NNNドキュメント「戦争のはじまり ~重慶爆撃は何を招いたか」 は、中国の反日プロパガンダや対日賠償請求戦略に完全に迎合する内容であり、本多勝一「中国の旅」を彷彿とさせる代物だった。前編『なぜ今、日テレは「重慶爆撃」を特集したのか?』に続く後編。

lkjkjkgkfkfdghfhjhj


1.ストーリー

 日テレ・清水潔チーフディレクターの論理展開は極めて単純で、東京大空襲と重慶爆撃を対比させ、「日本が重慶を爆撃したから、日本本土も爆撃され、原爆まで投下された。因果応報だ」「日本は被害者意識を持っているが、加害者だということを認識しろ」という、古臭い反戦説法である。そのナビゲーター役として、自称「軍事ジャーナリスト」の前田哲男が登場。重慶爆撃が世界初の「戦略爆撃」「無差別爆撃」だったと解説する。だが、前田は学者であると同時に、旧社会党のブレーンだった人物で、安保法制反対デモに参加していた活動家でもある。その上、「重慶大爆撃の被害者と連帯する会・東京」の代表を務めており、後述する対日賠償請求訴訟にも関与している。日テレのドキュメンタリーは、この訴訟をバックアップするための世論喚起工作なのではないか、という疑いを持たざるを得ない。

lsjglkadjskfjkjfalks
sdjkgjaljaldjfklajklals
出典:「戦争法案反対国会前集会」
https://www.youtube.com/watch?v=rVyJ5eiSgvw

 番組では歴史もののドキュメンタリーでは珍しく、清水潔チーフディレクター自らが頻繁に画面に登場し、日本と中国の「一次資料」を自ら調べたかのようにアピールしているが、前田哲男が関与する「謝罪及び損害賠償請求の控訴理由書」に詳しく記載されている内容ばかりであり、ヤラセ(演出?)の可能性が高い。重慶市政府の資料を海外メディアとして初めて取材できたとアピールするシーンもあるが、内容は被害者のリストに過ぎず、それも裁判資料に載っている。

sjglajsdklfjadlfjadlfa
左から、日テレの清水潔、日テレ・アックスオンの境一敬

 テーマがマイナーで、若い人の多くが良く知らない話だからこそ、『重慶爆撃』は犠牲者に女性や子供が含まれていたなどの情緒的な話を前面に押し出して、贖罪意識を植え付けようとするエピソードに終始している。その後は、恰もあの爆撃が原因でアメリカがハル・ノートを日本につきつけ、日米戦争に突入したかのような誤解を招く単純化をやらかして、東京大空襲→原爆投下→敗戦へと話を強引に持っていく。

 番組の最後では、東京大空襲の日本人被害者と、重慶爆撃の中国人被害者が、日本政府に対し謝罪と賠償を求めるも、認められていない現状を語り、日本人も中国人も共に被害者、悪いのは日本政府であるかのように印象操作をする。そもそも東京大空襲の被害者が、大量虐殺を行ったアメリカではなく日本政府に賠償請求しているのは、被害者を騙った反政府左翼活動家が法廷闘争を主導しているからこそ。中国人の賠償請求が認められないのは、日中国交正常化において、相互に賠償請求を放棄しているからで、そんな歴史的事実も説明せず、感情に訴える様な演出を加えることは、対日訴訟の濫発を招き、未来志向の日中関係構築にとって害悪以外の何ものでもない。

jjaslkdjgkladjfkajdsla

 そして最後にこんなセリフ。「私達が時に振り返る戦争の終焉。しかし、本当に大切なことは、その始まりを知ることなのかもしれません」。これは正しい。始まりの状況にこそ、戦争原因が凝縮している。問題は、番組を制作した清水潔や境一敬が、南京事件、重慶爆撃など、日中戦争を描きながら、その始まりとなった第二次上海事変を全く描こうとしないことにある。

DAXZxlwUAAEfDzS


2.「日中戦争のはじまり」は、中華民国軍の先制攻撃だった!

 南京大虐殺を世界中に喧伝し、被害者アピールをし続ける中国政府にとって、一番都合が悪いのは、日中全面戦争が、中華民国軍の上海・日本人街への先制攻撃によって始められたという歴史的事実である。当時の上海は、英米仏日など外国勢力による共同統治下にあった。日本政府は上海に居住する多くの日本人住民を救うべく派兵を決断。渡洋爆撃で中国軍を牽制するなどして上海の防衛に成功する。だが、そのまま蒋介石を放置していては、またいつか、上海に再攻撃を仕掛けるのは間違いないので、首都・南京攻略を決断した。蒋介石は自軍の兵隊を南京に置き去りにしたまま逃亡。重慶に新たな拠点を築き、そこから「南京大虐殺」のプロパガンダを海外に発信し始める。それがアメリカの反日プロパガンダ映画「バトル・オブ・チャイナ」に採用され、戦勝国の「歴史」として定着することになる。

adgajsdkgjlgjiseeeeeeee

 清水の番組では、その「戦争のはじまり」の経緯が全て有耶無耶に誤魔化されている。蒋介石の了解も得ずに先制攻撃を仕掛けた張治中将軍は、中国共産党やソ連のスパイ説がある謎の人物で、国共内戦の最終局面で中国共産党側に寝返っている。こうした歴史の闇にスポットライトを当てる番組こそ、真に見る価値のあるドキュメンタリーと言えるが、日本の学者もメディアも、中国政府の逆鱗に触れることを恐れて、決してそんな番組を作りはしない。中国駐在の記者が嫌がらせをされるのは間違いない。今まで通り日本を悪者にする番組を作る方が、楽だし、安全だし、賞を獲り易いのが実情なのである。

sdglajsdkfalkjfaldjfa

 当時、中華民国軍はナチス・ドイツから軍事顧問を受け入れており、ゼークト将軍が築いたゼークトラインの攻略に日本軍は多大な損害を出すことになったが、こうした事実も日本のメディアは決して報じない。ナチスはホロコースト故に絶対悪の強烈なイメージを持っており、日独伊三国軍事同盟を結んだ日本も同類に見られやすいが、三国同盟締結前、ナチスのアジアにおけるパートナーは、日本ではなく中華民国だったのだ。現在の中国政府は、「被害者」の衣を被って日本を糾弾することを国是としているので、中華民国時代とはいえ、ナチス・ドイツの軍事指導を受けながら日本に先制攻撃したという事実は、都合が悪いのである。日本のメディアは、中国様がお困りになることを決して報じない。

biyibi2
蒋介石の次男、蒋緯国
ドイツ陸軍ミュンヘン士官学校卒業。ポーランド侵攻にも従軍。


3.清水潔が描かない重慶空中戦

 重慶爆撃で忘れてはならないのは、あの戦闘でゼロ戦がデビューを果たしたことにある。ソ連から購入した戦闘機を使っていた中華民国空軍は、ゼロ戦に全く歯が立たず、迎撃せずに逃げ惑うようになる。真珠湾攻撃後は、米国義勇軍のフライング・タイガースが参戦し、ゼロ戦と死闘を繰り広げることになるが、清水の番組には全く登場しない。中国人、アメリカ人向けのプロパガンダ映画では、米中協力の輝かしい象徴として、華々しく描かれるフライング・タイガースであるが、日本人向けの番組でそれを描くと、真珠湾攻撃前にアメリカが日本に宣戦布告なき秘密戦争をしかけようとしていた事実がバレてしまうので、扱えないのであろう。

Curtiss_P-40C_Model_H_81-A3


4.日中、日韓の未来志向の関係構築を邪魔し続ける日本のメディア
 
 あの戦争から学ぶことは多いが、「戦争という過ちを繰り返さない為」と称して、ただ只管、「日本人が100%悪かった、加害者です、だからずっと謝罪します、9条を守り続けます」と単純に結論づけ、洗脳し続けることが正しい道なのか否か、検証するべき時期に来ていると思う。日本人が謝罪し続けてきた結果、中国人、韓国人は日本人を侮り、ナショナリズム発揚に日本への謝罪要求を繰り返すモンスター被害者に変貌してしまった。無暗に謝ることは、寧ろ未来志向の良好な関係を構築する機会を阻害し、対立を深める原因になっている現実を直視すべきであろう。

sjgkjsleiajeiasieiei

 過去の戦争の原因を正しく理解しなければ、未来の戦争を防げるはずがない。「日本が100%悪かった、日本人は加害者だ」という単純な歴史観をメディアが撒き散らし続けるからこそ、改憲反対、共謀罪反対など、日本の暴走を止めることばかりに腐心する人々が誕生し、国会前で幼稚なドンチャン騒ぎを繰り広げることになる。中国や北朝鮮が暴走して戦争を始める発想が彼らには欠如している。

 戦争は殺し合いだから、捕虜虐殺も、無差別爆撃も、レイプや犯罪も、当然起こりうる。それは、米軍も中国軍も同じである。日本のテレビ局が近代史のドキュメンタリーを作る場合、只管、日本が悪いことをした部分だけを重箱の隅をつつくように探しだし、顕微鏡で拡大する様な番組ばかり作っている。遂にはネタが尽きて、記憶や証言を過剰に脚色する「生き証人」の話を鵜呑みにした結果、朝日新聞の慰安婦強制連行捏造報道を生み出してしまった。メディアはあんな苦い経験をしたにも拘わらず、未だに清水や境のような偏った「ジャーナリスト」が旧態依然とした反日番組を垂れ流し続けている。

hjskgjalkdadjflka

 日テレは日頃、安倍政権に迎合しているくせに、NNNドキュメントだけは、誰も見てない真夜中にこっそりと反日番組を流し、ほとんど視聴率を稼げていないにも拘わらず、視聴者無視のギャラクシー賞などを総なめにしてしまう。まるで、メディア村の内輪だけで繰り広げるマスターベーションのようなものであり、完全に国民をバカにしているとしか思えない。そんなドキュメンタリーでも、一部の左翼活動家は大喜びして喝采するだろうが、彼らはそれを反政府運動や中韓の反日感情を煽るのに利用するだけ。そんな番組を作り続けていれば、日中関係も日韓関係も悪化する一方である。

CkGhWGSVEAASyC7kkk

 ジャーナリストは賞のために仕事をしているわけではなかろう。読者、視聴者をうならせるような、斬新な視点で歴史に切り込む作品を作って初めて、いい仕事をしたと実感できるもの。プロフィールにズラズラと受賞歴を書くようなジャーナリストは、反権力を気取りながら、戦後レジームや中国のような独裁国家に迎合しているだけのクズだと自覚すべきである。


【注】
著作権法第32条に基づき、報道、批評、研究の目的のため、NNNドキュメント「戦争のはじまり ~重慶爆撃は何を招いたか」などから画像キャプチャーを引用しました。








人気ブログランキングへ