笠原さん、こんばんは。
遅ればせながら、友達の薦めで「血を吸う粘土〜派生」を鑑賞しました。
スピード感満載の喰われっぷりに、怖さを超越して清々しくなってしまいました(笑)。
特殊メイク凄くて感動しました。
六角形にこだわりをもつ作家の役を演じられていましたが、もし笠原さんが六角形のなかに自分の思うままになにかを描けと木多天さんに言われたら何を描きますか?
これから公開される作品も楽しみにしています。

−へきさごん さん


作品を素晴らしく言いまとめてくれるその秀逸さ。
とっても嬉しい感想です。
ありがとうございました。
そうですね今の気分は・・・「悲しい笑顔」・・・いや、もとい、「喜びの涙」でしょうか。
次の話題にも繋がります。

渋谷では今月いっぱい、来月からは梅田でもやってます。
宜しくお願いします。
sitges selection



さて、、、



狂ってるのは俺か?
それともこの世界か?

BlogPaint

ご機嫌よう!

自分の出演作公開中で、今週末からさらに一本始まるというのにいいのか?
というためらいもあって控えてましたが、本日再び鑑賞して気持ちを抑えられなくなってしまいました。
『ACTOR』との類似点も多くて、合わせて語れるかもですし。

公開前から、『これは俺の映画が久々に来たんじゃないか』感しかなかったです。
ところが、そんな期待感いっぱいの一回目の鑑賞は、想像のはるか上の代物でただただ圧倒され、想像以上の深さに呆然とし、『俺の』なんていう小さな器で受け止めきれるものではなかったのでした。
BlogPaint

余韻が激しい。
完全にジョーカーに巣食われた。というか、自分の中のバケモノの存在とその巨大化を自覚させられた。
ここまでジョーカーにライドさせますかぁ〜。。。
精神状態がダークサイドに転んでいる時の鑑賞は危険甚だしいかもしれない。
“微笑の国”帰りで良かった。エレファントライド後で良かった。
line_31405807689580 (1)

今回のジョーカーの標的は『ダークナイト』におけるハービー・デントや起爆スイッチを持たされて船に乗っている人たちじゃない。
BlogPaint

極端なアップダウンもなく、重い緊張感がず〜っと続く。
それでも集中力は削がれません。
低いところにカメラを常に置いて映画は語るのです。
『モダンタイムズ』を引用して労働者の悲哀を。
金持ちに優しい社会を。
どこか今の日本とも重なります。
増税。手取り14万→自己責任論。
実際はカメラは高いところに置いてある気がします。
「金持ちは俺たちに言う。いいから黙って言うこと聞いてりゃいいんだ!」

パンフレット即買いして、映画評論家の町山さんに限らずこの映画の批評に目を走らせる。

色々町山さんに教わって比較的落ち着いて二度目の鑑賞。
この曲がかかるシーンで号泣です。
一度目は歓喜に近い興奮でしたが、それに涙が加わりました。

残酷で、それはそれは美しい映画でございました。
闇堕ちなる出来事の度に、光に照らされるアーサー。
光の射す方へ歩く後ろ姿、人としての階段を降りていく姿。

アーサー
「ずっと人生は悲劇だと思ってたけど喜劇だと知った」
チャップリン
“人生、クローズアップで見れば悲劇。ロングショットで見れば喜劇。”
チャップリンのこの言葉が好きで昔自作に引用したことがありました。

終盤。
ホワイト・ルームな病院。
時間経過を思わせるように、アーサーはちょっとふっくらしたように感じる。
「何がおかしいの?」
「いいジョークを思いついた。あんたらには理解できないだろうけど」

ここでヒース・レジャーのジョーカーのイメージとピッタリ重なった。
善悪の彼岸を衝き抜け、神々しさすらあったあのジョーカーと。
映画2時間まるごとジョーカーのジョークだったのか、と。
Why so serious ?
僕的にはこれが一番腑に落ちる解釈です。
主観(悲劇)と客観(喜劇)、信頼できない語り手。
BlogPaint

なるほどやっぱりターゲットは僕ら観客だったのです。
良心を、悪意を弄ばれた。

それが人生
滑稽にみえるかもしれないけれど

人の夢を踏みにじって
楽しむ人もいる

だけど私はくじけたりしない
だって、この古き素晴らしき世界は
回り続けてるから


くっそ〜。
なのにアレ?
歌詞を口ずさむジョーカーを見て溢れ出てくるこの涙は何の涙なんだろう?
自分でも説明不能の涙なのでした。

もっと時間をかけて味わえる映画になりそうです。
ちょっぴり「俺の映画」。
今年ナンバー1はもちろんオールタイムベストに入る勢いです。

この映画を観て監督、俳優を目指そうと決めたという人がボロボロ出てきそうな気がします。
映画館でリアルタイムで観たことを羨ましがられる。
人の人生を変える力を持った映画。

o0500020714048852434


今週末11月2日〜8日池袋シネマ・ロサにて『RUN!-3films-』公開です。
上映は連日20:45〜です。(上映時間は84分)
可能な限り映画館へ行きたいと思っています。
宜しくお願いします。