敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い。

あの人気馬はなぜ負けたのか?
ラップ推移とレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫ります。
敗因分析ができれば次に買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

血統分析

宝塚記念 2017 血統データ予想:ステイゴールドが大活躍…ディープ、キングマンボ系も好印象

2017宝塚記念の予想用血統データ
宝塚記念2017の予想用血統データ


 宝塚記念の過去10年血統データから予想、分析していく。


 まずはサンデー系から。過去10年で父として6勝、母父としては2勝と結構絡んでいる。特に父6勝のうち実に5勝がステイゴールド。後の一勝は昨年のディープ産駒マリアライト。ステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合が4勝しているが、他に好走例を探るとディープ×ミスプロ・キングマンボ系が印象的には良い。ヴィルシーナ、デニムアンドルビー、ダノンバラードと人気が薄めでも結構絡んできている。逆にステイゴールドやディープ以外は苦戦傾向。


 このレースは結構ミスプロ系の相性がいい。サンデー×ミスプロの配合もだが、それ以外でもキングマンボ系の好走が結構目立つ。一昨年のラブリーデイは父キンカメ、昨年のマリアライト母は父エルコンでともにキングマンボ系と勝ち馬にも絡んでいるし、一昨年2着のデニムアンドルビー(母父キングカメハメハ)は10番人気。他のミスプロ系も結構良い印象でアドマイヤムーン(父エンドスウィープ)、エイシンデピュティ(母父ウッドマン)ダノンバラード(母父アンブライドルド)など。人気を裏切るケースもルーラーシップの5着ぐらいなので馬券的には結構信頼が置きやすいかも。


 ノーザン系はあまり活躍していない印象。ただ敢えて言えばデピュティミニスター系は好印象。エイシンデピュティ(父フレンチデピュティ)に一昨年のショウナンパンドラが11番人気3着。穴っぽいところでは注意したいが、特にジェンティルドンナ、ウインバリアシオン、フェノーメノ、ヌーヴォレコルト、ラキシスといったサンデー×ノーザンは意外と信頼しにくい。


 ロベルト系は昔は強かったがここ最近はめっきり存在感が薄くなった。と言っても最近はロベルト系全体が弱体化している感じだし、10年でアーネストリーが結果を出しているようにグラスワンダー系のスクリーンヒーローには注目したいところかな。宝塚記念で活躍するロベルト系はどちらかというと非ブライアンズタイム系の方というイメージだしね。

 
 ナスルーラ系は悪くはない、という感じ。父系としての印象は皆無だが、母父としてはアーネストリーが母父トニービン、カレンミロティックの母父エーピーインディという感じ。ただ絶対数が少なく印象はあまり残らない。


以上から宝塚記念の注目馬は2頭
→ミッキーロケット、レインボーライン

 1頭目は父はミスプロ系、母父はノーザンのヌレイエフ系でヌレイエフの4×4持ち。波乱を演出したデニムアンドルビーがヌレイエフの3×5持ちで、ミスプロ系の相性の良さも含めて馬券的には一番面白い馬かなと。


 2頭目は父サンデー系でも相性のいい種牡馬、母父はノーザン系だが割と相性のいいデピュティ系。タイプとしても宝塚記念は嵌りそうな条件で怖さはある。




【号外PR】3連単が綺麗にはまる。キタサンブラックを脅かす激走穴馬の正体。

先週17日、渋谷の場外馬券場に行ってきました。

競馬予想をしている人は、どうやって予想して、どんなことに悩んでいるのか見てみたかったためです。

ほとんどの人が、新聞がくしゃくしゃになるまで読み込んで、赤ペンを握りしめて予想をしていました。

そして面白いことに、そのほとんど人がレース中、レース後、同じような言葉を発していました。

『させ!させ!あー、ダメだ伸びねぇ』
『ふざけんなよ!』
『1-11-7。これは配当つくぞ。7買っとけばよかったー!』
『あ!あ!あー!!あぁ~惜しぃ~。』

1R~12Rまで場外馬券場にいて色んな人の声を聞いていましたが、
『よしっ!当たった!』と良い言葉を聞いたのは、ほんとに1回だけでした。

なんでこうも外れているんだろうというのが本音でした。
というのは、自分は当たっていたからです。競馬素人ですが。
競馬素人なので、自分で一から予想ができないので、
うまコラボ」というサイトを参考にして予想をしています。

18日は雨模様だったので家競馬してましたが、
17日は東京2Rで3連単当たって32,180円配当獲得(無料予想)
阪神11Rの天保山ステ―クスは3連単が当たって29,580円配当獲得(月額1,980円の予想)
馬券代は1万くらいだったので、5万くらい勝って夜は友達と酒飲みに行きました。

みなさんは1日にいくら賭けていくら勝ててますか?

競馬素人が申し訳ないって感じですが、自分みたいに楽に勝ちたい方は参考にしてみて下さい。
■今週の宝塚記念の予想は無料公開されます。(当日昼すぎに北条のブログを見てみてください。)
■月額1,980円の予想は、全競馬場の全レースの予想が公開されます。
あとこれは、毎週のおこづかいに最高と思ったんですが、
うまコラボが指定したレースでの3連単と馬連予想が公開されます。
(1,980円なんてすぐに回収できたので、有料メニューは実質無料で使ってます。)
うまコラボ

どんな感じに使うのってことですが、
例えば16頭立てのレースだったら、1着~16着まで予想してくれます。

↓↓こんな感じ↓↓




四角で囲った
赤が、レース着順
緑が、単勝オッズ(世間の人気)
オレンジが、うまコラボ予想

うまコラボは6頭BOX買いを推奨していますが、
自分の買い方は、1着は堅いなぁと思ったら、
相手5頭の1頭軸3連単マルチで勝ってなるべく購入金額を落としています。

このレースは6月4日(日)にあった、阪神1R。
187.7倍のアイアンラスティーが3着になって、233,360円獲得。
次の日仕事だったのに、この日は彼女と叙々苑行って夜まで飲みまくってました。

単勝オッズって、やっぱり世間の評判だから自分も気になりますが、
うまコラボを信じてよかったレースでした。

なんか競馬素人がすみません。
うまコラボを使ってから、会社の給料よりも競馬の方が稼げてるんで楽しいです。
今週は宝塚記念で、キタサンブラックを軸にして勝負したいと思ってます!

■今週の宝塚記念の予想は無料公開されます。(当日昼すぎに北条のブログを見てみてください。)
■月額1,980円の予想は、全競馬場の全レースの予想が公開されます。
それと、毎週のおこづかい。
うまコラボが指定したレースでの3連単と馬連予想が公開されます。
(1,980円なんてすぐに回収できたので、有料メニューは実質無料で使ってます。)
うまコラボ
※アドレス入力後、本登録の返信メールが迷惑メール扱いになることがあるので、
迷惑メールフォルダもチェックしてみて下さい。

フェブラリーステークス 2017 予想用血統データ:直近はミスプロ系が猛威を振るう…ゴールドアリュールも強い

●2017フェブラリーステークスの予想用血統データ
フェブラリーステークス2017の予想用血統データ


 フェブラリーステークスの過去10年血統データから予想、分析していく。


 まずはサンデー系だがゴールドアリュールが3勝、2着1度で結果を出せている。母父も様々なパターンだし、相性としてはゴールドアリュール産駒が抜けていい。それ以外でもマンハッタンカフェ産駒のグレープブランデーが1勝しているし、母父でもサクセスブロッケン。ヴァーミリアンで2勝で計7頭の勝ち馬に絡んでいる。サンデー系が猛威を振るっている芝ではないのに、意外と相性がいいなという感じ。


 このレースはサンデー系以外で注目度が高いのがミスプロ系。特に近年は存在感が出てきていて、ここ3年は1~3着まで馬券圏内ミスプロ絡みの馬が独占している。以前はミスプロがイマイチでロベルトが来ていた印象だし、実際過去10年でも前半はロベルト系が頑張っていた。中弛みの傾向とミスプロ系の相性がいいのかなというのも少し意識しておきたいかな。血統も特に偏りなくで、フォーティの仔もティンバーのような芝兼用機も来ているし、キングマンボ系もまずまず。全体的に良い。


 やはりここの舞台はエーピーインディ系。基礎スピードの幅が広い馬が多く単調なスピード勝負よりハイレベルの前半から後半の一足をという馬が多い印象。テスタマッタが複数回好走で2012年は勝利、カジノドライヴの父マインシャフトや一昨年2着のインカンテーションの父シニスターミニスターなど、エーピー系が好走しやすい条件ではある。またタルマエの母父チェロキーラン、グレープブランデーの母父ジャッジアンジェルーチ、2007年3着で波乱を演じたビッググラスの母父イブンベイと、ナスルーラ系そのものも結構面白い。


 次いでノーザン系だが、特にストームキャット、バードの系統が強い印象。昔だとヘネシーの仔であるサンライズバッカスが台頭したり、ワンダーアキュート(父カリズマティックはストームバード系)昨年はモーニンの勝利に3着のアスカノロマンも母父がタバスコキャット。他には母父デピュティミニスターが2,3着だった2009年などもあるけどノーザン系自体はそこまで相性がいいというほどではない。基本はストームキャット・バード系重視かな。


 ロベルト系は昔は良かった…がここ最近はやや低迷。そもそもロベルト系自体が先細ってきているのはあるが、近年ではエスポワールシチーの復活2着ぐらいで、ほとんどが過去10年でも前半に偏っている。ブライアンズタイム産駒が好調で、それがいなくなったのもあるかな。近年は少し優先度が下がるが、それでもBTだけでなくシンボリクリスエス、リアルシャダイも絡んでいるので警戒はしておきたい。


以上から注目馬はアスカノロマン

 昨年の3着馬なのでもちろんだけど、アグネスデジタル×タバスコキャットでこのレースに相性のいいミスプロ系×ストーム系。前走の負け方は不満だけど、昨年も意外と東京マイルでやれたなという感じだったし、噛み合ったときにはトップレベルの競馬ができているからね。血統的にはここでちょっと怖さはあるかなと。


 後はゴールドドリームかな。父はこのレース得意のゴールドアリュール、母父はフレンチデピュティ。母父デピュティミニスターの好走例もあるしゴールドアリュール産駒自体母父を選んでいない感じなので、ユニコーンSや武蔵野Sの実績からも血統的にも警戒したい。



━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第34回 フェブラリーS(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フェブラリーSを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のフェブラリーSは、昨秋の主役級アウォーディー、サウンドトゥルー、アポロケンタッキーさらに新勢力グレンツェントが不在で、昨年と似たようなメンバー構成になりそう。 出走を予定している昨年の覇者モーニン、一昨年の覇者コパノリッキーは近走不振。ノンコノユメも去勢後未勝利。根岸S1、2着のカフジテイク、ベストウォーリアもGIでは善戦止まりで、有力馬と言われる馬たちも紙面上ではどうも信頼に足りないという評価。 こういった状況から人気が割れる可能性は大。しかし競馬セブンが入手した情報によると

「秋のダート路線は関西馬にとって厳しい。地方交流は全て関東圏で遠征が続けば、見えない疲れも溜まるよ。でも‥‥(※オフレコ※)」
「前走はあくまで叩き台だから、結果は全く気にしていない。今はその時とは見違える状態」
「今回は印打たないでよ、フェブラリーSはオーナーサイドの意向で使えるから使うだけ」

など表にはでない本音をスクープ済み。これらの情報を刷り合わせると“確勝級の勝負馬”と“爆弾穴馬”の存在をスクープ済み。 ◎-▲で的中をお届けした昨年よりも配当妙味は確実に高く『高配当必至』のレースにはず。今回無料登録して頂いた方には情報・天候・馬場状態の全てを加味した最終的な勝負買い目を、レース当日13時30分頃に無料でメ―ル配信。当社が収集した情報から導き出される【極秘馬連3点勝負】を是非お楽しみに!

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第34回 フェブラリーS(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フェブラリーSを3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
PNG七騎の会:フェブラリーS300_250

━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都金杯 2017 予想用ラップデータ:近年はサンデー系も好調、ノーザン系種牡馬4勝と優位のレース

●2017京都金杯の予想用血統データ
2017京都金杯の予想用血統データ


 京都金杯の過去10年血統データから予想、分析していく。


 まずはサンデー系だが、勝ち馬で見れば父系で4勝、母父として2勝とシェアとしてはかなり低い部類になる。ただ、ここ6年で見れば全てに絡んでいて、逆に言えば2007~2010と前半の4年でサンデー系が絡んでいないということなので、直近のデータとしてはサンデー系が強くなってきているということになる。傾向的に見るとダンジグやニジンスキー持ち、或いはそれとの配合というところで結果が出ている印象。10番人気以上の大穴は3度あるが、いずれも父サンデー系。ニューイングランドの母父がダンジグ系、ダンスも母父はニジンスキー系。アドマイヤボスはベガの仔なのでBMSはトニービンだが、アスカトップレディはシャーディー…つまりダンジグ系との組み合わせになる。ノーザン色が強く出ているサンデー系種牡馬だったり、配合的にダンジグやニジンスキーらノーザン系との絡みがある馬を狙いたいかな。


 次にノーザン系だが、結構相性がいい。父として4勝はサンデー系と同率。そして母父としては1勝。父系として結果を出しているのは珍しいケース。勝ち馬の系統は全部バラバラだが、トータルで見るとチーフらダンジグ系やカーリアンやジェネラスといったニジンスキー系の好走が目立つかなと。 それと、配合の組み合わせとみてもサンデー系との配合で相性が良く、2013、2012年はサンデー×ノーザン系の配合ですべて埋まっている。


 ミスプロ系はやや微妙なところで、勝ち馬としては母父で3度、ウインプリメーラ、ライブコンサート、マイネルスケルツィと絡んでいるので母父としてのシェアはサンデー、ノーザンより上。ただ父としては勝ち馬ゼロというところ。キングマンボ系が好走例では目立つかなという程度で基本的にはノーザン系の方が優位なレースなのかなと。


 ロベルト系は近年はパッとしないが13番人気3着で波乱を演じたレインダンスの母父、そして2007年は1,2,3着全てに絡んでいる。ただ近年は良いところがないので基本的には軽視の方向で良いのかなと。スケルツィやエイシンドーバーが中穴で連対しているが、どちらもミスプロ系との配合でここはちょっと注意したい。


 ナスルーラ系はグレイソヴリン系が穴をあけたりしているし、サクラユタカオーやエキストラエンドのGarde Royaleが好走。全て相手はロイヤルチャージャー系で、主にサンデー系との配合に注目しておきたい。


 以上から注目馬はフィエロ


 父はサンデー系で母父リファール系のディープインパクト。フィエロの母父がダンジグ系デインヒルであり、母系のノーザン色もかなり強い。相性としてはいいだろうと。


 次点でミッキージョイ。これもディープインパクト産駒で、母父がケープクロスとダンジグ系となる。母系もノーザン色が強い。


 非サンデー系の中ではピークトラムを取り上げたいかな。父はチチカステナンゴだがこれはカロ系に当たるのでトニービンらと同じグレイソヴリン系となる。母父はスペシャルウィークでサンデー系でもカーリアン持ち。ナスルーラ系全体でロイヤルチャージャー系との配合があっている感じなので、この馬は結構面白いかなと。


 最後にブラックスピネル。ロベルト系は近走はイマイチだが、それでも好走例は割とミスプロ系との配合が多いし、この馬は母父がアグネスデジタルになる。




2017年の開幕戦は中山金杯・京都金杯

変則日程の木曜日開催で有力馬の調整は順調なのか? それとも……

2017年の競馬初めは“お年玉”情報馬で大きく狙う!

第66回 中山金杯(G3)
第55回 京都金杯(G3)

絞り絞った◎○▲3頭
無料で教えます



中山金杯・京都金杯の3頭はコチラ



◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第61回 有馬記念(G1)
◎サトノダイヤモンド
3連単:3940円 的中

第33回 ホープフルS(G2)
◎レイデオロ
馬連:2380円 的中

中山9日目5R
◎フライベルク
○デアレガーロ
△ジャカンドジョー(9番人気)
馬連1点目:880円
3連複:7680円
3連単:4万1510円

中京6日目12R尾張特別
◎カラビナ
▲スクエアフォールド
△シルクブルックリン(12番人気)
馬連2点目:1430円的中
3連複:2万6430円的中
3連単:9万5550円的中

中京5日目9R
◎タンギモウジア
▲タイセイプレシャス
△ピースマーク(5番人気)
馬連2点目:2620円的中
3連複:9800円的中
3連単:4万3000円的中

第68回 阪神ジュベナイルF(G1)
◎リスグラシュー
▲ソウルスターリング
△レーヌミノル
馬連2点目:510円的中
3連複:1210円的中
3連単:4250円的中

第17回チャンピオンズC(G1)
◎サウンドトゥルー(6番人気)
○アウォーディー
△アスカノロマン(10番人気)
馬連1点目:1390円的中
3連複:1万1180円的中
3連単:8万5980円的中

京都7日目9R高雄特別
◎ライトファンタジア(5番人気)
▲サラトガスピリット
△タイセイアプローズ
馬連2点目:2930円的中
3連複:8100円的中
3連単:4万0970円的中

東京3日目5R
◎ヴォルフトーン(4番人気)
○レッドミラベル
△スペリオルシチー
馬連1点目:2140円的中
3連複:6820円的中
3連単:4万5410円的中



中山金杯・京都金杯の3頭はコチラ

pngワールド:金杯300-250

ジャパンカップ 2016 予想用血統データ:サンデー系×ミスプロ系の中穴率が高く…ロベルト系も3勝と健闘

●2016ジャパンカップの予想用血統データ
ジャパンカップ2016の予想用血統データ


 ジャパンカップの過去10年の血統データから予想、分析していく。


 まずサンデー系だがまずまず、という感じ。父としては5勝でこれは特筆するほど多いわけではない。母父としては4勝で、非サンデーの勝ち馬はウオッカのみとなる。なのでサンデー系の相性手自体はまずまずいい。その中でも近年はディープインパクト産駒の安定感が光る。昨年でも4人気、7人気でのワンツーにはじまり、過去スピルバーグやデニムアンドルビーといったところも中穴どころで結果を出しているのに注目したい。特に穴どころという観点で見ればミスプロ系との配合で相性が良く、前述のラストインパクト、デニムアンドルビー、スピルバーグは全て母父がミスプロ系である。ディープ×ミスプロの配合には注目しても面白そうだ。


 次点は実はロベルト系になる。父系では実にウオッカ、スクリーンヒーロー、エピファネイアと3勝を挙げている。一方で母父としては1勝もしていないという点で潔い。BT系のタニノギムレット産駒ウオッカ、グラスワンダーさんくスクリーンヒーローにシンボリクリスエス産駒のエピファネイアも勝利。3勝ともに1番人気ではないというのも面白い。


 馬券的には何といってもジャングルポケット産駒。まあ今となってはあまり見ない種牡馬になってしまったが、ジャガーメイルが14人気3着、トーセンジョーダンが2年連続馬券に絡み、しかも2013年は11番人気。トニービン系で広げてもドリームパスポートが5人気2着、ルーラーシップも2人気ではあったが3着。穴目でも存在感を出しているし人気裏切りが一度もないというのも好印象。ナスルーラ系まで広げると微妙だし、トニービン系に限定しておきたい。


 ミスプロ系もまずまず。父としてはローズキングダム(ただし繰り上げ優勝)、アドマイヤムーン(父エンドスウィープ)と2勝。母父としてはゼロだが、ここ3年連続中穴を輩出していて、いずれもディープとの配合。ヴィクトワールピサの好走もあるし、ディープ以外のサンデー系との相性もいいが、特に近年はディープ×ミスプロを意識しておきたい。


 ノーザンダンサー系は過去で見ても父系での勝ちはゼロ。母父としてもジェンティルドンナで2勝に、ディープインパクト、ショウナンパンドラ、ブエナビスタで各1勝というところで、まあ母父としては十分あり得る。ダンジグ系が好走例が多いかなというぐらいで取り立ててという感じ。また5勝の全てがサンデー系との配合なので何とも。ただ敢えて言えばサンデーサイレンス直仔のディープインパクト以外はサンデー系でも母父がノーザン系の種牡馬との組み合わせであるという点は面白いかもしれない。


 以上から注目馬はゴールドアクター。頭で狙いたいなとは感じるロベルト系で父も前述のとおりジャパンカップを制している。特に母父仔そキョウワアリシバでアリダー系になるが母系はターントゥが入っていて母母父ではロイヤルチャージャー系。エピファネイアもスクリーンヒーロー自身もロイヤルチャージャー系がきつい配合なのでこの血統は結構面白いかな。


 次点にシュヴァルグラン。父はハーツクライで母父がマキャヴェリアンとサンデー×ミスプロ系の配合となっている。もちろんすでに好走実績のあるラストインパクトの方がディープ×ミスプロの分だけ狙いやすいというのもあるが、ジャパンカップ未出走組の中から血統でとなるとこの馬かな。


 後は出走順的ギリギリ出られないGI馬トーホウジャッカルもスペシャルウィーク×アンブライドルズソング。この辺りにも出てくるようなら注目したい。




━━━━━━━━━━━━━━━━━

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

  創業35年【ホースメン会議】

実力を知って頂く為の特別無料配信!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパンカップ(GI)・鉄板3点勝負

資金1万円で

10万円を狙える衝撃穴馬が出走!

有力馬陣営が恐れている穴馬とは?

 《自信の証明 ペナルティ付き》
ジャパンCが3点で的中できなければ
有馬記念当日(12/25)まで無料配信!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■実力を知って頂く為の無料配信

 1日1鞍~3鞍の厳選提供から

11/13京都 7R 3万7450円的中
11/ 6京都 9R 2万1630円的中
11/ 5東京12R 5万5490円的中
10/30東京10R 1万7690円的中
10/29京都10R 1万2680円的中
10/23新潟10R 3万3020円的中
10/22京都 7R 2万3030円的中
10/16 秋華賞 9万5520円的中

3点を無料で見る
PNGホースメン会議:ジャパンカップ300_250

マイルチャンピオンシップ 2016 予想用血統データ:サンデー系よりノーザン系の印象強く…特に母父サドラー・FK兄弟系が嵌りやすい

●2016マイルチャンピオンシップの予想用血統データ
マイルチャンピオンシップ2016の予想用血統データ



 マイルチャンピオンシップの過去10年血統データから予想、分析していく。


 まずはサンデー系だが、このレースはサンデー系はまずまず。…と言っても父系で6勝しているわけで、半分以上はサンデー系が勝っているわけだが。ただ面白いのが母父サンデー系での勝ち馬はゼロであると。馬券圏内まで絞ってもグランプリボスの1頭だけ。これは結構珍しい。また、ディープ産駒が出てきて勝利を収めることが多々あるが、裏切るケースも多く、特に1番人気のディープ産駒は実は連対してない。穴で狙う分にはいいけど、信頼しすぎるのは微妙かなというところ。ただそれでもここ4年で見れば馬券圏内の占有率は高い。頭数も多いし、敢えて嫌う必要はないかな。配合で見るとノーザン系との配合が圧倒的に良い。


 そのノーザン系がこのレースでは猛威を振るっている。父系でも2勝しているのだが、母父としては8勝ととんでもない占有率。非サンデーの勝ち馬が3頭いるのに対して非ノーザン系の勝ち馬が1頭(トーセンラー)しかいないのがマイルチャンピオンシップの特徴と言っていいと思う。かなりノーザン色が強い。その中でも過去10年として注目すべきはサドラー・フェアリーキング兄弟の系統が結構強いこと。昨年モーリス(母父カーネギー)、サダムパテック(母父エリシオ)、エイシンアポロン(母父サドラー)と全て1番人気ではない勝ち馬を輩出。勝ち切ってきている辺りかなり適性的に噛み合っているのかなという印象。ノーザンテーストも母父として3勝挙げているが全て1番人気でのものでもあり、面白いという点ではサドラー系に軍配が上がる。


 また馬券的に見ればノーザン系でもダンジグ系・ストームキャット系は面白い。安定感抜群のフィエロ(母父デインヒル)はもちろんのこと、穴で見ればシンボリグラン(8番人気3着)、ファイングレイン(10人気3着)、ドナウブルー(5人気3着)、これらはダンジグ系。ストーム系だとエーシンフォワードが13番人気での勝利、 エイシンアポロンも5番人気での勝利。この辺も警戒しておきたい。まあ全体としてみてもロドリゴ産駒のスーパーホーネットが安定して差し込めるイメージでいいと思う。

 
 この2大系統が強すぎるので他はどうしても付け入るスキがない。ミスプロ系はおなじみサプレザの父がミスプロ系、フィフスペトルが11番人気での2着がある、トーセンラーの母父として1勝という程度で地味。ロベルト系も昨年ようやくモーリスの勝利で存在感を見せたが、母数自体が少なくいまだにマイネルファルケの14人気2着が輝くぐらいで全体では目立たない。


 以上から注目馬は…敢えて言うならマジックタイム


 正直今回はすでに好走したフィエロを除くと血統的にこれという感じはそんなにない。マジックタイムの場合は母父ロベルト系ではあるが、 母母父にサドラーズウェルズが入っているという点では好感。最低限ここまで離れているとノーザンダンサーのインブリードは欲しいなというところでそれも5×4と入っている。まずまず。


 ミッキーアイルなんかはディープ×ダンジグ×ヌレイエフとノーザン色が非常に強いし、一度人気を裏切ったけど本来噛み合ってもよさそうな感じはする。まあマイルチャンピオンシップはスプリンターのごまかしが利かないというのはあるから難しいかもしれんが、血統的には面白い要素。 


→ → → → → → → → →●
   秋のマイル王者決定戦
第33回 マイルチャンピオンシップ(G1)
●← ← ← ← ← ← ← ← ←

      まさか・・・

   『マイルCS=荒れる』
  なんて思ってませんよね?

 ■出走馬を見れば実力差は歴然!
 ■今年は下手な穴馬狙いは不要!

 狙うべき馬はわずか3頭だけです。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ↓ 詳しくはこちらから ↓

『馬券的に美味しいのは、
  マイルCSよりも平場のレース』

今週、美味しい馬券が欲しければ、
重賞は堅いと思うので、避けた方がいいでしょう。


高配当を狙うなら今週は断然平場です!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そんな平場のレース予想におすすめするのが、

  ◆━━━━━━━━━◆
    穴馬一筋26年

    馬券師【大五郎】
  ◆━━━━━━━━━◆

平場のレース~重賞まで、
様々なレースの“穴馬予想”をしている馬券師です。

見た目は地味なおっさんですが、
そんな大五郎の予想が、

━━━━━━━━━━━━━
あなたの馬券を豹変させます
━━━━━━━━━━━━━


直近ではこんな馬券が炸裂!

 ↓  ↓  ↓  ↓

◆11月6日(日) 東京12R
 1番人気→12番人気→8番人気の
 3連単9万馬券をゲット!!

◆10月29日(土) 新潟6R
 4番人気→10番人気→12番人気の
 3連単15万馬券をゲット!!

◆10月22日(土) 新潟8R
 6番人気→9番人気→12番人気の
 3連複22万馬券をゲット!!

◆10月16日(日) 新潟12R
 3番人気→10番人気→4番人気の
 3連単17万馬券をゲット!!


10万馬券は当たり前!

大五郎の予想を使っての最高獲得金額は、

  \ \ \ / / /
  なんと、470万馬券!!
  / / / \ \ \

これぞ・・・大穴予想家が繰り出す、鬼熱馬券。

 しかも、予想は無料で公開!
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これは、見ない手はありません。

大穴狙いの刺激的な予想を
存分に楽しんでください!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ◆鬼熱大穴予想はコチラから◆


 
twitter内ではここでは載せないちょっとした競馬の感覚をぼそっとつぶやいたりします。
アクセスカウンター

    逆アクセスランキング
    カテゴリ別アーカイブ
    LINE読者登録QRコード
    競馬ランキング
    ラジオ放送レギュラー出演中
    毎週日曜22時~競馬ナンデツイキャスにて「レース回顧」担当


    Powered By 画RSS
    カテゴリ別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    最新コメント
    プロフィール

    catassan

    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    広告掲載
    広告掲載についてのお問い合わせは こちらから
    • ライブドアブログ