2017 9/17(日)
第35回 ローズステークス(GII) 阪神芝外1800m
予想用・出走予定馬一覧
ローズステークス2017の予想・出走予定馬一覧

 チューリップ賞では外から強烈な末脚を発揮しリスグラシューを差しての2着、素質は確かなミスパンテールもローズステークスに出走予定。桜花賞、オークスはともに噛み合わず結果を出せなかったが、チューリップ賞で見せた末脚はきらりと光るものがあった。あの時と同じ阪神の外回り、強敵相手となるが持ち味を引き出して活路を見出したい。


 ダイワメジャーの仔の中でもトップスピードの持続力が高いタイプといえる。新馬戦でもその一端は見せていたが、ベールを脱いだのはチューリップ賞。ただ桜花賞は道悪でタフな流れ、オークスではリズムを崩したか、距離も長かったかで全く良さが出なかった。ワンターンの1800mまでならダイワメジャーの仔はこなせることが多いので、その辺りでの復活は期待したい。


チューリップ賞(GIII) 2着 12頭6枠7番
阪神芝外1600m良 1:33.5(+0.3) 46.4-46.8 M
12.4 - 10.7 - 11.1 - 12.2 - 12.2 - 11.4 - 11.3 - 11.9

 このチューリップ賞では個人的には穴目で期待していた一頭だったが、それにしたってなかなかのインパクトだった。何せリスグラシューを差し切る形になったわけで、これは当時の力関係では意外といっていいレベルだったと思う。しかもペースも平均で流れていて、中弛みこそあったがまっとうな流れの中でL3でも速いラップを刻んで、そのうえでラストに目立つ脚を使った。


 7番枠からやや出負けという程度、そこからは無理せずに下げて後方馬群の中で進めていく。道中も後方で進めつつ前にいたリスグラシューが外に出したのを見て3~4角ではそれを目標にしつつも一頭分内を通して我慢しながら直線。序盤でリスグラシューの外に出したがここではちょっと置かれる。しかし1馬身ちょっとあったリスグラシューとの差をラストは捕えて前のソウルスターリングとの比較でも悪くない脚で2着を確保した。


 最序盤のゲート含めて位置取りという観点では見劣ったが、単純な末脚の絶対量という点では頑張った。L3の地点では最速に近いラップを踏んでいて、リスグラシューの方がロスは多かったがそれでもロスそのものはこの馬もあった。そこからL1までいい脚を維持してきたのは評価できる。L2の最速地点でのキレはあまり感じなかったがトップスピードの持続力は評価したいし相手も相手で強敵揃いだった。またペースが中弛みはあったにせよ平均で流れた中でこの末脚を引き出せたというのは一つ大きな材料だろう。


桜花賞(GI) 16着 17頭8枠16番
阪神芝外1600m稍 1:36.8(+2.3) 46.5-48.0 H^1 
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 桜花賞は持ち味の末脚を発揮できずの惨敗だった。ペースは1.5でかなりのハイに肉薄するレベル、ラップ推移的にも淀みが小さくL3最速でも11.5と速いラップを要求されずにL1は大きく消耗するという競馬。そもそもトップスピードを引き出す余力を前半の厳しい流れで追走したことで削がれた可能性が高い。


 16番枠からやや出負け、そこから無理はせずに最序盤は後方で進めていく。前にソウルスターリングを置く形で進めて徐々に中団の外まで取り付きながら3角。3~4角でも外外からソウルの一列後ろで追走も4角出口辺りでは離されてしまって後方で直線。そのまま脚色悪く下がってブービー16着惨敗だった。


 タフな馬場の中で前半のポジションを取りに行ったことも響いたと思う。単純に道悪ともいえるが、超高速に近い馬場だったチューリップ賞と比べて入りの3Fがほとんど同じ。後傾バランスで末脚を引き出してきていた馬なので、その辺りを踏まえても馬場が悪い中で前半に無理をしすぎたかなと思う。まあああいう馬場だと早い段階で前を取れないと勝負にならないから仕方ないんだけど、馬場とバランス的にちょっと噛み合ってなかった。


オークス(GI) 10着 18頭2枠4番
東京芝2400m良 2:25.7(+1.6) 61.7-57.8 S^4
12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 オークスは好発から結果的にギャンブルに出たが結果的に吉とは出なかった。ペースバランスは4秒前後の超超スローなので流れとしては合った先行策だったと思う。先行策そのものがというよりはダイワメジャーの仔でもあるしやはり2400は長かったとみる方が無難かな。


 4番枠からまずまずのスタートを切って、そこからは下げずに先行策というよりは少し掛かりながらでドスローでもありなかなか下げられないという状況。2角過ぎでも顕著にはかかっていなかったが前に壁を作れず外からもプレッシャーを喰らう形で力みながら。3~4角でもソウルが内から外に入ってきて外に張られる形でロスもそれなり、直線序盤で追い出されての反応乏しくL2の地点で徐々に下がってしまって最後は失速した。


 かかったのもあるし、ドスローに支配されてしまって行くに行けず、退くに退けずという感じの先行になってしまったのもあるかなと。それにダイワメジャーでも牡馬の場合はまだメイショウカドマツとかプレストウィックとか例外的に距離が持つ馬もいるんだが、牝馬の場合はスプリント~マイルがほとんど。この馬もタイプ的にはもうちょっと距離が持ちそうではあるがそれでも2400となると話が別だったかもしれない。し、自分の競馬も出来なかった。敗因は複合的な要素が絡み合っていると思う。


2017ローズステークスに向けての展望

 この馬の場合は1800でもワンターンでトップスピードを要求されるコースなら距離自体は持つかな、とは思っている。チューリップ賞では無理なく自身ではかなりの後傾バランスで入ってリスグラシューを喰うだけのTS持続力を見せてきた。ロスはこちらの方が少なかったし、権利を取らなければいけない立場ではあった。一方で長期休養明けでもあったのでそこで結果を出してきたという点では休み明けの今回プラスともいえる。アドマイヤミヤビが回避した以上、トップスピードの質・持続力でワンランク上の存在がいなくなったのは確かだし、今回のメンバー構成ならTS持続力で優位に立てる可能性は高い。後はしっかりと自分の競馬に持ち込んで前半無理せず、かつ中弛み気味で取り付ければ理想だし、3~4角で外から脚を出し切る形になってもある程度勝負に絡んでくるチャンスはある。末脚の絶対量勝負ならとは思うが、アドマイヤミヤビでもこの面子だと前受されたらファンディーナ相手は簡単ではないと思っていたので、人気と相談しつつ考えたいかな。重い印も視野に入れている。


PR【ローズSの予想が無料!?】先日の新潟記念、無料予想で130万配当!

重賞だけではなく毎週末多くのレースを無料で提供してくれ、幅広い的中実績を積み重ねてきている。
レース考察などメールの内容も為になると多くのユーザーから支持を受けている競馬サイト!

「Site」

他の競馬サイトと大きく違う特徴は、
1、週末の無料提供レースが5レース以上ある。
2、各買い目やレースごとに複勝・馬連・三連複・三連単の予想担当が存在し、無料で提供してくれる。
3、的中実績として無料提供は数万円以上、有料提供は数十万円以上をコンスタントに積み上げている。

今週は【ローズステークスG2】の予想が無料公開予定となってるのでチェックしてみてください。
↓↓
siteの無料予想はコチラ



さっそく【先日のG2セントウルS週の無料予想実績です。】
※サイト内ですべてを公開。的中が多いため、ここでは一部記載です。


【馬連担当】時計・適正データ派
■09月09日中山9R アスター賞 的中!
提供点数 4点 獲得:92,000円

■09月10日阪神8R 3歳上500万下 的中!
提供点数 30点 獲得:123,700円

先日の新潟記念はコレ
【3連単担当】重賞請負人
■09月03日 新潟11R 新潟記念(G3) 的中!
提供点数 42点 獲得:1,326,500円

そして昨年の、無料予想での最高的中はコレ!
【三連単担当】ダートの帝王
10月15日 京都1R 2歳未勝利 
提供点数15点で「5,685,500円」の超高額的中!


よくある数万円もする有料予想会社と比較しても、試してみれば差は一目瞭然ですが、
siteの無料予想の方がレベルが高い】と思います。

【無料の充実度抜群!会員急増中!】
siteの実力を「無料で」試してみて下さい。
↓↓
siteの無料予想はコチラ




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ