敗因分析のバイブル~競馬をやって何が悪い。

あの人気馬はなぜ負けたのか?
ラップ推移とレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫ります。
敗因分析ができれば次に買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

阪神ジュベナイルフィリーズ2017

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 レース回顧・結果:ラッキーライラックが横綱競馬で2歳女王に戴冠!

毎週日曜の22:00からツイキャスで阪神ジュベナイルフィリーズなど重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net
 

2017 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 阪神芝外1600m良
レース回顧・結果

1:34.3 47.7-46.6 S^1
12.4 - 11.3 - 11.6 - 12.4 - 12.2 - 11.9 - 11.0 - 11.5

 馬場が読みづらいところはあるのだが、日曜日は土曜より時計が出ていた印象で恐らくかなりの高速状態だったと思う。ペースはこれでもややスローで収まっていて、恐らくロックディスタウンが前に行ったことで逆に仕掛けの意識が遅れてしまったかなと。阪神マイルだとL3の4角地点では下り坂なので仕掛けのポイントになりやすいんだがここでは上がらずにL2最速で11.9-11.0と加速度の高いレースになってしまった。ここまで来ると阪神マイルでもギアチェンジをある程度問われていると思うし、総合力の高さを問われたかな。前に行った馬は中盤息を入れて後半に繋げられたかどうか。なお全体の大まかな回顧はyoutubeの動画にて。



1着ラッキーライラック


 11番枠からやや出負けしたかなという程度、そこからじわっと促して好位~中団の外目にはつけていく。外からロックディスタウンも前に行ったがそこで焦らずに中団で我慢しながら3角に。3~4角ではペースが落ち着いているという中でまだ仕掛けず我慢、リリーノーブルの後ろから直線。序盤でリリーの外に出して外からしぶとく伸びて2番手。L1でリリーノーブルをキッチリと捕えきっての勝利だった。


 思ったよりも仕掛けのタイミングが遅くなったしどうかなと思ったけど、やっぱり総合力の高さを見せてきていたのは大きいね。リリーノーブルが結果的に最高の競馬ができたと思っているんだけど、これをリリーの土俵で差し切れたんだから大したもんだと思う。今のところ桜花賞・オークスの春のクラシック戦線では主役で間違いない。ペースが上がっても良いし緩んでの再加速もできる、ギアチェンジ・トップスピードの質、持続力を高いレベルで見せて世代牝馬では最強というのを示したといっていいだろう。仮に仕掛けが早い展開になったとしてもL1の伸びが示す通りだし、強かったと思う。もちろん春までに真打が出てくる可能性は当然あるのであくまで現時点ではの話だけど、クラシックに最も近い馬といっていい。石橋脩のままいくのかどうか?ってのはサンデーレーシングでもあるし微妙だけど、ある程度どの騎手が乗ってもやれそうな気はする。総合的に隙が無い上で素材的にもまだ底を見せていないからね。


2着リリーノーブル


 7番枠からまずまずのスタート、そこから手綱を引いてコントロールする形で好位の外。ちょうどロックディスタウンが外から上がってきてくれたのでそれを行かせてその後ろぐらいで我慢。3~4角でもその外から楽な手ごたえで直線。序盤で追い出して楽に反応して一気に先頭に立つ。L1で外から来るラッキーライラックに差し切られての2着完敗だった。


 来年はNHKマイルCが良いんじゃないかな、という競馬だった。要所での反応が素晴らしく直線入りの段階でラッキーライラックと互角の脚を使えている。緩い地点で楽な手ごたえから最速地点で一気に加速できている、ギアチェンジの性能はここ2走でも見せてきたとおり、という強さだったかな。結果的に好位外を取った選択が展開上で噛み合ったと思う。かなりの高速馬場だったのでペース自体は緩めではあるがそれでもこの馬としては詰めてきているし、この要所の反応は阪神外回りよりも府中の上り坂加速で活きてくると思う。桜花賞戦線ではこれで2着だとこれから出てくる馬もいると思うし、ラッキーライラックを破るのはラッキー以上の成長が無いと難しいだろう。このギアチェンジが一番活きやすいのは府中かな。緩急がある中でのコントロールも上手いし距離の融通も利きそうな感じだね。TS持続は甘いので有力馬の中で前目で仕掛けを待つ形、内目で我慢する形、この辺りが噛み合ってくれば大きな仕事をするタイプだと思う。


3着マウレア


 4番枠から五分には出てそこから押して押しての追走。それでも中団馬群の内内でという競馬になる。道中も中団馬群の内で進めて前にスペースをキープ。3~4角では中弛みの展開の中で内から徐々に外を意識してリリーノーブルの後ろを狙える位置で直線。序盤で仕掛けを待ちつつリリーの後ろを確保。そこから進路確保しきるのは遅れて前2頭が抜け出してからL1で伸びてきた。


 ラッキーライラックに上手く蓋をされるような感じになってしまったし、ラップ推移的にもギアチェンジを問われるレベルだったので、ここでトップスピードに乗るのに遅れたのは痛かったと思う。L1は伸びてきていたので少なくとも内か外に進路を確保できていればリリーノーブルを交わしていた可能性は高いんじゃないかなと。ただ戸崎にしては3~4角での進路どりは結構良い具合に持って行ったし、ラッキーの石橋脩がそこを上手く塞いで出し抜けたというところを褒めた方が良いかもしれんね。今日の展開だと内では難しかったと思うし、それを察知して外に持って行こうとしただけでも良かったと思う。ダメな時の戸崎だと内に拘って詰まっていたかな…。馬に関してはやっぱり前半の追走に少し難がある。今日は中弛みが起こった3~4角での誘導が良かったのでいい感じで直線まで入って行けたけど、3~4角で緩まなければ取り付くのに脚を使う感じになったと思う。この馬は本質的にマイルはちょっと短く感じる。今の段階では姉のアユサンと違ってオークス向きっぽい感じはするかな。


4着トーセンブレス


 8番枠からやや出負けして無理はせずに後方からの競馬を選択する。道中も最後方に近い位置で馬群の真ん中で3角に入っていく。3~4角でも最後方列に近い位置で真ん中を通す。序盤でそこから追いだされて上手く捌いて進路は確保も伸び始めが遅くまだ中団。しかしL1でグンと来て最後の伸びはなかなか、4着確保だった。


 前半無理をしなくてよかったし中弛みがあったので3~4角の段階でそこまで縦長じゃなかったから末脚だけである程度何とかなる競馬にはなった。その辺りも4着まで来れた要因だけど、じゃあ勝負になるかとなるとやっぱり前半のポジショニングの差が上位3頭との差、ということになる。それと、伸び始めが遅かったようにギアチェンジの性能はあまり高くないんだろう。エンジンがかかるのが遅いんだが、掛かってしまえばTS持続は高いレベルにある。あと坂の上りでの伸びが良いというのも新馬戦と共通しているなと。それでもこういう競馬ではどうしたって総合力で見劣るし、出し切ってという競馬にならないと難しかったかな。スローのTS持続戦でどこまでやれたかは興味があるし、素材はやっぱり高いレベルにあるんだなと感じた。粗削りで基礎スピード面は恐らくマイルでは足りないのでベストは1800以上、特にワンターンの1800m戦は条件的に噛み合いそう。何となくだけど来年のローズステークスを勝ちそうなイメージかな。桜花賞だと基礎スピード的に微妙、末脚だけでまとめて面倒見れるほどの破壊力は無い。この一戦を見た後でもオークスの方がチャンスはあるかな。


5着モルトアレグロ


 16番枠からまずまずのスタートを切ってそこから様子を見ながらの競馬、最終的にはラッキーライラックを見るような感じで中団やや後方の外々を追走。3~4角でもラッキーの後ろを進めながら中目を追走。序盤でそこから追いだされるがキレ負けするような感じでジリジリとしか伸びない。L1ではトーセンブレスにも差し切られての5着と完敗だった。


 流れが落ち着いた、特に中弛みの展開になってしまったので後半での鋭さを要求されたのが痛かったかなと。それと外枠でどうしても壁を作れずにポジションも前目を獲れそうなところで我慢して後ろで折り合ってという競馬になったのもあるかもね。前に行ってどこまでやれたかはちょっと見たかったがスロー中弛みで2F戦に近いとなるとトップスピードの質を高いレベルで問われすぎた感じはある。血統的に見ても1200~1400でマイルは守備範囲になるかどうかぐらいだと思うし、もうちょっと全体で流れてくれればマイルでもやれるかもだけど、現時点では阪神1400辺りがベストじゃないかな。フィリーズレビューで狙いたい馬。


8着ソシアルクラブ


 12番枠からやや出負けしてそこから無理はせずに後方中目で進めてモルトアレグロの後ろぐらい。3~4角で後方外からじわっと追走も仕掛けを待って直線で外。序盤で追い出されるが反応は地味。L1でもさほど伸びてこずの8着完敗だった。


 レース全体の仕掛けが遅かったので4角でもう少し動く意識があっても…とは思うがそれも誤差の範囲なぐらいにL1の伸びがイマイチだったわけで現時点ではこれが力差でまだまだ足りない、といわざるを得ない。素材としてみてもトーセンブレスの方が現時点では間違いなく上なので、成長してこないと春のクラシックは出られないかもだし、出ても勝負に絡めるような競馬はできていない。新馬で見せたL1のキレも結局レベルが低かった中でスムーズさを欠いて底を見せていない、というだけにすぎないからね。地道に結果を出していってほしいね。距離が延びていいのかどうかもこの一戦だけでは何とも言い難い。距離を延ばせばそれだけ末脚の絶対量が問われる傾向になりやすいからね。


9着ロックディスタウン


 18番枠から五分に出てそこから積極的に促してコーディエライトの外から先行策、2列目の外となる。3~4角ではペースを落ち着かせる形で仕掛けを待ちながら2列目外で直線。序盤でコーディエライトの外から先頭に立つ…瞬間もなく外から一気にリリーノーブル、更にラッキーライラックに差されてしまう。最後は下がって9着完敗だった。


 う~ん…って感じ。まあ大外枠なのでリスクを背負って行動に出るというのは仕方ない、理解はできる。ただ結局そこそこ流れた中で前半脚を使った割に3~4角で緩んで各馬がここで取り付いて直線ヨーイドンとなってしまったわけで、流れとしては先行馬にはあまり良い展開ではなかったと思う。この馬も新潟では要所でしっかりと動けていたし、こういう展開でももうちょっと反応できるかなとも思ったんだが、それ以上のギアチェンジを見せてきたリリーノーブルに一気に来られてしまったからね。札幌2歳Sが結果的にあまりハイレベルではなかった中で新馬が極端なスロー、ということを考えても基礎スピード的に先行で脚を使った可能性も十分あり得るし、現時点ではマイルは短かった可能性も考えた方が良いのかなと。単純な力関係だけでここまで沈む馬ではないと思う。前半要素に不安があったとみるべきか。


■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
シュヴァルグランがジャパンCを
  制してGI5勝目を上げた
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
 の【朝日杯FS・最終結論!】

  ▼こちらで無料公開!▼

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

JCは愛馬シュヴァルグランから
馬単5250円・3連単1万3340円的中

天皇賞・秋はサトノクラウンから
3連複1万5290円的中!

今週の朝日杯FSも必見!

▼▼最終結論をお楽しみに!▼▼

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 予想:本命11ラッキーライラック

阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 芝外1600m 良、高速馬場想定
展開予想


 まずは馬場だが先週よりは一段階下がっている気がする。雨の影響はないはずなので、一応高速状態ではあるが極端ではないという感じで想定しておく。このレベルなら34秒前後の決着を想定しておきたい。


 展開予想はyoutube動画を基本としつつ、いろいろ幅を広げたい。まず動画の段階の想定としてかなりの高速状態で入っていたので、一段下がってとなると平均寄りになる可能性が高くなったかなと。ラスエモーショネスの逃げ、サヤカチャンがある程度抵抗しつつ最終的には控えて2列目として、やはりコーディエライトがこの枠でどこまで突いていくのかがポイント。佐々木師はスピードがあるといっているので、この感覚だと逃げないにしたってある程度突く意識を持つだろう。逃げる可能性も十分にある。今の馬場だと想定していたトップスピード面だけでなく基礎スピードも持った馬を狙う必要があるかな。


予想
◎11ラッキーライラック

〇18ロックディスタウン
★ラテュロス
△17コーディエライト
×07リリーノーブル12ソシアルクラブ
3連複◎軸〇★△BOX
3連単F◎〇→◎〇★△→◎〇★△×

◎ラッキーライラック


 素直に本命にする。理由としてはここ2走。アルテミスSは時計的に平凡も雨の影響が確実にあったと思うし、47.5-47.4と平均から中弛みの再加速、前半流れに乗って我慢して12.1 - 12.3 - 11.4 - 11.5 - 12.2とL3最速、スッと反応してしっかりと抜け出した。ペースが上がっても脚を使えるのが一つ大きいし完勝だったと。新馬戦は上がりだけで見るとロックより下だが、49.6-46.8と超スローでもまだまともな流れの中でのものだし、13.4 - 11.9 - 10.5 - 11.0とL3ではまだ11.9でここで外に誘導していたのでこの馬は実質2Fだけの競馬になっているのも上がり3Fが遅くなっている理由。出し切ってれば32秒台は十分目途が立つ競馬で、極端すぎないスローでやれた。ゲートセンス、基礎スピード、ギアチェンジ、質、持続力、ポテンシャル全てで底を見せていない。血統的には母系が超アメリカンでフォーティ、シアトルスルー、アリダーと軽い基礎スピード面を押し上げてくれそうな感じで、オルフェが重い分こっちの方がロックよりマイラーとしての適性は高いんじゃないかなと。


〇ロックディスタウン


 対抗にしたのはちょっと悩んだんだけど、ただトップスピードの質、持続力でラッキーライラックに対抗できる馬となるとこの馬になるし追い切りが良かったのも大きい。新馬戦が強いが51.2-45.6と極端に遅いのでライラックと違ってここがポイント。13.6 - 12.8 - 11.2 - 10.5 - 11.1と3F勝負の中で好位で進路確保で少し遅れて外に出してL2以降でスッと伸びてL1突き抜けた。相手がタイムフライヤーだし上位陣も結構勝ちあがっている。その中で後半総合力で抜けていた。札幌2歳Sでも49.8-49.0とややスローからのポテンシャル戦でしっかりと好位外から捻じ伏せたがラストはちょっと甘く。ペースが現実的になったところで相手関係を考えてもパフォーマンス的には微妙に下がったか?という感じが現時点での判断。ラッキーより下げたのはその辺りの不安がある。が、絶対的なパフォーマンスでは通用するのでトップスピードに乗せて末脚炸裂というパターンで頭まで。


[最強]競馬ブログランキングへ(土曜00:00更新予定、10位前後にあります)

 連下だがこの馬に注目したい。スローの決め手勝負だと2走前の内容ではここではちょっと厳しいかなと思っているが、和田がある程度意識的にペースを引き上げて行く形なら全体で流れる可能性は出てくるし、高速だが先週ほど極端な高速馬場状態ではないと思うので平均ペースになると面白い。新馬戦は46.8-47.2と平均ペースで取りこぼしたんだが4角以降の進路どりがまずく、直線でも2度ほど進路が窮屈で外に持ち出して確保しきってからのL1の伸びは決定的だった。前走も47.5-47.4の平均ペースで2列目から直線ジリジリと伸びてきての3着。最後は2着馬との差も少し詰めていたし、こちらの方が軽い馬場で良さが出そう。


△コーディエライト

 内枠ならもう少し重い印をと思ったんだけど、この枠だと…新潟2歳Sはトップレベルはともかく全体のレベルとしてはまずまず高かった中でドスローからの12.3 - 11.4 - 10.4 - 11.2と3F勝負でもしっかりとL2までは抵抗、L1で甘くなったという感じ。マイルで後半特化でも対応してきたし、ファンタジーSも36.3-34.9とかなりのスローからの12.0 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.8とL3最速の流れでしぶとく粘っての2着は悪くない。なので前目から結構長く脚を使える方だし基礎スピードも持っているので全体のペースを引き上げられればチャンスも出てくると思う。後は和田がそろそろ意地を見せてほしいところやね。良いところまでは行くんだけど。


×リリーノーブル


 完成度は高く、スローの中で要所でスッと動いて抜け出す時の脚が鋭い。ギアチェンジやトップスピードの質が高いレベルにあると思う。ただし、どちらもペースが遅い中でのものなので流れてどうか。プラス枠の並び上、内の先行馬が多く内に入り込むと恐らく3~4列目ぐらいになる。瞬間的な脚は良いがL1まで長く脚を使うというほどでもない感じ、後ろ過ぎると押し上げるところで一脚を使いそうかな。


×ソシアルクラブ


 なんかもう良いかなと。全部をこじつけんでも。単純に追い切りを見た時にブエナっぽいなと感じたから怖い。新馬は12.5 - 12.1 - 11.4 - 11.6とL2最速だが恐らくラストで猛烈に伸びたこの馬はL1最速で、進路確保で相当下手くそだった。岩田が鞭をバンバン打って勝ち切ったけどスマートとは程遠い。ゲートが下手なのだがこの血統なのでロックディスタウン辺りを見ながら進められればL1まで伸びてくるトップスピードの持続力があるんじゃないかと期待しての連下。追い切り見るまでは悩んでいたけど、追い切り見て。ちなみにモルトアレグロも芝の1200~1400で面白いかもと思うが血統的にマイルは長いとみてこちらを上位に取った。ゲートがまずい、基礎スピード面といった点の不安もあるがこの時期はみんなそんなもんだし。超高速だった新馬なので当てにはしづらいがL1の差し込み警戒。


――――――――――――――――――――――――

前哨戦のファンタジーSは5番人気◎ベルーガから
【1万7980円】完全的中!


――――――――――――――――――――――――

【阪神ジュべナイルF】

◆3着でも大万馬券が濃厚!◆

◆ロックディスタウンを脅かすのはアノ超穴馬!!◆

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ダービージョッキーもその実力に太鼓判!

今年の阪神JFで買うべき【超穴馬】を今すぐ無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

========================
ただいま絶好調!!
毎週とにかく当たっています!
========================
【先週】チャレンジC
1万2120円的中!
----------------------
【先週】土曜中京6R
2万0940円的中!
----------------------
【先週】土曜中京8R
1万1880円的中
----------------------
4回京都9日目11R
8万2060円的中!
----------------------
4回東京9日目11R
5万5320円的中!
----------------------
3回福島3日目7R
4万6430円的中!
----------------------
4回東京1日目8R
3万5880円的中!
----------------------
3回新潟6日目12R
3万5830円的中!
----------------------
3回新潟4日目10R
3万5130円的中!
----------------------
5回京都1日目5R
3万1460円的中!
----------------------
5回東京2日目9R
3万0920円的中!
----------------------
4回京都1日目2R
3万0400円的中!
----------------------
その他的中多数!

→→阪神JFの超穴馬はコチラから←←
pngワールド:阪神JF300-250

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 展開予想・動画

2017阪神ジュベナイルフィリーズの展開予想動画



 難解な2歳戦の阪神ジュベナイルフィリーズも展開予想してみました。一応良馬場想定で先週の馬場をイメージしての展開予想です。ラスエモーショネスの陣営が逃げを意識したコメント、外枠のコーディエライトとの間にマドモアゼルがいてこの2頭がレースを作る中でコーディエライトがどこまで主張するかが一つ。内から器用にさばけるリリーノーブルだが内枠に先行勢が犇めく中で内を狙いすぎてポジションを下げ過ぎないかどうか、或いは2列目外あたりを狙うかが一つ。この2つが展開上では結構ポイントになりそうな予感です。詳しくは動画でよろしくお願いします。

――――――――――――――――――――――――

前哨戦のファンタジーSは5番人気◎ベルーガから
【1万7980円】完全的中!


――――――――――――――――――――――――

【阪神ジュべナイルF】

◆3着でも大万馬券が濃厚!◆

◆ロックディスタウンを脅かすのはアノ超穴馬!!◆

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ダービージョッキーもその実力に太鼓判!

今年の阪神JFで買うべき【超穴馬】を今すぐ無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

========================
ただいま絶好調!!
毎週とにかく当たっています!
========================
【先週】チャレンジC
1万2120円的中!
----------------------
【先週】土曜中京6R
2万0940円的中!
----------------------
【先週】土曜中京8R
1万1880円的中
----------------------
4回京都9日目11R
8万2060円的中!
----------------------
4回東京9日目11R
5万5320円的中!
----------------------
3回福島3日目7R
4万6430円的中!
----------------------
4回東京1日目8R
3万5880円的中!
----------------------
3回新潟6日目12R
3万5830円的中!
----------------------
3回新潟4日目10R
3万5130円的中!
----------------------
5回京都1日目5R
3万1460円的中!
----------------------
5回東京2日目9R
3万0920円的中!
----------------------
4回京都1日目2R
3万0400円的中!
----------------------
その他的中多数!

→→阪神JFの超穴馬はコチラから←←
pngワールド:阪神JF300-250

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 追い切り・調教評価:ラストは落とすもハードな追い切りで好ラップ、コーナーでの迫力良し!

2017阪神ジュベナイルフィリーズの追い切り・調教評価一覧
阪神ジュベナイルフィリーズ2017の追い切り・調教評価一覧


(・∀・)2017阪神ジュベナイルフィリーズの追い切り一番馬!
◎ロックディスタウン
…最後は一杯気味になったが今のチップでコーナーでこれだけ速いラップを踏むのは結構しんどかったはずで、よく12秒台でまとめたともいえる。コーナー地点での迫力は感じられたし、チップで動く馬にせよ今の馬場でこれなら上等。



(・ω・)良かった馬
◎ソシアルクラブ
…完全に馬なり、チップでは初めて見たけど後肢のバネの強さで走っている感じなのがブエナっぽい。ブエナもチップだと余り前肢が目立たず後肢の動きでという感じだったので、チップでの走りは近いかもしれない。余裕をもって馬なりでの内容だし時計・ラップは平凡だけど走りという点では良い意味で少し気になった。


◎モルトアレグロ
…コーナーでは我慢しながら、直線内から仕掛けを待ちつつしっかりと伸びてきた。併走馬を楽に交わしたのは併走馬が途中でブレーキしたからなので映像ほどスッと加速したわけではないと思うが、前肢の伸びが素晴らしく軽い芝でもやれそうな感じはした。良いフォームだったと思う。


◎ラッキーライラック
…3頭併走の中、仕掛けを待ちつつも楽に併走馬を置き去り、そこから津代ℳに追われて少ししっぽを振ったりとするが最後まで力強いフットワークを維持してきた。良いでしょう。


◎リリーノーブル
…中1週を意識してかなりソフトにしてきたという感じ。ラストも反応だけ見てというところでそこで促したけど前に出てからは抑えていた。右手前で入ってきてそこから左手前に換えるまでに少し時間がかかったが、脚捌き自体は鋭く気配は良かった。




(;´・ω・)微妙な馬
△トーセンブレス
…う~ん…終い重点というほどではないが、最後まで鞍上のアクションに反応できない感じ。これといってフォームの変化もなかったし地味でラップも落としている。あまり良くはないか。


PR【阪神JF(G1)の3連単的中は簡単すぎてつまらない!】 今年の阪神JF(G1)も簡単に3連単取れそうです。 その理由は、 的中した2016年と2014年のデータと同じなんですよ。 2016年は人気通りの決着で3連単配当4,250円。 2014年は5人気ショウナンアデラ(鞍上:蝦名騎手)が優勝し22,780円。 さらに今年はどちらかというと、2014年の傾向データの方が似ています! 予想時間は1分あれば十分です。だった1分で万馬券的中。 時給というべき、分給1万円以上です。 こんなおいしいレースないですよ! それを証明してくれるのが「コラボ指数」 指数値が小さい方が走る馬を示しています。 今年の阪神JF(G1)はコラボ指数30以下で馬券を組み立てればいいだけです。 小学生でもできます! ボーナス前のプチボーナスG1レースとでも言うべきでしょうか! その指数を見るには下のURLからアドレス送信でサイトに無料登録するだけ。 レース当日の昼に「北条のブログ」で指数値が無料公開されますので見てみてください。 https://www.collabo-n.com この阪神JF以外の指数も土日に公開されています。全レースですね。 ご存知かもしれませんが、指数なので使い方は未知数です。 そのまま予想に乗ってもいいですし、自分の予想を加えてもOKです。 先週はコラボ指数だけで3連単的中率40%を軽く超えてますので、2回に1回当たるというよりは当たってしまいます! そんなコラボ指数を使って2ヶ月目の僕が証明するのもおかしいですが、利益は順調にプラスです。 【先々週は合計利益11万超えました】↓クリックで拡大 うまコラボ 先週は土曜日の時点で11万4300円プラスでした。 こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが、 一から競馬予想をして毎週新聞に5千円くらい使ってる方、どれだけ勝ってるんですか? 僕は新聞買いません。コラボ指数だけで毎月堅く30万は勝ってます。 サラリーマンなので、毎月50~60万は競馬と合わせて手元にはいります。 そして今月はボーナスだってあります。 こんな人生あるんですね。 みんながみんなコラボ指数を使ったらオッズに影響でるかもしれませんが、そんなことはいづれくるもの。 最終的に勝てる競馬を続けられれば人生ハッピーです!競馬最高! 【コラボ指数】↓ https://www.collabo-n.com

阪神ジュベナイルフィリーズ 2017 出走予定馬:トーセンブレス、エンジンがかかってしまえばいいが…ゲート下手、二の足遅く前半に不安が多すぎる

日程:2017年12月10日(日)
第69回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 阪神芝外1600m良
予想用・出走予定馬一覧
阪神ジュベナイルフィリーズ2017の予想用・出走予定馬

 新馬戦では圧巻の大外一気で期待を集めた素質馬トーセンブレスが阪神ジュベナイルフィリーズに出走予定だ。ただ期待を集めた前走のアルテミスステークスでは直線伸びあぐねての6着と結果を残せなかった。今回は更に強敵が相手、高速馬場のマイル戦で時計を詰める必要が出てくる。素材は魅力だが、成長を見せて完成度を一気に高めることができるか。


 阪神マイルなら4角下りから勢いに乗せやすいという点で少し怖さはある。ただアルテミスSの場合はラストまで伸びあぐねていたしペースが上がったことで脚が削がれた、新馬戦は確かに強烈だったが全体のペースが遅く脚を残していたからこそともいえる。高速馬場のマイルは忙しいとみるべきか。


新馬戦 1着 16頭5枠9番
中山芝外1600m稍 1:37.5 49.5-48.0 S^1
12.9 - 11.7 - 12.4 - 12.5 - 12.3 - 12.1 - 12.0 - 11.6

 今振り返っても新馬戦のインパクトは大きい。しかも結果的に見て上位も結構勝ちあがっている中で一頭次元の違う脚をラストで示している。坂の上りでの脚色は圧巻。ただし、やはりペースだろう。全体のペースは1.5でS^1の範囲ギリギリだが新馬としては遅いというほどではない。ラップ推移からその分仕掛けが遅れた印象ではある。


 9番枠から出負けして二の足も遅く最後方からの競馬となる。道中でもそれなりには流れている中で後方2番手から内内を徐々に押し上げて3角。3角でその勢いに乗って中目のスペースを突いて押し上げ、4角で更に大外に持って行く。直線では一度内に刺さったが徐々に伸びる。L1でグンと伸びて坂の上りで突き抜けての圧勝だった。


 L1の地点では1馬身半~2馬身ぐらいの差があったがこれを捕えているので11.3~11.4辺りの脚は使えているだろう。L2でも詰めているが恐らくこの馬自身は加速ラップでまとめていると思う。ある程度のペースで追走に苦労したが前にスペースがあったことと3~4角でもそこまで大外をぶん回さず済んで直線外までの持って行き方も噛み合っていた。とはいえL1の伸びは評価すべき。後はどう考えるかで、前半は遅かったしこの馬の位置なら更に遅くバランスで見ても3-3Fで38.8-34.0と極端な後傾で自身では走破している。この流れで推定でL1最速と考えれば長く脚を使ってきて底を見せていないと考えるべき。このパターンは確実に距離を延ばした方が良いというのは感じた。有り体に言えばオークス向き。ただ坂の上りで伸びてきていたしインパクトは大きかったのでアルテミスSでは期待したんだが…。


アルテミスS(GIII) 6着 15頭8枠14番
東京芝1600m良 1:35.4(+0.5) 47.5-47.4 M
12.4 - 11.2 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 11.4 - 11.5 - 12.2

 前走のアルテミスSは良馬場だったがかなり雨が降っていた状況で悪化していたはず。ペースバランスは平均まで上がったし、流石に少し中弛みはあったが極端ではなくL3最速戦で後半はポテンシャル戦寄り。また平均が示す通り前後半のバランスを問われた。ここが響いたかなと。


 14番枠から出負けして二の足もつかずに最後方からの競馬というのは新馬戦と一緒。ただ流石に後ろ過ぎるのを嫌って最序盤の内に大外を活かして押し上げていくがここではまだそこそこ速いペースで脚を使ってしまった。そこから中弛みの流れで中団馬群の中で我慢を強いられる展開、そのまま包まれて直線で外に持ち出すのも時間がかかる。それでもそこから進路確保したL2辺りでの伸びも地味。L1ではそれなりにバテ差してはきたが決定的でなく完敗だった。


 噛み合ってないのは間違いなくて、少なくとも前半で急かしたのは結果的に良くなかった。前半3Fでは35.4とそこそこ流れていたわけでここで自身でも36.2とそこそこ脚を使って取り付いているのに中弛みで結局我慢せざるを得なかった。エンジンの掛かりが遅いタイプなので前半急かさず入って中弛みで外からという形の方が噛み合っていただろう。ただし、やはり進路確保できたL2以降の伸びが物足りない。前半の基礎スピード面での不安はあるわけで、アルテミスSなら淀みやすいので良かったが本番のGIで取り付くところが無いとなると?という不安は大きい。


2017阪神ジュベナイルフィリーズに向けての展望

 今回ネックなのはやっぱり超高速に近い馬場状態、というところにある。雨でも降れば別だろうが、この時期はなかなか雨が降らないので基本的には先週通りとみておくべき。まずゲートがまずい馬でなおかつ二の足も遅い。ポジショニングは恐らく期待できない。またトップスピードの質もハッキリ言ってここ2走で見せているわけではない。新馬戦の場合はあの馬場で長く脚を使ってそれでもL1であれだけの脚を使えたというところが良かったわけで、軽い馬場で瞬間的な切れ味を?となると微妙だろう。ブルーミンバーの仔だけどあんまりそういう感じではなく現時点ではステイヤー色が強いとみている。年末のタフな馬場で前半流れても中盤息が入ればいいんだが、今の馬場だと前もある程度ペースを作る意識を持ちそうだし、下手に緩めてこないかな。トップスピード戦・基礎スピード戦で高いパフォーマンスを見せてきたラッキーライラックを高速馬場のマイルで撃破するのは難しいし、前半のハンデを取り返すほどとなると持続力やポテンシャルではなく純粋なトップスピードの質が無いと難しい馬場。素材としてはまだ見限っていないけど、超高速に近い阪神マイルで狙える馬ではないかな。


■■■■■■■■■■■■■■■
 “大魔神”の愛称でお馴染み!
 
シュヴァルグランがジャパンCを
  制してGI5勝目を上げた
 ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
 の【阪神JF・最終結論!】

  ▼こちらで無料公開!▼

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

JCは愛馬シュヴァルグランから
馬単5250円・3連単1万3340円的中

天皇賞・秋はサトノクラウンから
3連複1万5290円的中!

今週の阪神JFも必見!

▼▼最終結論をお楽しみに!▼▼
twitter内ではここでは載せないちょっとした競馬の感覚をぼそっとつぶやいたりします。
アクセスカウンター

    逆アクセスランキング
    カテゴリ別アーカイブ
    LINE読者登録QRコード
    競馬ランキング
    ラジオ放送レギュラー出演中
    毎週日曜22時~競馬ナンデツイキャスにて「レース回顧」担当


    Powered By 画RSS
    カテゴリ別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード
    最新コメント
    プロフィール

    catassan

    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    広告掲載
    広告掲載についてのお問い合わせは こちらから
    • ライブドアブログ