2017 10/15(日)
第22回 秋華賞(GI) 京都芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
秋華賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 春の勢力図が揺らぐ中で、全くの別路線ながら3戦3勝無敗のリカビトスが秋華賞に出走予定だ。1000万下で勝ち切れなかったカワキタエンカが2着、古馬と相手に500万下を勝ち上がったラビットランが勝ったローズステークスからも、この世代のレベル自体が怪しくなってきた状況。古馬1000万下で鮮やかに勝ち切ってきた実力を持つこの馬にも付け入るスキは十分にあるはず。大舞台でアッと驚く4連勝を提供となるか。


 正直今年の3歳世代は牝馬は高いレベルにあるかなと思っていたが、少し疑いを持つようになった。もちろんアエロリットなんかは強いと思っているし、世代最強の可能性が高い一頭。ただ、全体的にはそうでもないかも。その中でこの馬が通用するチャンスは十分あると思う。ただ平均ペース適性は完全に未知数なのでその辺りにゲートをしっかりと出るなど、噛み合えば素材は通用する。


八ヶ岳特別(10下) 1着 11頭3枠3番
東京芝1800m良 1:46.1 48.6-45.7 S^3
13.1 - 11.6 - 11.9 - 12.0 - 11.8 - 11.4 - 11.0 - 11.3 - 12.0

 この八ヶ岳特別はコースは全然違うんだが秋華賞にある程度繋がってくるかも?という競馬。ペースはドスローなんだがその分仕掛けが早くてL3最速のTS持続特化戦。L4でも11.4と結構速いラップを踏んでいるので出し切りやすい展開だ。


 3番枠からはっきりと出遅れて後方からのスタート。そこからリカバーして最低限の位置にはつけていくが後方列の内内。道中そこからさらに下げて外への誘導を意識。3~4角でも後方の外から促していくがエンジンの掛かりは微妙で直線。序盤ではまだ伸び切れないのだが外に出しL2の坂の上りでジリジリと伸び始めて中団、L1でグンと来て2馬身半差ぐらいを一気にまとめて捕えきった。


 エンジンの掛かりが遅いのだが、掛かってからは長いというタイプだろう。TS持続の高さは見せていて、4Fで45.7という上がり、ここでL1でも最後まで伸びてきているしスパッとは切れないが長く脚を使ってきたのは間違いないだろう。超スローバランスから5F戦に近いところを差し切ってきているのでイメージ的には距離はもっとあった方が良い。ただし、やはりこれだけで遅れてしまうと難しくなるのでこの辺りの課題をきっちりと克服できるかどうか。


500万下 1着 12頭4枠4番
中山芝内2000m良 2:02.0 62.0-60.0 S^2
12.6 - 11.3 - 12.4 - 12.8 - 12.9 - 12.1 - 12.0 - 12.1 - 11.6 - 12.2

 2走前の500万下勝ちの内容からも本質はもうちょっと距離があった方がとは感じさせる。ただ素材的に面白い競馬をしてはいるなと。2秒とかなりのスローでラップ推移的には典型的2段階加速戦。L2の4角出口以降でもう一段の脚を使えたかどうか。


 4番枠からここでも出負けして後方からの競馬にはなってしまう。早い段階で外目に持ち出しながら向こう正面でも促しながら追走してそれでも後方外で3角。3~4角でも促しているのだがなかなかエンジンが掛かってこない感じ、4角で軽く鞭が入って中団列に取り付いて直線。序盤の地点での伸びは地味でまだ4馬身差でL1、そこから一気に伸びてきてきっちりと捕えきった。


 向こう正面から加速していく過程でワンテンポ置かれていたイメージなのは確かで、その代わり減速地点で必ずグンと来る。ここでも恐らくL1では推定でも11秒半ばの脚を使っているはずで、底を全く見せていないというのは魅力になる。ただし言うまでもないがやはりここまで出遅れると結構難しい。ポテンシャルやTS持続という素材の面に関してはかなり高いレベルにあると思うし、これだけなら通用すると思うが。


新馬戦 1着 11頭7枠8番
新潟芝外1600m良 1:37.5 51.5-46.0 S^5
12.9 - 12.1 - 13.3 - 13.2 - 12.6 - 11.4 - 10.4 - 11.6

 新馬戦も振り返っておこう。2歳らしく極端に遅い。3F勝負になっているがこの時点ではこの加速度が問われる競馬でもやれているわけで、ここ2走とはちょっとイメージが違うのかなという感じ。


 8番枠から出遅れて最後方から、最終的には外から少しリカバーしていって後方外で3角。3~4角でも後方の外目から中団に取り付いていく形で直線。序盤でそこから追いだされて反応自体は地味。L2の最速地点で外から勢いに乗ってきて一気に先頭に立つと、そこからL1まで問答無用の突き抜けを見せての完勝だった。


 L2の最速地点で来ているわけで決して速度的には足りない馬じゃない、むしろ10.2ぐらい?というぐらい速度的には来ている。全体の上がりも次点が33.6、レベルが低かったと言っても1頭だけ楽に32.8と早い上がりを見せてきた。速度的に足りないわけではないと思う。


2017秋華賞に向けての展望

 不気味というだけのパフォーマンスは見せているし、少なくとも現時点でブック誌上でほとんど無印というのは意外だった。勝ち負けまでとなるとかなり条件が付くがそれでも勝つ可能性はあると思うし、今年のレベルならチャンスはありそうだなと感じるだけの競馬はしている。まず前提としてエンジンの掛かりが非常に遅く、ゲートが拙い。特にゲートに関しては恐らくメンバー中でもワースト1,2を争うレベルだと思う。なので最序盤でいい位置を取るというのはまず難しいだろう。最後方近くから届く展開を考えるならあり得るとすればジェンティルドンナが勝った時の様に、前がドスローに落としすぎて誰かが一気に向こう正面で動くケース。こうなれば最序盤の追走力不足は解消されるし、前走の感じからも高速馬場でエンジンをしっかりとかけてしまえば長くトップスピードを維持してくる。これが嵌り切れば勝つだけのチャンスはあると思う。逆にローズSの様にペースを平均に持ち込まれ縦長、そのうえで全体の仕掛けが遅れてしまったら流石に3~4角のロスも含めて簡単ではなくなる。3角の下りの段階ではそこが最速ラップ、というぐらいの条件で初めてチャンスは生まれると思うし、勝ち負けまで行くならそこで上手くコース取りをしていく必要があるだろうと。エンジンが掛かってしまえばトップスピードの質もある程度は秘めているが、如何せん不器用。その点で浜中が思い切って動いていく意識を持てるかどうか。平均ペースなら難しいが、それでもしっかりとアンテナを張ってレース全体が落ち着いたところで一気に勝負に行きたい。ギャンブルするなら最大の持ち味であるポテンシャル、TS持続力に依存して勝負してほしい。勝つチャンスまであるが、条件は相当絞られるしゲートが拙いのは秋華賞ではやはり不利。その辺りを総合的に考えたいかな。


PR【3歳牝馬、予想で三冠獲ります】桜花賞・オークス共に三連単的中させた予想

春の桜花賞、オークスに続く3歳牝馬三冠の最終戦。
今週は獲りにいくレースは秋華賞G1。

予想で注目すべき点は、
「前走の着順」
「前走のタイム差」
「近走の芝重賞での上位人気馬」
などが上げられますが、集めた方がいい情報はたくさんあります。

集めても集めても足りない。
そして、本当にどの情報が重要なのかわからなくなる。
最終的に悩んで悩んで不完全の予想で競馬で挑む。
そんなことを経験したことないですか?

そこで一つ、予想方法の提案として取り上げたいのが「指数予想」
ただ単に、その指数が示す上位人気馬で馬券を買うだけ。仕組みは簡単です。

そして、その指数の中でも、3歳牝馬三冠「桜花賞、オークス、秋華賞」の内、
「桜花賞三連単94,890円、オークス三連単20,130円を的中させた指数」があります。

これは実際に僕がこの指数を参考にして買った的中PAT。
オークスは予定があって馬券購入できなかったので、桜花賞だけ。
そして・・・三連単購入にビビッて馬単だけにしたことを今も後悔しています。
秋華賞は三連単で勝負しにいきます。
【2017年4月9日(日) 桜花賞G1】


【膨大なデータから予想を勝手に出してくれる指数】
その指数が3歳牝馬をきっちり獲ってきた。
桜花賞、オークスの次は秋華賞三連単。
その指数は秋華賞を無料公開。
↓↓
コチラ

さらに重賞だけでなく、毎週全レースの指数も公開される。
比較的安定的中の6Rまでの前半戦。
荒れレース高配当決着が多い7~12Rまでの後半戦。

あなたはどのレース情報が欲しいですか?
今まで負けが続いた方。この指数を見たことありますか?
2017年、勝ち競馬で終わるには、今からでもまだ遅くない。
↓↓
コチラ




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ