2017 9/18(祝)
第71回 セントライト記念(GII) 中山芝外2200m良
予想用・出走予定馬一覧
セントライト記念2017の予想用・出走予定馬一覧

 春は京都新聞杯2着、白百合ステークス勝利と裏街道で存在感を見せてきたサトノクロニクルがセントライト記念に出走予定。前走のラジオNIKKEI賞では好位で積極策もいまいち伸び切れなかったが、小回りで平均的に流れては難しかったか。京都新聞杯と同じ2200mに距離を延ばして真価を問われる一戦。夏を越して成長を見せつけたい。


 兄のサトノラーゼンは要所で器用に反応できるタイプだったが、弟はハーツクライ産駒ということもあってか要所の反応の鈍さは少し引っ掛かる。中山2200は意外とポジショニングだけでなく器用に動けるかがポイントになるので。ただそういう馬だけに動き出しの意識を持ってくれるミルコに替わるのは良い材料かな。


白百合S(OP) 1着 7頭4枠4番
京都芝外1800m良 1:46.6 47.0-47.6 M
13.0 - 10.9 - 11.0 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.9 - 11.6 - 11.9

 白百合Sは勝つには勝ったが少し苦労した。ペースバランスは平均でもややハイ寄り、ラップ推移的にはハイペースから仕掛けが遅い感じでL2最速戦、トップスピードは問われず。前半の基礎スピード面を結構高いレベルで要求された。


 4番枠から五分のスタート、そこから最序盤で下がる形で最後方での競馬となる。道中そこそこ流れているが後方で進めて3角。3~4角でも後方の外目で進めながら促されるのだが反応鈍く後方のまま直線。序盤の地点でも伸びはいまいちで鞭が入ってジリジリと伸びてくる。L1で前がしんどくなったところでようやく差し込んで内で粘り込むクリノヤマトノオーを捻じ伏せたところがゴール。


 ただ、3着馬との比較でみてもL1の伸びが顕著だったというわけではなく、クリノがしんどくなったのを差し込めたという感じ。大きく落としていないのでこの馬自身は多分ラストも脚を残していたとは思うが、それでもあまり高いパフォーマンスだったとは思わないかな。実際ここの上位のその後もいまいちである。全体のペースが上がってしまったのでこの馬自身も速い脚を使う余力が無かった感じで、それでもレベルに助けられたというところかなと。


ラジオNIKKEI賞(GIII) 6着 12頭5枠6番
福島芝1800m良 1:47.3(+0.7) 47.6-47.1 M
12.6 - 10.9 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.9

 ペース的にはむしろ少し楽だったラジニケ賞のはずだが、前半そこそこポジションを取ったというのもあるのか、そして小回りスパイラルカーブの福島というのもあったか6着と完敗。ペースは平均、ラップ推移的には4F戦となっている。仕掛けそのものはそこそこ早かったし、4角地点でもう一度加速する競馬。


 6番枠から五分には出てそこから押して先行争いに入っていく、最終的には好位馬群の中目で進めてい郁。道中もセダブリランテスと近い位置で進めながら3角に入っていく。3~4角では外にセダブリランテスを見ながらその後ろを狙っていくが反応がいまいち。4角で鞭が入ってセダの直後を取ろうとするがここで置かれてしまう。序盤で中団列まで行ったん下がってからL1でジリジリと踏ん張るも差を詰めるに至らず、完敗である。


 この馬の場合前半の基礎スピード面でもちょっと見劣っていると思うし、白百合Sと比べて時計的にも当日と比較して高いレベルにあったと見ている。正直1800の基礎スピード勝負ではある程度力負けの感覚。ただ、もう一つ気になるのは4角で置かれていたこと。3角でセダを目標にしつつも4角以降の加速で明らかに反応で見劣って直線入りの段階で勝負を決められてしまっている。これは今回に限っていないのが難しいポイントとなりそう。


京都新聞杯(GII) 2着 12頭3枠3番
京都芝外2200m良 2:15.2(+アタマ) 62.1-60.0 S^2
12.7 - 11.1 - 12.8 - 12.4 - 13.1 - 13.1 - 12.7 - 12.6 - 11.6 - 11.5 - 11.6

 京都新聞杯では2着に入って賞金を積めたのだが、結果的には少しキレ負けしたかなというのとやっぱり4角辺りの反応の鈍さがあって直線の入りで少しスムーズさを欠いて、というような感じも多少響いたかなと。ペースは2.1でかなりのスロー、ラップ推移的にも道中かなり遅く3F勝負の割にはそんなに速いラップを踏まなかった。結果的に見てもレースレベルは微妙だったと思う。


 3番枠からまずまずのスタートで、そこからじわっと楽に先行、2列目の外で進めていたが最終的にはそこから我慢して3列目の外。道中逃げ馬がこれでも単騎で進めていくという中で少し離れた4番手。3~4角で激しくアクションがあるのだがここで動けずに先にミッキースワローに捲られて3列目のまま直線。序盤でそこから伸びてきて2列目、L1で抜け出したところに外からプラチナムバレットに差し込まれての2着惜敗だった。


 この馬自身1馬身差あったところで先頭に立っているわけでラストは大体11.4ぐらいだと思う。だから脚自体は残しているんだが、致命傷だったのはL3地点で置かれていたこと。この馬はコーナーで動きたいところで終始置かれているのが気がかりというか弱点になってしまっている。


2017セントライト記念に向けての展望

 今回もコーナーでの勝負になりやすい中山2200mの舞台だし不安の方が大きいと思う。そのうえで、じゃあ能力的に不安を補えるほどのパフォーマンスを見せているか?と言われるとそうは思わない。現時点では基礎スピード面で勝負すれは皐月賞馬アルアインはもちろんのこと、セダブリランテスに見劣るのは大きいし、仮にトップスピード戦になったとしても中山で4角地点で置かれるリスクが大きくなるというのは当然狙いにくい材料になってしまう。外回りだと3角が緩いのでここで勢いに乗って4角に入っていければとも思うんだがそう簡単でもないだろう。ポテンシャルで捻じ伏せきれるほどのものも今の段階では感じない。それに人気の一角という扱いになるだろうから、ここで思い切って狙うだけの条件でもないと思う。今回は印的にも拾わない可能性が高い。面白い馬がどの程度いるかにもよるが、個人的にはアルアインとはスローでも流れてもちょっと差があるんじゃないかなという評価。デムーロが積極的に促して入って行ったときに4コーナーでどう立ち回れるかに注目はしたいが、現状リスクの方が大きい一頭だと思う。



PR【ローズSの予想が無料!?】先日の新潟記念、無料予想で130万配当!

重賞だけではなく毎週末多くのレースを無料で提供してくれ、幅広い的中実績を積み重ねてきている。
レース考察などメールの内容も為になると多くのユーザーから支持を受けている競馬サイト!

「Site」

他の競馬サイトと大きく違う特徴は、
1、週末の無料提供レースが5レース以上ある。
2、各買い目やレースごとに複勝・馬連・三連複・三連単の予想担当が存在し、無料で提供してくれる。
3、的中実績として無料提供は数万円以上、有料提供は数十万円以上をコンスタントに積み上げている。

今週は【ローズステークスG2】の予想が無料公開予定となってるのでチェックしてみてください。
↓↓
siteの無料予想はコチラ



さっそく【先日のG2セントウルS週の無料予想実績です。】
※サイト内ですべてを公開。的中が多いため、ここでは一部記載です。


【馬連担当】時計・適正データ派
■09月09日中山9R アスター賞 的中!
提供点数 4点 獲得:92,000円

■09月10日阪神8R 3歳上500万下 的中!
提供点数 30点 獲得:123,700円

先日の新潟記念はコレ
【3連単担当】重賞請負人
■09月03日 新潟11R 新潟記念(G3) 的中!
提供点数 42点 獲得:1,326,500円

そして昨年の、無料予想での最高的中はコレ!
【三連単担当】ダートの帝王
10月15日 京都1R 2歳未勝利 
提供点数15点で「5,685,500円」の超高額的中!


よくある数万円もする有料予想会社と比較しても、試してみれば差は一目瞭然ですが、
siteの無料予想の方がレベルが高い】と思います。

【無料の充実度抜群!会員急増中!】
siteの実力を「無料で」試してみて下さい。
↓↓
siteの無料予想はコチラ




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ