2017 10/15(日)
第22回 秋華賞(GI) 京都芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
秋華賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 春はチューリップ賞で後一歩のところで権利を取れずに終戦、しかし夏に力をつけて1000万下を勝ちあがってきたミリッサが秋華賞に出走予定だ。春のクラシック二冠は参加すらできず、最後の三冠目となる秋華賞は何としてもの気持が強いだろう。前哨戦のローズステークスでは4着と物足りない結果に終わったが、何とかこの舞台で活路を見出したい。


 前走のローズステークスの感じからすると、やはり2000mはちょっと長いかもしれないなと。3~4角で上手く立ち回ってごまかしてどこまで差し込めるかという感じにはなる。ダイワメジャーの仔なので外回りの阪神1800から京都内回り1周コースの2000に替わるというのをプラスに考えるのはこれまでの傾向からもちょっと難しい。1000万下を勝ちあがっているというのは今年の牝馬路線ならかなり


有松特別(10下) 1着 10頭5枠5番
中京芝1600m良 1:32.7R 45.6-47.1 H^1
12.4 - 11.1 - 11.0 - 11.1 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.0

 2走前のレコード勝ちとなった有松特別から見ていきたい。当時の中京は超高速馬場状態でレコードが出ても全く驚けないような状況だった。その中でペースバランスは1.5とかなりのハイに肉薄するレベルだがこれは単騎逃げ馬のもので離れた番手では47秒台に入っていたので実質的にはスローだろう。ラップ推移的にも前が3~4角で緩めていてL2での再加速という形だが、3~4角で詰めているので恐らく後続は仕掛けが早いTS持続戦かなと。


 5番枠からやや出負けという感じでそこからじわっと促しつつも結局後方で進めていく形になる。道中も後方馬群の外目で進めて3角。3~4角では各馬が馬場の良いところを選ぶ中でこちらも外外を回しながら直線。序盤で外から追いだされてここではまだジリジリ。L1で前が粘っているところをしぶとく差し込んできっちり捕えた形だ。


 思っていたよりもTS持続力が高いなという感じはあった。ペースも超高速馬場で単騎逃げなので読みづらいが番手以降はスローとみていいと思うし3~4角からじわっとペースを引き上げてスピードに乗りながら後半最後まで維持してきたという観点からもTS持続力の高さをまず評価したい。高速馬場のマイルで適性面を上げてきた感じはあるが、どちらかというと前半無理をせずの形で良さが出ているのとしっかりと外から下りで勢いをつけてという競馬で結果を出してきたのは良い材料。


ローズS(GII) 4着 18頭3枠5番
阪神芝外1800m良 1:45.8(+0.3) 46.4-46.9 M
12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0

 ただ、前走のローズSでは後方からの競馬に徹したもののラビットランに破壊力で見劣っての4着となった。ただ内容的には1800への延長、厳しい流れの中で後方で溜めたとしてもリスグラシューと比較しても最後までしぶとく伸びてきたし一定の評価は必要。ペースは平均で、前がL2最速に持ち込んだがファンディーナが動いていて少し離れた位置にいた2列目以降はもうちょっと仕掛けが早かったと思う。


 5番枠から五分には出ていたが二の足がいまいちで促されつつも後方からの競馬を余儀なくされる。最初のうちはリスグラシューよりも後ろで見る形で進めて最内を3角。3~4角では最内を立ち回りながらもリスグラシューより前のポジションに押し上げて中団に近い位置で直線に入ってくる。序盤で馬群を捌きつつも伸びてくるがここではジリジリで一気に外のラビットランに抜け出される。L1での伸びは悪くなくて最後まで伸び続けたがそれでもリスグラシューにはギリギリ交わされての4着だった。


 リスグラシュー比較でみて1800でやれたというのは収穫だと思うが、こちらは夏場を使ってきた強みもあったと思うし何とも。3~4角の段階では各馬も離れた先頭列を捕まえにペースを引き上げていたと思うし、ここで最内を立ち回れたのは展開的には良かったとは思う。それでも末脚の絶対量でラビットランに見劣ったし、ラビットランも未知数だがこちらも1周コース2000への適性は父ダイワメジャーという点でも不安は小さくないと。


チューリップ賞(GIII) 4着 12頭1枠1番
阪神芝外1600m良 1:33.7(+0.5) 46.4-46.8 M
12.4 - 10.7 - 11.1 - 12.2 - 12.2 - 11.4 - 11.3 - 11.9

 春のチューリップ賞でも上位勢相手に完敗を喫してはいた。ペースは平均、しかし中盤は少し息が入っていての3F勝負となっている。この馬はある程度の位置で進めていたのもあるので前半少し脚を使ったかなとは思うがそれでもソウルスターリングやミスパンテール、リスグラシューといったところには完敗だった。


 1番枠から五分に出てそこからはじわっと促しつつ好位の内内で、最終的には前の馬が下がってきたこともあって中団の内で我慢する形になる。3~4角でも中団の内内で我慢しつつ脚を残せる展開、ソウルスターリングを前に置いて追い出しながら直線。序盤でそこからソウルの直後を取るのだがジリジリとした伸びでリスグラシューにも前に出られる。L1では更に甘くなってミスパンテール、リスグラユーにも差を広げられての4着完敗だった。


 少なくとも春の段階では平均ペースの中で内内で我慢してと結構良い形で進めながらもL1の段階ではリスグラシューに完敗を喫していた。ソウルスターリングはもちろん、ミスパンテールやリスグラシューの前哨戦仕様にも完敗ということを考えればやはりちょっと足りないな、というのが率直な感想だった。内で我慢できた分はラストで伸びてほしかったし、実際ミスパンテールがリスグラを撃破しているようにリスグラシューそのもののパフォーマンスもそんなに高くなかったと思っているので。


2017秋華賞に向けての展望

 現時点ではやはり夏を越しての成長を過度に期待するのは酷かなという感じ。夏を使って状態的にも期待していた前走のローズSで悪くない流れの中でこれも前哨戦仕様のリスグラシューに負けた。チューリップ賞比較でみて1段階上げてきたと思うし、1800への距離延長で実はプラスに働いたかも?とも思っているんだがそれでもラビットランには完全に見劣った。血統的にダイワメジャーの仔はワンターンの1800までは良くても1周コースの2000となると長い傾向だし、特に牝馬は顕著に1400~マイル指向になりやすい。ただ、この馬の場合はシンハライトの妹になるし、母系的にはアダムバローズ含めて距離は持つ可能性が十分にある。その点では悩ましいところ。あまりダイワメジャー牝馬のイメージを意識しすぎると危険で、少なくともローズSのパフォーマンスならTS持続はある程度通用の目途は立てている。終始最内で噛み合っての差し込みなら圏内ぐらいは警戒したい、というところ。ただし、リスグラシューには2度も先着を許す形だし、L1の段階での伸びではどちらでも見劣っている。それ以上の評価は難しいし、前半に強みがあるわけでもないので、内枠を引いて上手く噛み合いそうならの押さえ候補。



PR【3歳牝馬、予想で三冠獲ります】桜花賞・オークス共に三連単的中させた予想

春の桜花賞、オークスに続く3歳牝馬三冠の最終戦。
今週は獲りにいくレースは秋華賞G1。

予想で注目すべき点は、
「前走の着順」
「前走のタイム差」
「近走の芝重賞での上位人気馬」
などが上げられますが、集めた方がいい情報はたくさんあります。

集めても集めても足りない。
そして、本当にどの情報が重要なのかわからなくなる。
最終的に悩んで悩んで不完全の予想で競馬で挑む。
そんなことを経験したことないですか?

そこで一つ、予想方法の提案として取り上げたいのが「指数予想」
ただ単に、その指数が示す上位人気馬で馬券を買うだけ。仕組みは簡単です。

そして、その指数の中でも、3歳牝馬三冠「桜花賞、オークス、秋華賞」の内、
「桜花賞三連単94,890円、オークス三連単20,130円を的中させた指数」があります。

これは実際に僕がこの指数を参考にして買った的中PAT。
オークスは予定があって馬券購入できなかったので、桜花賞だけ。
そして・・・三連単購入にビビッて馬単だけにしたことを今も後悔しています。
秋華賞は三連単で勝負しにいきます。
【2017年4月9日(日) 桜花賞G1】


【膨大なデータから予想を勝手に出してくれる指数】
その指数が3歳牝馬をきっちり獲ってきた。
桜花賞、オークスの次は秋華賞三連単。
その指数は秋華賞を無料公開。
↓↓
コチラ

さらに重賞だけでなく、毎週全レースの指数も公開される。
比較的安定的中の6Rまでの前半戦。
荒れレース高配当決着が多い7~12Rまでの後半戦。

あなたはどのレース情報が欲しいですか?
今まで負けが続いた方。この指数を見たことありますか?
2017年、勝ち競馬で終わるには、今からでもまだ遅くない。
↓↓
コチラ




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ