2017 10/15(日)
第22回 秋華賞(GI) 京都芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
秋華賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 2歳時には新潟2歳ステークスを制すなど将来を嘱望されていたヴゼットジョリーが秋華賞に出走予定だ。とはいえそこからの道は険しく、阪神ジュベナイルフィリーズでは5着、桜花賞では10着と右肩下がりとなっている。古馬・牡馬相手にポートアイランドステークスで揉まれて中1週、新潟2歳王者が巻き返せるか?


 ん~流石に難しいかなと思うんだが、ローエングリンの仔だし超高速馬場というのがプラスに働けば…というところはあるかも。中1週は心配だけど、追い切り自体は結構よく見えたと思う。距離もだし、少なくとも世代トップレベル相手には春の段階で歯が立っていないのもある。化けるとしたら馬場が合う場合。新潟2歳Sの相手も楽だったから、あまり期待していないけどその辺りには少し注目している。


新潟2歳S(GIII) 1着 15頭6枠10番
新潟芝外1600m良 1:34.3 48.5-45.8 S^3
12.5 - 11.3 - 12.2 - 12.5 - 12.2 - 11.3 - 10.6 - 11.7

 やはり新潟2歳Sを思い出しておくべきだろう。この時点ではまだはっきりとしていなかったが、レーヌミノルやジューヌエコールの活躍もあってこの世代は牝馬がハイレベル、という認識を植え付けさせた最初の一頭だったはず。ペースは新潟マイルらしく3秒近い超スローで、3F勝負に特化した競馬。シンプルに上がり勝負である。


 10番枠からまずまずのスタートを切ってそこからブレーキしつつ中団に下げたいところでなかなか下がって行かずかかる、という感じ。道中も団子状態の中団馬群の真ん中でブレーキ。3~4角でも馬群の中で進めながら出口で仕掛けるとスッと反応して2列目で直線。序盤で外に持ち出しL2の手前で追い出されてここで先頭に立つ。L1までしぶとく伸び切っての完勝だった。


 2着のオーバースペックがちょっとよくわからないところはあるし、3着がイブキだがこれもレベル的には微妙なライン。上位勢のレベルは正直ちょっと物足りないな、という中での完勝だった。ペースが遅かった中で少し折り合いで苦労していたが、前向きな気性が直線入りの段階ではプラスに作用していて馬群の中でもすぐに動いていた。ギアを上げることに関してはこれは良かった。ただ末脚で圧倒したというほどでもなく、今振り返ってみればレベルに恵まれたところは若干あるだろう。


阪神JF(GI) 5着 18頭8枠17番
阪神芝外1600m良 1:34.9(+0.9) 46.7-47.3 M
12.4 - 11.0 - 11.3 - 12.0 - 12.1 - 11.5 - 11.5 - 12.2

 桜花賞の場合は先行策を取って崩れているので評価がしづらい。まともに正攻法で挑んだJFを振り返っておく。ペースは平均で中弛みというほどではないが少し緩んだという程度。それでも速いラップを要求されていないし、年末で少し時計が掛かる中での基礎スピードが問われ、そこからのポテンシャル戦に近い一戦だろう。


 17番枠からやや出負けして無理はせずに後方外からの競馬となる。道中は折り合いを意識して後方馬群の真ん中で壁を作ろうとするが、流れているのでそれほど気にならずむしろ少しおっつけながら追走。3~4角では中団馬群の真ん中で潜り込むような感じになって仕掛けられて直線。序盤で最内に切り込んで上手く前のスペースを拾っているのだが伸びは地味。L1でも外差しのリスグラシューに成す術なく、ソウルスターリングにも差を広げられての完敗だった。


 ペースが流れたことで末脚を削がれてしまっているな、というのは普通に感じた一戦。桜花賞ではタフな馬場で46.5-48.0ともっと顕著に流れた中で先行すればそりゃ崩れるわな、という感じの競馬だったと思う。マイルという距離がどうこうというよりも、厳しい流れで前半に脚を使うと後半のトップスピード面が削がれてしまうんだろうなと。だからパワー型の馬場は合っていない感じではあった。


ポートアイランドS(OP) 5着 13頭7枠11番
阪神芝外1600m良 1:33.5(+0.5) 46.8-46.2 M
12.6 - 10.9 - 11.4 - 11.9 - 11.7 - 11.0 - 11.5 - 12.0

 前走のポートアイランドSは最終週でも結構時計が出ていた馬場状態の中で平均ペースとそこそこ流れた。L3最速で後半はTS持続力が問われたが、前後半のバランスも要求されていると。


 11番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと取り付いて楽に番手外を確保。道中で少し控えて最終的には2列目の外で3角に入っていく。3~4角では少し離れた好位列で中目を回して直線。序盤で前3頭が離している中で少し置かれてジリジリ。L1の坂の上りでも決定的な伸びはなくジリジリと伸びずばてずの完敗だった。


 これをどう評価するかというのは結構難しいところではある。ただ、高速馬場の平均ペースの中でそれなりには対応してきたといえるかどうか。アエロリットはともかくとして、少なくとも今年の秋華賞のレベルは1000万下勝ちレベルがボーダーラインだと思うし、オープン特別のマイルでそこそこやれたというのと、仮に距離が延びてプラスに働けば?という面では怖さはあるともいえなくもない。ただキョウヘイには完敗なのでそこは物足りないのも事実だが。


2017秋華賞に向けての展望

 2000への延長がプラスならば怖さはあるかな、という感じ。追い切りは見ている限りでは叩いて良くなっていると思う。ただ、マイル路線までの力関係で言えば明らかにJFでリスグラシューに完敗しているわけで、結構差がある。第2グループのディアドラやカワキタエンカ、モズカッチャン辺りとの比較でも恐らく現実的な流れでマイルでは難しいかなと。後は血統から判断するしかないが、基本的にはマイラー色が強いローエングリンの仔で、母系はスプリント色が強いイメージ。父スウェプトだが半姉にベルルミエールがいるし、ローエンとの組み合わせだと2000への延長がプラスとなるとはちょっと考えにくいところもある。個体で見ても新潟2歳Sではギアチェンジや質的には良いものを見せていてこれはいかにもローエングリン産駒っぽい機動力だが、TS持続は物足りなかったという点でもあまり末脚の絶対量があるタイプではないと思う。高速馬場は得意だと思うけど、2000mで全体か後半勝負になってもコーナーで分散しながらになると足りないかな。追い切りが良かったのでちょっと怖さはあるんだが、現時点では手を出さないつもりでいる。


PR【すべてのレース3連単は30点あれば取れる。】

この情報元の先週土日結果、3連単的中率54.2%達成しました。
回収率はというと、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月7日(土)京都11R 30点/500円投資
1,352,800円獲得
10月7日(土)東京09R 30点/500円投資
7,914,950円獲得
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな実績があるので、例えば、24レースに30点/500円全投資したとしたら、
投資額が720,000円。
そんなに投資するか?って感じですが、上の東京09Rが一発当たっただけで1,100%は回収してます。
こんな的中が他にもあるので、回収率は特に数字出ししなくても「勝った」ってことはわかりますよね?

このサイトは競馬総本舗ミリオンという競馬サイトでは超老舗のサイト。
3連単は30点あれば取れる。実感してみてください。
↓↓
コチラ


しかしこれはサイトの実績。。。僕の実績はというと、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月8日(日)京都10R 30点/500円投資
275,500円獲得
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しょぼいかな?笑
まぁ「勝った」から!負けてないから!

回収金額260,500円 回収率1,837%です。
こんくらいの回収が毎週体験できるので、
「この金額で満足できるなら」十分試してみる価値はありますね。

因みに僕が先週使ったのは、キャンペーン名:【情報元・根津 明】というやつでした。

3連単は30点あれば取れる。実感してみてください。
↓↓
コチラ






最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ