2017 10/15(日)
第22回 秋華賞(GI) 京都芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
秋華賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 春のクラシック戦線はオークスで4着と健闘、秋初戦の紫苑ステークスで鮮やかな差し切り勝ちを収めてきたディアドラが秋華賞に出走予定だ。これまで磐田で結果を残してきたが、ここにきてソウルスターリングの主戦クリストフ・ルメールに乗り替わりがどう出るか。最後の一冠でハービンジャー産駒初のGI馬となることができるか。


 力をつけてきているし、少なくとも紫苑S組の中では着順通りに評価したいなと感じる一頭。桜花賞の感じからある程度流れたとしても脚を使えそうだし、大きな弱点が無いので後は後ろ過ぎないように入って行けるかどうかかな。オークスも突き詰めれば最序盤の位置取りが痛かったと思う。


紫苑S(GIII) 1着 18頭8枠16番
中山芝内2000m良 1:59.8 61.3-58.5 S^3
12.3 - 11.4 - 12.3 - 12.5 - 12.8 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.4

 まずはやはり前走の紫苑Sからみておきたい。当時の中山はかなりの高速馬場状態。ペースバランスは2.8超スローだし、そこから徐々に加速しつつだが3F勝負に近い形でL1も11.4と落ちていない。後ろの馬はL1で切れないと届かない展開だったといえる。


 16番枠から外枠で五分には出ていたもののやはりちょっとポジションを上げるのに苦労して中団馬群の外目になってしまう。道中もペースが遅い中で動かずにいたが途中でシンボリジュネスが上がって行ってここでペースが上がる中、それでもワンテンポ待つ。3~4角でも大外をぶん回しながら流石に押し上げられないまま直線。それでも勢いはついていて序盤で2列目に近いところまで並びかけると、L1ではしっかりと伸び切って何とか内の2頭を捻じ伏せた。


 流れ的に見ても3~4角でペースが上がっていくという中で極端に大外をぶん回している。この馬自身はL1でも恐らく11秒前後、10秒台も?というぐらいの脚で2馬身半~3馬身差のリードを11.4の地点で差し切っているので底を見せなかったが単純に4角ではコーナーであれだけぶん回すと押し上げるにはとんでもない速度を要す。その辺りも踏まえてかなり難しい競馬になったが前哨戦で勝ち切ってきたところには価値があると思う。相手関係は比較的楽だったとみているが、それでも1000万下のかもめ島特別でワンツーしてきた実力馬が上手く立ち回った中で力でねじ伏せたのだからこの世代でも上位の末脚、特にトップスピードの持続力を持っていると思う。


オークス(GI) 4着 18頭4枠7番
東京芝2400m良 2:24.8(+0.7) 61.7-57.8 S^4
12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 オークスは4着と健闘した。ペースは4秒近い超超スローで3角以降ソウルが動いた形でペースもそれに伴って上がっている。L4の4角地点では11.6となっていてここでの立ち回りは重要だったし、そこからトップスピードの持続力が問われた。4Fで分散する形になっているので瞬間的な切れ味よりも長く維持できたかどうかが問われたと。


 7番枠から五分には出てそこから内に上手く誘導していたが中団より後ろまで下がってしまう形。道中もドスローでペースが上がってこない中で後方最内。ただペースが上がってきた3角以降は内にスペースががっぽりあいていたのでそこを使ってロスなく押し上げて直線。序盤で中団から最内に切り込んでしぶとく伸びてくる。L2では2列目の一角、L1で一旦3番手まで上がったがラストはアドマイヤミヤビに差し込まれて3着争い接戦の末の4着だった。


 展開のうえでは4角で内を通せた方が断然良かったとみているので、この競馬でアドマイヤミヤビに敗れている以上は少なくともそれよりは一段見劣るのは間違いない。L1で甘くなっていて、このレベルでもTS持続ではアドマイヤに見劣ったし、総合的に見ればもちろんポジショニングという観点でモズカッチャンにも見劣っているわけで、その辺りは今後詰めていく必要がある課題だった。ただ、リスグラシューを撃破できているというのは評価できるし、春のクラシック戦線での評価を見ても第2グループの上位には入ってくる一頭のはず。


桜花賞(GI) 6着 17頭8枠17番
阪神芝外1600m稍 1:34.9(+0.4) 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 この桜花賞が地味に強い。ペース自体も1.5でかなりのハイに肉薄。稍重で時計も掛かっている中でパワー型の基礎スピードを要求されたし、そのうえでの後半消耗戦でポテンシャルを一定レベル引き出せたかどうか。上がり最速が示すように、流石に前には行けなかったがこのペースでしっかりと脚を引き出せたのは秋華賞に向けてとみればいい材料だ。


 17番枠から出負けして後方からの競馬になる。道中もほぼ最後方に近い位置で進めて3~4角でも内目から中目を立ち回りながら直線で馬群の中に突っ込んでいく。序盤はまだジリジリとした伸びなのだが、L1でしぶとく伸びてきてばてた馬を拾っていく。それでも外のアエロリットの方がL1は脚色良く完敗の6着だった。


 出負けしたアエロリットと同じような競馬で完敗ではあるし、個人的にはアエロリットの方がこういう競馬になっても上かなとは思っている。ただ、この流れの中で追走に苦労していたことからも、また距離延長でやはり良さが出ていたというところからもこの距離が忙しかったというのが敗因としては大きいだろうと。距離も2000ぐらいまで延ばせればもうちょっと前半が楽になるし、後半のTS持続やポテンシャルといったところは良いものを持っている。これを活かせるかがこの馬にとっては重要だろうと。


2017秋華賞に向けての展望

 2000mという距離は合うと思うし、基礎スピード面もタフな馬場ではあるが桜花賞で少なくとも脚を引き出すことはできている。高速馬場もオークスを見る限り問題ないが、少なくとも世代の最上位勢と言ってもいいアドマイヤミヤビ、アエロリット、ソウルスターリングには内容的にちょっと見劣っている。今回はその3頭のうちの2頭がいないので、展開次第で十分勝ち負けのチャンスはあると思う。ゲート自体は上手くはないがここ数走それなりには安定しているし、最低でも中団の位置は欲しい。ペース自体はある程度流れても対応できると思うので、内目の枠を引いて中団で進める形がとりあえずベースになると思う。外からの競馬になったとしてもこのメンバー構成ならTS持続は上位になると思うし、ローズS組は瞬間的なトップスピードの質という観点でラビットランが厄介も秋華賞はそこまで究極のキレは要求されにくい。どちらかというと加速しながら11秒前後を長く維持するのが得意なこの馬としては良い条件かなと。ただ、やはり勝ち切るまでとなるととりあえず世代最強の可能性があるアエロリットが色んな競馬ができるタイプだしTS持続も高いレベルにあるのでこれを差すとなると、簡単ではないと思っている。上手く噛み合ったうえでアエロリットがハイペースに巻き込まれて中弛みせざるを得ないとか、そういった追い風が欲しいかな。紫苑S組ではもちろん最上位の扱いをしたいし、詰まったり余程スローで仕掛けの遅い競馬にならない限りは安定して上位争いに加わってくれると思う。また秋のパフォーマンスも良かったので、その辺り成長も期待しての対抗~連下候補筆頭かな。


<PR>
【秋華賞】アエロリットで本当に大丈夫?

昨年の1人気ビッシュは10着大敗で波乱の決着!


今年もカンタンには決まらない!!

ソウルスターリング・アドマイヤミヤビが不在なら

■■■■■■波乱の主役はこの馬だ!■■■■■■

―――――――――――――――――――――――

≪大ヤリの超穴馬≫を今すぐ無料で教えます!

―――――――――――――――――――――――

========================
東京・京都開幕週も
情報通りの万券ラッシュ!
========================

【先週】東京初日7R
穴アンジュリンブレス
(8番人気)
3万5880円的中!

【先週】京都初日4R
穴ヤマニンヌヌース
(6番人気)
3万0400円的中!

【先週】京都初日2R
穴サンリットデュー
(5番人気)
2万1550円的中!

【先週】京都初日12R
穴スーパーライナー
(7番人気)
1万4360円的中!

【先週】京都3日目3R
穴ターフェルムジーク
(6番人気)
1万2840円的中!

【先週】東京3日目11R
穴ラストダンサー
(5番人気)
1万1480円的中!

その他的中多数!

秋華賞の大ヤリ超穴馬はコチラ
pngワールド:秋華賞300-250




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ