MXテレビのDHC「ニュース女子」が、地上波で初めて沖縄左翼を批判したことで、しばき隊、のりこえねっと、左翼メディアが蜂の巣をつついたように「ニュース女子」バッシングを繰り広げている。

 そんな最中、毎日放送(MBS)が「ニュース女子」批判番組を放送した。MBSドキュメンタリー映像'17「沖縄 さまよう木霊~基地反対運動の素顔~」である。「ニュース女子」の内容がデマに満ちていると告発する内容だが、その報道姿勢は偏向のオンパレード。

lklkhkhkjfhjdhsfs

 ディレクターはMBSの斉加尚代。橋下市長と凄まじいバトルを繰り広げ、コテンパンにやられたのに、最後に気味の悪い笑い声をたてて「これくらいにしときますけれども~」と負け犬の遠吠えをしたことから、全国に悪名を轟かせた人物。

sjglajsdlkjalseiaseaek

 そもそも、今回の斉加の番組は、最初から「ニュース女子」を批判する為に作られたものではないと思われる。左翼メディアの常套手段で、シールズや沖縄左翼など、反政府運動の側に立って、長期密着取材をしていたら、たまたま、「ニュース女子」騒動が発生したので、そのエピソードを加えた、というような内容である。

 まず、番組名、個人名は特定していないが、多分、沖縄出身の弁護士・嵩原安三郎(たけはらやすさぶろう)氏にインタビューし、「基地反対派のほとんどは、沖縄人ではない」という某番組での発言をデマ認定しようと試みる。

dfjkdjljsieigsja

 ところが、嵩原弁護士はMBSの取材方法が「偏っている」と察知して、インタビュー映像の使用を拒否。すると、同じ番組に出演し、嵩原弁護士と真逆の意見を言った中野雅至・神戸学院大教授にインタビューして、嵩原弁護士の主張を批判させている。

jhljlkajksljlsje

 更に、ヘリパッドや基地反対派に沖縄外から活動家や外国人が大勢参加しているのは周知の事実であるにも拘わらず、只管、沖縄出身者の活動家のみを取材し、沖縄外から来た人を全く画面に登場させない手法で、恰も反対運動を沖縄人だけでやっているような印象操作を行っている。

fjjfkgjaldkjaldj

 次に、「反対派」と敵対している依田啓示氏にインタビュー。依田氏も直ぐに、斉加尚代ディレクターの歪んだ取材意図に気づき、偏向報道に備えて取材状況をフェイスブックで事前に発信している。

jjgajfkladjflkg
jlgajdsljjsfS

 この依田氏のインタビューシーン後、斉加尚代ディレクター自身が地元消防署長に電話し、「反対派に邪魔されたことは一切ない」と言わせて、恰も依田氏がデマを流した嘘つきであるかのように印象操作している。

jaldjglkjklajfdlka

 その「デマ」が地上波の「ニュース女子」で放送された、大変だぁ、ということでMXテレビ批判へと繋げる。最後は、安倍政権が成立目指す共謀罪に結びつけ、恰も、極悪非道な政府が庶民を苛めているかのようなお決まりの「反権力物語」に歪められて終わっている。

 確かに、ネット情報は玉石混交だから、嘘やデマ情報はいくらでも見つけることができる。だからといって、その「石」の部分だけ拾ってきて、「ほら、ネトウヨの主張は全部、嘘。だから基地反対派の方が正しい」と結論づけるとしたら、それこそがフェイクニュースである。

 依田氏の情報にはデマや勘違いもあるかもしれない。だが、「両論併記でーす」と偽って、最初から一般人を晒し者にする目的で騙して取材するのは、ジャーナリストとして極めて問題ある行動だと言わざるを得ない。依田氏も沖縄の住民なのだ。沖縄住民を欺き、晒し者にする番組を作る。これこそ「沖縄ヘイト」と言えるでしょう。

djskdjgajdgkajdlfjakl

 沖縄では基地に反対する人も容認する人もいる。いろんな考えがあって当然なのだが、メディアは最初から反対派の密着取材ばかりし、それ以外の声を全く聞かない。今回のように、悪者に仕立てる時だけ、予断を持って偏ったインタビューをするだけ。両論併記なんて、真っ赤な嘘である。

 今回の番組に登場する反対派住人は、昨年12月に放送されたNHKのクローズアップ現代+にも登場していたので、全くかわり映えしない。どの局も同じ住人を何度も取材しているだけなのである。だからこそ、基地容認派を取材した「ニュース女子」が地上波で流れたことは画期的だったのだが、それ故に左翼メディアから袋叩きにされている。

JSLKDJAKLSJFKLAJELKFJAL

 活動家の沖縄渡航に資金援助している「のりこえねっと」は、人権屋・差別利権屋の連合体のようなところで、共同代表の辛スゴは、沖縄独立を煽っているような人物である。国会前のシールズ・デモを裏から支えた「しばき隊」とも共闘しており、その関連団体メンバーで、実際に金を貰って沖縄に行き、暴力行為で逮捕された添田充啓は、自称・元暴力団員でもある。そんな暗い実態は、この種の偏向したドキュメンタリーから完全に排除されている。

 「ニュース女子」がBPOで審議されるなら、このMBSドキュメンタリーも審議されるべきだろう。メディアが左翼活動家の広報機関となっている現状こそが、異常なのである。


vvvvvvvvvv
社会新報(社民党機関紙2016年11月16日号)



 


人気ブログランキングへ