大井7R JBCレディスクラシック(JpnI) ダ1800m 良~稍、やや高速ダート想定
展開予想
 ファンタジーSは追い切り記事を書いてからの予想にします。JBCレディスクラシックの予想から。前日の段階では稍重で時計も1200なんかではそこそこ出ていた印象。やや高速ぐらいで入っていく。このレースは展開予想が結構難しくて、外のタガノヴェローナが恐らく内に切り込んで様子を見つつ飛ばしてくるが、最近はホワイトフーガも出が甘いし、プリンシアコメータも1800でスッと行けるかどうかは微妙なライン。ララベルがこのメンバー構成なら行き切るか、もしくは内からプリンシアがという感じかな。外からタガノヴェローナが先行して番手外、ワンミリオンスは内ポケットで進めていく形になりそう。ペースはララベルやタガノがいるのでそこそこ上がってくるとは思っている。49-12.5-51ぐらいの感覚かな。


予想
◎01ワンミリオンス

〇05ホワイトフーガ
△03プリンシアコメータ
△07アンジュデジール
△08ララベル
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎ワンミリオンス


 この馬の場合はやはりTCK女王盃を勝った時のインパクトが大きい。大井の1800で49.5-52.2と超ハイの中で12.4 - 12.4 - 13.2 - 13.6 - 12.4 - 13.0と3~4角で極端に減速して好位の内内で包まれて普通なら苦しいところでも直線内目から再加速でスッと反応して抜け出してきているように、ギアチェンジの性能が高い。また基礎スピードを高いレベルで問われてもやれているという2点において良さがある。2走前のエンプレス杯でも川崎らしい14.1 - 12.1 - 12.7 - 13.0 - 12.7とL4からのロンスパ、コーナー減速からの直線再加速で番手からスッと抜け出しているように機動力の高さが武器だしポテンシャルと合わせても高いレベルと隙が無い。前走のマリーンCの場合はただただマイルでハイペースが合わなかった印象だし、距離延長で良さが出てきた口。大井なら淡々とした流れにはなりにくいしどこかで息が入れば総合力は一番かな。実際TCK女王盃ではホワイトフーガを撃破しているわけでね。


〇ホワイトフーガ


 基本的にはコーナーできつい、つまりコーナー減速直線加速、という競馬は得意ではない。前走のレディスプレリュードもそうで、50.0-51.0と1秒のハイで12.1 - 12.4 - 13.1 - 12.4 - 13.1とL3-2でも再加速、好位外から伸び始めも遅かった。ただL1でもジリジリで2着争いを何とか制した程度、クイーンマンボにぶっちぎられた内容は褒められないし不満が残る叩き台だった。ただもちろん本番はここだし、好位からの再加速戦でも最低限対応でき、このメンバー構成なら最上位になってくる。理想を言えば前半もうちょっとペースが速い方が良いのでそこが噛み合えば。ただベストの競馬場は3角から勝負ができる割と緩めのコーナーの船橋、浦和になると思うのでその点かな。叩いて良化も見込んで少し悩んだけど対抗。しっかり3角までに外に出してほしいね。


△プリンシアコメータ


 ゲートはまずまずだし、そこまで速い馬は出ていないのでハナを取れる可能性はそこそこあると思う。ただ1800への短縮になるのでスッと行けるかどうかはやはり不安があるのでできればもう少し外目の枠の方が競馬はしやすかった。前走赤富士Sは内で包まれてもやれたとはいえ11.7 - 12.2 - 12.4 - 12.2 - 12.4 - 13.2と完全に流れ切っていたのも大きく、大井で包まれてスッと動けるかは疑問。この低調なメンバー構成ならポンと逃げてスロー寄りに支配されたときに怖いので押さえておきたい。


△アンジュデジール


 前走のレディスプレリュードはもうちょっとやれるかなと思っていたが完敗。50.0-51.0とややハイからの12.1 - 12.4 - 13.1 - 12.4 - 13.1とL3-2の加速がそこそこあった流れで内内で包まれてはいたが前にスペースを取って4角出口から直線でスッとさばいてと結構理想的に入ってきた割に完敗だった。相手が強すぎた感もあるし、今回はそのクイーンマンボがいないのでこの面子なら勝負になる。要所での動きもそこそこ良かったし、基礎スピードも結構高いのでこのレベルなら引き続き好走可能。


△ララベル


 結局レディスプレリュードの上位組を押さえることになった。正直メンツを見た段階で混戦でスッとワンミリオンス本命はある程度決めていたんだが他は悩んだ。この馬も前走レディスプレリュードは番手で50.0-51.0と結構良いペースで入れていたんだが12.1 - 12.4 - 13.1 - 12.4 - 13.1とL3-2の再加速でやはりちょっと物足りなかったしそれでもホワイトフーガやアンジュデジールという比較で見ればよく頑張ってはいた。この馬はペースが上がっても大丈夫だがそれでもホワイトフーガには3走前のマリーンCから内容的に見劣るので連下まで。


PR==============

【地方競馬予想と言ったらこのサイト】

場立ち歴30年以上の地方競馬専門予想家。
当然ながら、馬主・厩舎関係者との絆は深い。

中央と違って、地方競馬は
情報があれば勝ちやすい。

JBC重賞3鞍
「地方競馬の鬼」コンテンツで
11月3日14時45分頃公開予定

まずは無料メルマガを読んでお待ちください。
■コチラ
【バナー】ターフ200x200(JBCクラシック)

===============



最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ