日程:2017年12月10日(日)
第10回 カペラステークス(GIII) 中山ダ1200m
予想用・出走予定馬一覧
カペラステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 夏の新潟で安定した走り、前走西陣ステークスでは中団からの差し込みで結果を出したディオスコリダーがカペラステークスに出走予定だ。3歳馬としては唯一の参戦となるが、ここまでの上昇気流は侮れないものがある。相手強化も胸を借りて思い切りぶつかって今の実力を見せてほしい。


 3走前の苗場特別の走破時計は優秀。消耗度合いのきつい中でやれたというのは一定の評価で右回りも前走で問題ない、芝スタートも問題ない。厳しい流れでどうかはあるが、後はどれだけ流れに乗ってしぶとく粘れるかだろう。


苗場特別(10下) 1着 15頭6枠11番
新潟ダ1200m良 1:10.5 33.8-36.7 H^3
11.9 - 10.8 - 11.1 - 12.0 - 12.0 - 12.7

 まずは3走前の苗場特別から。新潟の1200にしてはL3-2の加速が無く、2.9で超ハイが示す通り基礎スピード特化戦に近い一戦。テンの1Fは芝スタートとはいえ11.9とかなり速い。


 11番枠から五分のスタートだがそこから楽に先行、掛かるぐらいの感じで2列目に入っていく。3~4角でも2列目の外から前を向いて促しながら追走、4角でも2列目の外で直線。序盤でそこからジリジリと伸びてしっかりと先頭列に並びかけてくる。L1でそのままの脚色を維持してしっかりと抜け出しての完勝だった。


 力の要る馬場で前半に基礎スピードを問われる形、そこでしっかりと前目につけたことで結果を出してきた。高い基礎スピードを証明できた。ただこの時は夏の新潟開催の方では比較的時計が出ていた感じはあるし、未勝利も11秒台、500万下も11秒台。そう考えるとまあそこまで高いパフォーマンスとまでは言い切れないかも。実際上位もあまり結果が出ていないからね。


西陣S(16下) 1着 16頭5枠10番
京都ダ1200m重 1:10.5 34.9-35.6 H^1
12.2 - 11.3 - 11.4 - 11.8 - 11.9 - 11.9

 西陣Sでは重馬場はあったが極端な高速ダートというわけではなかった。その中でペースバランスはややハイ程度でコントロールされ、終始11秒台を刻み続けての勝負となっている。比較的後半要素を高いレベルで問われたかなと。


 10番枠から五分のスタート、そこから押して押しての先行策だが中団の外目につけるまで。道中も無理せず進めて3~4角でも中団の外目、馬群の中を通して好位列に取り付いて直線。序盤でそこからスッと伸びてきて一気に先頭列に近い位置。L1で抜け出しての勝利だった。


 恐らくL2で11秒半ばに近いラップを踏んでいると思うし、ここでの一足の鋭さが目立った印象。道悪で上がり切らずペースをコントロールされる形になって、後半勝負の中でL2の一足の鋭さを見せてきたと。もちろん基礎スピードもある程度は問われているけど、この馬自身が35.7-34.8とスローバランスで走っているようにL2の一足の鋭さを評価したいかな。


北陸S(16下) 3着 15頭8枠15番
新潟ダ1200m不 1:10.6(+0.3) 34.2-36.1 H^2
12.0 - 10.7 - 11.5 - 12.2 - 11.9 - 12.0

 新潟1200でも2走前の北陸Sでは3着に敗れた。昇級初戦ということもあったがペースは2秒近いかなりのハイ、ラップ推移的にもL3-2で再加速、L1は落としていないので基礎スピードも問われたがそこからもう一段の脚を使えないと勝ち切るところまでは難しかっただろう。


 15番枠からまずまずのスタートを切ってそこから芝スタートで楽に流れに乗って行って2列目の外。3~4角でも2列目の外から馬なりで先頭列に取り付きながら直線に入る。序盤でそこから追いだされて一旦は先頭に立つがすぐにそとからドリームドルチェに来られる。L1では甘くなって後退、3着までだった。


 一脚を使うところまでは悪くなかったがL1で甘くなってしまったし、前半のペースが速かったこととどうしても新潟の急コーナーで減速する形になって後ろに対してリードを作れずにという競馬になったのもあったかなと。ただ前走の西陣SではしっかりとL1までいい脚を維持できている、L2の鋭さも目立ったので前半ゆったり入れた方が良いのかなという感はある。


2017カペラステークスに向けての展望

 春風SやブラッドストーンSを見てもそうだが、やはりあまり基礎スピード戦に特化しない方が良い感じはある。前走の西陣Sが相手関係やパフォーマンス的にベストだと思うし、L2の鋭さを引き出してきたのが前半バランス的に楽ができたこと、と考えるなら今の消耗しやすい時計がかかる中山1200がどうかとなるとあまり歓迎できない気はするかな。特に今回は基礎スピードタイプの逃げ先行馬が多いので激流になる可能性が高いし、この馬自身中山1200では高いレベルでは対応できていない。苗場特別も当日の馬場を考えればそこまでの好時計でもない。良いところは芝スタートでの二の足の速さで、これがあれば流れに乗っていくのはそこまで難しくないとは思うが、全体のペースが上がり切って前目に乗ってとなるとリスクも出てきそう。3歳馬で成長は考慮に入れたいところだが、それを含めても今回は評価を控えたいかな。



PR【阪神JF(G1)の3連単的中は簡単すぎてつまらない!】 今年の阪神JF(G1)も簡単に3連単取れそうです。 その理由は、 的中した2016年と2014年のデータと同じなんですよ。 2016年は人気通りの決着で3連単配当4,250円。 2014年は5人気ショウナンアデラ(鞍上:蝦名騎手)が優勝し22,780円。 さらに今年はどちらかというと、2014年の傾向データの方が似ています! 予想時間は1分あれば十分です。だった1分で万馬券的中。 時給というべき、分給1万円以上です。 こんなおいしいレースないですよ! それを証明してくれるのが「コラボ指数」 指数値が小さい方が走る馬を示しています。 今年の阪神JF(G1)はコラボ指数30以下で馬券を組み立てればいいだけです。 小学生でもできます! ボーナス前のプチボーナスG1レースとでも言うべきでしょうか! その指数を見るには下のURLからアドレス送信でサイトに無料登録するだけ。 レース当日の昼に「北条のブログ」で指数値が無料公開されますので見てみてください。 https://www.collabo-n.com この阪神JF以外の指数も土日に公開されています。全レースですね。 ご存知かもしれませんが、指数なので使い方は未知数です。 そのまま予想に乗ってもいいですし、自分の予想を加えてもOKです。 先週はコラボ指数だけで3連単的中率40%を軽く超えてますので、2回に1回当たるというよりは当たってしまいます! そんなコラボ指数を使って2ヶ月目の僕が証明するのもおかしいですが、利益は順調にプラスです。 【先々週は合計利益11万超えました】↓クリックで拡大 うまコラボ 先週は土曜日の時点で11万4300円プラスでした。 こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが、 一から競馬予想をして毎週新聞に5千円くらい使ってる方、どれだけ勝ってるんですか? 僕は新聞買いません。コラボ指数だけで毎月堅く30万は勝ってます。 サラリーマンなので、毎月50~60万は競馬と合わせて手元にはいります。 そして今月はボーナスだってあります。 こんな人生あるんですね。 みんながみんなコラボ指数を使ったらオッズに影響でるかもしれませんが、そんなことはいづれくるもの。 最終的に勝てる競馬を続けられれば人生ハッピーです!競馬最高! 【コラボ指数】↓ https://www.collabo-n.com


最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ