京都9R 睦月賞(10下) 芝外2400m
馬場想定:良、ややタフな馬場想定
展開予想
 内のラウレアブルーム、ライトファンタジアがまず先行策というところに外からメイショウカミシマもある程度競っていく形。サイモンラムセスもこの流れに加わっていくと思うし、1角までの距離が長い京都2400で力の要る馬場なのでペースもそこそこ上がるかも。少なくとも極端なスローにはならないとみて、61.5-26-60.5ぐらいの感じで。最低限の基礎スピードは問われるかも。


予想
◎12ララエクラテール

〇08ショウボート
△06ウインヴォラーレ
×04マイネルレオーネ05サイモンラムセス
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎ララエクラテール


 不安ははっきりとあって、確かにこの馬の実績を見ると休み明けはダメで叩き2走目で良くなることが多い。ただ、本格化してからは休み明けは初めてなので今回の不安が多いメンバー構成なら思い切って本命にしてやろうと。能力的には問題ないと思うし、その中で評価したいのがやっぱり3走前の白鷺特別。阪神2400ではあるが重馬場なので60.8-62.3とハイペースの流れ、基礎スピードが問われた中で中団で我慢して直線12.6 - 12.4 - 12.5 - 12.1 - 12.3 - 13.0のラップ推移でしぶとく抜け出してリッチーリッチーを唯一脅かし、3着以下を千切ってきた。これまでスローだとポテンシャルでバテ差してくるが届かないケースが多く、高速馬場の三田特別でもそこまで基礎スピード負けしなかったから2400ならまず前半で苦労はしない。また力の要る馬場も得意としているわけで、前半流れて後半ある程度削がれた中でポテンシャルでバテ差すイメージで。この人気なら思い切りたい。


〇ショウボート


 この馬は前走のベストウィッシュ賞が中山1800らしい12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.7 - 11.6 - 12.5とスローロンスパで内内で立ち回ってL1までジリジリと伸びてきたという感じ。まあ上手く立ち回ったのでもうちょっと、というのはあるんだがこれまでも2400辺りでそれなりにやれているようにこれぐらいポテンシャル戦になった方が良いのかも?というのはある。2400ではないが阪神2000mでスワーヴアーサーの4着時が12.4 - 11.4 - 11.4 - 11.5 - 12.3と4F戦で3~4角外々を回しながらもL1までいい脚を維持できていたし、距離延長で良さが出る方に賭けたい。


△ウインヴォラーレ


 この馬は後半のポテンシャル戦ではこのクラスでも最上位なのでそこは疑う必要はない。後は京都2400がどうか。前半そこそこ流れるので前半要素がある程度問われたときに追走で脚を使わされないかどうか。


×マイネルレオーネ


 前走の江坂特別なんかは結局前が飛ばした中で離れた好位で超スローバランスで入ったのがあったと思う。離れた3番手以降は結局末脚の絶対量を引き出し切る競馬になっているわけで、これでは辛い。5走前の小倉2600勝ちが全体で流れた中でのポテンシャルを発揮。京都2400で内内を立ち回って粘りこめれば。


×サイモンラムセス


 この馬も意外と2400で全体のペースがそこそこ上がるというのは歓迎できるタイプだと思う。ある程度流れた中で一足を使って差し込んでこれるし、2200だが比良山特別でも12.6 - 12.4 - 12.2 - 11.3 - 12.2とL2最速の流れで最後方近くからしぶとく馬群を捌いて3着に上がっている。ある程度流れて、3~4角内内で脚を残せれば怖い。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■第59回 AJCC(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  AJCCを3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬では、サクラホクトオー、ホワイトストーン、マチカネタンホイザ、サクラチトセオー、ローゼンカバリー、メジロブライト、スペシャルウィーク、アメリカンボス、シルクフェイマス、マツリダゴッホ、エアシェイディ、トーセンジョーダン、ルーラーシップ、ダノンバラードなどGIで活躍した馬を多く輩出している。

過去10年の人気別では1人気[2.1.0.7]、2人気[3.2.1.4]、3人気[1.1.2.6]の成績。1人気で勝ったのは12年ルーラーシップ、11年トーセンジョーダンの2頭のみ。2人気が3勝連対率5割と活躍している。平均配当では、馬連5610円、3連複1万3400円、3連単8万4960円と波乱傾向。馬連万馬券が3度、3連単10万馬券以上の特大馬券が4度出ている。年齢別の成績では5歳馬4勝、6歳馬3勝、7歳馬3勝。出走頭数こそ少ないが4歳馬が0勝となっており、8歳馬以上の高齢馬も勝利数なし。

昨年のAJCCも◎タンタアレグリア(7人気)から馬連1930円、3連複3970円、3連単2万8980円のパーフェクト的中をお届け!今年は宝塚記念(2着)以来となるゴールドアクターが武豊とのコンビで参戦。その他では昨年の覇者タンタアレグリア、ミッキースワロー(菊花賞6着)、ダンビュライト(菊花賞5着)などが出走。今年もお年玉馬券となる極秘情報を入手済!お見逃しの無いようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『AJCC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■第59回 AJCC(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  AJCCを3点で獲れなければ
  2018年の日本ダービーまでの
  全GIを無料配信いたします

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:AJCC300_250

━━━━━━━━━━━━━━━



最後にランキングの方のクリック援護もよろしくお願いします。
いつもクリックしていただきありがとうございますm(_ _)m
 にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ