さんまは漢字で秋刀魚と書きます。

昔、台湾で買うと1尾は10元位、日本円で30円位かな?母の時代で貧乏の家はお金がないので、魚を食べたいなら、秋刀魚しか買えないみたいです。

だから、母は秋刀魚大嫌いです!小さい頃母は魚が食べられなかった(魚臭いのが苦手)父と結婚してから、魚を食べられるようになったそうです。でもその時は家が貧乏なので、秋刀魚ばかり食べました。

そして、私は日本に嫁に来て、主人にも秋の料理は秋刀魚をお勧めしてくれた。

「嫌だよ!秋刀魚は魚臭い!」私はそう言いました。
「美味しいですよ!食べて見て!」主人は秋刀魚の塩焼きを作ってくれて食べました。魚臭くないけれど、やっばり秋刀魚があまり好きじゃない〜>_<

秋刀魚の豆知識

秋刀魚は黒潮周辺の海で生まれ、水温が暖かくなるにつれて、えさのプランクトン(赤っぽいのもある)がたくさんいる北の海を目指して旅をします。夏には道東沖合からさらに北の千島列島沖合まで旅をして栄養をたっぷり蓄えてまるまると太ります。

秋になって親潮の冷たい水に沿って北海道から三陸、常磐の沖合を通って、南の海に戻る旅をします。その時は、秋刀魚がたっぷり脂のって産卵の準備します。

だから、秋は秋刀魚の最高の食べ頃です!脂ののったまるまる太ったものを塩焼きにするのが一番美味しいと言われます。