2017 10/15(日)
第22回 秋華賞(GI) 京都芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
秋華賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 2歳から小倉2歳ステークスを制すなど第一線で活躍、桜花賞では8番人気の低評価を覆しての勝利となったレーヌミノルが秋華賞に出走予定だ。ただ距離を延ばしてオークスは惨敗、巻き返しを誓った秋初戦のローズステークスでも9着と本来の力を見せることはできなかった。正念場を迎える中で、再度番狂わせで変則2冠を成し遂げることができるか。


 ここ2走の内容を考えるとやはり2000は長い。桜花賞のようにタフな馬場でマイルで厳しい流れになって消耗した時にそれでも一脚を使っていたが、現実的なレベルの流れで各馬に脚を使う余力があると末脚の絶対量で見劣ってしまうなと。


桜花賞(GI) 1着 17頭5枠10番
阪神芝外1600m稍 1:34.5 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 まずは何といっても3走前嬉しいGI初制覇の舞台となった桜花賞から振り返る。当日は雨の影響で稍重の表記以上に少し時計が掛かっていた状況。ペースバランスも1.5でかなりのハイに肉薄するレベルとかなり流れていたし、そのうえでL3最速と4角地点が最速となっている。


 10番枠からまずまずのスタートを切って様子を見ながら無理なく好位を取っていく。道中もソウルスターリングよりは前で進めて好位の外目をキープしながら3角。3角でも外目で進めてまだ仕掛けを待った状態で3列目。序盤で2列目からすぐに抜け出してきてソウルより良い脚で先頭に立つ。L1で抜け出してからもしぶとく踏ん張ってリスグラシューの追撃を振り切っての勝利となった。


ここでは強い競馬だったが、やはり一番はタフな馬場においての基礎スピードを問われた一戦だったということが大きい。この馬自身が凄い末脚で突き抜けたというよりは、他がこの馬場とペースで脚を削がれたことによって相対的に伸びてきた、と考える方が良いだろう。なので評価する部分としてはやはり前半の基礎スピードの高さ、ということになる。


クイーンC(GIII) 4着 16頭4枠8番
東京芝1600m良 1:33.7(+0.5) 46.8-46.4 M
12.3 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.3 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 それを証明するというか、ペースを引き上げきれなかったときにはやはり末脚勝負で甘くなっている。ペースは平均で上手く作っているようにもみえるが3~4角で少し息が入っていてそこからの3F勝負。強敵が揃っていてこのペースでは脚を削ぐところまでいかなかった、3F勝負の中でTS持続で完敗を喫していると。


 8番枠から好発を切ってじわっとハナを主張、内から競ってくる馬もいたがこれを競り落としてハナを取り切る。そのまま前半は良い具合にペースを引き上げて3角。ただ3~4角では少しペースを落として後続を引き付ける、4角では凝縮して団子状態となり息は入れられたがリードも無くなって直線。序盤でそこからしっかりと出し抜く脚を使ってリードを広げに掛かるがL2辺りでアエロリット、アドマイヤミヤビに食らいつかれる。L1では明らかに見劣って下がっての4着完敗だった。


 前半のレースメイク自体は良かったと思うんだが、結局中盤で緩めた所で息を入れたとしても後続もそこで労せず取り付いてくるのでこのペースではアドマイヤミヤビやアエロリットの脚を削ぐところまで持って行けなかったという感じ。そのうえで3F勝負になっているのでギアチェンジでは優位、トップスピードの質ではある程度戦えてもL1の甘さで完敗を喫してしまっている。この辺からもやはり基礎スピードをもっと前面に押し出した方が良いと思う。


ローズS(GIII) 9着 18頭5枠10番
阪神芝外1800m良 1:46.3(+0.8) 46.4-46.9 M
12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0

 オークスは距離が長かったと思うが、1800mの前走ローズSでも完敗を喫してしまった。ペースは平均で中弛みもそこまで大きくない。それなりに流れているが、前が少し離していたので少し後ろにいた馬たちはファンディーナの動きに合わせてコーナーで詰めていく形なので仕掛けどころは早かったと思う。


 10番枠から五分のスタート、無理にはいかずに軽く促す程度で進めるがあまり行き脚が良くなくて結構促して好位の中目という位置取りになってしまう。前が結構離して進める中で好位の外でファンディーナを見ながら3角。3~4角でファンディーナが前を捕えに行く流れの中でその外からついていって直線。序盤で伸び切れずにファンディーナとの差がつまらないで3列目の一角。L1でも伸びはなく完敗の9着だった。


 まずは本来の出来にあったかどうか?というのが一つある。これまで前には楽に行けていたけど、今回ゲートもこの馬にしてはいまいちだったがそれ以上に二の足がつかなかったことの方が不満。なのでそこが一点。そのうえでやはり1800mの距離の中で余力を各馬が持っている状況での末脚勝負ではちょっと辛いなというのは感じた次第。1800が短く基礎スピード的にちょっと厳しいかなという感じのファンディーナとの比較でみてもここで先着できなかったようでは苦しいと思う。状態面を上げてきたとしてもやはり1800では優位性を作るのに苦労していた。


2017秋華賞に向けての展望

 まあ、やっぱり2000は長いなと思う。まずオークスを見る限り2400はどうにもならない距離だったと思うし、マイルでも厳しい流れで各馬の脚を削いでこそという感じ。前走のローズSが盤石の状態ではなかった可能性は十分あると思っているけど、それでも1800では苦しいなと感じたしファンディーナとの比較だとどうしてもそれ以上の評価が難しくなる。2000mで超高速馬場でとなるとある程度飛ばしたとしても後続も脚を削がれずに戦えそうだしこの馬の良さが出にくい舞台かな。狙うとしても顕著に道悪になってこないとと思う。ギャンブルするとしてもやはり前目でペースを引き上げて基礎スピードを活かさないと、後半勝負でトップスピードの持続力が問われてしまうとこの距離では苦しい競馬になりそう。内枠を引いて逃げないにせよ激流の中でのポケットで3~4角をいかにロスなく立ち回って仕掛けを待てるかに賭けるしかないと思う。馬券的にはなかなか狙いづらいかな。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想11/5まで無料

 さらに昨年9万5520円的中の
秋華賞【全頭徹底分析】も特別公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■直近の的中買い目

10/1 凱旋門賞 1万0600円的中
9/24 阪神7R 4万1370円的中
9/23 中山6R 1万4270円的中
9/18 阪神10R 1万0620円的中
9/17 中山7R 4万6300円的中
9/16 阪神12R  1万7510円的中
9/10 京成杯AH 1万3920円的中
9/9  中山12R  2万1690円的中
9/2 小倉11R  2万0800円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法
pngホースメン会議:秋華賞300_250




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ