英国ガーディアン紙のマッカリー記者は、アイルランド系イギリス人。外国特派員協会のマクニール(アイルランド人)と仲が良く、2016年2月の「安倍政権がメディアに圧力をかけて、古館、岸井、国谷の3キャスターを更迭させた」というデマ報道では、マクニールと一緒にメディア・スクラムを組み、それが「国境なき記者団」の「報道の自由度ランキング」(世界72位まで下落)や国連特別報告者(表現の自由)のレポートに大きな悪影響を及ぼした。

CmFsWS6VEAAwusekkk

 マッカリーは大学卒業後、ガス会社に就職したが、僅か数か月働いただけで退職。大阪に流れてきて、英語教師になった。その後、いったん帰国した後、大阪に舞い戻り、デイリー読売で英文記事を添削する仕事に従事(相当、退屈だったらしい)。2003年にガーディアンの現地採用記者になった。以来、転勤もなくずっと日本に居残り、日本を誹謗する記事を書いている。特派員を詐称しているが、本社に栄転することもないようであり、現地採用と呼ぶ方が正しいであろう。2003年といえば、マクニールがフリージャーナリストになった時期とほぼ一緒。同じアイルランド系でもあり、かなり濃厚な人間関係を形成していると思われる。過去、一緒に講演したり、連名記事を書いたりもしている。マッカリーのガーディアンと、マクニールのエコノミストは英国リベラル・メディアの双璧であり、この二人が日本に関するニュースでメディア・スクラムを組めば、世界の英語メディア界に大きな影響力を発揮することができる。

【参考】”Profile: Justin McCurry

  朝日新聞が慰安婦強制連行報道の捏造を認め、訂正・謝罪した後、マクニールとマッカリーは朝日新聞を擁護し、安倍政権の朝日への圧力を非難する記事を外国特派員協会の会報に連名で掲載した。そこで「我々外国人記者は、吉田清治なんて知らなかった。だから、朝日の吉田清治に関する記事は外国メディアの慰安婦問題報道に全く影響を与えなかった」という荒唐無稽な主張をしたが、ナント、朝日新聞の第三者委員会で委員を務めた東大教授の林香里が、その記事を根拠に同様の主張を報告書の中でしたのである。マクニールは自分がエディターをしている反日論壇ジャパン・フォーカスで、小林よしのりの漫画を取り上げ、小林が吉田清治を批判する漫画の画像まで掲載しているにも拘わらず。マクニールとマッカリーは、朝日新聞の報道犯罪を隠蔽する共犯者と言っても過言ではないでしょう。

【参考】『マクニールは本当に吉田清治を知らなかったのか?


fjaklfjlakjdfla
2004年、ガーディアンで働き始めた当初のマッカリーとマクニール


【関連ツイート】
jskdjgklsjflgksjld

hlsfjgkljdfkasdjfladja

gsdkajdkfajlkss



人気ブログランキングへ