ふくちゃんの カフェ歩き in グアム

+++伝説のカフェキャット クレアの伝説ではない元マスター が、カフェ歩きはほどほどにソフトアイロニータッチでグアムをご案内+++

知らない間にキレイになって

知らない間にキレイになって、、、
をご案内。


GW最終日、いかがお過ごしでしょうか?
さて、
先日、空港方面からGラバーへ行く用事があり、、、

FullSizeRender 
















(↑写真はホームデポ、最近訪問していないなぁ、、、)

久々に、”あの道”を
使ってみるか?と、
エアポートロードの途中を
ホームデポへ右折。
FullSizeRender

















(↑どこだかわかりますか?)

くねくね坂を下って、、、
左折すると焼肉世宗やマリンドライブへ。
でも左折せず右折。

そして300メートルほど先を左折すると
かなぁ~りの凸凹道に出るはずが、、、

あれぇ?
キレイに舗装されている!

上の写真の道路なのですが
舗装されてから
1年以上は経過していそうな感じ。
知らなかった、、、。

FullSizeRender



















(↑正面の建物はKマートまだ分からない方も多いはず)

その昔、、、
ツーリストが来島していた頃(苦笑)

午後のグアム到着便ラッシュで
エアポートロードか渋滞すると
時々この道を通ったものです。

凸凹道覚悟で、、、。

上の写真、その時は
左折してマリンドライブに出ていましたが

Gラバさんへは、右折して
ハーモンインダストリアルパークの道を
通ってマリンドライブへ。

以前は右折すると、渋滞する可能性があったので
午後4時以降は右折しませんでしたが
今は渋滞せず。

『コロナ後はコロナ前には戻らない』
って、言われていますが。

そりゃそーだ。

世界は常に変化をしているし
変化を求めている。
ホモサピエンスはその発生時点から
流浪マニアだったしね。

猫壱 バリバリボウル 猫柄 関東当日便
by カエレバ

Her beautiful profile

彼女の横顔をご案内。

午前11時に起きて、パスタ作って食べて
午後2時から午後6時まで昼寝。
怠惰な休日を過ごしました。

最初の昼寝の1時間は
ソファーで過ごしたのですが、、、

FullSizeRender 






















↑の写真はキレイな横顔のチョコットネ君↑


ソファーに座ったり寝たりすると
ニャンが一人ずつやってきます。

その時に、、、

声をかけながらニャンを撫でると
我慢しきれないのか嫉妬なのか
他のニャンがやって来ます。

特に”月の輪猫”のチョコットネ君は

「撫でるならワタシもついでに、、、」
と言う感じでやってきます。

それにしてもタップリ寝たので
今週一週間も頑張って働けそうです。

P.S.
昼寝の後半は
BS1スペシャル、庵野秀明の1214日を
観ながら寝たので
夢見が悪かった、、、(苦笑)。
変人って大変。

風龍窯(見谷佳則)猫のミニグラス 横顔小紋猫 京焼 清水焼 猫グッズ猫雑貨
by カエレバ

ChiiChii-Kingdom

チッチャイ君王国をご案内。

本日は、世界でも大変珍しい王室を
女王自らがご案内。

FullSizeRender




















↑↑ 気品漂う女王チッチャイ君1世 ↑↑

我が国はワタシを絶対君主とする
絶対君主制国よ。

一世一元、と言うか
ワタシは不死身だから永世女王かしら。

人口は、私を含め4人。
内訳は猫が2人、人が1人、そして君主のワタシ。

最初は、従僕である人とワタシの二人で、そこそこ平和に暮らしていたけど、猫が一人ずつ増えたのよね。従僕が勝手に国民にしてしまったの。まぁ仕方ないわね、迷える子猫チャンだったわけだから。二人とも女王であるワタシに恩を感じていないのが少しイラっとするけど。

国土はバチカン市国よりはるかに小さいの。
確か、いちがやなんちゃら町に植民地があるはず。
FullSizeRender


















↑↑ 相変わらずフォトジェニック ↑↑

主要産業は、ふくちゃん。
彼が一生懸命稼いでくれています。

などなど、他にも沢山ご案内したいけど
これくらいにしとく、妄想は。

日本の皆さまは
ヴォランタリー リフレイン(自粛)。
せっかくのGWだというのに。

妄想も、やり飽きたかもしれませんが
いまいちど、新しい妄想に
チャレンジしてみてはいかがでしょう?

1964年の東京オリンピック
開催前は、今回のように
大多数の国民が開催を反対していたのだとか。

汚職や環境汚染に東京一極集中
非正規労働者などなどの問題から。

今回と似ている。

でもいったん始まってしまうと
一転、ご存知の通り五輪フィーバー。

別段興味はないフクではありますが
せっかく開催されるのであれば
今回もそうなってくれることを期待します。
例え無観客でも。

[書籍のゆうメール同梱は2冊まで]/私の青春 東洋の魔女と呼ばれて[本/雑誌] / 谷田絹子/著
ふくちゃん プロフィール

ふくちゃん

QRコード
QRコード
記事検索
月別アーカイブ