日程:2017年12月10日(日)
第10回 カペラステークス(GIII) 中山ダ1200m
予想用・出走予定馬一覧
カペラステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 南関に移籍し、4走前の交流重賞クラスターカップでは中央の強豪を撃破し重賞馬となったブルドッグボスがカペラステークスに出走予定だ。前走大一番のJBCスプリントでは3着と大健闘を果たした。中山1200の実績もあるだけにここでも楽しみな存在、地方馬として中央競馬に参戦は初めてとなるがアウェイでもいかんなく実力を発揮したい。


 中山1200実績もあるんだが、高速ダートでの時計勝負…後半もある程度速い脚を要求される形の方が合っているとは思う。良馬場で消耗してしまうと個人的には微妙かなと思うので中山1200だと少し評価を下げたい。


クラスターカップ(JpnIII) 1着 14頭1枠1番
盛岡ダ1200m稍 1:08.8R 34.4-34.4 M

 まずは4走前のクラスターカップから。一応ペースバランスは逃げ馬と勝ち時計との逆算で確定しているので載せましたがラップ推移は無い。平均で走破、高速ダートで後傾型の馬が結果を出しているなという感じの競馬。


 1番枠からやや出負け、かなり押して押してで二の足でハナを主張も最終的には2列目のポケットで進める形。3~4角で前2頭から少し離れた3番手で最内を立ち回って直線で外。序盤でしぶとく伸びて抜け出したラブバレットをじわっと詰めて進めながらL1でしぶとくバテ差してきっちりと突き抜けた。


 ここでは全体のペースがあまり速くない中で出負け気味からのリカバー、2列目ポケットでまえにスペースを置けたのは良い展開だったし3~4角でも最内を立ち回って我慢して直線でしぶとく。ただし後傾バランスでこの馬は走っているので後半は結構速いラップをどこかで踏んでいることになる。恐らくL3-2で速いラップを踏まされてL1の減速で捕えた形だとみているが、後半勝負で結果を出してきた。レコードなので時計勝負、快速というイメージを持つかもしれないけど、個人的にはそうではなくて盛岡の高速ダートでありがちなペースが上がらずの後半勝負になっているとみている。


JBCスプリント(JpnI) 3着 16頭6枠11番
大井ダ1200m重 1:11.4(+アタマ+アタマ差) 34.6-36.8 H^3
12.3 - 10.8 - 11.5 - 12.3 - 11.8 - 12.7

 前走のJBCスプリントでは2.2で超ハイに入ってはいるものの大井らしくコーナーで緩んでいるので後ろからでも取り付くタイミングがあった。基本的に大井の1200は基礎スピード勝負になりにくくギアの上げ下げと基礎スピード面、トップスピードの質といった総合力をバランスよく問われがち。前半で無理せず入れば取り付けるので付け入るスキがあった感じ。


 11番枠から五分には出ていたが追走に苦労して中団やや後方からの競馬になってしまう。道中も中団馬群の中目から3角に入っていく。3~4角では中団の外からコパノリッキーの押し上げを後ろから追走して直線。序盤での伸びは地味でこの時点ではまだ好位列。しかしL1でしぶとく伸びてきて最後は際どく差し込み3着を確保した。


 コパノリッキーもそうなんだが向こう正面で追走してスピードに乗せながら3~4角に入っていけたのでここで押し上げることができている。それもレースラップが示す通りでL3で12.3と大きく緩んでいてここが噛み合った。逆に3角手前まで飛ばしてコーナーで息を入れたくなる前の馬、ギアの上げ下げが上手い馬ならいいが、例えばノボバカラの様にスピードで押し切ってしまいたいタイプとしては淀みができて基礎スピードを削がれてしまったのはある。この馬の3着自体評価はできるけど、基本淀みなく流れる中山1200への適性という点では噛み合わない可能性はある。


2017カペラステークスに向けての展望

 地方転入初戦だった習志野きらっとスプリントでも基礎スピード勝負で1.6ものさをつけられての完敗を喫しているし、どこかで取り付いてしまいたいタイプだと思う。船橋だとスパイラルカーブなのでスピードを削がずに3角に入って行けるしこれがこの馬としては淀みない流れで着いていけなかった要因かな。2走前の東京盃の内容的に見てもそうだがどこかで緩みが無いとしんどい、後半要素を引き出す余力が無いとという感じ。高速ダートだと大丈夫なのでバランス的な問題だと思うし、ハイバランスについていってしまうと甘くなるのかな。良馬場の中山1200はその点でもあまり合わないかもと思っている。千葉Sを勝った時は重馬場で道悪というのもあったし、自身では34.1-35.4とそこまで極端なハイでの走破というわけではない。今の時期の時計がかかる中山1200でノボバカラや含めてNST賞組もコーリンベリーもナンチンノンもいて前半は結構飛ばしていくだろうからそういう流れで消耗した時に微妙かなと。中山1200なら道悪で高速ダートの方が合うとみている。それと使ってきていてどう見てもJBCスプリントがメイチということを考えても、夏からの連戦で上がり目もあまり期待はできないかなと。積極的に狙う材料には乏しいと思う。連下~3着ヒモの範囲、消すのも手かなと。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第69回 阪神JF(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
 【先月も全週の重賞で万券】
関係者・陣営の本音を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

関係者からコッソリと裏話を聞き、新聞の印を抜く術を持つ凄腕トラックマン(=新聞記者)と提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

しかし、万馬券専門に特化している【暴露王】にとっては

~~~~~~~
「なんでこんなに人気がないのか分からない」
「こんなに人気がないから、激走馬としてオススメできる」
~~~~~~~

という気持ちなのです。

▼ ▼ ▼

なぜなら、【暴露王】が提携しているトラックマンは、「取材バッジさえあれば給料なんかいらない」「現場で馬券さえ買えれば食っていける」と豪語するような強者ばかり。

バイト感覚でテレビ番組に出て、人気順に素人丸出しのパドック解説をしているような輩や、サラリーマン感覚で適当に新聞の印を散らしている輩とはわけが違います。

▼ ▼ ▼

作られた『虚構の人気馬』を把握し、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることを宿命とする凄腕トラックマンたちは、マスコミなどの表には決して出ない(出せない)関係者の本音を入手することが至上命題。

そもそも、陣営の本音中の本音というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕トラックマンと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

【!】最近もオイシイ万券を多数獲得していただきました

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼


▼9人気伏兵に堂々◎!▼
━━━━━━━━━━━
11月12日 京都11R
『第42回エリザベス女王杯』
◎クロコスミア
(9人気・単勝26.4倍)
△モズカッチャン
(5人気・単勝7.7倍)
---------------------
馬 単 1万5890円
━━━━━━━━━━━

▼人気上位をブッタ斬り!▼
━━━━━━━━━━━
10月29日 東京11R
『第156回天皇賞(秋)』
◎サトノクラウン
△キタサンブラック
△レインボーライン
(13人気・単勝59.6倍)
---------------------
3連複 1万5290円
━━━━━━━━━━━

▼1・2人気馬を徹底軽視!▼
━━━━━━━━━━━
10月15日 京都11R
『第22回 秋華賞』
◎モズカッチャン
(5人気・単勝8.6倍)
◯ディアドラ
(3人気・単勝6.3倍)
△リスグラシュー
(4人気・単勝7.0倍)
---------------------
3連単 1万4760円
3連複   3180円
━━━━━━━━━━━

▼世間の軽視馬に断然◎▼
━━━━━━━━━━━
10月1日 中山11R
『第51回 スプリンターズS』
◎ワンスインナムーン
(7人気・単勝16.0倍)
◯レッドファルクス
△レッツゴードンキ(5人)
---------------------
3連単 3万1850円
3連複   7650円
━━━━━━━━━━━

などなど!

関係者からオフレコ話を聞き出せる、提携トラックマンにかかれば、こんな万券は朝飯前!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『阪神JF(GI)』を初めとして、私達だからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
 【先月も全週の重賞で万券】
完全無料・阪神JF
PNG暴露王:阪神JF300-250

━━━━━━━━━━━━━━━



最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ