日本語の基礎がぼろぼろ私、こんな文を読んでた。


正しい江戸時代のいろはかるた

もんぜんのこぞう
ならわぬ きょうをよむ

門前の小僧というのは、お寺の近くに住んでいる子供の事じゃ。そんな子は習わなくてもお坊さんの読むお経を聞いて覚えてしまうと言う事じゃ。

慣れ親しむ環境にいれば習わないでも自然と身に付いてしまう事。


私にも出来るかな?もう年だし、小さい子供と比べたら、学習力が低下でしょ?主人がそう言ってた「今、日本語の勉強をしないと、ずっと上手くならないですよ」

周りが全部日本人、言葉も日本語しかない!長い時間ここに住んだら、私の日本語も上手くなるでしょ?!

だって、慣れ親しむ環境にいれば習わないでも自然と身に付いてしまう事。^o^


by Catmama