毎週日曜の22:00からツイキャスでの回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2017 皐月賞(GI) 中山芝内2000m良
ファンディーナの敗因分析

1:57.8 12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7
59.0-58.8 M 

 69年ぶり、牝馬による皐月賞制覇を期待されて1番人気に支持されたファンディーナは7着と人気を裏切る形となった。敗因を分析していく。


7着ファンディーナ


 8番枠からまずまずのスタート、楽に逃げられそうだが無理はせずに外の逃げ馬候補を行かせる形、上手く内内で我慢して2列目ポケットと理想的な入り方をする。道中は包まれるといっても前にスペースを置く形で上手く進められたし、流石に少し掛かり気味だが許容範囲内。向こう正面下り以降で少しペースが落ち着いて息が入っていく中でそのスペースを詰め過ぎるような形になりここで減速そのうちのスペースをペルシアンナイトに突かれたことで最内をなかなか狙いにくい立場、4角で外に出してゴーサインそのまま先頭で直線に入ってくる。ただ序盤で思っていたほど弾けずに苦労すると、そのまま伸びあぐねて7着と完敗だった。


 まあ私の本命が一番の敗因だと思います。というのは半分は冗談にならないと思っているけど、それでも本気で分析していかんといかんので、落ち込んでいるモチベーションを奮い立たせて極めて冷静に見ていこうと思う。


(このブログだとややこしいので端的に敗因を言えば、超高速馬場で軽いスピード不足だった、ついていってそこで脚を使ってしまった。フラワーカップで見せた強烈な加速をそもそも使えなかった、一脚自体削がれていたので前半に敗因を求めるべきかなと。)


 まず、ここ3走で言えるのはいずれも時計が少し掛かっていたパワー型の馬場状態だったのは間違いない。その中でつばき賞ならドスローで10秒半ばの脚を2F続けたり、フラワーCでは1.2のギアチェンジでもろに高い性能を見せてきたりと、底を見せないパフォーマンスではあった。不安があるとすれば上がり切って基礎スピード勝負になった時だなと思っていたんだけど、正直この皐月賞の馬場状態とレースラップから判断すればペース自体は全く上がり切ってはいない。この馬自身の走破で見ても大体平均ぐらいで収まっているはず。ただそこから4角で勝負に行って甘くなるのが早かったことを考えれば、意外と軽い馬場でペースが上がると削がれてしまう、或いは中間的な脚を使えず4速が無いタイプなのかもという感じ。このレースは結構徐々に加速して、L3で最速11.4とそんなに速い脚を使わされたわけではない。それとやはりタフな馬場でこその感覚ではあった。このペースで各馬が脚を削がれるというほどでもなかったし、その中でL3最速、コーナーで分散する形にはなっているしそこで後半のポテンシャルでとなると案外足りなかったんかな…というのが正直な感想。


 流れとしてみると若干噛み合ってはいない、少なくとも岩田が完璧に乗ったとは全く思わない。前半のレースメイクは個人的には最高の形。2列目ポケットで前にスペースを置く、内外どちらでも選べる準備をしていた、3角手前で緩んだことでそのスペースを詰めてしまったのと、ミルコが内からするする上がってきていて、自身の内のスペースに入ってきたのでそれを潰す形でまず内に入る。ただそうなると前にいた逃げ馬アダムバローズが下がってきていて、それを交わす必要がある、今度は外から武豊が締めに来る。この段階で個人的に外に決めきったのは悪いとまでは思わない。ただL3最速でこれは4角地点丸々入るので、ここでのロスは当然小さくはない。それでもその外を回してきたダンビュライトが自身より先着をしているわけなので、1,2着馬に対してはともかく3着のダンビュライトに対してこれは決定的な敗因ではありえないと。確かにL3実質最速で4角地点でのロスは影響はあったがそれでも馬場を考えるとトップスピード面はあまり問われていない、中間的な競馬になっている。実際ダンビュライトは最後まで来ているからね。


 それに前走のフラワーカップのパフォーマンスを考えても馬を信じて外からという選択自体はやむを得なかったと思う。内で我慢というのも手ではあるが、そうなるとダンビュライト武豊は内に更にプレッシャーをかけに来るし、3角途中の段階で豊はファンディーナを外に出させないような意識を明らかにもっていた。ダンビュライトが2列目の外にいて内にプレッシャーをかけて来ていたら前2頭がしんどかった、外から内に絞られてとなるとここで更にブレーキ、直線で出し切れないリスクも出てきたと思う。結局内が開いたのはファンディーナが外に出したことで産まれたスペースをつけた3列目のペルシアンが突いたものだし、ファンディーナが外に出たことで内へのプレッシャーが緩くなって先頭列のスペースが空いたともいえる。なので正直ここの判断に関しては個人的には仕方ないかなと。もちろんギアチェンジが持ち味なので仕掛けを待ちたかったのは間違いないんだけど、それでも0.5差が示す通り、もっと総合的に敗因を探っていく必要はあると。


 なので岩田の騎乗はベストではないけど強い馬なら関係なく勝ってくれるレベルだったと思うので、ファンディーナを過大評価していたのか、もしくは別路線の馬を過小評価していたのか、或いは昨年のディーマジェスティの様に高速馬場によって一気にパフォーマンスを上げてきた馬がいたのか?この辺りの判断をどうするかがまず一つ。特にファンディーナだけで見れば恐らく馬場適性が思った以上にパワー型にシフトしていたのかなという感じで、高速馬場での59.0が案外この馬にとっては意外と楽ではなかったかも、というのは認識として一つ必要かもしれないと。フラワーカップの時計が掛かる中である程度のペースから一気にトップスピードに乗せること、しかも強烈なレベルのものを見せていながらも今回それがイマイチ発揮しきれなかった要因はなんなのかと。その敗因の着地点としては質のいい軽い基礎スピードを持っていなかった可能性は考える必要があると思う。


 難しいけど、全体のペースに対してそこそこ不安が出てきてしまったと思うし、高速馬場適性も疑問が出てきた。ダービーは絶対本命かなと思っていたんだけど、この感じだと流石に撤回せざるを得ない。ダービーも昨年ぐらいスローならいいだろうけど、キタサンブラックでも沈んだように全体で流れてそうならないケースもあるからね。無条件とはいかなくなってきた。冷静に見ても高速馬場ではパフォーマンスを落としたと考える必要がある。まあこの結果からダービーに向かうのか自重してオークスに行くのかはわからんけど。タイプ的には欧州の洋芝でのヨーイドンは合うと思っているので、何とか結果を出してほしい。並の馬ではないと思っているけど、思っていたほど全体のペースに対する余裕が無かった。ダイワスカーレットを引き合いに出してきたけど、秋天で突かれながらも脚を引き出せたダイワと比べるとここがネックになってしまったと思う。敗因としてはそこにまとめたいかな。細かい部分はあるけど、そもそも最大の持ち味だった追い出されてからの強烈な一足自体が引き出せなかったのは全体のペースでこちらは少し削がれて、軽い馬場での基礎スピードを持っていた馬が上手く出し切れた面、と考えた方が良い気がする。現時点ではゲートの上手さを活かしてレースを支配してペースをスローに落とす方がこの馬の良さは出しやすいかな。


 後は感想だけど、う~ん個人的にはここ数年で一番ショックの大きい結果になった。もうちょっとやれると思っていたし、皐月賞は簡単ではないかなという面もあったがこなしてくれると思っていたからね。まあ、この一戦だけで評価を落としすぎるのは良くないと思うし、もっとゆったり入った方が良いとは思うからね。見守っていきたい。今回はアルアインやペルシアンナイトを褒めなきゃというところ。高速馬場適性はやっぱり疑問が強くなってきた…。まあでも本命を売ったこと自体に後悔はないかな。自分のリズムで走れればケタ違いだと思うんだけどね、後は非ノーザンのこの陣営がしっかりとこの馬を作っていけるかに尽きる。強い馬だと思っているので頑張ってほしい。


今週の皐月賞は予想外の結果となりましたね!
来週はどんな展開になるのでしょうか!

練りに練った予想が、平気ではずれてしまうのが競馬。
いま流行りの競馬サイトの情報を参考にすることもお奨めしたいところですが、
最近はサイトが乱立気味です。

情報発信が早すぎて、最新情報に対応していない競馬サイトを多く見かけます。

その点を考えれば、平日はほとんど情報を発信せずに、
週末で渾身予想を出してくる予想サイトの方がいいのかもしれません。

競馬サイトを使う際は、人員構成を公表しているもの、
情報源として騎手や調教師等の有力関係者を立てているところ、
動画や画像等のコンテンツを豊富に作成していたり、
様々なメディアへ露出しているサイトをおススメします!


サイト制作に力を入れていて、お金をかけてPRしていることから、
健全に運営をしている真摯な会社と判断できます。
そういったところの情報は当然、
予想家の実力もあるので、必然とG1クラスでも当ててきます!

その点で代表的なものは「プライド」でしょうか。

現役TM、
そして、現役を退き、今や予想家として現場で動き回る
元厩舎関係者、元騎手、元JRA職員で構成される競馬サイト
→  http://pride-k.com/



プライドの情報収集メンバ―がそろえば、
声を大きくしては言えない事や専門紙に書けない裏情報までも入手する事が出来ます!
そして情報収集後、分析を行った上で、更に「プロの予想」による最終精査を行います。

しかし、専属契約しているプロの予想家/業界関係者は、他社とは違い、
完全出来高制による報酬と3ヶ月で結果が出せなかった場合には契約を打ち切るシビアな関係です。
プロの予想家でも当てないと仕事が務まりません!

そのプライドと契約しているプロの予想はコチラから見れます。
ちなみに、今週のターゲットレースはやはり皐月賞のようです!
→  http://pride-k.com/



他にもプライド独自ルートによる入手情報として

■調教時計
「幾ら調教時計が良くても輸送や本番までキッチリと状態を維持出来ているか?
と言うのが重要になります。
目一杯追ったが為に本番で走らなくなるケースも毎週の様にあります。」

■乗り替わり
「乗り替わりとは言え、必ずしも馬主が勝ちに行く為に乗り替わる場合だけでは無いのです。
メインレースで良い騎乗をしてもらう為に、
試しとして用意する場合など馬主の事情や希望によって乗り替わっているケースも多々あります。」

■専門紙のコメント
「馬主の顔色をうかがう為の建前のコメント、
そして建前のコメント以外載せる事が出来ない専門紙の弱み。
ある調教師は「自分の発言以外は載せない様に」と取材規制を敷いている厩舎も存在します。」

他にもありますが、このような一般では知られていないような要素を盛り込んで、
買い目・データ・あらゆる情報を提供してくれます!

そんなプロの予想、今週のターゲットレース皐月賞の予想だけでも見た方がプラスですよ!
他の競馬サイト、予想専門誌にはない情報が入手できるはずです!
→  http://pride-k.com/




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ