毎週日曜の22:00からツイキャスで日経新春杯など今週の重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net
 

2018 愛知杯(GIII) 中京芝2000m良
レース回顧・結果

2:00.1 60.3-59.8M
12.2 - 11.3 - 12.1 - 12.3 - 12.4 - 12.6 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 12.0

 平均ペースと思ったよりは上がったが、そのせいもあってか仕掛けの意識がやはり遅くなってしまってL2最速顕著という感じ。基礎スピード面もある程度問われているが、後半では坂の上りでの加速…ギアチェンジ面も問われていて総合力勝負になったかなと。坂スタートで出脚がつかなかった馬も多かったしなかなかこの展開は予想できなかったかな。


1着エテルナミノル


 10番枠から坂スタートでまずまずの出、そこから無理はせずにじわっと進めながら好位の中目でまずは進めていく。道中もワンブレスアウェイの後ろで折り合いながら好位の中目で進めて3角でも我慢。4角で先に仕掛けたクィーンチャームの後ろから直線。序盤でクィーンをはじいて2列目からギアチェンジでスッと加速し一気に先頭に立つ。そのまま突き抜けたところに外からレイホーロマンスの強襲を受けるがこれを振り切っての勝利となった。


 ここでか…という感じ。まあ一応連下での評価はしていたけど、ターコイズSで出負けせず来てほしかったなあ。それはともかく、やっぱり来るとしたらこういう感じで要所の一足でグンと、というパターンだったなあ。八坂Sもそうだったけどある程度力がいる馬場で切れ味を引き出してくるというタイプで、それも今の中京で時計が出にくい中で仕掛けが遅くなって爆発させられたというイメージでいいと思う。2000は長いかもと思ったけど、この内容ならそれは間違いかな。この距離でしっかり好位で進めて我慢して足を残しながら直線入りの坂の上りでグンと来たからね。この感じなら府中も良いと思うし東京2000とかで見てみたい馬だね。仕掛けが早くなりやすい府中1800よりは2000向きだと思う。坂の上りでもグンと加速できたからこれは大きい。前受けした方が良いタイプだと思うし、これからもゲートがカギかな。距離も怖がらない前提で2200までなら前受して面白そう。いずれにせよ適度に流れを作ることで仕掛けを我慢したいし、今回の感じなら壁を作って我慢しながらやれているのでポケットでの競馬も良いと思うね。幅が広がったし今後は2000付近を使っていくのが良さそう。


2着レイホーロマンス


 8番枠から五分のスタート、そこから外から切り込む馬も多く窮屈になりながら後方馬群の中目で包まれて1角に入っていく。向こう正面では外に出せる位置に持ち込んでハッピーユニバンスの後ろぐらいで3角に入っていく。3角ではまだ中目でロスなく立ち回る意識、4角でそこからマキシマムドパリが内からスッと外に寄せてきたのでワンテンポ遅れてマキシマムドパリの後ろに持ち込み内外入れ替わって直線。序盤でそこからの反応が良くここでマキシマムの前に出て中団列。L1でしぶとく伸びて前のエテルナミノルに襲い掛かるが2着、それでも波乱は演出した。


 ん~正直完全にノーマークだったかな。展開面での問題もあったけど、単純に狙えなかったと思う。御室特別は確かに良かったけど、それだけで後方からの差し込で?というのはあったしここで見せたのはL2マキシマムより明らかに反応で優位に立っていた。ギアチェンジ面で優位に立てたのは大きいかな。もちろん51kgの軽量が大きかったとは思うし、マキシマムは56kgだからね。その辺りの差は小さくないからこれで重賞で通用するかは微妙だが、ある程度流れた中での鋭さを問われて良さが出たのは評価したいかな。


3着マキシマムドパリ


 7番枠から坂スタートで五分には切っていてそこから先行策ではなく今回は控える感じで中団の中に入っていく。道中も包まれるような感じで中団の中で我慢して3角に入っていく。3角で上手く外目に誘導しながら進路を確保、4角では前を向いて追い出しながら入ってきて直線。ただ序盤の加速の地点で反応が鈍くここで内から一気にレイホーロマンスに出られる。そのままL1までジリジリと伸びてはくるがハンデ差もあってか伸びあぐねての3着完敗だった。


 流れとしては平均でそこそこ、そこからの一足でギアチェンジも問われて置かれているというのはこれまでの2走に通ずるところがあると。今回はそのうえに56kgのハンデ、坂の上りでの加速となったのでここでレイホーロマンスに置かれたのはその辺も大きかったと思う。ただ、やっぱり基本的に仕掛けを早く意識してやらないと、こうやってある程度要所の鋭さ、反応面を問われたときに苦しくなってしまう。こうしないために早い段階でエンジンをかけてやらんとというのはあるかな。キレ負けする馬で強気にいけないと。藤岡もこの馬で一度クリンチャーの菊花賞ぐらいの感じで強気に乗ってほしい。相手に依るけど、今回のメンツなら早めの勝負に行ってほしかったかな。


4着リカビトス


 4番枠からやや出負けした上に接触を受け、ふらついた状況から後方馬群の中目で落ち着かせることを優先。1角辺りでもブレーキ気味でコントロールを意識、2角でも下げながら向こう正面でも後方馬群の中で我慢の展開。マキシマムドパリの後ろと悪くない位置だったが3角手前で一列下げてレイホーロマンスの後ろ。3~4角でも最後方列でれいほーやマキシマムを意識しながら徐々に仕掛けだしてレイホーの内から直線。序盤でスペースを確保して追い出し、L2で狭いところからエテルナの直後を取ってしぶとくバテ差しを狙うが外の2頭に見劣り4着まで。


 まあ、悪くはないが展開的にはこの馬としては幾らか良かった面もある。ペースはそこそこ上がったがそれでも後方で我慢して足を残しつつ直線L2で速い脚を問われて、という形。トップスピード面で良さが出ていた馬なのでペースはともかく仕掛けが遅れて後半L2で速いラップを踏む形になったのは良かったかな。加速していく段階まではまずまず良かったけど、結局L1は甘くなったし力の要る馬場で切れ味を削がれているかもしれない。いずれにせよ、今回の条件がベストではないと思うし、今の段階ではトップスピードの質をもっと活かせる舞台の方が合っているんじゃないかな。


5着メイズオブオナー


 3番枠からまずまずのスタート、そこから控えて中団の内目でやや掛かり気味に入っていく。向こう正面でも中団の内内で我慢しながら。3角で故障で下がってきたコパノのあおりを若干受けながら4列目の最内は変わらず。4角でも進路確保ができないまま直線。序盤で一瞬待たされてから内に進路を取って追い出すが途中で再度進路を変える。それでもそこからしぶとく伸びてきて5着を確保した。


 内枠なので仕方ない面もあるが直線までに一度、二度と待たされて進路を変えながらになっているし、L2でギアチェンジを求められている中での出来事なのでこれは痛かったと思う。外から勢いをつけてきた2頭が2,3着。地力の差もあるかもしれないが、展開的にはやはりここで待たされたのは厳しかったかなあ。50kgのハンデではあったが、出し切って良さが出ていた馬ではあるので噛み合っていればもうちょっとやれたかもしれない。まあ今回はそういう馬も多かったとは思うけど。


10着キンショーユキヒメ


 9番枠からやや出負け、そこからポジションを取れずに中団で進めつつだが少し掛かりながら入っていく。道中は中団馬群の外々で壁を作りながら折り合いを意識しつつ3角に入っていく。3~4角で好位列にじわっと押し上げつつ4角で仕掛けて勢いをつけようとするがイマイチで3列目で直線。序盤でそこから外に誘導し追いだされれるが反応なくジリジリ。L1まで良いところなくの完敗だった。


 ん~まあ折り合い面の問題もあったかもだが、+20kgで状態面に不安があったと考える方が妥当かもしれんね。動きたいところで動けなかったのもあるし、質的にも見劣っていてこのレベルで考えればもうちょっとやれないといけない。絞れなかったのが影響した可能性は高いと思う。


17着タニノアーバンシー


 5番枠からやや出負けして挟まれつつ中団の中目で進めていく。道中も中団馬群の中で我慢しながら進めて3角。3角では好位の中目まで押し上げつつ追走、4角でも中目を追走しながら直線。序盤で追い出されるがここで前が壁でブレーキ、そのまま脚色亡くなったのでミルコも早々に諦めたという感じ。


 直線で窮屈になって手応えがなくなってやめた感じなので、大敗を喫したのはそこまで気にしなくていいかも。もともと要所で動けるイメージのない馬だし、動くのに必死なところで不利を受けてそこでやめてしまったのかな。まあ過剰人気ではあったと思うけど、ここまで負けたのはそういったところが大きいかな。



 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓

↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに今年9月のセントウルステークスは憶えていますか?


その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、
06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

【結果】
↓↓
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:3月18日(土)的中率結果
=========================================
単勝:75% 複勝:100% 馬連:58.3%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

うまコラボ:3月12日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:29.2%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:3月11日(土)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:100% 馬連:54.2%
ワイド:83.3% 三連複:37.5%
三連単37.5%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)



最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ