2017 9/18(祝)
第71回 セントライト記念(GII) 中山芝外2200m良
予想用・出走予定馬一覧
セントライト記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 2勝目に芝の早苗賞を制したものの春のクラシック戦線には間に合わず、残念ダービーのラジオNIKKEI賞を制して無敗で重賞制覇となったセダブリランテスがセントライト記念に出走予定。1800mのスピード勝負で先行策から抜け出す強い競馬を見せただけに、距離延長がカギとなりそう。皐月賞馬を相手に急上昇の勢いをもってぶつかりたい。


 前走は福島1800の中でも基礎スピードを要求された中で強さを見せてきた。早苗賞も悪くはないが、ラジニケ賞の方が時計的、ラップ的に見てもパフォーマンスを上げてきていると思う。ただ、基礎スピード面を今回はコントロールしながら進めざるを得ないと思うので、2000ならともかく2200mで外回りというコースがどうか。


ラジオNIKKEI賞(GIII) 1着 12頭8枠11番
福島芝1800m良 1:46.6 47.5-47.1 M
12.6 - 10.9 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.9

 前走のラジオNIKKEI賞は平均ペースの流れ、福島らしく2角過ぎぐらいで少し息は入ったがそこからは4Fで11秒台、ポテンシャル戦という中でラストも大きく落とさずと結構立派。前後半のバランスの良さを問われた。


 11番枠から五分のスタート、そこから促されて二の足良く楽に先行、大外に近い位置から楽に2列目外を確保して進めていく。道中も前の2頭を見ながら2列目の外で様子を見つつ、緩んだので少し団子気味になるが2列目外はキープして3角に入っていく。3~4角でも前がじわっと引き上げていく中で3角で激しく手が動いて追走、少し鈍かったが4角辺りで勢いがついて2番手で直線。序盤で一気に前にいたウインガナドルに並びかけ、L1で喰らいつくウインをきっちりと捕えて外から来るロードリベラルもほぼ詰めさせずの完勝だった。


 後半は4F勝負の中でL1まで落とさない中を勝ち切ったのは評価したい。ただ前半外枠からスッと二の足で前目につけたこともあるし、基礎スピード面も問われた中で前半脚を使いながらも後半しっかりとポテンシャルを引き出せた、という点で前半部分も同様に高く評価しないといけないと。前述のとおり、基本的には前半の基礎スピード勝負の面もあって、その中で各馬脚がある程度削がれていた可能性が高いし、前後半を総合的に見るべきかなと。なので2200mで前半しっかりとペースを引き上げて行けるのかどうか、或いは仮にスローロンスパになった時に高いレベルでポテンシャルを問われたときにどこまでやれるか。


早苗賞(5下) 1着 11頭5枠5番
新潟芝2000m外 1:47.9 48.9-46.3 S^2
12.7 - 11.7 - 12.0 - 12.5 - 12.7 - 12.4 - 11.4 - 10.5 - 12.0

 2走前の早苗賞も完勝ではあったが、L1はちょっと落としたかなという感じ。ペースが2.6でかなりのスロー、ラップ推移的に見ても綺麗に3F戦になっているんだが、L1は12.0と12秒台に入ってしまった。時計は標準ぐらいだったとは思うが降級前の古馬500万下でも1:34.1で勝ち馬上がり34.2ということを考えてもあまり高いレベルには無かったとみている。


 5番枠から五分のスタート、そこからじわっと楽に先行争いに加わりつつ、最終的には2列目の真ん中で進めていく。道中逃げ馬が単騎気味で、それを離れた3列目の中目で我慢しながら進める羽目になる。3~4角でも前との差を少しずつ2列目が詰める中で3列目の中目で直線。序盤で捌いて2列目に並びかけ、L2で逃げ馬が失速したのですぐに先頭列、更に抜け出し単独の先頭になる。L1でちょっと甘くなったがそれでも後続は寄せ付けずの完勝だった。


 まあメンツに恵まれた面はあるし、これを丸々評価は危険。要所で3列目からスッと動いてこれたのは良い材料だし、L2の最速地点で伸びていたのでこの面子の中ではトップスピードの質は高いレベルにあった。ただドスローで3F勝負、しかもL1はかなり減速していて出し切ってのもの。流石にこのレベルで評価できるほどのものとは言い難い。ラジニケ賞でパフォーマンスを上げてきたとみていいと思っているので、であればやはり前半を引き上げてしまった方が良さが出やすいということだろうと思う。もちろんここは休み明け初戦という臨戦過程でもあったが。


2017セントライト記念に向けての展望

 今回は距離延長がカギとなる。ここ2走だけで判断は禁物だし、無敗で来ているというわけで底を見せていないというのは事実。またポテンシャル戦の方が良いという可能性もあるので、スローロンスパで良さが出るとも限らない。ただここ2走で見た時に、ラジニケ賞を評価するなら後半だけでなく前半の基礎スピード面も同様に高いレベルのものを見せてきたと判断したい。1800で大きく緩まず後半もロンスパ気味。その流れで外枠から前後半で勝ちに行ってもしぶとく踏ん張れた。これが後半勝負にシフトして、前半で脚を削げずに素質馬が後半勝負にシフトしてくるとどうか?というのは出てくると思う。早苗賞が物足りなかったし、今の馬場でスローになるとトップスピード戦になる可能性まである。そうなると恐らくこの面子ではアルアインはダービーから手強いのは言うまでもないし、サトノクロニクルやミッキースワロー辺りがTS持続力で浮上してくるので簡単ではなくなるだろう。前半の進め方は結構問われるだろうと思っている。同タイプとしてはクリンチャーも厄介だしね。消極的な競馬になった時はちょっと危うさもあるかなと思っている。前走は単純なパフォーマンスとしては高く評価したいけど、しっかりと前半、仕掛けの意識も強く持ってほしいかな。スローでも待ってトップスピード戦というのは一番良くない気がする。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第71回 セントライト記念(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
 【一撃1000倍も狙えます!】
関係者・陣営の本音を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

~~~~~~~
「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」
~~~~~~~

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】先月もオイシイ万券を多数獲得していただきました

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

▼単勝336倍の馬に厳選印!▼
━━━━━━━━━━━━
8月12日 新潟2R
◎クイーンズテソーロ
○セイウンリリシイ
△ハガキノハナ
(12人気・単勝336.8倍)
3連単 12万7170円
3連複  5万1650円
馬 単    1350円
━━━━━━━━━━━━


▼ダで[12][13]着→芝で[1]着!▼
━━━━━━━━━━━━
8月12日 新潟7R
◎ヤマニンベルベーヌ
(7人気・単勝24.5倍)
△ウインプラージュ
◯マッタナシ
3連単 10万4650円
馬 単  2万7030円
3連複  1万1020円
━━━━━━━━━━━━

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『セントライト記念(G2)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【一撃1000倍も狙えます!】
完全無料・セントライト記念
png暴露王:セントライト記念300_250

━━━━━━━━━━━━━━━



最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ