中京11R 愛知杯(GIII) 芝2000m 
馬場想定:良、やや高速馬場想定
展開予想
 馬場に関しては正直開幕週で決めつけるのは難しい。一応やや高速としておくが、標準ぐらいも視野に入れながら。顕著な高速馬場ではないと祈りたい。


 展開予想だが逃げたいコパノマリーンが外から内に切り込んでいく形になる。それを見ながらタニノアーバンシー辺りは行かせて番手を狙いそうだし場合によっては逃げの手もあり。マキシマムドパリが同じように番手外~2列目外あたりを狙ってくるのでこの2頭が内で先頭列を作る、その外からコパノマリーンが行き切って、ワンブレスアウェイが大外枠からゲート次第でどこまで上がっていくかというところで恐らく良くて2列目外ぐらいまでとみておく。コパノはある程度飛ばす意識を持つと思うが坂スタートでそこまで最序盤は上げにくい、まだ若い井上君だしそうペースを引き上げてというのは難しいかなとみて、基本的には60秒台で入るイメージ。馬場もやや高速程度とみて流れても60-59ぐらい、ややスロー~2秒前後のかなりのスローまでをイメージしておく。恐らく後半は段階的な加速になるとみて。


予想
◎01ゲッカコウ

〇07マキシマムドパリ
▲ブラックオニキス
△09キンショーユキヒメ
△10エテルナミノル
×03メイズオブオナー18ワンブレスアウェイ
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎ゲッカコウ


 単純に前後半のバランスである程度流れても良い、そのうえでの後半のポテンシャル勝負でとなった時にこの馬がハンデも含めて一番かなと。そのうえで枠的にマキシマムドパリが多分前に入る形かもしくは自信が2列目のポケットぐらいを取れればさらにいうことが無いわけで、仮に一歩目で遅くなってもマキシマムドパリを目標にできるという点でも枠の並びとしては理想に近い。前走のディセンバーSは強かった。49.0-47.3とかなりのスローからの11.9 - 11.5 - 11.7 - 11.9 - 11.5 - 12.2とスローロンスパでしっかりと好位の中目から追走しながら正攻法でポテンシャル戦に挑んでL1までしぶとく伸びての2着。ポテンシャル戦としてみた時にマイネルハニーは結構手ごわい相手だし、それを斤量差のない(牡牝の2kg差だけ)状況で最後まで差を詰めてきた。2走前のアンドロメダSが不満なんだが、よくよく考えるとこの馬は力の要る馬場は問題ないけど、雨で明確に渋ると良くない傾向ではある。札幌のWASJでも60.5-60.5の平均で先行しながらしぶとく粘って2着は確保とペースへの対応力を見せているのも良い。出来ればマキシマムドパリが3~4角で勝負していく形が理想で、そこでペースが上がって立ち回りで我慢、そこから一足を引き出してくれれば。


〇マキシマムドパリ


 悩んだんだけど56kg以外は良い材料の方が多い。もともと昨年の愛知杯でもスローからの12.1 - 11.8 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 12.6とポテンシャル戦でコーナーで速いラップをある程度踏む中で後方外々から正攻法で突き抜けている。マーメイドSなんかもTS持続で勝ちに行ってねじ伏せているように使える脚が長いのが魅力。エリ女でも前走の中日新聞杯でも番手~2列目外と前目から進めたがキレ負けが敗因だし、それでも前目にいるのでそうそう崩れない。今回のメンツでそこまで究極レベルで切れる馬も少ないし、56kgは不安といってもエリ女では背負っていて絶対的には不安が無くあくまで相対的に斤量差がどう響くかという程度だろう。前目を獲れる馬だし多少出が悪かったとしてもコパノやワンブレスは少し外なのである程度挽回の猶予ももらえるというのは良いと思う。ポテンシャル戦なら最上位の1頭で56kgで勝ちに行ったときに苦戦するとしたら立ち回れる54kgゲッカコウか4歳世代で不気味なところぐらいかなと。本命を打つには取りこぼす可能性は結構あると思うので難しいが3着以内の片方の軸で考えた時には普通に問題ないかなと。


[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、10位前後にあります)

 穴でこの馬。意外と盲点になっていると思うんだが、元々結果を出してきたのが札幌1800のポテンシャル戦。49.0-48.3と平均で12.6 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.2とL2最速だが速いラップを問われない、そんな中で好位外から追われてL1までしぶとく伸びて2着を確保した。アドマイヤウイナーやエトルディーニュを撃破できているし、内容は良かった。秋の2戦も悪くないし、特に2走前の場合は12.3 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.4と仕掛けが微妙に遅くて内内で進めて直線でキレ負けしてしまった感じになると思う。L1まで食らいつけていたし内容は悪くない。前走も2000のタフな流れで上位とは差をつけられたが最後までジリジリとは伸びて食らいついていた。ポテンシャル向きっぽい感じだし、本来もう少しいい位置を取れる馬のはずなので、ゲッカコウの近くで好位中目~中団内内を確保できれば結構怖い。他が人気を吸ってくれそうなので穴目からはこれをピックアップしたいかな。


△キンショーユキヒメ


 中京2000適性という点ではシンガポールTC賞が強い競馬。60.5-59.1とスローからの12.4 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7 - 11.8とL3最速戦で中団外から正攻法でしぶとくラストまで伸び切った。強敵揃いだった中で1枚上の競馬で勝ち上がったわけだし、ムーンライトHでもすぐに準OPを卒業したがそれも62.4-58.2と超々スローからの11.7 - 11.6 - 11.6 - 11.5 - 11.7 - 11.8と完全なポテンシャル戦。スローロンスパが合っている。府中牝馬Sもこの面子との比較で見れば最先着だがやはり本質はスローロンスパ。前走のJBCが余計なのと、昨年マーメイドSではマキシマムドパリに完敗なのでそれ以上は狙えなかった。それでも53kgでチャンスはある。


△エテルナミノル


 少し評価を下げたがもう一戦狙いたい。前走のターコイズSの場合は出負けしてしまってあの位置から押し上げながらでは難しい。基本は3走前の八坂Sで、重い馬場で力の要る中スローから12.6 - 12.1 - 11.9 - 11.0 - 11.6とL2最速でグンと突き抜けたように力の要る中での鋭さが武器。恐らくスローにはなると思うが仕掛けでロンスパだと微妙。それでも逆に仕掛け切れずに2段階加速的になってL2で11秒前半となれば怖い。後は2000が微妙に長いかもというところもあるのでこの評価。


×メイズオブオナー


 追い切りが良かったのでこれをバテ差し組で狙いたい。ただゲートが甘い馬だし内枠に面白い馬が揃ったので内で我慢しても進路自体は苦労しないかもだが基本出し切ってのポテンシャルタイプ。L1でのバテ差しが嵌ったとしても前を交わし切るところまで行くのは難しいかなと。前半はそこまで上がらないと思うし。


×ワンブレスアウェイ


 この馬もちょっと悩んだけど嵌った時には強いんだよなあ。スピカSなんかはゲッカコウを楽に撃破。ただどちらかというとスピカSみたいに11.7 - 12.0 - 11.8 - 11.1 - 11.6とL2での2段階目のトップスピードの質が問われた方が良いタイプではあると思う。この時期の中京2000は微妙に噛み合わないかも?というところでこの評価。ゲッカコウは良で力の要る馬場でのポテンシャル戦では強いからね。外枠でとなると勝ち負けまでは苦しいかな。


□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

  第65回 日経新春杯(G2)

新聞の印に惑わされたくない方へ
  【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

  →ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

 →今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『日経新春杯(G2)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
  【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・日経新春杯
bakuro200

━━━━━━━━━━━━━━━



最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ