毎週日曜の22:00からツイキャスでのエルムステークス等回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2017 エルムステークス(GIII) 札幌ダ1700m重
レース回顧・結果

1:40.9 47.5-47.5 M
6.8 - 10.6 - 11.8 - 12.3 - 11.9 - 11.6 - 11.7 - 11.8 - 12.4

 重馬場の高速ダートということで、実はこれでも平均ペース。L4最速で3角地点が速く、L3-2でも速いラップを踏んでいてコーナー地点で終始速いラップ、つまりここでのロスは結構大きかったということになる。気持ちいいほど上位が内枠ぞろいというのもこの辺りで、前半コントロールされたこと+早い段階で各馬が動いたことでコーナーでの立ち回りがかなり問われたとみている。


1着ロンドンタウン


 2番枠からまずまずのスタート、促されつつ先行争いだが外から切り込んでくる馬が多いので無理せず2列目の内で進めていく。高速ダートもあったかスピードのノリが良く向こう正面ではコントロールするぐらいで進めて3角。3~4角でも2列目のポケットで最短距離を通しながら仕掛けを待って直線。序盤で手ごたえの良いテイエムの直後から外に出し、L1でまとめて2頭を抜き去った。


 ん~高速ダートの札幌1700って意外とこういう後半型が結構やれるんだよなあ。ローマンレジェンドも1700は短いと思っていたら強い競馬をしたり。このロンドンタウンも前半ゆったりの方がいいと思ったんだけど、軽いダートで前後半はフラットでもバランス的には楽に進められるという見方をしないといけないと。佐賀記念の場合はレベルが微妙なので何とも言い難いし、まだこの馬にとっての適性というのは掴めていないんだが、ひとまず高速ダート向きなのは間違いないだろう。前後半で言うとやはり後半を削がれたくない、というのがある。これが時計が掛かるダートだと前半これだけの基礎スピードを使ってしまうとしんどくなるが、この馬場なら47秒の流れでも楽々ついていけてしまう。テイエムジンソクとは逆なんだろうと。武蔵野Sの時は包まれたのはあるがそれでも流れ的に良かったのでいまいちだったしこれが強気で狙えなかった理由なんだが、枠が味方したとはいえこの競馬ができているならこの距離にも対応できたというところ。展開的にはかなり噛み合ったので何とも言い難いが、勝ち切れたのは道悪が大きいと思うね。仮にこのペースで良馬場なら間違いなく後半はペース的に落ちていて、そういう競馬で強いテイエムジンソクが手強かったはず。その点でも色々この馬にとって条件が向いたと言えそう。それプラス、馬体を-14kgと絞ってきてしっかりと立て直してきていたというのも含めたいかな。


2着テイエムジンソク


 4番枠からまずまずだがそこまでいいスタートではない、そこからかなり促されたが何とか番手外をキープできたのでそこからは無理はせずに進めて番手。ただやはり高速ダートでなかなかペースを引き上げる意識を持ちにくく、2角辺りではブレーキしながら進めてしまう。3角では楽な手ごたえで勝負に行くのだが、ここで前のドリームキラリに引き上げられてしまってコーナーで一頭分のロス、それでもそのまま持ったままで直線に入ってくる。しかし追いだされての一足がやはり削がれていてジリジリ、L1ではしぶとく踏ん張ったが内を完璧に立ち回ったロンドンタウンに差し込まれ、それでも何とか2着は死守した。


 この馬の2着に関しては、想定よりは頑張ったかなと思うけど不安としては的中したかなと思う。高速ダート化するとなかなかペースを上げ切れないので、前半で主導権を取り切れずペースをコントロールされてしまい、3角勝負でコーナーで分散の中勝ちに行く競馬では若干削がれてしまったという感じ。この馬場ではペースを上げる意識を持って行かないと後続も結構楽だからね。その辺は影響したと思う。良馬場なら…とは思うんだけど、重賞を勝つにはそういった運も影響してくるしね。まあフルキチは2角過ぎで緩めてくるなら行ってしまってもとは思ったけどね。良馬場で前後半でも前半部分で速いラップを踏み、消耗度合いがきつい競馬をしていかないと…という感じかな。もちろん強い競馬はしているんだけどね。


3着ドリームキラリ


 3番枠から後発、そこから押して押してハナを主張、テイエムジンソクを制して主導権を取り切る。2角ぐらいで上手くペースをコントロールする意識を持ち、テイエムもブレーキさせて上手くペースを落とし込む。3角手前からテイエムが競ってきたがそれを待って仕掛けて3~4角でペースアップ、しっかりと早いラップを踏んでロスを作らせる競馬で直線。手ごたえは見劣ったがそれでも序盤でしぶとく抵抗、L1でも半ばまでは先頭をキープしていたが、最後はしんどくなって差し込まれる。それでも2着争いは僅差の3着だった。


 三浦の気概を感じる競馬だったと思うし、土日通して外からしっかりと競馬を見てきたんじゃないかなと感じさせる良い騎乗だったかな。ペースは落とすけど、じゃあその分強気の仕掛けができるのか?というところでしっかりと強気の仕掛け。3角までにペースを引き上げて上手く3角でテイエムに対いてロスを作らせる競馬ができたのは評価したいし、馬もこういう競馬が合っているのかなという感じ。それと、この馬も昨年の武蔵野S完敗組なんだが、それが通用していることを考えてもやはり昨年武蔵野Sは相当ハイレベルだったという見方ができるんじゃないかなと。もちろんダートスタートの1700mという距離が合っていて1600はちょっと短かったかも、とは感じるが強い競馬だった。人馬ともに良さを最大限に引き出せたと思うし、これからの三浦の逆襲に期待したい。こういう競馬ができたらきっと楽しいはず、もっと引き出しを増やして真の意味で台頭してほしい。


4着コスモカナディアン


 1番枠からまずまずのスタートだが流石に前は狙えず下がって中団ぐらいからのスタート。道中も前のロンドンタウンが少し下がってきたのでその後ろで中団の内内で進めていく。2角過ぎでは少しブレーキ気味になっていたが、向こう正面で流れ始めてからは促されて3角。3~4角でもロンドンタウンの直後、最内を通して最短距離、4角で徐々に外に誘導して3列目で直線。序盤で置かれ気味、L1でもいまいち伸び切れずで差のある4着まで。


 この馬なんかも高速ダートでバランス的に楽だったというのはあるし、もっと言えばやっぱり今回のレースは枠が8割ぐらい影響していたと思うんだよね。1角では速かったし、2角でコントロールされたが3~4角ではフルスロットルの状態なのでここでの位置取りというのはかなり影響しているはずと。また行き脚が微妙でも結局内の先行馬が主体的に作っていったので内のスペースがしっかりと空いていた。その辺りもこの馬にとっては追い風になったと思う。これが良馬場なら追走で脚を使わされた可能性が高いと思うし、推定47.5通過というペースでも後半のロンスパ的な競馬になっていたので対応できた。ただこの馬はロンドンタウンよりも距離に関しては長い方がはっきり合っていると思う。


5着ショウナンアポロン


 14番枠からゲートは悪くなかったが大外を嫌ったか早い段階で下げ切って後方からの競馬。道中最内を確保して単独最後方で進めて3角。3~4角でも各馬が外外を回すという中で内のスペースを押し上げて上手く中団に取り付く。序盤でそこからジリジリと伸びてきてラストは少し甘くなったがそれでも5着を確保した。


 このショウナンアポロンの5着が全てかなと思う。3~4角での立ち回りで内内のスペースをシッカリと確保して押し上げながら最短距離を通せたのが大きいし、前半ゆったり入ったことでこういった競馬もできたというところ。もちろん逃げて結果を出してきた馬だし、今日これだけ嵌る展開でL1が甘くなっている以上、後ろからではなかなか難しいとは思う。やっぱりリスクを背負ってでも逃げて主導権を取ってスロー~平均までに収めたいかな。


7着ピオネロ


 9番枠からやや出負けしてしまい、無理はできずに後方集団の中目で進めていく。向こう正面でペースが上がった中でも後方の外外で進めざるを得ない展開で3角。3~4角で大外をぶん回して取り付けず後方。最後までジリジリでばててはいないんだが位置取りが悪すぎての7着完敗だった。


 何一つ仕事できていないというか、途中で諦めたなって感じの競馬。まあ実際スタートであの位置になってしまって内を確保できなければいかんともしがたいんだけど。流れる中での一足は魅力だが今回みたいにペースがコントロールされて後半ロンスパ、コーナー最速で外外を回してどうこうって馬ではないからね…。前目内目で一足を使いたいの馬としては、スタートの段階で確かに勝負は決まってしまった。何とも言えんけど、それでも2番人気の馬なんだからもうちょっと工夫のある競馬をしてほしかった。


10着モンドクラッセ


 10番枠からまずまずのスタートだが促されてもなかなか前には取り付けず、2列目の外目での競馬となってしまう。道中もそこまで速い流れではなく2列目外のまま3角。3角最速地点で2頭分外から促されるが動けない。そのまま4角では下がって閉まって直線。序盤で失速、惨敗だった。


 ん~まあ勝浦は何のアイデアもない騎乗だったとは思うが、それでも全体のペースは楽な方、3角の段階で動けなかったというのは馬に不満がある。良い頃はあそこで動けていた馬だし、早いラップと言っても11.6程度なのでもうちょっとくらいついてもらわんと、というのはある。4角の段階で下がってしまった以上、良い頃にはちょっと足りないのかなという認識を持つしかないかな。もちろんしんどい競馬はしているし、勝ち負けしろとはこの競馬では言えないんだが、それでも4角までは押し上げてほしかった。そこが無かったのが不満。


12着クリノスターオー


 11番枠からまずまずのスタートだが内の各馬が速く前に取り付けず、コーナーワークで中団の外と位置取りが悪くなる。2角過ぎでは各馬もペースをコントロールしている中でこちらは促されているという状況。3~4角ではペースが上がっていくという中で置かれてしまって後方に下がって直線。序盤から良いところが全く無くの惨敗だった。


 ん~…前にも行けず、道中の段階で促されながらも動ける感じが無かったしこれではどうしようもない。コーナーで置かれていたがそれ以前に良い位置を取れなかったのが一番だし、状態面も良くないような感じの前半の進め方だったと思う。まあモンドクラッセでも行けなかったぐらいなのでドリームキラリやテイエムジンソクといったところが腹を括っていたのも大きい。ただ現状この距離では基礎スピード不足になってしまっているのかな。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 9/10まで無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

7/30 新潟7R 1万1420円的中
7/29 小倉11R 3万3720円的中
7/23 函館6R 2万0920円的中
7/22 福島8R 4万4480円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法!
pngホースメン会議:北九州記念300_250




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ