2017 6/25(日)
第58回 宝塚記念(GI) 芝内2200m
予想用・出走予定馬一覧
宝塚記念2017の予想用・出走予定馬一覧


 一昨年の冬のグランプリ有馬記念を制して一躍台頭を果たしながら、今年はなかなか結果が出ていないゴールドアクターが宝塚記念に出走予定だ。今年は日経賞、天皇賞春と馬券圏外と存在感が薄れてきたが、それでも昨年の有馬記念でも2強に次ぐ3着と結果を残した実力馬。グランプリの申し子が祖父グラスワンダーと同じく宝塚記念も制覇できるか。


 今の超高速馬場状態はこの馬には追い風になるんじゃないかと。有馬を勝った時はタフな馬場だったがスローでの2段階加速でトップスピード面もある程度問われた。日経賞を勝った時は典型的なトップスピード戦で質、持続力でサウンズオブアースを撃破してきた。ラブリーデイが引退したのち、トップスピード戦で最上位だったのはこの馬だと思うし、近走はそれが噛み合ってこなかったのもある。キタサンも成長したとはいえ一昨年の有馬記念では正攻法で撃破しているだけに逆襲を警戒したい一頭。


日経賞(GII) 1着 9頭8枠9番
中山芝内2500m良 2:36.8 65.1-58.5 S^6
7.0 - 12.1 - 12.6 - 13.1 - 13.1 - 13.7 - 13.5 - 13.2 - 12.4 - 12.2 - 11.8 - 10.9 - 11.2

 遡るが7走前の日経賞勝ちから振り返る。この時は標準馬場ぐらいだったが極端なスローだった事もあってラップ推移としてもL2最速10.9と中山としては強烈なラップを踏んでいる。2段階加速にはなっているが、ここまで極端だとほぼ2F戦みたいなもんだろうと。ギアチェンジとトップスピードの質、そして序盤のポジショニングの上手さを問われている。


 9番枠から好発を切って外からじわっと先行争い、プレッシャーを外からかけつつ上手く2列目の外でサウンズオブアースをマークしながら進めていく。最序盤のスタンド前では少しハミを噛むような感じだがそれでも折り合わせながらピタッとサウンズをマーク。向こう正面で流石に少しペースが上がったと言っても12.4という程度。そこでも楽にサウンズを外から徹底マーク。3~4角でもまだ上がってこない中、馬なりでサウンズを煽りながら先頭列で直線。序盤の最速地点でしっかりと食らいついてL1でサウンズをきっちりと捕えての完勝だった。


 この時は対サウンズで2kg重い斤量を背負っていたわけで、かなり強い競馬をしてきた。トップスピード特化戦、4角では加速しながら10.9に入っていくという中で前を向いてしっかりとフルスロットルでトップスピードを最大限に引き出せたのは良かったと思うが、それにしてもトップスピード面で高いレベルにあるサウンズ相手に横綱競馬で勝ったのには少々驚かされた。もちろん有馬記念馬ではあるのだが。ただこのトップスピード戦でのパフォーマンスは侮れないし、だからこそ内回りならなおさら高速馬場が合いそうな感じはする。


日経賞(GII) 5着 16頭6枠12番
中山芝内2500m良 2:33.2(+0.4) 61.6-60.1 S^1
6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

 対比するという点ではちょうど今年の日経賞が良いだろう。ペースは1.5でスローペースだが、ラップ推移的には向こう正面からペースが上がって12秒前後をL6-2にかけて連続、淀みのないポテンシャル戦となっている。前半もそこそこは流れたが、前が少し離していたのもあるし、実質的にはポテンシャル特化に近い競馬にはなっていると思う。


 12番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと出していきつつだが好位の外目といつもより行きっぷりが良くない。それでもおっつけて2列目の外では進めていくが出していった分スタンド前で掛かり気味になる。向こう正面では前もペースを引き上げていくという中で少し離れた3列目で追走しながら2列目に上がって3角。3~4角ではそこから前を目標に進めていくがミライヘノツバサとの差はつまらないまま直線。序盤の段階で苦しく差がつまらない、最後は内外から交わされて5着まで下がってしまった。


 まあこの馬の場合ポテンシャル戦でも特化してしまうと難しいし、3~4角より前の向こう正面から6Fぐらいで分散されて途中で息も入らず、ポテンシャル特化戦で外から勝ちに行くような形ではちょっとな、という競馬ではあったと。まあそれでもちょっと負け過ぎではあるのでこの一戦は少し不満はある。


有馬記念(GI) 3着 16頭1枠2番
中山芝内2500m良 2:32.7(+0.1) 61.0-59.4 S^2
6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1

 昨年の有馬記念を振り返っておく。キタサンとサトノの2強対決に花を添える3着、という程度だったがそれでも要所では一瞬は見せ場を作っていた。ペースバランスは1.6とかなりのスローだが今年の日経賞とは誤差の範囲。とはいえこの有馬はマルターズアポジーの大逃げではあったので実質はもっと明確にスローだ。そのうえでこの有馬記念はL3で12.1と少し息が入ったこと、L1も12.1と大きく落ち込んでいない。5Fのロンスパ気味ではあるがL3-2で12.1-11.7と明確に加速を問われた。トップスピード戦ではないがここと3角の立ち回りの良さがこの馬にとっては良かったかな。


 2番枠からまずまずのスタートを切って前にいたキタサンブラックが外を選択、そのスペースを突きながら押し上げてキタサンの後ろで3番手、離れた位置で楽に進めていく。向こう正面ではマルターズアポジーが一気にペースを落としたので労せず取り付いて2列目のポケットでからキタサンの後ろを狙って3角。3~4角ではキタサンがまだ仕掛け切っていない中で内ポケットで前のスペースを詰めつつもロスなく。4角で上手くキタサンの後ろから外に出して先頭に並びかけて直線。序盤で一旦はキタサンを喰うかという一瞬の脚は見せたがL1の坂の上りで苦しくなってキタサンに前に出られ、サトノに差し込まれての3着だった。


 負けはしたが本来この馬の良さが4角出口から直線の入りで鋭く動いてくるというところにあるとは思う。一昨年の有馬記念は古いので振り返らないが、それでも超スローからの12.6 - 12.0 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 12.2と段階的に加速していく中で内内から4角でしっかりと外に出して直線でしぶとく伸びてL1ではキタサンを楽に呑み込んだ。もちろんキタサンブラックの成長は疑う余地もないが、この馬自身も速いラップを踏むだけの余力があった方がいいのは間違いない。昨年の有馬記念の場合はそこまで早いラップを踏めないペース、馬場だったというのはあるし、疑似的な2段階加速とは言ってもポテンシャル戦の範囲内だった、L2で弾けたかったがそれだけの余力がなかったとみている。日経賞は更に完全にロンスパで外々からとなったのも響いたと思うし、もしかしたら状態面もあるのかなと。


2017宝塚記念に向けての展望

 スローからのトップスピード特化戦、という形になるのであれば個人的にはキタサンを喰う可能性がある一頭ではあると思う。瞬間のトップスピードの質は一時期は現役最強だったと思うし、サウンズオブアースやアドマイヤデウス辺りでもスローならばキタサン相手に優位に立てるトップスピードの質は持っているのでこの馬も当然そういう展開ならチャンスはある。実際有馬記念では2段階加速でトップスピード面もある程度問われた中でキタサンを撃破した実績は誇っていい。ただし、キタサンは成長、こちらはややパフォーマンスを落としてきている。前走の天皇賞春に関しては正直3200というよりも出遅れてしまったことが大きいし、淡々とした流れで3200で全体的に分散する形になってトップスピードを引き出す余力もなかった。あれで7着なら個人的にはそんなに悪くないと思っている。少なくとも日経賞時に比べれば状態面は上がっていたのかなとみたい。いずれにせよ良い頃に戻っているかどうかが第一。重馬場自体は問題ないと思うが、アル共を勝った時の様に速いラップを問われる、トップスピード戦であることが重要だろう。ポテンシャルを持ち合わせていないわけでなく、実際有馬を勝った時も5Fでじわっと加速しながらもう一段の脚を要求される競馬なわけでポテンシャル面もある程度問われている。昨年の有馬もポテンシャル戦の範囲内。4~5Fぐらいまでなら踏ん張れると思うし、そのうえで速いラップを踏む余力を持てればいいので今の超高速馬場でスローなら警戒しないといけないと思う。半面でこの距離での基礎スピード面は正直未知数に近い。今のところ基礎スピード戦への対応力は高いレベルでは見せていないし、オールカマーも平均だったがあれは離れた逃げ馬のものなので何とも言い難い。キタサンマークでスローからのTS持続戦、という形なら3~4角での動きも上手いしコーナーで加速しながら入って行けるのは強み。ただ各馬がキタサン潰しでペースが上がって時計勝負になってくると持ち味のトップスピードを削がれるリスクが出てくる。その辺を踏まえてどうかだが、超高速馬場はこの馬にとっては追い風だとみているので、後は展開と枠が噛み合えば勝負になるチャンスは十分だ。スロー想定なら本命~連下で考えている。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 宝塚記念(GI)・鉄板3点勝負

  キタサンを脅かす穴馬も存在!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
6/11 エプソムC   6890円的中
6/03 阪神11R 1万4460円的中
6/03 阪神9R  1万0150円的中
5/28 日本ダービー1万1870円的中
5/28 京都11R 3万1280円的中

宝塚記念の3点勝負を見る方法!
pngホースメン会議:宝塚記念300_250




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ