日程:2017年11月19日(日)
第34回 マイルチャンピオンシップ(GI) 京都芝外1600m
予想用・出走予定馬一覧
マイルチャンピオンシップ2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年は安定感こそ光るもののなかなか勝ち切れない競馬が続く実力馬ヤングマンパワーがマイルチャンピオンシップに出走予定だ。昨年も3連勝の勢いを駆って参戦したが16着と惨敗。その悪夢を振り払うべく、今年は何としても結果を残したいところだが強敵が揃った。それでも前目からしっかりと自分の持ち味である粘り腰を引き出したい。


 この馬は1800mの方が良いとは思うんだよなあ。前走の毎日王冠でも極端な切れ味勝負になったからマズかったけど、基本的に入りが速いとマイルでは苦労しているわけで、ペースが上がりにくい非根幹距離の1800向きだとは思う。今回のメンバー構成だと、仮にスローからのコーナー勝負になったとして、関屋記念の上位2頭は簡単な相手ではないし狙いにくくはなったかな。


富士S(GIII) 1着 11頭3枠3番
東京芝1600m良 1:34.0 48.1-45.9 S^2
13.0 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 11.2 - 11.2 - 11.8

 まずは何と言っても昨年の富士S勝ちから。このレースではイスラボニータを撃破していて内容的にもこれが恐らくこの馬にとってはベストなんだろうと。ペースは2.2でかなりのスロー、ラップ推移的にはスローなのだが中盤以降12秒台を踏まない形でコーナーでそれなりに脚を使わせつつ、L3最速で仕掛けどころが早い競馬になった。


 3番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと様子を見つつ、ハナを窺わせながら最終的に外のテイエムイナズマを行かせて2列目ポケットでの競馬。3~4角でも2列目のポケットで我慢しながらだが前が淀みなく進めてくれて2列目で直線に入ってくる。序盤でもスペースを確保できていてジリジリと伸び、L2の地点で先頭列に並びかけるが内からイスラが忍び寄る。しかしL1でそのイスラを振り切って寄せ付けずの完勝だった。


 前目からのTS持続力で良さが出た、というのはこれまでのパフォーマンスからも確かではあると思う。イスラに対してしっかりと前で入れたこととそこからL1まででキレでは見劣っても踏ん張りでは寄せ付けなかったのは大きい。そして顕著にスローながらも中盤以降は流れている、というパターンがこの馬にとってはベストの展開だろう、と。この時は強かったし、高速馬場だけでなくある程度時計がかかる中でもやれるのは今回でも良い材料ではあるが、やはり2秒以上のスローだったことも考えておく必要はある。


毎日王冠(GII) 5着 12頭7枠9番
東京芝1800m良 1:45.9(+0.3) 47.8-45.6 S^2
12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 10.7 - 11.7

 前走の毎日王冠は1800への延長でレースの運び方自体はかなり楽だったと思うが、仕掛けが消極的過ぎて直線勝負、トップスピードの質を相当高いレベルで問われてしまった。この辺りはちょっともったいない競馬で、3~4角でもう少し早めに仕掛けてやれれば面白かったと思う。


 9番枠からまずまずのスタートから押して先行策、マイルと違って結構楽に2列目につけてそこからコントロール、下げて好位列というところ。道中もかなり緩い流れの中で徐々に2列目外に再び取り付いて3角。3~4角でも前に対して並びかけて多少プレッシャーはかけるがそれでもペースが上がらないまま直線。馬なりで入ってきていたがL2で前2頭に出し抜かれて慌てて追い出す。最後はジリジリと伸びずばてず、5着までだった。


 ここまで速いラップを踏まされると辛いし、余裕をかまして馬なりで入ってきたけどそういう馬じゃないんだよなあ、という感じ。質的に切れる馬ではないから緩い流れの中で仕掛けも遅くなってしまうとキレ負けはやむを得ない。ただ、1800なら前半のレースの流れに楽に入っていけるというのはあり、先述している富士Sではマイルだったが入りが遅かったことで楽に流れに乗れたこととコーナーで緩まず早めに動く意識、馬場も少し時計が掛かっていたというのも良かったのかなと思う。いずれにせよ、切れないけど簡単にはばてないんだから早めの仕掛けが必要。


安田記念(GI) 16着 18頭8枠17番
東京芝1600m良 1:33.1 45.5-46.0 M
12.2 - 10.6 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.0 - 11.3 - 12.1

 ただ、この馬にとって明確にネックになるのが全体で流れた時。昨年のマイルCSでもそうだったが、直近のレースでは安田記念。ペースは平均で落ち着いているものの超高速馬場で入りが45秒台と絶対的に速い。その流れからのL3最速で後半はTS持続戦なのだが、前半の基礎スピードも要求された中で苦しくなった。


 17番枠から五分のスタート、そこから押して押しての先行策で2列目の外から最終的には少し控えて好位で我慢する。3~4角でも少し減速しているが中弛みというほどではなく、ここで2列目の外に取り付きに行って直線。序盤で追い出されてさあここからというところで2列目の一角はキープもL2で失速、最後は完全に甘くなった。


 オーバーペース気味の競馬だったかなという感じ。3~4角でロスがあった、枠も悪かったのでそれだけではないとも思うが、それでも昨年のマイルCSでも46.1-47.0とハイペースの流れで中団から良いところなく伸びあぐねていた。流れて良いタイプではないと思う。


2017マイルチャンピオンシップに向けての展望

 GIレベルになると前半から結構流れることも多いので、仮に平均以上でとなってしまうと持ち味である前目から後半のTS持続、というのはなかなか引き出しづらい。もちろん富士Sの様にペースが2秒程度のかなりのスローで落ち着いてくれれば前に行くのも楽だし、後半勝負に持ち込みやすいという点ではいいだろう。それでも、関屋記念ではそういう競馬に近い中で前目のマルターズアポジー、ウインガニオンに見劣ったのであれば基本的にはそれ以上の評価は難しい、となる。この馬自身マイル路線でも結構上位の存在ではあるんだが、結局流れると難しい、スローでも出足がそんなに速くないからメンツに恵まれないと良い位置を獲れない、という点では先行馬としてちょっと足りないのはある。同タイプで強敵の2頭がいる以上はそれ以上の評価ができない。関屋記念はハイレベル戦だったし、毎日王冠も展開面で少し噛み合わなかった中で一定レベルやれている。ヒモで引っ掛ける分には悪くないけど、この馬よりマルターズアポジー、ウインガニオンの2頭を評価したい、というのはあるかな。現時点では狙っても3着ヒモ穴までで、消す可能性が高い一頭。



■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
 ドバイバイターフ(GI)を制した
  ヴィブロスの馬主でもある
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
 の【マイルCS・最終結論!】

  ▼こちらで無料公開!▼

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

先日の天皇賞秋はサトノクラウン
から3連複1万5290円的中!

先週のア共和国杯はスワーヴリチ
ャードから馬単2250円的中!

▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼



最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ