『メディアの権力』を監視する

『報道の自由』を盾に垂れ流される内外メディアの偏向報道が日本を苦しめています。『報道しない自由』による情報操作にもウンザリです。メディアが『権力監視』を錦の御旗にするのなら、『メディアの権力』をネットが監視しなければなりませんね。※民族差別的コメントはご遠慮下さい。

しばき隊

香山リカがDHC、青山繁晴氏、チャンネル桜に宣戦布告


 遂に、狂気の精神科医・香山リカが、保守陣営に対して全面戦争を仕掛ける気のようですね。

 







 【香山リカとチャンネル桜・栗秋氏の過去の経緯】






 【その後の展開】



人気ブログランキングへ

香山リカ、在日ドクター金剛先生に論破される(復刻)





kkk1


kkkk2


kkkk3


kkkk4


kkkk5


CBMJz41VAAADEoC

【おまけ】

togetterまとめ魚拓

はてなブックマークのコメント欄





人気ブログランキングへ

MBSの斉加尚代が作った「ニュース女子」批判番組の酷さ


 MXテレビのDHC「ニュース女子」が、地上波で初めて沖縄左翼を批判したことで、しばき隊、のりこえねっと、左翼メディアが蜂の巣をつついたように「ニュース女子」バッシングを繰り広げている。

 そんな最中、毎日放送(MBS)が「ニュース女子」批判番組を放送した。MBSドキュメンタリー映像'17「沖縄 さまよう木霊~基地反対運動の素顔~」である。「ニュース女子」の内容がデマに満ちていると告発する内容だが、その報道手法は偏向のオンパレードだったので検証してみたい。

lklkhkhkjfhjdhsfs

 ディレクターはMBSの斉加尚代。橋下市長と凄まじいバトルを繰り広げ、コテンパンにやられたのに、最後に気味の悪い笑い声をたてて「これくらいにしときますけれども~」と負け犬の遠吠えをしたことから、全国に悪名を轟かせた人物。

sjglajsdlkjalseiaseaek

 そもそも、今回の斉加の番組は、最初から「ニュース女子」を批判する為に作られたものではないと思われる。左翼メディアの常套手段で、シールズや沖縄左翼など、反政府運動の側に立って、長期密着取材をしていたら、たまたま、「ニュース女子」騒動が発生したので、そのエピソードを加えた、というような内容である。

 まず、番組名、個人名は特定していないが、多分、沖縄出身の弁護士・嵩原安三郎(たけはらやすさぶろう)氏にインタビューし、「基地反対派のほとんどは、沖縄人ではない」という某番組での発言をデマ認定しようと試みる。

dfjkdjljsieigsja

 ところが、嵩原弁護士はMBSの取材方法が「偏っている」と察知して、インタビュー映像の使用を拒否。すると、同じ番組に出演し、嵩原弁護士と真逆の意見を言った中野雅至・神戸学院大教授にインタビューして、嵩原弁護士の主張を批判させている。

jhljlkajksljlsje

 更に、ヘリパッドや基地反対派に沖縄外から活動家や外国人が大勢参加しているのは周知の事実であるにも拘わらず、只管、沖縄出身者の活動家のみを取材し、沖縄外から来た人を全く画面に登場させない手法で、恰も反対運動を沖縄人だけでやっているような印象操作を行っている。

fjjfkgjaldkjaldj

 次に、「反対派」と敵対している依田啓示氏にインタビュー。依田氏も直ぐに、斉加尚代ディレクターの歪んだ取材意図に気づき、偏向報道に備えて取材状況をフェイスブックで事前に発信している。

jjgajfkladjflkg
jlgajdsljjsfS

 この依田氏のインタビューシーン後、斉加尚代ディレクター自身が地元消防署長に電話し、「反対派に邪魔されたことは一切ない」と言わせて、恰も依田氏がデマを流した嘘つきであるかのように印象操作している(後日、ニュース女子が検証番組で同じ消防署長に取材し、「邪魔されたという見方も無きにしも非ず」という証言を得ている)。

xckkz;kv;lsl;zsl;l;zf;kf;zskf;zse


 その「デマ」が地上波の「ニュース女子」で放送された、大変だぁ、ということでMXテレビ批判へと繋げる。最後は、安倍政権が成立目指す共謀罪に結びつけ、恰も、極悪非道な政府が庶民を苛めているかのようなお決まりの「反権力物語」に歪められて終わっている。

 ネット情報は玉石混交だから、嘘やデマ情報はいくらでも見つけることができる。だからといって、その「石」の部分だけ拾ってきて、「ほら、ネトウヨの主張は全部、嘘。だから基地反対派の方が正しい」と結論づけるとしたら、それこそがフェイクニュースである。

 依田氏の情報には勘違いもあるかもしれない。だが、「両論併記でーす」と偽って、最初から一般人を晒し者にする目的で騙して取材するのは、ジャーナリストとして極めて問題ある行動だと言わざるを得ない。依田氏も沖縄の住民なのだ。政治的な考えが自分と異なる沖縄住民を欺き、意図的に晒し者にする番組を作る。これこそ「沖縄ヘイト」と言えるのではなかろうか。

djskdjgajdgkajdlfjakl

 沖縄では基地に反対する人も容認する人もいる。いろんな考えがあって当然なのだが、メディアは最初から反対派の密着取材ばかりし、それ以外の声を全く聞かない。今回のように、悪者に仕立てる時だけ、予断を持って偏ったインタビューをするだけ。両論併記なんて、真っ赤な嘘である。

 今回の番組に登場する反対派住人は、昨年12月に放送されたNHKのクローズアップ現代+にも登場していたので、全くかわり映えしない。どの局も同じ住人を何度も取材しているだけなのである。だからこそ、基地容認派を取材した「ニュース女子」が地上波で流れたことは画期的だったのだが、それ故に左翼メディアから袋叩きにされたのだろう。

JSLKDJAKLSJFKLAJELKFJAL

 活動家の沖縄渡航に資金援助している「のりこえねっと」は、人権屋・差別利権屋の連合体のようなところで、共同代表の辛スゴは、沖縄独立を煽っているような人物である。国会前のシールズ・デモを裏から支えた「しばき隊」とも共闘しており、その関連団体メンバーで、実際に金を貰って沖縄に行き、暴力行為で逮捕された添田充啓は、自称・元暴力団員でもある。そんな都合の悪い事実は、この種の偏向したドキュメンタリーから完全に排除されている。

 「ニュース女子」がBPOで審議されるなら、斉加尚代のMBSドキュメンタリーも審議されるべきだろう。だが、民放連は、左翼活動家のような人物ばかりをBPO委員に選任しているので、左に偏向した番組が問題視されることは決してない。そして、左に偏向したドキュメンタリーばかりが、視聴率がほとんどないにも拘わらず表彰される現実がある。斉加尚代のドキュメンタリーも、作る度に賞が貰える仕組みになっている。これでは、視聴者のテレビ離れが加速するのも当然であり、テレビに愛想を尽かした人々が、DHCなどのネット番組に流れていく構図が誕生したのである。地上波テレビが左翼活動家の広報機関となっている現状こそが異常であるとテレビ関係者が認識せぬ限り、テレビの衰退は止まらないであろう。


【後日談】

 MBSの斉加尚代氏が私に取材依頼をしてきた時の一部始終。

dljsaskfakskask;as

 詳しくは、コチラ。
MBS斉加尚代ディレクターからの取材依頼



人気ブログランキングへ

欅坂46の「ナチス」衣装騒動とホロコースト・タブー


 しばき隊の言論封殺を回避すべく、こちらで復活させます。

欅坂46最終閲覧数

 
【注】ユダヤ人虐殺を指す「ホロコースト」という言葉が、戦後ずっと使われてきたと勘違いしている人が多いが、使われ始めたのは1978年のドラマ以降。

『1978年アメリカで放映されたテレビドラマ『ホロコースト』によって流行語となり、「ユダヤ人大虐殺」を表す言葉として普及した。また、この作品がドイツを含む多くの国々で放送された結果、第二次世界大戦中のドイツによるユダヤ人迫害、特に民族絶滅政策の実行の過程を「ホロコースト」と呼ぶことが定着した。『夜と霧』などの戦争直後に出版された書籍に「ホロコースト」という語が見られないのは、こうした事情による。』(ウィキペディア「ホロコースト」

【注】「この記事」とは、エコノミスト誌の記事”What the Führer means for Germans today”を指す。

”In the late 1940s and 1950s Germans avoided discussing Hitler. (中略)Germans had been both perpetrators and victims, and had no words for their state of mind. Many were traumatised and could not bear to talk about their experiences. They found it psychologically easier to dwell in the present and keep busy with the Wirtschaftswunder, the post-war “economic miracle”. Many still denied the full scale of the Holocaust. a poll in the 1950s found that almost half of West Germans thought Hitler would have been “one of the greatest German statesmen” if he had not started the war.”
(1940年代後半から50年代、ドイツ人は戦争について話すことを避け、経済復興に傾注してきた。多くのドイツ人はまだホロコーストなる大量虐殺を否定しており、戦争さえ始めなければヒトラーは偉大な指導者だったのに、と思っていた。)

”But starting in the 1970s a pent-up fascination with Hitler began to re-emerge. Two biographies and a documentary came out, and in 1979 Germany aired “Holocaust”, an American television series, which shocked Germans into a new round of soul-searching. ”
(しかし、79年に放映されたドラマ「ホロコースト」がドイツ人に衝撃を与えた。)


欅坂46コメント



人気ブログランキングへ

香山リカの黒歴史


 香山リカの怪しさ、虚言癖、人権屋体質を告発した過去のtogetterまとめを復刻します。これらのまとめは、しばき隊の通報攻勢で非公開にされたものです。

 【読みづらい場合は、画像を「右クリックしてT」(新しいタブで開く)】



1.香山リカのアイヌ利権開発

 2014年末頃から突然、アイヌ問題に首を突っ込み始めた香山リカの動機があまりにいかがわしかったので、追及した際のまとめ。

香山リカの利権開発



2.香山リカは在日?

 同胞の悪行に辟易している元在日の大ちゃんママさんが、香山リカの人権屋的行動に疑問を持ち、『あなたは在日ですか?』と直球の質問を投げた時のまとめ。香山リカは回答をはぐらかして逃亡。

香山リカは在日 大


 

3.反原発・左翼活動の動機

 左翼活動に伴う執筆や講演で多大な収入を得ているはずの香山リカが、大学や病院からの収入だけに頼る「棒給生活者」であるかの如く殊更に強調するので、反原発運動では大騒ぎするくせに拉致問題に全く関心を示さない理由を問うたところ、逃亡した時のまとめ。この時、精神科指定医の資格さえを持っていないと噂された香山にクマさんがカマをかけたところ、香山は質問を無視して逆切れした。

香山リカが左翼運動に首を突っ込む不透明な動機



4. 何もかも原発のせい

 反原発デモで演説した香山リカが、『被災地の15%が原発のせいでうつ病』などと、精神医学を悪用したデマを吐いたところ、他の医者にまでダメ出しされた時のまとめ。

香山リカ「何もかも原発のせい」
 

5.世間を騒がせた暴言ツイート事件

 番組でトラブルがあった青山繁晴氏や池田信夫氏に対し、香山リカが謎の暴言ツイートを発信してすぐ消去した事件。直ぐにキャプチャーされてネットで拡散したため、出演していたネット番組「虎8」で問題となったが、『ツイッターが乗っ取られた』と出まかせを吐いた挙句、番組を突然降板するという醜態を晒した。

香山リカ暴言

【まとめ】『香山リカが青山繁晴氏と視聴者を誹謗→謝罪→逆切れ→削除→乗っ取られた?』
ページ1  ページ2 



6.『香山リカ研究 中指を立てる精神科医の謎に迫る』

「なぜ実績も何にもない人間が、いつも地上波TVでまるでオピニオンリーダーのような位置にいられたり、学問的な実績もなしで大学で教鞭を取れるのか?」・・・この疑問に対する考察

・香山リカは指定医でさえない?
・香山が勤務する病院は朝日新聞と関係が・・・
・香山が教授になった大学は悪名高い・・・

香山リカ研究

【出典】
香山リカ(中塚尚子) 資格:精神科専門医臨床心理士



 


人気ブログランキングへ
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
【RSS】http://blog.livedoor.jp/catnewsagency/index.rdf
Togetterまとめ CatNA
青山繁晴の道すがらエッセイ
田中利幸(ユキ・タナカ)
乗松聡子
ガーディアン紙
  • ライブドアブログ