毎週日曜の22:00からツイキャスで日経新春杯など今週の重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net
 

2018 京成杯(GIII) 中山芝内2000m良
レース回顧・結果

2:01.2 59.7-61.5 H^2
12.5 - 10.7 - 12.2 - 11.8 - 12.5 - 12.4 - 12.1 - 12.5 - 12.3 - 12.2

 う~ん、今週の重賞は愛知杯はともかく後の2つは本当に掴み所のない結果になってしまった。予想的にやっぱりこの展開でこの結果ってのは全く読めなかった。ペースは1.8でかなりのハイに突入、コスモイグナーツの単騎で離れた番手の位置にいたジェネラーレウーノが大体1000通過で60秒前半ぐらいの感じ。なので恐らくジェネラーレの位置でややハイ寄り平均(概ねだが60.3-60.9ぐらいかな。まあ大体で)ぐらいだと思う。淡々とハロン12周辺を刻んでいくような競馬だったかな。ただこの日はちょっと馬場差が読みにくいので何ともだがホープフルS辺りと比べれば上だと思うし、結構ハイレベルだったと思う。


1着ジェネラーレウーノ


 15番枠から好発を切って早い段階で一気に内を意識、それでも外の先行馬手ごわく雁行状態の外から、思い切って控えずに番手外まで押し上げてコスモを突く。その形で上手く番手でコントロールし前のコスモから離れた位置で無理のない平均ペースで進めていく。自身では1000通過で60秒台前半ぐらいの感じで上手くコントロール。3~4角でも最内で仕掛けを待ちつつ前のコスモを泳がせる。4かくでも楽な手ごたえで仕掛けずに2番手で直線。序盤でそこから追いだされて食らいつく外のイェッツトを振り払う。L1でコズミックフォースが襲い掛かるがこれも退けて3連勝での重賞初制覇。


 ん~…。まあ正直に言えば感想が難しい。一つ言えるのは田辺の騎乗は完璧というか、人事を尽くしたな、という感じ。あの枠を引いた以上半端な先行策では3~4角でのロスが多くなる。前半のロスを覚悟で思い切って内に切り込んでコスモにプレッシャーを与え、上手くいかせて番手で実質的な逃げの手に持ち込みコントロール、ややハイ~平均程度でコントロールできた。それでも難しいかな?と思っていたんだが結果的にきっちりと抑え切った。思っていた以上に今回のメンツでハイペース適性が高い馬が少なかった、結果的にこの馬が一番基礎スピードを持っていてそれを見抜けなかったと。時計的にはまずまずで、ラストを落としていないのは立派。距離に関わらず最序盤でポジションを取っていく方が良いとは思う。今回のペースでしぶとく踏ん張れているし、前半の基礎スピードの許容範囲は意外と広かった。2200辺りでも怖がらずに良い位置をとって仕掛けを待つ立場が理想かな。今年の世代もなかなか掴みづらい感があるが、これは結構評価しないといけないかも。


2着コズミックフォース


 5番枠から五分のスタート、そこから無理はせずに先行集団を行かせて中団の中目に潜り込む形。折り合い自体は割とすぐにコントロールが利いて、向こう正面では中団の外目でライトカラカゼの後ろぐらいから3角に入っていく。3~4角でも中団馬群の外からライトカラカゼの直後を突いて外に出して直線。序盤でそこから追いだされるがジリジリで3列目。L1でそこからしぶとく伸びてきて2馬身半差を2馬身ぐらい詰めつつ2番手に上がっての2着。


 ペースが上がってどうか?という中で後方寄りで我慢しながら脚を残しつつ直線でポテンシャルをある程度発揮してきたな、という感じ。ラストまで伸びていたし、L1も12.2と前が落としてない中でなので一応底は見せなかったかな。3~4角外々で最後まで落とさず差し込みポテンシャル面を示したのは大きいと思うし、この競馬でやれたのは一定の評価が必要。エンジンの掛かりが遅い、というのがネックになっていた馬だがこういう流れならそういったギアチェンジの性能とかは問われないし、噛み合っていたのかなと。これなら2400辺りでも面白いし賞金を詰めたのも大きい…が、これだけ重賞乱立しているとこれだけでは足りないかも。


3着イェッツト


 1番枠から五分のスタート、そこから行き脚がつかずにある程度促されるが結局後方内内で進める形になる。向こう正面で最内から中目に誘導してロジティナの後ろぐらいを確保、3角手前で少しずつ促しながら追走。3角ではまだ路地の後ろで我慢する形、4角で促しつつロジティナの後ろに絞って仕掛けを待ちながら直線で外目に誘導。序盤でそこからしぶとく食らいついて狭いところを割って3列目に近い位置。L1でそこからしぶとく伸びて3番手に上がっての3着だった。


 3~4角でもペースがそこまで上がらない中で我慢しながら直線で加速する、という競馬になっていると思う。レースラップ的に見てもコスモもL2の地点ではまだほぼ先頭をキープしていたのでレースラップ的には加速している、そこで差をジリッと詰めてきているし、L1では3馬身差から2馬身は詰めてきているので11秒台には入っている。まあ現時点でポテンシャル面ではコズミックフォースの方が明確に1段階上だと思うが。


4着ライトカラカゼ


 11番枠から五分に出てそこから少し掛かりつつも好位の外。前半で前が流れている中で底からすぐに控えて1角までに中団に下げて向こう正面でも中団外々。ギャンブラーの後ろぐらいから3角に入っていく。3~4角でも中団の外々で進めて正攻法で好位列で直線。序盤で3列目からジリジリとは伸びるが決定的ではない。L1までジリジリとばてずのビズで内外から交わされての4着完敗だった。


 まあ現時点で全兄のクリールカイザーと比べるのは酷だし、今の時点でポテンシャル面でそこそこ良いものを見せてきたので個人的には満足。母父サッカーボーイだしクリールもそうだったが最終的にはステイヤー色が強く出てきても、という感じ。その点では前半結構流れたのはあまり良くなかったかもだし、今後ゆったりした流れの2200~2400辺りでどういう競馬ができるかに注目したい。


5着サクステッド


 9番枠から五分に出てそこからじわっと先行争いに加わっていくが、最終的には控えてジェネラーレウーノを見る3番手の位置を確保。向こう正面でもジェネラーレの真後ろで壁にするような感じから3角手前で外に持ち出し3角。3~4角でもジェネラーレの一つ外からじわっと並びかけるような感じで進めて直線。序盤でそこから一脚を使いたかったがジェネラーレの方が脚色良く1馬身離される。L1では甘くなって掲示板を確保まで。


 全体のペースがそこそこ流れた中でついていってラストに甘くなってしまった、というのはあるかもしれない。新馬戦の内容をどこまで評価するかだが、現時点では前半あまり基礎スピードを問われない方が良いのかな。ゲートは五分程度だが二の足に関してはなかなかのものがあったし主導権を取ってスローというのは狙えそうな立場。ゆったり入れればだけど現時点ではその辺も踏まえて足りなかった。


7着ダブルシャープ


 8番枠から出負けして最後方からの競馬となってしまう。道中も淡々と流れている中で取り付けずに掛かり気味に向こう正面。最後方でちんたらしながら3角。向こう正面でも壁を作ることを優先して動かず3角。3~4角でも中目からロスを少なく運ぶ方を優先、4角でも内目から徐々に外に誘導しながら追い出して大外で直線。序盤でそこから追いだされるがジリジリとしか伸びてこない。ラストまでジリジリとなだれ込む程度の7着完敗だった。


 今日の展開でこれだと出負けした段階でリカバーできないし難しかった。加えて平均では流れている中で3角手前まで結構掛かり気味だったのは多少影響していると思う。それでも物足りない内容だったことを考えると…かな。札幌2歳S組の最後の砦もこれで撃沈されてしまった。これが力通りならやっぱり上位は強いと思うし、このレースは評価が難しいんだよなあ。今年は真打は後から出てくるかもしれんな。


10着エイムアンドエンド


 7番枠からまずまずのスタート、そこから先行争いに入っていくが掛かり気味になったのでコントロールを優先、最終的には2列目のポケットに入れる選択。そこから少し下げながら好位の内で向う正面。道中も少し掛かり気味だがそれでも3列目の内内で進めて3角。3~4角でもジェネラーレウーノの後ろで最短距離を通しながら理想的に直線に入ってくる。序盤で追い出されるがそこからの伸びは無く3列目のまま。でジリッと下がっての完敗だった。


 ん~この辺が完敗を喫したというのは結構意外で、まあ少し掛かり気味でスムーズだったとまでは言えないけど流れとしてはこの位置なら平均程度、好位の内で3~4角も我慢ができた。この流れで脚を無くしている中で前のジェネラーレウーノは強かったわけだからね。意外とレースレベルが高かったのかもしれない。前走は悪くなかったと思うんだけど、レベルが下がれば通用すると思うのでもう一戦様子を見たい。


13着デルタバローズ


 10番枠からまずまずのスタートを切ったが折り合いを意識しながらもコントロールが難しく下げて好位の外。道中も壁を作れずに好位の外で掛かりながら進めて3角で内に入れてサクステッドを前に置く。3角途中ぐらいで鞭が入って4角で追い出されるが新馬戦で見せた反応は影を潜め直線早々に失速した。


 反応どうこうより既に4角で脚が無かったんだと思う。流れた中で掛かりながらの競馬ではあったので何ともだが、距離が長いという感じの負け方だったと思うし血統面からもやっぱりもうちょっと短い距離の方が良かったかな。う~ん…新馬のセンスの良さでコントロールできるかなと思ったんだけど、相手も強かったと思うし前半であの感じで掛かってしまうと簡単ではなかったか。


■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
シュヴァルグランがジャパンCを
  制してGI5勝目を上げた
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
 の【AJCC・最終結論!】

  ▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03 
pngうまスクエア:AJCC100_60


■■■■■■■■■■■■■■■




最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ