2017 9/17(日)
第35回 ローズステークス(GII) 阪神芝外1800m
予想用・出走予定馬一覧
ローズステークス2017の予想・出走予定馬一覧

 ハイレベルのこの世代、しかし桜花賞で番狂わせの主役を演じたレーヌミノルがローズステークスに出走予定。オークスでは果敢に距離延長にチャレンジも惨敗を喫したように、2400は明らかに長かった。それだけに短縮と言えどもこれまで実績を残しているマイルよりも長い舞台で復活することができるかがポイントだ。


 まあ、正直1800でも阪神1800だと簡単ではないかなと。ただ他もそう思っているので仕掛けのタイミングを上手く遅らせることができれば…かな。それでもクイーンCの内容から考えても簡単ではないかな。少なくとも勝ち負けするには相当うまく嵌らないと。


桜花賞(GI) 1着 17頭5枠10番
阪神芝外1600m稍 1:34.5 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 桜花賞は雨の影響で稍重でも時計がしっかりと掛かっていた状況。ペースバランスは1.5でかなりのハイに肉薄するレベルで淀みも小さく道中12秒台を踏んでいない。それでもL3最速と仕掛けのタイミングも早く、トップスピードも要求されなかった。L1の消耗が示しているように、前半の厳しい流れで脚を削がれない基礎スピード面、タフな馬場でパワーも要求された。


 10番枠からまずまずのスタート、そこから様子を見ながら先行争いから控えつつ、抑えながらだがそれでも楽々好位につけていく。3~4角でも好位の中目で仕掛けを待ちつつ4角でじわっと仕掛けて2列目に取り付いて直線。序盤で外からしぶとく伸びて2番手から先頭に並びかけここでソウルスターリングに対しても少し差を広げる。L1ではちょっと甘くなってリスグラシューに詰められるがそれでも余裕があり半馬身差の勝利だった。


 内容的に見ても前半かなり速い流れだったがこれは馬場が重かったことが大きい。馬場が重いからこそこのペースで後半が48.0と掛かっているので。前半の基礎スピードを活かし、後半を消耗させたことで一足を上手く活かすことができたといえる。強い競馬だったが、前半要素が濃く出たからこその番狂わせと見ていいだろうと。


クイーンC(GIII) 4着 16頭4枠8番
東京芝1600m良 1:33.7(+0.5) 46.8-46.4 M
12.3 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.3 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 実際このクイーンCでは勿体ない形で完敗を喫した。ペース自体は平均でそこそこ流れさせたが、中盤で12秒台を2F刻んでいるように中弛みを作ってしまった。その結果後半3F勝負で各馬に末脚勝負の余地を楽に与えてしまったかなという感じ。もちろん上位2頭が強かったのは確かだが、桜花賞との比較でパフォーマンスが落ちているのはそこが響いたと思う。


 8番枠から好発、そこからじわっと楽にハナを主張して内の馬を制して楽に主導権を握る。前半は良いペースで入っていくのだが3~4角で緩めた段階で各馬に楽に取り付かせてしまって直線。序盤で一瞬の脚は流石、スッと加速して出し抜くのだがアエロリットが食らいついてきてL2辺りでは詰められる。L1では明確に甘くなっての完敗だった。


 L3-2のラップ自体は優秀なんだが、L1でかなり差をつけられている。上がりから逆算しても11.3-11.2-12.1になるわけで、この馬の場合はそんなに長くトップスピードを維持できないというのはあると思う。この流れでこれを引き出せたなら総合力は高いと思っているんだが、あまり顕著に緩めるとそこで取り付かれて末脚の絶対量が違うミヤビやアエロリット相手にとなると分が悪い。


オークス(GI) 13着 18頭7枠13番
東京芝2400m良 2:26.2(+2.1) 61.7-57.8 S^4
12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 オークスに関しては言うまでもないが、ペースは4秒近い超超スローで前半の基礎スピード面は全く問われず。中盤以降少しペースアップしたが程度としては大きくなく、4F戦。後半特化でしかも仕掛けのポイントもそこそこ早いという競馬。末脚の絶対量そのものがないと戦えなかった。もちろんこの馬の場合はそれだけでなく単純に距離適性に危うさがあったとも思うが。


 13番枠からまずまずのスタートだが、そこからはブレーキして押さえることを意識した入り方になってしまう。道中も何とかコントロールしようとして前に壁をという意識が強すぎてペースをドスローにされてしまう。何とかヤマカツグレースの後ろぐらいで折り合いながら進めて3角。ただ団子状態の中で3~4角でペースを引き上げてくる前に対して外から追走、脚を使う選択を取って直線。序盤で追い出されての反応も地味だがL2の地点ではそれなりには伸びていた。それでも最後は完全に甘くなって失速した。


 もちろん距離は長かったと思うんだけど、ここまでL1で甘くなったのは単純に末脚の絶対量勝負に外から勝負に行く立場で挑むことになったのが大きい。前半の61.7は相当遅く、前後半で4秒も差がある超後傾バランス。4F戦で出し切りやすい展開に真っ向勝負ではいくらなんでも。これはクイーンCで最低限ペースを作った時ですらアドマイヤミヤビに末脚の差を見せつけられたわけなので、ましてドスローでは如何ともしがたい。2400でペースを作ってどこまでやれたかはともかく、これではこうなる結果は目に見えていたかな、という感じ。


2017ローズステークスに向けての展望

 基本的には評価は下げたい。マイルでも基礎スピードをかなり高いレベルで要求させる、トップスピード戦ではない状況まで持ち込んで結果が出たが、クイーンCの様に少しでも息を入れると据え脚勝負で分が悪くなってしまっている。道悪でタフな馬場ならチャンスも浮上すると思うが、本質的に見てマイルもちょっと長いかなと今でも思っている。使える脚が長くない、3Fという区間で見るとギアチェンジ、トップスピードの質はそこそこ高いレベルにあるんだがL1のTS持続力が甘いので上がり3Fで33秒台になかなか持ち込めない、という感じ。逆に持ち味は前半のゲート、二の足に加えて基礎スピード面で、これが高いレベルであるので本質的にはもうちょっと短い距離の方が良いとは思っている。ローズSは恐らくギリギリのラインで、切るにはちょっと怖い気もするがかといって重い印は打ちたくない。馬券的な扱いは悩ましいところかな。良馬場なら思い切って外しても良いかなと思っている。アドマイヤミヤビが回避したのはこの条件では非常にありがたいが、それでも強敵が多いと思う。いかに道中緩めず縦長に持ち込めるか。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 ローズS(G2)・鉄板3点勝負

30倍も狙える3点勝負を無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

9/2 小倉11R  2万0800円的中
8/27 新潟2歳S 4万9030円的中
8/26 新潟JS  2万9860円的中
8/19 小倉9R 4万7420円的中

ローズSの鉄板3点勝負を見る
pngホースメン会議:ローズS300_250




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ