catflap222

CAT FLAP blog

16 2月

ジュリーへの私信

ジュリー、2ヶ月が過ぎたね。
ジュリーは今、空の上でどうしていますか。

今日、思わず大きな声を出してしまうくらい、嬉しいことがあったよ。
なんと、ヒゲットしたんだよ!
ジュリーが旅立ってから、ベッドの下や家具の裏、色んなところを何度も探したけど、
どこにもヒゲは見当たらなくて、もうヒゲットできないのかも…と諦めかけていたら、
今日掃除中に、空気清浄機の底面の溝に挟まっているヒゲを発見!
挟まった状態で空気清浄機を引きずったりしたのか、
一部が薄く引き延ばされて折れているのがちょっと惜しいんだけど、
でも、とても長くて立派なヒゲ!
こんなに嬉しいプレゼントを、どうもありがとうね。

ジュリーと会えないのは、やっぱり寂しいよ。
でも、ペルとジュリーに一生分の充電をしてもらったから頑張るよ。
そろそろまた、夢の中に会いに来てね。

P1020218


【足をお運びくださった方へ】
久々にログインしましたら、今もここに訪れてくださっている方々がいらっしゃるようで、
どなたかは分かりませんが、気にかけてくださりありがとうございます。
今はまだ皆様と以前のように楽しくやり取りをさせていただく自信がなく、
勝手ながらコメント欄を停止していることをどうかお許しください。
Twitterの方ももうしばらくお休みしたいので、ブログとの連携は解除いたしました。
独り言のような内容になり申し訳ありません。
お読みくださりありがとうございましたm(_ _)m

  
12 12月

ご報告

これまでジュリーを可愛がってくださった皆様に、
12/10土曜日の朝、ジュリーが息を引き取りましたことをご報告いたします。
甲状腺機能亢進症や口内炎はうまくコントロールできたのですが、
腎不全の進行が早く、14歳4ヶ月での旅立ちとなりました。
 
早過ぎる、もっと生きられたと思われる方がいらっしゃるかも知れません。
近年伸びている猫の平均寿命から考えると、確かに一般的には長生きとは言えないかも知れません。
でも、一生懸命がんばったジュリーに、どうかそんな風に言わないでやってください。
小さい頃から、体が丈夫な子ではありませんでした。
メンタルも強い方ではなかったと思います。
そんなジュリーが、とてもよくがんばったんです。
 
息を引き取る前日の夕方、自力歩行が困難にも関わらず、
なんとキッチンのカウンターに上がろうとしました。
抱き上げて乗せてやると満足そうにして、夕飯を作る私をじっと見ていました。
夜は私の枕元にお気に入りのダンボールハウスを置いて寝かせると、
2時間おきに鳴いて呼び、抱っこしてあげると優しくのどをゴロゴロ鳴らしてとても可愛かった。
先代のペルの時の経験があり、その時が近づいていると感じたので、
午前3時に鳴いた時に私の布団に寝かせて、以前はいつもそうしていたように一緒に眠りました。
その後も5時、7時と鳴き、ずっと隣で撫でたり、話しかけたりしながら、
7時40分に軽い痙攣が起き、ペルと同じようにふーっと長い息を吐いて、
私の抱っこの腕の中で、子供たちにも見守られながら旅立っていきました。
 
昨日、ペルの時もお世話になったペット霊園で火葬をし、家族みんなでお骨を拾って一緒に帰ってきました。
もう抱っこしたり、撫でたり、触れ合えないのはとても寂しい。
でも悲しいというのとは少し違うんです。
私はジュリーを褒めてあげたい。ジュリーのがんばりに拍手を送りたいです。
しんどい体を抜け出して、これからは空の上でぷりぷりのお尻を振って遊び回って欲しい。
楽しく快適に過ごして欲しいと思います。
 
娘が、ジュリーに折り紙でお守りを作ってくれました。
「ジュリーちゃんとママは、見えない糸でつながっているから、だいじょうぶだよ」と語りかけていました。
息子も、ジュリーにたくさんありがとうを伝えて、僕もがんばると手紙の中で約束していました。
夫は、ジュリーに大往生だったと声をかけて労ってくれました。
ジュリーは私たちにとってとてもかわいい長ニャンです。これからもずっと同じです。 
たくさんの幸せを本当にありがとう! 
ジュリーのことが、ずっと大好きだからね。
 
これまでジュリーを可愛がっていただき、本当にありがとうございました。
皆さんのおうちの猫さんたちが、いつまでも元気に暮らせますように。
 
少し早いですが、ジュリーからメリークリスマス!
 
image

ありがとうございました!
 

 
17 11月

近況報告

image

 
また間隔が空いてしまいました。
前回更新した時のジュリーの病状は、
 
・肝臓は良好。
・腎臓の数値が悪くなった。
・貧血傾向があるので鉄剤を服用することにした。
 
という状況だったと思います。
その後、この1ヶ月間の経過はと言うと、
 
  
 ・肝臓の数値が一時期悪くなったものの、
 痒み対策で半量にしていた甲状腺の薬を元の量に戻したところ、数値は戻りつつある。
 痒みも今のところはそれ程出ておらず、塗り薬で対応。
 
 
・貧血は2週に1度の注射と、毎日の鉄剤の服用で改善傾向にある。
 
 
・カリウムの値が低くなったため補助食品(液体)を毎日服用し、先週の検査では良好。
 
 
・腎臓の数値は悪いまま横這い。自宅輸液は継続中。
 先週からリンや老廃物を吸着する補助食品を1日2回服用し始めた。
 
 
このような状況で、今は腎臓が一番の悩みどころ。
他に気になるのは、

・眠っている時間が少ない。特に昼間。
・水が飲みづらい様で、容器の前を掘るような動作をしたり、前足で水面を確かめている。
 色んな高さや大きさの容器や食器を試し、容器を変えてしばらくは問題なく飲めるのに、
 2、3日するとまた飲みづらくなってしまう。

 
image
 

水がうまく飲めない件は、↑のピュアクリスタルのクリアフローという水を循環させる商品でここ最近は何とかなっている。
でも、最初の数日はらくらく飲めていたのが、ここ数日はちょっと飲みにくそうにすることもあり、
脳の衰えなどで今までできたことができなくなることがあるのか、心の問題がなのか、
何が原因なのかが気になっているけど、
とりあえず輸液で水分は摂れているので、飲水量については心配しなくても良いとのこと。
 
私にできることは、ジュリーにできるだけ負担をかけないようにすること。
点滴の針を迷わず1度でサッと入れてあげる、
錠剤の投薬をできるだけスムーズに済ませる、など。

 
image

大きい箱が届いて興味津々。あなたのものですよ。
 
 
image
 
定位置のカウンターからトイレへの動線を考えて、
ステップ代わりの小さなタワー(?)
上り下りによく使ってくれているので、購入して良かった。
ジュリーの行動をよく見て、できるだけ先回りしてやらねば。
 
 
 
ライブカメラ
(平日昼間を中心に不定で稼働)



script*KT*
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ