五分に出て好位列ぐらいには楽に取り付いて進めていく。そこから無理をせずに序盤はゆったり、3角手前にかけて徐々に差を詰めながら。3~4角で外からキリシマホーマが上がっていきその直後を楽に追走、4角では2列目からキリシマの先頭列を射程に捉えて直線。序盤で馬なりで並びかけるとL1で追い出されてしっかりと突き抜けての完勝だった。かなり印象的だったが、ここまで長く楽に脚を使ってくるとは思わなかったし、相手も決して楽ではない中で1000万下を楽勝してきたというのは、古馬との戦いではあまり結果を残せていないこの世代を考えると印象に残ったかな。ポテンシャル戦で良さを見せてきた感がある。


 茶臼山高原特別でも強烈な伸び脚でしっかりと勝ち切った。破った相手もスティーグリッツやタイセイアプローズといった強敵揃い。500万下のレベルではなかったといえる。中京2000m戦でペースバランスは61.3-60.5とややスローの範囲、12.5 - 12.6 - 12.5 - 12.0 - 11.5 - 11.9というラップ推移で徐々に加速しつつL2最速は11.5
とトップスピード面はさほど要求されていない。五分には出てそこから様子を見ながら中団に下げつつという競馬。道中もゆったりした流れの中でしっかりと中団でポジションを下げずに3角。3~4角では馬群凝縮、好位列の外だが雁行状態のかなり大外を回す羽目になって直線。それでも序盤でそこから馬なりで進路を中目に切り替えて追い出されるとしっかりと伸びてL1序盤で先頭に立ち、L1でスティーグリッツが伸びて来ていたがそれでも封じ切った。このスティーグリッツが九十九里特別も勝って菊花賞でもダークホース的存在となりそうだし、4着のタイセイアプローズも楽に500万下、1000万下を連勝している。内容的に見てもロスは多くなったがそれでも直線序盤で進路を切り替えしっかりと馬群を捌きながら伸びてきたといえる。流石にL1ではちょっと甘くなったがラップ的には落としていないし上位も強かった。この2走は11秒前後の速いラップ、トップスピード面を要求されずに結果を出してきたといえる。


 トップスピード戦はというと幾らか不安がある感は否めない。特にTS持続力に関しては正直さほど能力を感じない一頭だ。骨折復帰後の2戦がそうだったが、カーネーションCでは東京1800m戦で12.2 - 12.1 - 11.2 - 10.8 - 11.7とスローからのTS持続戦というような感じで好位列の最内から直線で追い出されてもジリジリとしか伸びず、L2で進路もなくなったし勝敗はともかくとしてもL1までなだれ込むまでだった。まあスムーズさを欠いていたし骨折明け初戦ということもあったのでこの一戦だけで判断は下せなかった。が続く阪神1800m戦では割と上手く脚を引き出せる展開だったが…という感じ。ペースもスロー、12.2 - 12.0 - 11.0 - 11.5 - 12.1とL3最速戦でTS持続力をメインに問われた競馬になった。中団馬群の外からL3の4角最速地点でロスはあったが、直線序盤で伸びてきそうだったもののL1でその勢いほど差を詰められずに最後はマイネリベルタスと脚色同じになってしまった。この辺りからもトップスピードに乗せてからの持続力という観点では高いレベルで戦えるものはまだ見せていなかった。


 そんな中でローズSでは一定のパフォーマンスを見せてきた。阪神芝外1800m戦でペースバランスは46.7-46.8と平均ペース、11.7 - 11.9 - 11.2 - 11.5 - 12.2のラップ推移でL3最速は500万下の時と同じだが全体のペースが速かったのは違いとしてある。外枠からまずまずのスタートを切りながら無理をせずに下げて後方でという競馬。3~4角でも大外から追走しながら楽な手ごたえで直線を向く。序盤ではまだ持ったままだが追い出されてから減速地点での伸びで早い段階でタッチング、ミッキーに見劣る。L1では明確に外2頭に見劣ったという形。ひとまずこの流れの中でポジションを下げながら後方というのは悪くない材料だったなと思う。前哨戦にしてはかなり流れたし、平均ペースとはいえバテ差してラスト1Fが12.2ということからも前の馬は13秒台ぐらいに入っていてもおかしくないので実質的にはハイペース気味だったはずである。そういった流れの中で好発を切って下げるという競馬ができているように最序盤のポジショニングセンスは比較的高い。またTS持続力で甘くなったがこのペースから要所で上がっていけているように基礎スピードの幅広さも見せてきた。厳しい流れの中でもL3最速と明らかに早い仕掛け、その中で最速地点で動いていく形になったのは甘くなっても仕方ないかなというところ。逆にズブズブの展開でTS持続に特化したタイプのミッキークイーンやタッチングスピーチ辺りに対して秋華賞では序盤のポジショニングセンスを武器に戦えるという目途は立てたかなといえる。





 今回は超高速の淀2000m戦で、ひとまず京都大賞典ではないが最序盤のポジショニングが非常に重要なレースになる。前述しているがローズS1,2着馬はポジショニングには大いに不安があり、超高速の淀の2000ですんなりとポジションを取れるような馬ではない。一方でこの馬はここ数走は後ろからの競馬がメインにはなっているが、出負けして後ろからではなく無理をせずに後ろから行っているという違いはある。本番で中団ぐらいを狙おうと思えば狙える馬なので、その点では京都2000で超高速馬場なら最序盤アドバンテージは持てるはず。それと、この馬はやはりあまり速いラップを刻むような競馬にならない方がいいので、例えば昨年の秋華賞の様に超高速馬場でペースが上がってL4最速でも11.5というようなポテンシャル戦になった方がいいだろう。流石にこの馬でもローズSぐらいしか厳しい流れは対応できていない中で58秒ペースでやれるのかどうかという不安もあるのはあるが、それでも同じミッキークイーンあたりと比べてポジションで優位性を取れるのは大きいだろうと思う。ポテンシャルに関してはまだ高いレベルで未知数だし、昨年の展開をそのまま丸々当てはめればローズSの1,2着馬との逆転は枠順次第で普通にあり得るだろうとみている。ただ、この馬もまだ超高速馬場での適性そのものは見せていない。中京だったり小倉でもAコースだったり、前走のローズSも時計自体はある程度出ていたがエアレーションが成された馬場でパワー型優位にはなっていた。京都もエアレーションされたと言っても京都大賞典から考えれば影響は誤差程度もないように感じる。その辺りの適性は未知数なのでその辺りはカギになる。小倉の内容からは京都2000そのものは良さそうだし、今回は出たなりでポジションを下げずにできるだけ3~4角で内目をというスタンスで後続の押上げを待てる立場になれば面白い。古馬1000万下を楽に撃破した実力はここでは侮れないし、前走はトップスピード持続戦でもあった。後半トップスピードを要求されないポテンシャル戦なら逆転可能だ。


【↓秋華賞2015出走予定馬の中から注目馬は?】
人気ブログランキングへ(15位前後、プロフィール欄にあります。)



【毎日王冠を◎○で的中!この予想家の予想に乗っちゃいませんか?】

突然ですが・・馬券を当てたいみなさんにおすすめしたい方法があります。

それは・・

絶好調の予想家の予想を参考にしてみるということ。

やはり競馬って波がありますから、今当てまくっている予想家に乗るのも
馬券で儲けるための一つの有益な方法です。

さて、その絶好調の予想家とは・・

「虎石晃(トライシアキラ)氏」

虎石晃とは・・

東京スポーツでは『馬券野郎』としておなじみの名物記者。
紙面のみならず度々テレビなどのメディアにも登場し予想を披露している。

そのスタイルは、自らの足でトレセンに通い抜群の取材力を駆使して関係者から
得た情報を基に予想を導き、点数を絞りやすく且つ的中しやすいレースで馬券を買い、
勝ちを得るというものである。

その予想の精度は抜群で、今年の2月には
「今だから出来る 東スポ虎石晃のWIN5傾向と対策 (競馬道OnLine選書)」
という書籍を発売している。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの予想家である。


無料で「虎石晃」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを
クリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。
虎石晃氏の秋華賞の予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。



そんな虎石氏ですが、11日の毎日王冠(G2)では◎○でバッチリ的中でした!

実際配信された毎日王冠(G2)の予想は・・




結果は・・

1着◎エイシンヒカリ
2着○ディサイファ


で入線!!

馬連1,880円的中!
ワイド 820円的中!

馬連3点、
ワイド3点

の少点数でバッチリ的中でした!



さらに驚いたのは6月21日の函館スプリントステークス(G3)。


函館スプリントステークスで実際配信された予想は・・

(6月21日)函館スプリントステークス(G3)




レースはアースソニックが最後の直線で外から追い上げるも・・

惜しくも2着!

しかし相手に買っていたティーハーフが優勝。

1着▲ティーハーフ
2着◎アーソニック

で決まり・・

馬連19,550円的中!
ワイド 5,090円的中!

このレースも
馬連3点、
ワイド3点
の少点数でバッチリ的中でした!


恐るべし虎石晃氏の予想・・


さらに虎石晃氏はほぼ日刊で主にトレセン関係者についての
コラムを連載しているのでそちらも要チェックです!

競馬スピリッツなら「虎石晃」氏の予想が毎週2レース無料で
見れて、さらにコラムも無料で読み放題です!



「競馬スピリッツ」に登録して虎石晃氏の予想と
コラムを無料で楽しんでみてください!


今月は

10/17(土)東京11R 府中牝馬S(G2)

10/18(日)京都11R 秋華賞(G1)

10/24(土)東京11R 富士S(G3)

10/25(日)京都11R 菊花賞(G1)

10/31(土)京都11R 毎日放送賞スワンS(G2)


上記全てのレースの買い目を無料で見ることができます。


是非絶好調の虎石晃氏の予想を参考にしてみてください!


無料で「虎石晃」氏の予想とコラムを見る!
※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLを
クリックして登録を完了させてください。フリーメールアドレスで登録できます。
登録後、「馬スピ特報」というコーナーをご覧ください。
虎石晃氏の七夕賞の予想は今週土曜日の夕方頃UPされます。





最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ