京都11R 平安ステークス(GIII) ダ1900m 良、やや高速ダート想定
展開予想
 良馬場で恐らくは乾いたダートになりそう。ただ京都なので時計自体は出易いだろうし、この面子なら平均でも56秒台半ばは意識しないといけないだろう。ちなみにその想定で入れば1900だと平均は淀みなく入って大体49-18.5-49でぐらいになる。前半48秒だと恐らく1秒半ぐらいのかなりのハイペースになるぐらいのイメージかな。


 展開予想だが今回に限ればここまで逃げ馬が揃ってハナを主張する馬が多いのも珍しい。行くしかないドリームキラリはやはりハナ宣言だしこれが外から内に切り込んでいく。ただもちろんだけど逃げて主導権を握りたいコパノチャーリーも内枠なのである程度出していく。包まれたくないクリソライトは外に誘導しながら外から切り込んでくる馬を交わして外、クリノスターオーも3角では外から前を向いてはいらないとコーナリングが下手なので、クリクリコンビは外を意識しそう。その外からケイティブレイブも絡んでくる。内のスペースにあ飛りそうなのがピオネロやアスカノロマンで、アスカノロマンはクリクリコンビが外に張ってくるなら早い段階で内に潜り込む可能性が高い。その後ろぐらいにピオネロになるんじゃないかなと。いずれにせよ逃げ馬だけでなく番手でも行けるケイティブレイブもすぐ内に逃げ候補のドリームキラリがいるのでこれについていくとなると、やっぱり流れる可能性の方が高いだろうと。イメージとしては48-18-50.2~3ぐらいで56秒前半も視野にというところかな。そうなると基礎スピードをかなり高いレベルで要求される可能性が高い。


予想
◎05ピオネロ

〇16ケイティブレイブ
[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、4位前後にあります!)
△07アスカノロマン
△09グレイトパール
×10ロワジャルダン11ロンドンタウン
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎ピオネロ


 ここは自信をもって。まず前提としてこの馬の評価をするときに、シリウスSは紛れもなく強い。これは流れた中でミツバが問題になっていないわけで上位は相当強いはずだし、実際アポロケンタッキーは東京大賞典を勝っていると。あのパフォーマンスを評価するなら阪神2000としては60.5-61.2で12.9 - 12.3 - 12.5 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 12.5と珍しく中弛みがほとんどなかったことが大きい。であれば基礎スピード面をある程度要求された中で結果が出たということになる。その中で2列目ポケットで前の馬のキックバックを受けてもしっかりと走れていて直線で進路確保からしっかりとL2最速地点で置かれず伸びてきた。総合力が極めて高い競馬をしたが、敢えて言うのであれば前半の基礎スピード面を評価すべきだったと。ここ数走詰めが甘いのはペースが上がり切っていないことが大きいと思うし、東海Sで脚を使えなかった説明としてもこの馬の脚は引き出せているけど51.2-49.5とドスローで他の馬に余力があった、後は馬場が時計が掛かっていた状況だったと。軽いダートの方が合っているし、アルデバランスSでも重馬場だが49.2-49.3と平均でも12.9 - 12.8 - 12.8 - 12.5 - 12.4 - 12.0 - 12.4と中間13秒に近いラップを3Fも踏んでいるように相当遅くなっている。ここで余力がある中で外から動いたというのも影響があっただろうと。この感覚ならハイペースの方が良いと思うので、今回の厳しい流れが想定されるメンバー構成で内枠を引き当てた、しかも近くにいるクリソライトやクリノスターオーは内には入りたくないという並びというのはかなり恵まれたと思う。名古屋大賞典は時計も掛かっていたし出足が悪くて想定より後ろになってしまった。この枠の並びでハイペースなら面白いと思うので、ここはこの馬を狙いたい。


〇ケイティブレイブ


 ちょっと悩んでの対抗。本命に使用かどうかで一瞬ピオネロと悩んだ。勝つ可能性、という観点ならピオネロよりこちらの方が高いかもとは思っているが、最悪のケースを考えると飛ぶ可能性はこちらの方が高い、複勝的観点での期待値ではピオネロの方が上なので対抗にしたという感じかな。その最悪のケースというのが、逃げ想定のドリームキラリが意外といけない、うちのコパノチャーリーがハナを主張、内のクリクリコンビが外に出して番手で突いていってアスカノロマンも内に入り込まず1角の段階で2列目勢が大きく横に広がった場合。そうなるとなかなかそこからポジションを上げて行くのは難しい。この馬は総合力を見せていたが、高いレベルまで来たときに武器になっているのが基礎スピードになる。フェブラリーSなんかでも46.2-48.9と超ハイの流れで先行しながら12.2 - 12.8 - 11.8 - 12.0 - 12.3と中弛みに合わせざるを得ない展開でも最後までしぶとく踏ん張った。先行勢が総崩れのレースの中でよく頑張っているし、前走の名古屋大賞典も明確には分からないが上がりと全体時計から推測すれば明確に前傾の競馬になっている。厳しい流れで後続が脚を無くすパターンが理想だし、それをしっかり誘導できるかどうか。浦和記念で61.8-64.2とかなりのハイでクリソライトを問題としていないし、この路線で自分の競馬に持ち込めれば一番だろうと思う。58kgも問題ないので後は逃げ、番手までで入っていけるかがポイントかな。しっかりとハイペースに持ち込みたい。


[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、4位前後にあります!)

 今度は積極的に狙う。前走時に記を回せず際どいところで好走されて個人的には反省していたんだけど、この馬の適性を考えると多分1900でのハイペースは合うと思う。今の段階でオッズは読めないがグレイトパールなんかと比較するとひとまず過小評価なのは間違いない。4走前の準OP勝ちは3着がコスモカナディアンだし、50.2-50.0と平均からの13.0 - 12.4 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.8と5Fのロンスパで番手から粘り込んで強い競馬。それだけでなく時計が出やすい京都1800m戦でも50秒を切る好時計での2着実績があるが、この時の勝ち馬が後の川崎記念馬になる。戦ってきた準OPの路線でのレベルは十分通用するし、そのうえで近走を言えば2走前は1800のハイペースで少し基礎スピード不足だったのが、前走で比較的時計が出やすいダートの平均ペースで追走が楽になって見せ場があった。この感じなら距離がもうちょっとあった方が良いと思うし、そのうえでハイペースで流れてという中で好位で入っていければ。過小評価という点ではピオネロと同レベルだと思うし、個人的には◎ー▲のワイドを力強く買いたい、両軸の3連複も拾っていきたいかなという感じ。


△アスカノロマン


 前走時も追い切りは良いなと思っていたけど、今回はもう一段良くなってきていると思う。明らかに行きたがっていてそれでいていつもよりも良いラップを楽に踏んできた。そのうえで、難しいところではあるけど連下で押さえたい。本音を言えば昨年の平安Sみたいに平均で収束して12.8 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 12.4 - 12.9と明確に速めの仕掛けでポテンシャルを活かしたいというタイプだとみている。チャンピオンズカップも全体のペース自体は48.8-49.5と平均の範囲内なわけで、そこからの12.5 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.3 - 13.0とロンスパで寸前まで頑張ったしアウォーディー相手に僅差、完璧に立ち回ったサウンドトゥルーとの比較でみてもかなり頑張れている。このタイプだし後半のポテンシャル面を要求されやすい京都1900は合うと思う。ただ今年は全体のペースが上がってきそうなので、どこまで対応できるか次第かな。良い気配だったので。


△グレイトパール


 悩んでの連下。ひとまずここ数走を見ても、特に2走前なんかは50.5-48.4とかなりのスローのレベルまできてそこからの14.0 - 12.6 - 12.6 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 12.2とロンスパ気味の中で番手からしぶとく伸びての完勝。コスモカナディアン相手に結構食らいつかれていたのはあるし、これをどう評価するか。ただ、この馬にとってもう一つ評価しないといけないのが4走前。途中で大きく緩んだが48.1-50.8と超ハイのレベルには入っているし、その中で先行して12.8 - 13.2 - 13.1 - 13.0 - 12.0 - 12.7と中弛みで我慢してそこからL2最速で楽々突き抜けてL1落としたと言ってもラストは完全に抑えてブレーキして差が詰まっていたというのがあった。どう転ぶかはわからないけど、この競馬ならハイペースが噛み合う可能性もあるわけで、ここで安易には消せないなという感じ。ただここは相手関係も強敵が揃っているし流れとしてもここまで想定通り緩まず厳しい流れになるとどうか?というのはあるので。


×ロンドンタウン


 枠としてはグレンツェントやグレイトパールとの比較で悩んでのこの扱い。ひとまずマーチSは最低限の評価ができて、1800でタフな馬場、48.7-51.3と超ハイまで入ってしまって、その中で12.1 - 12.0 - 12.7 - 12.3 - 12.5 - 13.8と後半の消耗戦で好位外からL1はジリッと食らいついた。まあここでは基礎スピード特化型に見劣ったわけだし、逆に前走のアンタレスSなんかは1800で平均に落ち着いたことで中団からしっかりと馬群を割ってL1で伸びてきた。少し包まれてスムーズでもなかった中でしっかりとL1伸びてきたわけだし、前半ある程度楽ができたことでポテンシャル面の良さに繋げてきている。この感じなら距離延長は良さそうなのと、グレンツェントよりはいい位置を取れてかつそこまで外を回さなくてもよさそうと。基礎スピード面は2走前で目途、佐賀記念が2000でゆったりで圧倒、適性的にも1900で流れるのであれば怖さはあるかな。


×ロワジャルダン


 前走のアンタレスSはタガノエスプレッソばかり取り上げられるけどこの馬も詰っていた。前にいた列の伸び始めが遅かったので手ごたえがあった中で仕掛けが遅れた面はある。48.8-48.7と平均ペースの12.5 - 12.4 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.5と比較的後半ポテンシャル勝負のウエイトが大きい中でもやれているし、今は好調期なんだろうと。追い切りは前走時も良くなかったし今回も良くなかったけど、最近は動かないようになってきたのかもという感じ。1900は長いと思うのだが、ハイペースになり切ってしまえばというのとそこそこいい位置を取れる馬なので中団の内内で我慢ができそうな今回の枠の並びも良い。3着で押さえておきたい。


PR【TVでも取り上げられた競馬サイト!】
ソウルスターリングに2,400mは長すぎる!?馬券圏内が絶望的!?


21日(日)東京競馬場で開催されるG1優駿牝馬(オークス)。
最強牝馬ファンディーナが回避したため力が均衡。混戦レースは間違いありません。

人気馬はソウルスターリング、リスグラシューを含めあの4頭でしょう。

しかし、ソウルスターリングに2,400mは長すぎる。
しかも出走馬には2,400mで力を100%発揮できるベストコンディションのあの馬がいる。


穴馬か・・・。


穴馬と言えば「うまコラボ」っていう無料で使えるサイトをよく耳にする。

話によるとJRAオッズ無視で予想するから意外な馬を推奨するらしい。
皐月賞ではファンディーナを9着予想していたとか。

そんな情報があるなら今すぐにでもほしいけど、
全レースの穴馬を見るには1,980円の月額らしい。

でも、6Rまでの穴馬とG1優駿牝馬(オークス)の穴馬は無料らしい。


興味深い・・・。というか、見たい。


給料日前の今週にこの無料情報はマジで助かる。
大きく勝負にでるのはダービーからかな。嫁うるさいし。

【うまコラボ】
▼  http://collabo-n.com/


登録したら過去のレース結果全部のってたぞ!
重賞だけまとめてみたら、結構すごいことになってた。

ソウルスターリングがもし馬券圏内に入らなかったとしたら、
馬券に絡んできそうな馬って実際なんなんだろうな。。。


【重賞穴馬的中実績】

04月02日(日) 大阪杯(G1) 
→7番人気ステファノス 2着
無料予想で穴馬的中

04月08日(土) ニュージーランドT(G2) 
→12番人気ジョーストリクトリ 1着
月額1,980円の全レース予想で穴馬的中

04月09日(日) 桜花賞(G1) 
→8番人気レーヌミノル 1着
無料予想で穴馬的中

04月16日(日) 皐月賞(G1)
→4番人気ペルシアンナイト 2着
無料予想で穴馬的中

04月23日(日) フローラS(G2)
→10番人気ヤマカツグレース 2着
月額1,980円の全レース予想で穴馬的中

04月30日(日) 天皇賞春(G1)
→4番人気シュヴァルグラン 2着
無料予想で穴馬的中


早く予想公開しろよ・・・。
優駿牝馬(オークス)の穴馬はなんだよ。


【うまコラボ】
▼  http://collabo-n.com/

PS.結構メディアに取り上げられてるっぽいぞ!
TV、あとは府中競馬正門前駅に時計看板設置中らしい。
優駿牝馬(オークス)見に電車使う人は見れるかもな。




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ