敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い。

あの人気馬はなぜ負けたのか?
ラップ推移とレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫ります。
敗因分析ができれば次に買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ヴィクトリアマイル2017

ヴィクトリアマイル 2017 レース回顧・結果:アドマイヤリード、結果的にスローの切れ味勝負で本領発揮、ルメール渾身の神騎乗!

毎週日曜の22:00からツイキャスでの回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2017 ヴィクトリアマイル(GI) 東京芝1600m稍
レース回顧・結果

1:33.9 12.6 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 11.1 - 10.8 - 11.9
47.9-46.0

 府中もそうだけど近代競馬はもう馬場をいかに読めるかに尽きる。ペースは1.9でかなりのスローペース、3~4角地点となるL5-4で12.3-12.2と遅いラップを踏んでいる。そして最速ラップが10.8と非常に速い。雨が残っていてここまで速いラップと言いうのはスローというだけでは踏めないので表記以上に回復していたとみるべきだと思う。そもそも土曜の段階で悪化しきってなかったというところから、明確に高速馬場で想定しても良かったかもしれんね。想定より一段階軽かったし、そのうえで全部が嵌ったデンコウアンジュが2着まで来たというのもスマートレイアーが要所でキレ負けしていたというのもドンキが伸び切れなかったのもその辺だと思う。比較的馬場想定を軽めに見ていた自分の想定でもそれ以上に軽かったと結果的に見ると判断せざるを得ないかな。その中でスローバランスで楽々鋭いの末脚を引き出せたアドマイヤリードと考えると、馬場から入ればこの馬券は獲りやすかったかもしれん。まあアドマイヤを無印にしている時点で完敗なので仕方ないかな。


1着アドマイヤリード


 5番枠からやや出負け、そこからじわっと追走してそこまで下げ切らずにクイーンズリングの後ろ、中団の内内で3角を迎える。3~4角でも中団の内内で進めて我慢、スマートレイアーの後ろを狙いつつ2列目で直線。序盤でスマートの直後を取り切ってそこから最速地点で狭いところを割ってスパッと切れる。L1ではそのまま突き抜けての完勝だった。


 ルメールの神騎乗に馬の適性が最大限に噛み合ったとみていいのかなと。まず一つ大きかったのは馬場が非常に読みにくかった中で、結果的に高速馬場だった。L2最速10.8が示す通り最後はトップスピードの質での勝負になった。47.9というかなりのスローで進められたし、終始ロスなく進めたこと、進路どりも最終的に仕掛けるまでにスマートレイアーの直後を取って馬場の良いところも確保できた。ルメール的騎乗という観点で見ればロスを最小限にしながら前半脚を使わずに勝負所までに2列目で進路も意識できると最高の神騎乗と言っていいと思う。もともとトップスピードの質が高いレベルにあった馬なんだが、これを最大限に引き出す騎乗に展開が噛み合ったものかなと感じている。個人的には坂の上りの反応がイマイチな印象で、それでここでは評価を下げたんだがこの競馬を見せられると完全に見誤っていたと言わざるを得ないね。もちろんルメールの騎乗も含めてだけど。そこを間違えなければという内容だっただけに、個人的には反省材料。瞬間的なトップスピードの質を要求されたことがこの馬にとってはプラスに働いた、勝因としてはルメールの騎乗、ペースが遅くてしかも実は高速馬場だったというところが大きかったとみている。馬も前半無理なくこういう感じで切れ味勝負に特化してくれば阪神牝馬Sと比較しても一枚上げてきているからね。その辺りを踏まえてもスロー向きでそれが見事に噛み合ったと。


2着デンコウアンジュ


 10番枠から五分のスタートだが少し窮屈になって煽るような感じになって後方に下げる。道中はミッキークイーンの後ろを見るような感じで進めてブレーキ気味に3角に入っていく。3~4角でもペースが上がってこない中で中団馬群の中、ミッキークイーンの外に出して進路確保して直線。序盤で中団から鋭く伸びてスッと反応、L2の最速地点でグンと来て好位集団から抜け出してくる。L1で2列目争いに加わって最後はきっちりと2着を確保した。


 この馬が2着に来たのがこの馬場や展開を如実に表しているというか、少なくとも道悪が残っていたらここまで速いラップを踏むこともなかっただろうしそうなると切れ味はそうそう引き出せなかったと思う。ただ、ふたを開けてみると実は高速馬場でした、という中で3~4角でも緩い流れになってしまってそこからのギアチェンジを要求される中で外から前を向いて入っていけた。反応の速さの違いが結局序盤でミッキークイーンを置き去りにできたところになる。ただもちろんもう一段階今後はトップスピードの質も要求される、10秒台のラップまで入っているわけでここまで回復していたからこそ坂の上りでグンと来れた感はある。アルテミスSを勝った時も中弛みで上手く取り付けたのはあるにせよ、突き詰めれば11.1-11.2でしっかりと切れたからだし、それを結果的に展開の紛れだけでなく高速馬場というのもあって最大限に引き出し切れたかなと思う。正直ジュールポレールやスマートレイアーとの比較で見た時にここまでトップスピードの質が問われるとは思わなかったので(少し紛れるとは思っていたが)×以上の重い印を打てなかったが、上位2頭が1,2着した最大の要因はやっぱり結果的に高速馬場で突き詰めればトップスピードの質が高いレベルで問われた部分にあるんだろうとみている。ただ結果的にではあるが4歳世代の中堅どころが1,2,3,5着というのも時代の流れというところだね。


3着ジュールポレール


 3番枠から五分には出てそこから積極的に出していって先行集団の一角。最終的には隊列が整っていく中でスマートレイアーの直後の3列目に下げる形で落ち着く。3~4角で緩くなったがアスカノロマンの直後から進路を探りながらも置かれて3列目で直線。序盤でスッと反応するが先にアドマイヤリードに前に出られてしまっていてL2の最速地点で少しキレ負け。L1ではまたジリッと来ていたが最後は3着を確保するまでで終わっての3着完敗だった。


 凄く結果論的になるけど、正直ソルヴェイグが逃げたことでこの馬にとっては難しくなってしまったというか。ソルヴェイグ、スマート、ジュールで1,2,3列目の内を形成してスローでとなると3列目でもこの馬にとってはちょっと後ろ過ぎるところになる。ペースのスローは歓迎できるんだけど3~4角でも上がってこないから進路確保を意識することになって外に誘導しようとしているうちに先にアドマイヤリードの方が押し上げてしまって直線入りの段階で1列前に入られてしまった。この段階でかなり苦しかったと思う。ルメールが好騎乗をしたのはあるんだけど、幸に関しては正直無難に乗りに行こうとし過ぎて要所でポジションが悪くなってしまったし、もっと言えば前述のとおりソルヴェイグが逃げてしまったのでスマートが一列下がって2列目ポケットを取りたかったこの馬が3列目になってしまった。個人的にはソルヴェイグは頑張ったので何とも言えないけど、ジュールポレールは勝つチャンスがあっただけにもうちょっと何とかならんかったかなあという感じやね。地味にソルヴェイグの出方に潰された感じかな。アドマイヤリードが押し上げながら直線に入ってきたのでこれはルメールが上手かったにせよ。勝負所まででポジション差でアドマイヤに負けているとは思わなかったのでなあ。トリッキーな馬場で内が開いたし、鞍上の腕の差も出たかな。ただこの馬は今後の牝馬重賞戦線では恐らく中心になってくると思う。


4着スマートレイアー


 2番枠からまずまずのスタートを切るがソルヴェイグが速いので無理せずに2列目のポケットでという形、結果的にスローペースを誘導する形になる。道中も前にスペースを置きつつ折り合いを意識、しっかりとコントロールした状況で3角。3~4角でも流石に掛かり気味ではあるが遅いとみて軽く仕掛けながら内に進路を取って先頭で直線。しかし序盤でソルヴェイグの一足、ギアチェンジの反応が良く一瞬置かれる。L2ではようやく伸び始めるがここでアドマイヤリードに切れで見劣る。L1でも踏ん張ったが3着争いでジュールポレールにやられての4着完敗だった。


 ん~まあゲートは良かったけどソルヴェイグがあそこまで腹を決めて行った以上2列目ポケットはやむを得ないしもしかしたら武豊的にはAプランだった可能性もある。元々逃げに固執する馬ではないからね。ただ、敢えて言えばソルヴェイグが早い段階で主導権を取り切ったこと、番手が内田だったこともあってペースが上がらなかったし、しかも実はそこまでパワー型の馬場ではなかったと。L2最速で10.8という速い脚を要求されたことで最上位レベルでとなるとなかなかここで優位性を作り切るまでは難しかった。ただトータルで見て武豊の騎乗には満足している。4角の段階で内から上手く押し上げて先頭列に入ってくれたのはタイプ的にはファインプレーだと思うし、それでも要所の反応でソルヴェイグが早かった、最速地点ではアドマイヤリード・デンコウアンジュが強かった。L1ではジュールも頑張った。スマートレイアーも頑張ったけど、現時点では上位3頭を素直に評価した方が良いかもしれないね。今年の4歳牝馬はちょっと読めないところはあるんだけど、3歳時の4強がどこまで強かったのかと考えると…ちょっとした残念さはあるね。


5着ソルヴェイグ


 4番枠から好発、二の足も速くスッとハナを取り切って、外からリーサルウェポンも上がってくるが制してレースを支配する。ペースもかなりのスローにコントロールして3角。3~4角でも川田はじっと抑えていて我慢、馬場の良い外に誘導しながら直線。序盤でスマートレイアーが並びかけてきたのでここで追い出してスッと反応、ギアチェンジ面では対スマートで優位に立つ。L2では徐々に伸び負けして3番手まで下がる、L1ではもう一度喰らいつこうとするも及ばずの5着完敗だった。


 マイルはこなせるとは思っていたけど、個人的には思ったより適性を見せてきたかなという感じ。ペースをかなりのスローまで持ち込んだことでL1のTS持続面でも結構いいものを見せた。唯一足りなかったかなというのがL2の坂の上りでのトップスピードの質で、ここでスマートレイアーには見劣っていた感じだし、もちろん差し込まれたアドマイヤリードやデンコウアンジュに見劣っている。L1は悪くなかった、前半無理をしなければ後半の末脚の絶対量を高めてきているのでこの感覚ならマイル適性は割と高いとみていいんじゃないかなと。ただ基礎スピードをコントロールしすぎたのはあるので、今後は全体のペースをある程度上げて息を入れて仕掛けを待ってどこまでやれるかってのを見たいね。今日の感覚ならもうちょっとペースを上げてL2最速でも10秒台まで入れないような競馬の方が合っていると思う。ギアを上げるのは上手かったので、上げ下げを自在にできるようになってレースを支配できればマイラーとしての性能は結構高いんじゃないかな。


6着クイーンズリング


 8番枠から五分に出てある程度出していこうとするが外の先行集団が切り込んできたので中団の中目で我慢する形になる。道中はミッキークイーンより後ろと少しポジションを取り切れないまま3角。3~4角でもまだ緩い流れの中で内内から思い切ってポジションを上げて行く。4角ではスマートレイアーの内からワープするような感じで先頭列に並びかけて直線。序盤でそこから追いだされるとスッと反応してスマートの内から並びかけてくる。L2で追い出されるがここで徐々にスマートが盛り返してきて伸びあぐねる。ラストは甘くなっての6着完敗だった。


 最終的には内の方にいたので馬場差があった中で消耗度合いが他とは違った可能性もある。ミルコらしく前半は恐らく想定よりも後ろ、それならどこかで脚を使わずリカバーしたいというところで、内の馬場のリスクを背負って速度的には足を使わずに押し上げられる内を選択した。これ自体は結果に繋がらなかったけど流石にミルコだなと感じたし、こういった感性というかどこかで無理なくリカバーできるポイントを探ることができるのが強みだと思う。嵌った時はそれが大きかった、ってことが多いからね。今回は噛み合い切らなかったけど、ここ2走の内容もあまり良くないから一概に内の馬場がどうこうとは言えない。単に昨年秋の出来に無い可能性もあるからね。最速地点でスマートレイアーに見劣るような馬ではないと思うし。 その点を考えると個人的には状態面もまだよくなり切っていないんじゃないのかなと。


7着ミッキークイーンはこちら


9着ウキヨノカゼ(8人気番外)

 12番枠から五分ぐらいには出て下げ過ぎずにポジションを取って中団の外から徐々に下げつつ最終的には後方で進めていく。道中も中団馬群の中で我慢しながらで、3~4角でペースも落ち着いてという中で外から動く選択、出口で外に出して直線だが序盤ミッキークイーンが外に進路確保した時に煽りを受けて少し踏み遅れる、それでもL2の最速地点ではするすると伸びてきて一瞬おっと思わせたがやはりL1は甘くなっての9着なだれ込みだった。


 一瞬の切れ味は素晴らしいんだけど、どうしてもあそこまで後ろからトップスピード勝負でとなると一瞬の脚だけでは如何ともしがたい。前目で瞬間的に脚を使える馬ならそれでもいいんだけど、後ろからとなると取り付くのに鋭く脚を使って、L1のバテ差しで突っ込んでくるだけのTS持続が必要になる。今回は割とトリッキーな流れになってチャンスはあると思ったけど、4角出口での接触が痛かったのはあるにせよ、上位までとなるとやはりL1の甘さが出てきてしまうかなあ。本当に良い脚は凄く切れるけど一瞬しかないイメージ。



10着ルージュバック


 7番枠から五分のスタートを切ってそこから下げながら後方でという競馬。ただ下げるのは良いが後方馬群の中で進路をイメージできないまま3角に入ってしまう。3~4角でも後方でちんたらしながらウキヨノカゼの直後から動かそうとしながら直線。序盤で追い出されるがそこまで反応良くなくジリジリ、L2の最速地点からL1もなだれ込むまでの10着完敗だった。


 まあ戸崎らしいというか、下げ切って仕掛けも前と同じタイミングではそりゃねっていう。エンジンの掛かりが良くない中でウキヨノカゼの直後でウキヨが外、こちらが中に入ったことで結果的に直線序盤から加速スペースが産まれたのでそこまで極端には置かれなかった。ただ前がこの上がりでとなってしまう中で、あの位置から差し切るのは無謀も無謀。結果が良い悪いはともかく、ルメールにしてもミルコにしても、豊にしてもそうだが3~4角が勝負所と察して動ける方法を考えている。この辺が勝負する場所を読めるかどうかの決定的な差だと思うんだよね。戸崎がマイルと相性がいいのは流れることが大きいと思うし、こういった勝負所での展開の匂いをかぎ分ける能力はない。不安は戸崎って言ってたけど、まんま言葉通り。まあ今回に限れば馬場がトリッキー過ぎたと思うし、難しかったとは思うんだけどね。それでも気づいているというか動かないとと思う騎手はいるわけだからね。馬に関してはもうちょっとL1で伸びてほしかったかなという気はするけど、結果的に軽い馬場になってしまったしギアチェンジが問われてしまったのもやっぱり末脚を最大限引き出すことを考えると良くなかったかな。緩やかに加速していく舞台の方が合っているのは毎日王冠と秋の天皇賞の関係性からも感じるところ。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
  オークス(GI)・鉄板3点勝負

 ソウルスターリングが絡んでも
3点で30倍を狙える理由を無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━

5/7 京都10R  2万6610円的中
5/6 京都8R  3万2970円的中
4/30 京都8R  1万9360円的中
4/29 新潟11R  5万3290円的中
4/23 東京7R  3万2050円的中

オークスの3点勝負を見る方法!
pngホースメン会議:オークス300_250

ヴィクトリアマイル 2017 敗因分析・結果:ミッキークイーンはスローで緩い流れから一気のギアチェンジに反応できず…

毎週日曜の22:00からツイキャスでの回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2017 ヴィクトリアマイル(GI) 東京芝1600m稍
ミッキークイーンの敗因分析

1:33.9 12.6 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 11.1 - 10.8 - 11.9
47.9-46.0

 前哨戦の阪神牝馬Sを制して1番人気に支持されながらも伸び切れずの7着となったミッキークイーンの敗因を分析していく。


7着ミッキークイーン


 11番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理はせずに中団に下げていくが、外への意識をしっかりと持って進めていく。道中の位置取りは悪くないが如何せんペースが遅く団子状態で3角。3~4角でもペースが上がってこずに中団馬群で我慢を強いられる形、ドンキの外から進路を確保しに行って直線。ただ序盤で一気に前が加速する流れにおいていかれそうになり、L2では外のデンコウアンジュのキレに見劣って前に出られてしまう。L1の減速地点ではそれなりに伸びてきたが7着と完敗だった。


 前提として基本的にこういうギアチェンジを問われるレースは合わないという認識で、これが問われやすいヴィクトリアマイルは本来合わないと思っていた。そのうえでここまでスローでとなってしまったし、コーナーでも12秒台でなかなか動けず直線勝負でヨーイドン、進路確保してさあっていう馬じゃないからね。馬場が悪化したようでしていない、ペースが上がらない、仕掛けの意識もそんなに強く持てない、結果的に12.2から11.1と1.1の加速度の高い競馬になってしまったというのがね。3~4角でまだもうちょっと動く意識があればよかったと思うんだけど、ドンキを捌いてから直線入りでのゴーサインだからね。エンジンの掛かりが遅いタイプだけに、こういう馬場だと阪神牝馬Sみたいにバテ差してこれるTS持続を担保に緩い段階でどうにかする意識が欲しかった。前にレースを支配されてこの馬にとっては一番最悪の展開に持ち込まれてしまったのが最大の敗因だと思う。L1でもうちょっと伸びてほしかったのはあるが、上位に33秒前半の上がりを使われてしまってはこの馬でできることも限定的。


 去年と何が違うかってのは、そもそも去年は超高速馬場で45.7-45.8と流れてL4からペースが上がって超高速馬場でL2最速11.3なのでそこまで速い脚を要求されていない。今年は稍重で時計はそれなりにはかかっていた感じでもL2最速10.8だからね。昨年はギアチェンジ面もあまり問われなかったしトップスピードの質も問われなかった、代わりに基礎スピードを要求されてここを大幅に詰めての2着だった。であるなら今年は47.9-46.0とかなりのスローでそこからの極端なトップスピード戦。昨年とは真逆の展開になったと言っていい。それが崩れた要因なったのは間違いないと思う。今年は流石に馬場の影響もあってトリッキーな流れにはなっているけど、例年の傾向としても前目でコントロールして要所での一足というタイプが強いしね。まあこのレースは本格派が崩れやすいレースだから、ここでの敗戦をそこまで悲観する必要はない。ただL1はもうちょっと伸びてほしかったかな、という感じ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
  オークス(GI)・鉄板3点勝負

 ソウルスターリングが絡んでも
3点で30倍を狙える理由を無料公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━

5/7 京都10R  2万6610円的中
5/6 京都8R  3万2970円的中
4/30 京都8R  1万9360円的中
4/29 新潟11R  5万3290円的中
4/23 東京7R  3万2050円的中

オークスの3点勝負を見る方法!
pngホースメン会議:オークス300_250

ヴィクトリアマイル 2017 予想:本命02スマートレイアー

東京11R ヴィクトリアマイル(GI) 芝1600m 稍~重、標準馬場想定
展開予想】 
 土曜の府中を見てこらあかんか…と思ったけど、雨の降り方の割に馬場の悪化は限定的にとどまっているようで、京王杯スプリングCも上位は33秒台の脚を使えていた。勿論超スローなのででるには出るにせよ、極悪馬場だとすぐに甘くなるから少なくともズブズブの馬場ではない。ただ京王杯終了後最終レースの時はもっと降っていたので馬場が読みにくいなというのはある。それと、どうしてもこういう時の馬場造園課は土曜開催後にぽんぽんおばさんを最大限に導入して馬場を回復させる傾向がある。思った以上に軽くなることも考えておかないといけないし難しい。いずれにせよ、明日の段階でズブズブの馬場ではないと思っておく方が良い。標準馬場ぐらいを想定、この面子なら33秒前半ぐらいは出ても良いぐらいの馬場にはなると前日では想定しておく。


 展開予想だがひとまずこちらをご覧くださいませ。




 ひとまずはスマートレイアーがじわっと出していって様子を見る形、内枠なのでそれでもある程度ペースを作っていく意識が必要にはなる。これに対して外から行く馬がいるかどうかかな。ジュールポレールやソルヴェイグといったところはある程度スマートを意識して番手~2列目を狙うだろうし、リーサルウェポンはやっぱり陣営のコメント的にもそこそこ前を意識している感じなのでこれが逃げまであるのか、それとも好位で落ち着くのか。そしてドンキ岩田が逃げ馬不在を逆手にとっての逃げもあるのか?というところまでかなと。馬場がどうしても悪化している意識で入るので恐らくそんなに速いペースにはならないだろうとみている。ペースも47-46.5前後とみて平均~ややスローぐらいで落ち着くかなと。また雨の意識もあるので仕掛けもワンテンポ遅れる可能性を考えた方が良いとみて、昨年とは逆の展開、パワー型総合力を問われるとみた。ある程度の基礎スピードとポジショニング、ペースコントロールから要所でしっかりと動けるかを重視。雨の影響もあるのは間違いないのでL1の差し込みも軽快はしたいけど、要所の動き出しの良さを重視したい。


<PR>

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
ヴィクトリアM(GI)・鉄板3点勝負

  ミッキークイーンを脅かす!?
馬券のプロも買う穴馬で30倍を狙う
━━━━━━━━━━━━━━━━━

4/23 東京7R  3万2050円的中
4/23 京都11R 1万2430円的中
4/22 福島11R 2万4790円的中
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中

ヴィクトリアMの3点勝負を見る方法!
pngホースメン:ヴィクトリアマイル300_250

<PR>


予想
◎02スマートレイアー

〇14レッツゴードンキ
▲ジュールポレール
△08クイーンズリング
△11ミッキークイーン
×04ソルヴェイグ10デンコウアンジュ
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×

◎スマートレイアー


 この馬に関してはなかなかこれまでの考察からもベストの条件というのが掴めなかった馬ではあるんだが、理想は1800~2000ぐらいの距離でポジションを取って総合力を、というのが今のこの馬のベストではあると思っている。そして馬場も少し時計が掛かった方が良い。もちろん前走の京都記念はトップスピード戦ではなかったので当てにはしづらいが、ポテンシャル戦でサトノクラウンとの勝負であれだけ頑張れたのはかなり意外だった。香港CでもL4-3区間が最速、3~4角地点に当たるわけでここで外々を回すロスがあっても大きく崩れず踏ん張ってクイーンズリングとは対照的な踏ん張りを見せてきた。距離に関しては少なくとも2000までは問題なく高いパフォーマンスを見せてきたといえる。そのうえで、昨年のヴィクトリアマイルは高く評価している。45.7-45.8と平均ペースで流れてというのはともかく、重要なのは仕掛けどころでカフェブリリアントが掛かってしまって3~4角で動いたことで11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.6とL4の段階で11.5とある程度上がっていたしロンスパに近い競馬になっている。ここで先行してL2までは踏ん張っていたというのも驚き。マイルの基礎スピード戦でここまで流れに乗ってやれたのも意外だったし、負けはしたが基礎スピード面の限界を上げてきていること、高速馬場で仕掛けが早い中で噛み合ったミッキークイーン辺りとはそう差はなかった。あのレースはハイレベルだと思っているし、出し切れる展開のマジックタイムを撃破できているわけでこの一戦は評価が必要。先行できるようになってから違う馬になっているとみるべきかな。今回は逃げと目されているが個人的には別に逃げに拘る必要はないとみている。馬群の中で包まれても対応していたし、2列目あたりで進められれば、最悪3列目のポケットまでなら対応してくると思う。トップスピードの質もある程度高いが府中牝馬Sを見てもわかるように究極的な切れ味はクイーンズリングの方が一枚上。TS持続力では昨年の阪神牝馬Sで正攻法のL3最速戦でミッキークイーンを相手に粘り切った。仕掛けを待ちやすい、L2の坂の上りでギアチェンジが問われやすい府中のマイルなら出し切った方が良いタイプの馬との比較で逆転可能。昨年のヴィクトリアマイルは恵まれなかった中で強い競馬、雨の影響で序盤はもう少しゆったり入れそうなのと、昨年ほど出し切りやすい展開にはならないだろうとみてこの馬を本命にした。仮にある程度流れても昨年並みに頑張ってくれれば圏内は狙えるはず。馬場適性もレースの主導権を握りやすいという点でもここから入りたいし、後は出遅れなければかな。

 
〇レッツゴードンキ

 
 この馬も評価が常に難しいというか、定めるのが難しかったが最近重要なのは馬場状態であるというのと、自身で余裕をもって入れるかどうか。この2つが大きいなと感じた。例えば2走前の京都牝馬Sではド掛かりしたんだが、35.8-34.7と1.1のかなりのスローからの11.6 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.5とL2最速の中で中団外からスッと伸びてL1で突き抜けてとトップスピードの質、持続力を馬場の重い中で見せてきた。前走の高松宮記念も然りで33.8-34.9と1.1のかなりのハイペースでも自身は後方で進めて35.0-33.9と明らかな後傾バランスで末脚を鋭く引き出しレッドファルクスを差し込んできた。パワー型なのは間違いないし、崩れたレースが昨年のヴィクトリアマイル、阪急杯。超高速馬場で掛かるぐらいの基礎スピードをと思って追走させたらそこで脚がなくなってしまったという感じで、超高速馬場は合わない感じだし、前半でスピードに乗って甘くなる傾向も出た。今回は恐らく後ろからとは思っているんだが、昨年のヴィクトリアマイルの場合は45.7-45.8と超高速馬場で全体で流れたうえに11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.6とコーナーでも11.5と速いラップを踏んでいて各馬がこの時点で勢いに乗せやすい状況、素材型の競馬になってしまった。道悪でペースが上がり切らず、仕掛けどころも遅くなってという中でパワーが問われる馬場の中でトップスピードの質を引き出してくれば強烈というのはここ2走で示せている。ターコイズSの様にある程度タフな馬場で46.4-47.2とややハイで流れても後方で我慢して直線で鋭く。多少流れても自身で無理をしなければ一足は鋭く引き出してくる。この条件なら逆転してくるとみて。後はとにかく逃げるにせよ後ろから行くにせよ折り合いで暴走しない程度に。 


[最強]競馬ブログランキングへ(日曜00:00更新予定、2位前後にあります!)

 悩んだけどこの枠で狙うことにした。不安はあって追い切り面がしっくりこなかった。前走からは十分な感覚があるのだが1週前と直前の一本ずつというのは他の馬と比べても明らかに中間の過程が物足りない。それをどう考えるのかが非常に難しい…のだがパターンだけ見ればヴィクトリアマイルで積極的に狙いたい条件が揃った。まず道悪自体は前走でクリア。47.5-46.8と平均の範囲内でそこそこは流れたしその中で11.9 - 11.8 - 11.2 - 11.8 - 12.0とL3最速とTS持続戦となってしまった。それを好位の外から最速地点の4角で少し外を回しつつ直線序盤で2列目を楽に抜け出す脚を披露していた。L1は甘くなったが勝ち馬はTS持続タイプとしては強敵、2着とは僅差のところまで踏ん張っていたし内容は評価できる。もともとこの馬の武器はギアチェンジ面にあり、3走前の京都1800m戦で12.7 - 12.2 - 11.8 - 11.2 - 11.2のラップ推移を2列目ポケットからスッと反応して直線で抜け出してきた。基礎スピード面が不安で、46秒前後の入り方になると不安もあるが今回なら各馬馬場も読みにくいだろうと思うしそこまでペースも上がってこないだろうと。状態面以外の不安はほぼ無くなったと思うので、後は信じてかな。


△クイーンズリング


 まあ不安はあるに決まっているんだが、トップスピード戦、ギアチェンジ面に関して非凡なのは間違いないし、要所でしっかりと動けるのは魅力。府中牝馬Sでは48.5-46.0と2.5のかなりのスローから12.1 - 12.1 - 11.4 - 11.1 - 11.4と3Fのトップスピード戦で2列目外から直線鋭く伸びてきたし後ろにいたスマートレイアーを全く問題としない完勝だった。ただもちろんだがエリ女も含めて超スローに近いレベル。緩い流れから反応してギアチェンジで動き、質的に優位に立ってスパッと切れる。そういう馬なのでもちろんだがマイルで流れた時の不安はある。昨年のヴィクトリアマイルが45.7-45.8と流れたうえに仕掛けも早めの流れになったのでいいところなく崩れている。また前走の阪神牝馬Sは重馬場に平均ペース、L3最速に落鉄と色々不安材料はあったにせよ崩れすぎ。出していって失速したことを考えるとしっかりとポジションを取れるかどうか?意識的に不安が出てくる。個人的には勝ち負けを考えるなら今の馬場なら怖がらず前を取った方が良いと思うが、逃げ馬が難しい中でとりあえずスマートレイアーを意識した乗り方になると思うし恐らくその後ろを狙って進めても3列目ぐらいだろうと思う。瞬間的な脚は凄いが府中牝馬Sは馬場にペース、ポジションまですべて噛み合った、エリ女はトップスピード戦としてはやや低調なメンバー構成でもあった。要所の反応ではミッキークイーンを上回るが、同じような位置からミッキーも仕掛けの意識を高めてくる、前に強烈な総合力タイプがいるとなると勝ち切るまでは難しいかなと判断した。連下で押さえたい。


△ミッキークイーン


 土曜の馬場次第だけど京王杯SCのレースの内容を見て、やっぱりそこまで劇的に悪化はしていないし逆に騎手の意識的にレース全体はペースをゆったり目、仕掛けを待ちたくなる意識が働きそう、馬場の回復も追いつきそうな感じがするので、器用さのないこの馬を頭からは買わないと。ある意味首尾一貫した評価で落ち着いた。この馬の良いところはトップスピードに乗ってから減速を最小限にとどめてくる、TS持続特化型。加えて昨年のヴィクトリアマイルで見せた45.7-45.8と超高速馬場での平均ペースに対応してきたように基礎スピードも高めてきた。素材はここでは一番なのは間違いないと思う。ただ昨年のエリザベス女王杯でも縦の関係で同じようなポジションにいたクイーンズリングに対して最速地点のL2で明らかに反応負けをしているように動き出しは鈍い。昨年のヴィクトリアマイルで結果を出せたのは基礎スピード面を上げてきたこともあるが、それよりも11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.6とレース全体の仕掛けがカフェブリリアントの捲りで早かったことが大きいと思う。誰かが動いてくれればというのはあるが、今回は馬場悪化の意識もあるだろうし紛れる可能性は高くなりそう。この馬を頭からの信頼というのは少し危険な感じはやっぱりするかな。昨年のヴィクトリアマイルの比較であの流れと仕掛けどころでスマートレイアーに0.2差、馬場が渋ってゆったり入られてスローバランスの適性が高いスマートとの比較だと上位はあちらに、という感覚かな。昨年ぐらい流れるかスローでも仕掛けが早くなればというところはあるけどね。仕掛けが遅れると2,3着から捌きまで遅れれば圏外まであると思うし、その中で出し切った時のパフォーマンスは一番だとみているので連下が妥当かなと。


×ソルヴェイグ


 3着ヒモ枠には穴馬を2頭選んだ。一頭はソルヴェイグ。まあハッキリ言ってここ2走が物足らんのは間違いない。ただ、基本的にこの馬の場合はペースを引き上げることで仕掛けを待って一足で出し抜く競馬で結果を出してきた。それは函館スプリントSでも見せてきている。また内内で我慢することでスプリンターズSでも最後はしぶとく伸びて3着を確保。基本的には立ち回りの上手さ、総合力で勝負している。そのうえでフィリーズレビューでは平均ペースから11.6 - 12.2 - 11.7 - 11.5 - 11.7とL2最速で明確に緩んでからの再加速という競馬でしっかりと対応して抜け出している。桜花賞は大敗を喫したがこれは4角出口以降は終始内内で詰まってしまって下がったのが大きいし度外視で良い。距離に関しては良くも悪くも未知数で、フィリーズレビューやこれまでの1200m戦で評価するしかないが、適性から判断すればマイルはこなせる可能性は十分にある。距離延長で流れに乗っての一足は警戒しておきたい。加速性能は高い馬だし、1200路線ではドンキと互角にやれていた馬だからね。ここ2走が足りないのでこれ以上の評価は難しいが昨年夏~秋だけやれれば怖さはある。 


×デンコウアンジュ


 もう一頭の大穴。可能性として重馬場でペースはともかく仕掛けが甘くなること、特に3~4角で息が入る形になればこの馬を警戒しておく必要がある。アルテミスSが極端な中弛みで外から取り付いての2F戦でメジャーエンブレムを喰ったように、基礎スピードに不安はあるが後半のトップスピードの質、持続力はそこそこ勝負になる。そして同じようにローズSが悪くなくて、重馬場の阪神1800で47.4-46.8と平均ペースの範囲内だが12.0 - 12.5 - 12.2 - 11.7 - 10.9 - 12.0と中弛みがあってL2最速が10.9と顕著だった。重馬場だが早いラップは出る、というような特殊な中で中団外から進めて直線序盤でシンハライトに外から前に出られたのでスムーズさを少し欠いたがそれでもL1までジリジリと脚を使っていたしアットザシーサイドには楽に先着している。前半を無理せず入るのがポイントになるし、加えて言えば中弛みの展開で外からというのが理想。 ミッキーに外に出させずに上手く蓋をしながら押し上げるまで行くとさらに面白いが、今回の馬場状態で紛れがあった時に噛み合うとすればこの馬かな。前走の福島牝馬Sはかなり厳しい中での捲りである程度度外視できる。阪神牝馬Sでは淀みない中でL3最速を外からでとなると難しい。トップスピードの質を上手く引き出しつつ、できれば中弛みを上手く使いたい。嵌れば3着ぐらいまでなら。


消ルージュバック


 悩んだけど不安が2つある。まず一つは状態面で、正直追い切りはいつもの良さを感じられず、促されてようやくという感じだしラップ推移的に見ても目立たなかった。2つ目は枠順の並びと戸崎。この馬で戸崎が結果を出せないのは多分最後までロスなく進めようとして進路確保が後手になるからだろうと思っている。正攻法で進めている毎日王冠なんかはアンビシャスを目標にしたのもあるが12.0 - 11.8 - 11.4 - 11.5 - 11.6とL3最速でレース全体の仕掛けが早かったことでしっかりと出し切れた。昨年のヴィクトリアマイルなんかは45.7-45.8と流れていた中で戦えたのは良い材料だが、11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.6と好位で進めながら仕掛けが早い展開でも動き出しが甘くなってL1でようやくいい脚で伸びてきた形。スローだとそこまで感じなかったけど、マイルである程度流れた時に要所の反応の鈍さが想像以上だった。そういうタイプなので出来れば外枠で嫌でも早い段階で進路を取っていく意識が必要になるぐらいが良かった。今回は中目の枠だし恐らくクイーンズリングがいるのでその後ろぐらいでしかけを待って内内でとなると思うが、要所で内からスッと動くというイメージはない馬なので今回は消した。毎日王冠の感じからもスローで下げて早い段階でミッキークイーンを目標にしてミッキーが早めに動けばその外から差せる唯一の馬かなとは思っているんだけどね。エンジンの掛かりが鈍い馬でとなると個人的には難しいかな。馬場は良いと思うんだけど。 


PR【ヴィクトリア・オークス・ダービー!オッズで読めない穴馬がこのサイトならわかってしまう事実!】

馬券購入残り時間わずか。人気上がってるし、もしかしたらあの馬も馬券に絡むかもしれない。
でもあの馬も馬券に入れたら購入金額がかなり膨らんでしまう。回収しきれないかも。
やばい、どうしよう、わからない。

そんな不安にかられたことありませんか?
僕は毎回そんな不安にかられて、結局買えなくてその馬が来てしまった。
なんて経験をたくさんしました。

でも今はそんな心配がなく「馬券代を少なく、そして的中率は上昇」
きっちり回収できています。

4月にこのおっちゃんに出会ってから、僕の競馬人生は激的に変わりました。
クリックするとおっちゃんの凄さがわかります。↓

※府中競馬正門前駅※北条直人※東京競馬場に行った時は見てみてねw※

その実績は、

04月02日(日) 大阪杯(G1) 
→7番人気ステファノス 2着
無料予想で穴馬的中!

04月08日(土) ニュージーランドT(G2) 
→12番人気ジョーストリクトリ 1着
月額1,980円の全レース予想で穴馬的中!

04月09日(日) 桜花賞(G1) 
→8番人気レーヌミノル 1着
無料予想で穴馬的中!

04月16日(日) 皐月賞(G1)
→4番人気ペルシアンナイト 2着
無料予想で穴馬的中!

04月23日(日) フローラS(G2)
→10番人気ヤマカツグレース 2着
月額1,980円の全レース予想で穴馬的中!

04月30日(日) 天皇賞春(G1)
→4番人気シュヴァルグラン 2着
無料予想で穴馬的中!

今や僕の予想は、「オッズに惑わされずに穴馬的中」「しかも1分で穴馬判別可能」
そして・・・「とにかく的中率が格段にUP!!」


もう一生離さない。競馬予想の相棒 【うまコラボ】
皆さんの記憶にも新しい今年の皐月賞ではファンディーナがダントツの1番人気でした。
が結果は7着。誰しもが期待とオッズに騙されました。
しかし、うまコラボはどうだったと思います?ファンディーナは走れないと結果をだし、9着で予想をしていました。
馬券外確定!と言った予想で見事当ててくれました。

今週のヴィクトリアマイルでは、ミッキークイーンに人気集中してますが、走れるんですか?馬券に絡めますか?馬券に絡むという根拠はありますか?
オークスでは、桜花賞組レーヌミノル、リスグラシュー、ソウルスターリング?逆に馬券に絡まない確率が一番高い馬はどれ?
日本ダービーでは、アルアイン、ペルシアンナイト、サトノアーサー、今年は力が均衡している。でもこの出走予定馬だったら相性が良く最も走れるのはあの馬では?

【うまコラボの的中精度】過去2年分の累計
三連単37.2% 馬単58.3% ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%
※競馬市場の三連単平均的中率は10%です※

使い方は超簡単。サイトを開くだけで、レース前日に全レースの予想を公開しています。
※3会場x12レースx2日=72レース 全レース予想公開
(無料で使うならその週の注目重賞「今週はヴィクトリアマイル+数レース分予想公開」
月額1,980円(30日間利用可能)なら1週間72レースx4週間=「288レース分予想公開+少点数で勝てる厳選レースの買い目公開」)
※JRAオッズ無視だから穴馬が一瞬でわかる。人気のない強い馬・勝てる馬がわかる。
※予想が公開されているので、予想は1分で可能

実際に触れて触って当てちゃって!
たっか数秒で完了する無料登録をすることで、今日から皆さんの的中率は、間違いなく数倍になります。
↓↓
予想公開画像と無料登録は コチラから。
※わからない事があったらフリーダイヤルで星川さん(女性)が出来る限り対応してくれます。
あんまりいじめないでね(笑)

【実際に公開された三連単40万馬券的中のニュージーランドT】




ヴィクトリアマイル 2017 出走予定馬:レッツゴードンキ、昨年は超高速馬場で完敗…道悪巧者で土曜の雨の影響次第

2017 5/14(日)
第12回 ヴィクトリアマイル(GI) 東京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧
ヴィクトリアマイル2017の予想用・出走予定馬一覧

【2017ヴィクトリアマイルの注目馬は?】
[最強]競馬ブログランキングへ(2位前後にあります!)

 桜花賞以降長らく勝利の女神から見放されていた、2走前の京都牝馬ステークスで久々の勝利を手にした実力馬レッツゴードンキがヴィクトリアマイルに出走予定だ。前走の高松宮記念でも2着、無理に先行に拘らず末脚を引き出すことで結果が安定してきた。昨年は10着に敗れたヴィクトリアマイルだが、今の勢いで雪辱を果たせるか?


 最後まで悩むに悩んで、というのはあったが色々まとめていってもやっぱり今回は扱いが難しい。最終的に展望のところで書くけど、昨年は完敗しているし基本的に今のこの馬にマイルはちょっと長いと思っている。ただし、この馬は高速馬場で基礎スピードが問われるよりも少し時計が掛かる馬場の方が適性的には高いとみているので、土曜の雨次第ではという面もあるかな。


京都牝馬S(GIII) 1着 18頭5枠10番
京都芝外1400m稍 1:22.5 35.8-34.7 S^2
12.6 - 11.6 - 11.6 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.5

 2走前の京都牝馬S勝ちから振り返る。桜花賞以来実に1年10か月ぶりの勝利となったが、稍重で時計も明確に掛かっていた中、1.1のややスローで仕掛けが遅い2F戦という流れだった。


 10番枠からやや出負け、そこからじわっと取り付く程度でコントロールして中団で進めていく。最序盤少し煽るような感じになってそこから掛かりっぱなしという感じで苦しい展開。3角の下りの地点でもペースはむしろ落ちるぐらいで、そこあで中団の外から抑える形。4角でブレーキを外しつつ中団外で直線。序盤で追い出されてジリジリと伸びてきて2列目に並びかけるとL1までしぶとく伸び切って久々の勝利を手にした。


 あれだけ掛かりながらもしっかりと脚を使えたのは流石というところ。ただその辺を無視して進めれば、タフな馬場でペースが上がり切らなかった中で、かつレース全体の仕掛けも遅かった。タフな馬場でトップスピードの質、持続力を問われたというのがこの馬にとってはプラスに働いた可能性は高いかなとみている。


高松宮記念(GI) 2着 18頭2枠3番
中京芝1200m稍 1:08.9(+0.2) 33.8-34.9 H^2
12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2

 前走の高松宮記念も渋った中で前半無理せず自身はスローバランスで走破して末脚を引き出しての2着だった。ペース自体はかなりのハイなのだが、これを後方で無理して追走しなかったことで良さが出たとみていいと思う。


 3番枠から五分に出てそこから無理せず後方に下げていく。ティーハーフの後ろとかなり後方で進め、3~4角でも最内をジッと我慢して無理せず直線勝負。序盤で上手く進路を最内に切ってスルッと伸びてくる。流石にそとのセイウンコウセイには完敗だったがレッドファルクスを競り落として2着と能力の証明を果たした格好。


 ここでもポイントとなるのは稍重で時計が掛かっていたという馬場状態。この馬は元々高速馬場である程度やれているが、洋芝の1200m戦で結果を出してきたし、桜花賞を勝った時も早い上がりでごまかされやすいが50-46の超々スローだっただけで、良馬場でも雨が少し残っていた馬場だった。ターコイズSでもある程度時計が掛かっている中でのややハイで脚を引き出してきていて、個人的には少し時計はかかる馬場の方が良いと思っている。


ヴィクトリアマイル(GI) 10着 18頭6枠11番
東京芝1600m良 1:32.9(+1.4) 45.7-45.8 M
12.3 - 10.4 - 11.1 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.3 - 11.6

 さて、問題はやはり超高速馬場がどうか。これは昨年のヴィクトリアマイルを見ればわかりやすいかなと。ペースも平均、3~4角から動く形でL2最速ではあるが後半ラップは大きな変動が無い競馬になった。超高速馬場で軽い基礎スピードを要求された一戦。


 11番枠からまずまずのスタートを切って無理せず出たなりで控えて中団。それでも道中はかなり掛かり気味になってブレーキしながら3角に入る。3~4角でも中団の外目でトーセンビクトリーの直後から直線で中団、外に出す。序盤でそこから追いだされるが伸びはなく、ラストは手ごたえ悪くなってじりじり下がっての10着完敗だった。


 かかったことの影響も捨てきれないけど、それでも京都牝馬Sでは勝てている。高速馬場で掛かり長ら抑えたけど、それでもこの馬にとってはペースが速かったと考える方が妥当かなと。個人的には軽い基礎スピードを持っているという認識だったのだが、昨年の阪急杯が結構良い流れで崩れていたので
その辺りから気持ち的に少し引っ掛かるようにはなっていた。1200m路線でもある程度時計勝負になったスプリンターズSでは最内を通して上がり最速ではあるがL1で伸び切れずに崩れていて、雨で渋った宮記念や洋芝の北海道シリーズの方が安定していた。この辺りを踏まえても、意外と時計が掛かる馬場の方が合っているんだろうと。


2017ヴィクトリアマイルに向けての展望

 かかるぐらいなので基礎スピードが高いと思いがちだが、気持ちよく前に行かせると甘くなるのは阪急杯で証明済みだし、ヴィクトリアマイルでも中団でコントロールしようとしていたが恐らくあれでもこの馬にとってはちょっとペースが速かったとみるべきかなと。掛かり癖はあるが結果を出しているときは概ね直線までに余力を持って入ってきているケースがほとんど。ターコイズSですら自身では相当な後傾ラップを踏んできているので、この辺りを考えても質的に高い基礎スピードを持っているわけではないと。それと、瞬間的なトップスピードの質は良いものを持っているがTS持続はそんなに高いレベルには無い。1200路線を使いだしたのでわからない面もあるが、過去マイルCSでスローからの3F勝負となった時も逃げて直線序盤までは先頭をキープできていたがL1で伸びあぐねている。もちろんL1で急激に甘くなるほど顕著ではないのだが、3要素で見た時にギアチェンジとトップスピードの質の高さが目立つ馬という認識かな。しかもそれをある程度のペースまでなら引き出せる。昨年のヴィクトリアマイルが甘かったのも恐らくペースだけでなく仕掛けどころが早かったことで分散させられたのも大きいだろうと思う。


 今回は馬場に尽きるかなと。昨年のヴィクトリアマイル、阪急杯を見てもやはり軽い馬場でペースが上がると難しいし、軽い馬場でペースがスローだとしてもトップスピードの質はともかく、TS持続はミッキークイーンやルージュバックが手ごわい、自身より前にいる可能性が高いスマートレイアーやクイーンズリングはギアチェンジ面や瞬間的なトップスピードの質で考えても強敵である。後ろからありきだと難しいが、ペースが上がって前目につけてしまうとオーバーペースになる可能性も高くなる。ターコイズSの走りだけできればマイルも十分戦えるのだが、少し時計が掛かる平均ペースの中で脚を残して一足を引き出したい感じだし、タフな馬場でトップスピード面を削がれないというのも魅力だと思う。この辺からも土曜の雨の影響をしっかりと見極めたい一頭かな。外枠を引いたのでギャンブル的に逃げの手を打つというのも選択肢としては出てくると思うし、内に入り込むのは難しい枠だから中団でとなると壁を作れずかかるというのは避けられないと思う。この辺りをどう判断するか。扱いがかなり難しくなった。



東京開幕週のフローラSでは…
単勝37.2倍の12番人気
モズカッチャンの情報を無料公開


天皇賞・春では…
シュヴァルグランを本命公開!
相手もキタサンブラックと
サトノダイヤモンドの2頭に絞って的中!


NHKマイルC単複1点情報では…
◎アエロリットを無料公開してズバリ的中!


★今週はコレだ★

日曜東京
【9Rテレ玉杯】
▼▼
【10R青竜S】
▼▼
【11Rヴィクトリアマイル】

日曜東京後半の3鞍を無料公開


超厳選の3鞍コロガシで100万円獲得を狙う!

超厳選3鞍の買い目はコチラ


◆勝負情報・穴情報で大きく獲った!

第65回 京都新聞杯(G2)
◎プラチナムバレット
馬連大本線:880円的中
3連複:3690円的中
3連単:1万5190円的中

東京・プリンシパルS
◎レッドローゼス
馬連2点目:880円的中
3連複:3590円的中
3連単:1万3810円的中

京都4日目12R高瀬川特別
◎イーデンホール
▲カネトシビバーチェ
△ヒロブレイブ
馬単2点目:1万1850円的中
馬連2点目:7450円的中
3連複:2万9660円的中
3連単:14万2130円的中

第24回 青葉賞(G2)
◎アドミラブル
◎ベストアプローチ
馬連完全1点:780円的中
3連複:3190円的中
3連単:8440円的中

第155回 天皇賞・春(G1)
◎シュヴァルグラン
馬連1点目:1040円的中
3連複:610円的中
3連単:3780円的中

新潟1日目11R邁進特別
◎ラインミーティア
馬連大本線:4120円的中
3連複:9200円的中
3連単:5万3290円的中

第14回 福島牝馬S(G3)
◎ウキヨノカゼ
○フロンテアクイーン
▲クインズミラーグロ
馬連1点目:3170円 的中
3連複1点目:3600円 的中
3連単1点目:2万4790円 的中


超厳選3鞍の買い目はコチラ

pngワールド:ヴィクトリアマイル300-250

ヴィクトリアマイル 2017 枠順確定:ミッキークイーンは6枠11番とやや外目の枠…内に面白い馬が揃ったのがどう出るか

2017ヴィクトリアマイルの枠順確定
ヴィクトリアマイル2017の枠順確定


 ヴィクトリアマイルの枠順が確定し、前哨戦の阪神牝馬Sを勝って1番人気が予想されるミッキークイーンは6枠11番とやや外目の枠を引き当てた。有力馬の中では一番外にはなるし、内の各馬が結構先行勢が多いということもあるので恐らく中団の中目~外目というところで落ち着くと思う。基本的には出し切った方が良い馬なのは間違いないので、内目で包まれるリスクがあるよりは自分から動いていくことも視野に入れられる外目の枠の方が良いとは思う。悪くない枠かな。ただ他が結構いいから相対的に見ると何とも。


 絶好枠と言えそうなのが4枠8番のクイーンズリング。前走の阪神牝馬Sでは出していって掛かった面もあるし今回は前に壁を置きたい。中団ぐらいと陣営は言っているらしいが、内枠にスマートやジュール、ソルヴェイグ、アスカビレンといったある程度前目で動ける馬が多いので目標を作るのはそう難しくないし内に入り込むのも難しくない。ルージュバックの出方次第だが、上手く好位~中団の内内を確保して入れればギアチェンジの性能は高い馬なので魅力が増すかな。良い枠。


 スマートレイアーも1枠2番と内枠で良い枠を引き当てた。まあ絶好とまでは言い切れなくて、この馬がハナを切るのかどうかという観点だとそこまで自由度はない。もう少し外から様子を見ながら入れた方が番手でもやりやすいし主導権は獲りやすかったかなとは思う。ただポンと出て二の足も速いので早い段階で主張してハナを取り切るチャンスはもちろん大いにある枠。この馬の出方が展開のカギを握るのは間違いない。


 無冠の女王ルージュバックは4枠7番と内目の枠を引き当てた。この馬にとっては微妙な枠で、これまでの内容を見ても内から器用に立ち回ってスッと伸びてくるというようなタイプではなく外から勢いをつけてトップスピードに乗せてからが鋭いタイプのイメージなので、この枠だと包まれるリスクが出てくる。動ける保証があるクイーンズリングなんかと比べると要所で加速、という競馬に不安がある分だけ内枠がプラスとは言い切れないというところかな。こちらはできれば少し外目の方が良かったと思う。まあ許容範囲内だが。


 阪神牝馬S2着のアドマイヤリードは3枠5番と内目の枠。前走でも内からスルッと動けているので内からでもとは思うが、この馬の場合上り坂地点での加速性能が少し微妙な感じはあるので、府中で内から捌けるかどうかは一つポイントになるかなと思う。トップスピードの質は非凡で、極端に後ろ過ぎなければというところかな。まずまずいい枠。


 阪神牝馬S3着のジュールポレールは2枠3番と内枠を引き当てた。これも絶好枠と言っていい。特に逃げ馬候補のスマートレイアーのすぐ外で、スマートの直後を取るのは難しくないというのはいいし、要所で動けるタイプの馬なので内枠は大歓迎。基礎スピード的に許容範囲がどこまでか読みにくいので、スマートの直後を取るか番手でレース全体をスローにコントロールする選択を取るか、どちらを狙うにせよいい枠で、自由度が高い。


 京都牝馬Sの覇者レッツゴードンキは7枠14番と外枠を引き当てた。まあ以前なら前に行って掛かってというリスクがあったけど、今は出たなりで後ろからって形を続けているからそう気にはならない。個人的にはここで逃げの可能性も少し考えておく必要はあると思うけど、仮に後ろから進めるとなるとミッキークイーンやウキヨノカゼといったところが近くにいるのでレース自体は進めやすいと思うし、後はできるだけ3角までに内目~中目で壁を作りながらというところかな。ただ出来れば内枠の方が良かったとは思っている。可もなく不可もない枠。


 福島牝馬S勝ち馬ウキヨノカゼは6枠12番とやや外目に入った。まあこの馬に関しては内から器用に立ち回ってというより持ち味のトップスピードに上手く乗せたい、というところはあるので少し外の方が良い。目標のミッキークイーンを見ながら直線までの持っていき方が肝心だし、できれば前半ハイ気味、3~4角で緩んで取り付いてのパターンが理想。そういう競馬に持っていけるチャンスがある枠の並びではあるので、後は展開次第ではコーナーで動いていくことも視野に入れつつ、鋭さを上手く引き出すことができれば。


 1200m路線から参戦してきたソルヴェイグは2枠4番と内目の枠。まず前提として昨年夏~秋の状態に戻っているかがカギだが、そのうえで枠は良い。そしてこの馬も展開のカギを握る一頭で、ただシルクロードSでは逃げて結果が出なかったしこれをどう考えているか。常識的に考えれば恐らく控えるだろうし、スマートやジュールといったところが先行策なら恐らくその後ろということになる。ただGIレーシングのジュールポレールのラビット的な感じでスマートレイアーの前に行く可能性も否定はできないし、この辺りの出方をどう考えるかかな。ただ陣営は前に壁を置いてと言っているので恐らく前者だろう。


 福島牝馬S2着のフロンテアクイーンは8枠15番と大外8枠を引き当てた。う~ん…素材的に後一歩の詰めの甘さがあるし、内から立ち回れる器用さを持っている馬でもあるので内枠の方が良かったかな。外枠から目標になる馬が多いと言っても自身より内なので、なかなかその後ろから差し切るってのは素材的に難しいと思うし。初音Sは面白いけど、ウキヨノカゼ同様中弛みがあるなり、何かしらの展開の恩恵は必要かなと思う。いい枠ではないな。



PR【今回の決め手は1600m。一攫千金を狙えるヴィクトリアマイル】

今週は何と言っても、ヴィクトリアマイルG1。

今年は一昨年の様な配当がついてくれるでしょうか。
そう、2,000万馬券

尋常じゃない高額配当を手に入れた人は、車でも買ったんですかね。
今後の人生ウハウハです!

これでこそ競馬!夢がある!
さぁ今年はどうなるか。


ミッキークイーンがダントツ人気となりそうな気配ですが、
1番人気が馬券に絡まないこの競馬シーズン。

ディープかキンカメか、まさかステイゴールド!?
血統から考えればいいのか、過去実績から考えればいいのか。勝てる確証はありません。

そこで参考にしたいのが、先週のG1、NHKマイルカップ。
今週のヴィクトリアマイルと同じく東京競馬場開催の1,600m。


スピードが注目視されると思われます。
NHKマイルカップは13番人気の穴馬リエノテソーロが2着と好走し、
3連単は29万馬券となりましたね。

NHKマイル、ヴィクトリア、同条件の東京1,600m。

「走れる穴馬はどれだ!?」

さぁ見つけましょう。ヴィクトリアマイル予想、鉄板のおススメ競馬サイト
→  「競馬総本舗ミリオン」




結果で証明する。 →  「競馬総本舗ミリオン」

twitter内ではここでは載せないちょっとした競馬の感覚をぼそっとつぶやいたりします。
アクセスカウンター

    逆アクセスランキング
    カテゴリ別アーカイブ
    LINE読者登録QRコード
    競馬ランキング
    ラジオ放送レギュラー出演中
    毎週日曜22時~競馬ナンデツイキャスにて「レース回顧」担当


    Powered By 画RSS
    カテゴリ別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    最新コメント
    プロフィール

    catassan

    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    広告掲載
    広告掲載についてのお問い合わせは こちらから
    • ライブドアブログ