仙台戦 ゴール裏通信より愛媛戦

2018年04月20日

松本戦、試合後の件について

松本戦、試合後の件について

はじめに
経緯・意図がどうであれ、結果として、ご迷惑をおかけしたこと、不快な思いにさせてしまったことを謝罪いたします。本当に申し訳ありませんでした

また、試合終了後、スタンドに居残ってしまったことについて
クラブ、運営などにご迷惑をかけてしまったことを重ねてお詫びします


試合後のやりとりについて
私宛て、HINCHAS宛てにいくつかのご意見がツイッターDM、近しい方からはラインやお電話でいただきました。あの場でのやりとりに関して、肯定的な意見、否定的な意見、ここは良いがここは駄目だなどの意見、激励、お叱りなど
私個人として、応援団体として、考えさせられるものでした
                                   
いただいた意見の中に
あの場にいたが、まわりでも試合後のやりとりの感想はバラバラなのだが、説明してほしい。あの場にいなかった人は、嘘か本当かわからない情報に、おそらくは不信感しか持っていない。全てを説明することは不可能だが、ある程度説明しないことには、応援は進まない。何かしら対応して少しでも終息に向かうべきだ。

佐久間GM、吉田監督、もちろんあの場にいたサポーター全員に責任はあるが、あなた達にもある、少しでもみんなが前に進めるような対応を願います。
との意見がありました。

どうするべきか、すごく悩みました
様々な意見がある中、どこに向けて、どの部分を説明・対応すればいいのか
文字での発信は誤解を招くことにならないか

悩みぬいた結果、
言葉足らずかと思いますが、二点だけ説明をさせていただきます。


■多数決をとる意味がわからないというニュアンスの意見について■
私は決をとったつもりは全くありません。多数決で決まる話ではないことを私は理解しています。
あれだけ多くの人がいて、あの場で全員が意見を言うことは不可能です
私の意見がサポーターの総意ではないので、私はできるだけ多くの皆さんにその意思を伝えてもらいたいと考えていました。ただ私の力不足もあり、皆さんの気持ちを汲み取ることができず、やはり一部の人が話す状況が続いてしまいました
甲府をおもってあの場に残ってくれたすべての皆さんに、各自の意思を何とか佐久間さん、吉田さんに伝えてもらいたい。その気持ちが先走り、皆さんに挙手にて各自の意思表示をしていただくことになってしまいました

ただそれは間違った方法で、多数決をとったと思われても仕方がない
非常に軽率な行為だったと深く反省しています。申し訳ありませんでした


■『三連勝』という言葉について■
これに関しては、言葉が一人歩きして広まった印象です
あの場で、佐久間さんも吉田さんも、三連勝できなければ辞めるなんてことは、言っていません。
紆余曲折があった流れの中から
この状況で今から目標を達成する為には三連勝ぐらいは必要、そのための『三連勝』という言葉です

だからこそ吉田さんが三連勝と言った時、
できなかったら辞めるということなのか?との意見がでかけましたが、多くの方が「そんなことは言う必要はない!」と意見を遮り
「だったら三連勝できるよう応援を頑張るだけだろ、甲府を信じて昇格を目指そう!」「吉田監督を男にしよう!」と、やり取りを終えた、そう私は認識しています

当たり前のことですが
人事に関して決定をするのは、クラブ以外にはありえません
三連勝しても監督交代があるかもしれない。逆もありえる。どうなるかはわかりません


混乱を招いたこと
気持ちを伝える過程で、行き過ぎた部分があったことを反省し、謝罪いたします。
申し訳ありませんでした。



愛媛戦・千葉戦時に応援ミーティングを行いたいと思います
私から皆さまへ直接お話させて頂きたいと思います。説明不足な点や、松本戦でのこと以外でも、甲府の応援についての思いや意見、私およびHINCHASに対しての意見、要望でもかまいません。是非その場で皆さんの意見を述べてください。もちろんメイン・バック応援の方にも参加していただきたいと考えています。

場所時間は、インチャスHP等にて、追って告知します。


私のツイッター等は、しばらく停止します。
文字でのやり取りは誤解を招きやすく、お互いに気持ちがあればあるほど限界を感じます。
愛媛戦、千葉戦に来られない方でご意見のある方は、その他の試合でもかまいません、お声かけください
宜しくお願います。








cavk at 04:00
仙台戦 ゴール裏通信より愛媛戦