2017 10/15(日)
第22回 秋華賞(GI) 京都芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
秋華賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 大接戦となったスイートピーステークスを制した春の実力馬ブラックスビーチが秋華賞に出走予定だ。本番のオークスでは9着と完敗、秋初戦となったローズステークスでは先行策も裏目に出たか16着と惨敗を喫した。抽選対象となってしまったが何とか突破、この強運を味方に何とか巻き返しと行きたいところだ。


 スイートピーSの上位勢が紫苑Sでも結果を出しているので通用するチャンスはあるが、それでもポール、カリビアン共に上手く立ち回った中で苦しい競馬となったディアドラにまとめてやられているので、やはり第2グループ比較でみてもちょっと足りないかもしれない。この馬自身もローズSは先行策だったのでともかくとしても、オークスでは後ろの馬比較で完敗だからね。流れて良いタイプという感じもしないし馬券的に難しいライン。


スイートピーS(OP) 1着 18頭4枠7番
東京芝1800m良 1:47.4 48.4-46.5 S^2
13.0 - 11.5 - 11.6 - 12.3 - 12.5 - 12.4 - 11.6 - 11.0 - 11.5

 3走前のスイートピーS勝ちから振り返る。高速馬場でペースバランスは2秒近いかなりのスロー、そこからの3F勝負でL2最速11.0とトップスピードの質が問われた。L4の地点では遅いしギアチェンジも段階的に要求されて後半の総合力の高さにポジショニングを問われた一戦。


 7番枠からやや出負けしたかなという程度、そこから促してリカバーして中団馬群の中で進めていく。道中は少し前にスペースを置いて外にも出せる状況で結構良い感じで3角に入っていく。3~4角でも中団の外目で様子を見ながらまだ抑えているという状況、4角でしっかりと外に持ち出して促して3列目で直線。序盤でしぶとく伸びて2列目、L2の最速地点では先頭列に並びかけてくる。L1では先頭列が6頭ぐらい大接戦となったがその中でしぶとく抜け出し最後はカリビアンゴールドの強襲をしのいだ。


 上手く流れに沿って入っていけたなというのが率直な感想。3~4角の地点ではまだまだ緩いので、直線まで一気に加速していくというイメージで考えれば4角で外に出してしっかりと勢いをつけることができたので出し切ることができた、という感覚。それでもL1ではカリビアンゴールドに詰められてはいるので、抜きん出たパフォーマンスではなかったと思うし緩い地点で動く意識を持って入る仕掛け方が上手かったなと。


オークス(GI) 9着 18頭5枠10番
東京芝2400m良 2:25.6(+1.5) 61.7-57.8 S^4
12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 オークスでは4秒近い超超スローからの4F勝負となった。トップスピードの質を究極レベルでは問われていないし、スイートピーSと決定的に違うのは仕掛けどころが早かった、というところだろう。脚を出し切れる形になっているのでその中でどうだったか?というのを評価したい。


 10番枠から五分のスタート、そこから内目を狙っていきつつ上手くディアドラの前に入り込んでいい位置を確保する。道中もドスローの流れで中団の内内で我慢の展開、前にモズカッチャンがいて結果的にベストに近い位置取りで3角。3~4角でも最内を立ち回り、モズカッチャンの直後を突いて追い出されながら直線で外に持ち出す。序盤で追い出されるが進路確保が拙く、L2の地点でもバタつくがここで確保しきる。それでもラストは伸びを欠いて10着完敗だった。


 まあ結果的にモズカッチャンを信頼していたら良かったのに、という感じだが進路確保が少し拙かったにせよL2の地点では空いていたし、L3-2の地点では既に流からエンジンも掛かっていた状況のはずなので、L2-1の地点で伸びなかったのは脚自体がすでになかったからと考えるべきかなと。2400を走ったうえで仕掛けが早い中内内を上手く立ち回れたと思うし、それでも完敗だった。カリビアンゴールドも物足りなかったのは事実で、単純にスイートピーS組はちょっと足りなかったかなという感じはある。ディアドラ比較でも紫苑Sと内容的に見て足りなかったから、この馬自身もやはり第2グループに入るところまでにはいっていないと判断した方が良いかもしれない。


ローズS(GII) 16着 18頭4枠8番
阪神芝外1800m良 1:47.0(+1.5) 46.4-46.9 M
12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0

 ローズSでは恐らく秋華賞を見据えてとプラスこの馬にとって未勝利勝ちのイメージもあったと思うのでそれを試した形だと思うが結果は惨敗だった。ペースは平均では流れているわけで、これについていけば当然基礎スピードを要求されている。そこからの一足という形だがそれを引き出せなかったならこの馬にとってはオーバーペースだったとみるべきかな。


 8番枠から出負けしてそこからリカバーしながら二の足はよく前目につけていく。そこから最終的に2列目雁行状態から抜け出して上手く2列目のポケットを確保する。出して行ったが折り合い自体はしっかりとついていて、3~4角でも余裕をもって前にスペースを置きながら直線で最内と理想的。しかしそこからの反応が無くすぐに鞭が入るが下がってしまう。最後は良いところなくズルズル後退しての惨敗だった。


 この馬の適性的には結果的に合わなかったがレースの流れを考えれば結構良い騎乗ではあった。流れている中で3~4角でも我慢できたしスペースを確保してすぐに内を取れたし馬自身に脚があればカワキタエンカの出し抜きに食らいつくぐらいの競馬はできたと思う。それができなかったのであればやはりこのペースはこの馬にとっては難しかったと考えるべきで、基礎スピード的に無理があったと。前半を上げて行くと後半がそれ以上に下がってしまうとなると…である。


2017秋華賞に向けての展望

 全く来ないかどうかとなると微妙なところだけど、結構難しい位置にいるんじゃないかなと思う。スイートピーS組のパフォーマンスも悪くはないがトップレベル相手に通用する目途を立てていないし、メイショウオワラもポジションと基礎スピード面で引き上げたからローズSでそれなりの結果。他のスイートピーS組のその後を見てもちょっと足りないとは思う。今回はトップレベルは減ったけど(ミヤビ引退、ソウル別路線)それでもアエロリットは世代トップクラスのパフォーマンスだし、ラビットランもかなり強い。また第2グループでも条件次第ではトップを喰えるリスグラシューいて、ディアドラも紫苑Sから考えれば余程上手く噛み合わないと3角下りからの段階的な加速で出し切りやすい淀の2000で逆転というのは難しいかなと思う。かなり強敵が揃っているので、前半ペースが上がってやれる馬でもないしトップスピードの質量ともにこのレベルでは物足りないとなると簡単ではないかな。内内からド嵌りすれば3着ぐらいはあるかもしれないけど、それでも個人的にはメイショウオワラやモズカッチャンの方を上位に取りたいし、馬券的に拾う余地はあまりないかな。



PR【3歳牝馬、予想で三冠獲ります】桜花賞・オークス共に三連単的中させた予想

春の桜花賞、オークスに続く3歳牝馬三冠の最終戦。
今週は獲りにいくレースは秋華賞G1。

予想で注目すべき点は、
「前走の着順」
「前走のタイム差」
「近走の芝重賞での上位人気馬」
などが上げられますが、集めた方がいい情報はたくさんあります。

集めても集めても足りない。
そして、本当にどの情報が重要なのかわからなくなる。
最終的に悩んで悩んで不完全の予想で競馬で挑む。
そんなことを経験したことないですか?

そこで一つ、予想方法の提案として取り上げたいのが「指数予想」
ただ単に、その指数が示す上位人気馬で馬券を買うだけ。仕組みは簡単です。

そして、その指数の中でも、3歳牝馬三冠「桜花賞、オークス、秋華賞」の内、
「桜花賞三連単94,890円、オークス三連単20,130円を的中させた指数」があります。

これは実際に僕がこの指数を参考にして買った的中PAT。
オークスは予定があって馬券購入できなかったので、桜花賞だけ。
そして・・・三連単購入にビビッて馬単だけにしたことを今も後悔しています。
秋華賞は三連単で勝負しにいきます。
【2017年4月9日(日) 桜花賞G1】


【膨大なデータから予想を勝手に出してくれる指数】
その指数が3歳牝馬をきっちり獲ってきた。
桜花賞、オークスの次は秋華賞三連単。
その指数は秋華賞を無料公開。
↓↓
コチラ

さらに重賞だけでなく、毎週全レースの指数も公開される。
比較的安定的中の6Rまでの前半戦。
荒れレース高配当決着が多い7~12Rまでの後半戦。

あなたはどのレース情報が欲しいですか?
今まで負けが続いた方。この指数を見たことありますか?
2017年、勝ち競馬で終わるには、今からでもまだ遅くない。
↓↓
コチラ




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ