2005年03月12日

あずみ2 Death or Love

あずみ2 Death or Love(金子修介)
☆☆☆★ 2005(日)


「ゴジラ」も完結(と言う名の休止)した事だし「あずみ」もシリーズ化か?


今作の功労者は誰を置いても、世界のマタ・ヤマモトである事に依存は無いだろう
前作のダメダメスタッフを(一部を除いて)一新。キャストも含め、これだけの面子を集めたら完成度は押して知るべし

な、はずだったのだが

今作のA級戦犯は誰を置いても、素人水島力也である事に依存は無いだろう
数少ない前作から連続登板。こいつのホンさえなきゃ☆5つはもちろん、オールタイムフェイバリットになっただろうに

ご存知のように同一人物であります。なんでこんなにでしゃばりなんだ?「太陽を盗んだ男」のDVD特典でしたり顔で語ってる顔を思い出してむかつくったらありゃしない


僕の一番嫌いな「俺様哲学を全てのキャラ(観客にまで)強要してる」タイプ。そもそも刺客と忍者の違いは何よ?一緒なんて言うんじゃないだろうな?
[ながら]が死ぬシーンは「上手く伏線はれたぜ!」なつもりかなんか知らんが、力加減して油断を誘ったとか、忍術を使ったとかやりようがあるだろ?

前作のしつこいお涙頂戴もこいつのごり押しだったのかよ
今作はあずみが泣くシーンだけでいい。てか、ここだけの方が生きる。パンフによるとココは脚本に無い現場のアイデアらしいけど<やっぱり水島イラネ

更に真田親子が出てくるのに十勇士はどこ行ったの?上野甲賀衆をスライドさせればいいだけだろ。「野村祐人は猿飛かな?」とか思ってたら「侍Z」て舐めてんのか?


脚本のもう一人クレジットされているのが川尻善昭。ストーリーラインには絡まずキャラ設定とバトル担当と推測
「枯葉がえし」と「風閂」ははじめ、おそろしく素晴らしい仕事振り。これなら川尻アニメで観たかったと思うほど。しかし、これを実写ですることに価値がある。21世紀の則文を感じました
当然、実現させた重見成人及びスタッフもGJ
若干、荒いと言うか、「なんだかなぁ」な部分も散見するが、これを糧に実写忍者アクションの新たなる地平を切り開いて欲しい
今作は前作の原田芳雄のように殺陣が出来る人が居ないので、よりアクションの色が強かった

アクションを含めこの世界観を作り上げた金子修介が賞賛されるのは当然として、それを支えたスタッフ、松竹京都も称えるべき
これ東宝番線だけど松竹で撮られてるのよね。次作の敵役は北村一樹とカラコン入れた京本政樹のタッグだな


上戸彩は作らなくても画になる希有な存在。上記のシーンはリハ無しぶっつけ本番だったらしいけど、他のどんなに作りこんだシーンよりも素晴らしい
ラストの日本一アップの多い殺陣を成立させるのは上戸彩無くしては無理。ちなみにこのチャンバラも良かった
惜しむらくはセリフが致命的にダメなこと。これは経験でなんとかなるでしょ。これからにも大いに期待。高校教師やインストールみたいな役は素に近いんだろうね

遠藤憲一は最初「前作と一緒」と思ってたけど、前作のワンポイントと違って今作は続ける事によって馴染んでいき、上戸彩とベテラン勢の中和剤になってる

ベテラン勢は文句無しでしょう
プロレスラーや格闘家が映画に出ることはあまり良いとは思わないけど、謙吾は意外とよかった
宍戸開はお父さんとソックリになってた

天海の佐藤慶が降板してたが体調不良だろうか?続投して欲しかった。神山繁も良いけどさぁ


まぁ、ほとんどの人にはオススメ出来るとは思います
cawaiisadaboh at 22:46│Comments(2)TrackBack(15)邦画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. JENNIFER GARNER ジェニファー・ガーナー  [ 好きだ〜〜〜!! ]   2005年03月13日 09:33
「あずみ2 Death or Love」がやっと公開されましたね。 それにちなみまして、、 上戸彩ちゃんの可愛い凛々しさとはちょっと違い、 パワフル、グラマラス&セクシー^^w路線ですが、 ハリウッド版「あずみ」ともいえる「ELEKTRA」↓のヒロイン役の女優さんです。 http://w
2. あずみ2 Death or Love  [ AV(Akira's VOICE)映画,ゲーム,本 ]   2005年03月13日 17:24
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/a350b241317ff90825cf9c07915bc132
3. 「あずみ2 Death or Love」劇場にて  [ xina-shinのぷちシネマレビュー? ]   2005年03月13日 18:46
ファボーレ東宝で久しぶりに映画のはしごをしてきました。 まずは本日公開の『あずみ2 -Death or Love-』から。 『真田昌幸(平幹二郎)』を討つため、『あずみ(上戸彩)』は唯一生き残った仲間『ながら』と共に旅を続けていた。そんな二人の前に追っ手が現れる。追い詰
4. 「あずみ2」上戸彩、コスプレ女優化への懸念  [ エンタメ情報 メッタ斬りぎり ]   2005年03月13日 19:35
「あずみ2 Death or Love」 監督:金子修介 原作:小山ゆう 出演:上戸彩、石垣佑磨、栗山千明、小栗旬、高島礼子、平幹二郎 2年前に映画化された「あずみ」の続編。 前作で生き残ったあずみとながらが、戦国時代を終焉させるために真田幸村の暗殺を企て、幸村の
5. あずみ2  [ エモーショナル★ライフ ]   2005年03月13日 19:56
ゴジラの銅像を見た後「あずみ2」鑑賞。 予告編で「タッチ」とか「電車男」とか流れてました。 もうこういう映画の予告編流れるとは早いね。 以前より期待している「Mr.&Mrs.スミス」の予告が見れたのもうれしかった♪ 匁のあずみを今でも読み続けている原作ファンで.
6. 映画「あずみ2」  [ 鐚駕次鐚鐚居磁鐚¥自鐚 ]   2005年03月13日 21:05
上戸彩はやっぱりかわいい。高島礼子凄すぎる。そんな印象の映画でした。 前作の「あ
7. 試写会deナマ上戸  [ 偏魂 -カタヨリダマシイ- ]   2005年03月13日 21:29
大体において続編は面白くない、というのが相場ですが、ところがどっこい。あずみ2はとてもよかったです。栗山千明が出る、というのもとても楽しみにしていました。何役なんでしょうか?敵か見方か?オダギリジョーを超えるか?なんて勝手に創造を膨らませながら。 そして
8. 「あずみ2」  [ 青木英美のニライカナイ ]   2005年03月15日 12:11
「人がいる限り戦いはなくならない」 「あずみ2」=前作よりもヒューマン的要素が加わり、1とはまた違う世界観を堪能しました。と、同時にアニメ原作を映画化することの難しさも痛感。 「『主人公の魅力』これが肝だ」と、ずっとK大巨匠に言われ続けて、未だにその奥深さ
9. ■あずみってかぁ〜!違うデスよ  [ ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY ]   2005年03月16日 21:33
これは、どうしたものか・・・ 某所で見つけたのが、ツボにハマッテさァ〜大変。 笑い出したら止まらない。 これは、やはりご存知の方がいて、 当方は一等遅れているのかもしれないが、 それにしても巧いッ! 誰や、こんなの作ったの感謝状あげんといかんやろう
10. 上戸彩  [ BUG2 STORE ]   2005年03月18日 23:07
関連商品
11. 『あずみ2 Death or Love』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2005年03月21日 00:44
 「少女」を捨てる。 ■監督 金子修介 ■原作 小山ゆう ■キャスト 上戸 彩、石垣佑磨、小栗 旬、栗山千明、高島礼子、平幹二朗、永澤俊矢、遠藤憲一 あずみ(上戸 彩)は使命のため、共に修行をしてきた初恋の相手をも斬り、目の前で次々命を落としていく同士の屍
12. あずみ2−映画を見たで(今年118本目)−  [ デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと) ]   2005年10月08日 11:25
監督:金子 修介 出演:上戸 彩、石垣 祐摩、小栗 旬、遠藤 憲一、栗山 千明、高島 礼子、平 幹二朗 評価:70点(100点満点) 前回は2時間20分を越えたが、今回は1時間52分。 30分短くしたことは大いに評価されてよいと思う。 それでもまだ十分に....
13. あずみ2/Death or Love  [ Rohi-ta_site.com ]   2005年10月11日 02:22
DVDで、上戸 彩、小栗 旬、栗山千明、高島礼子、平幹二朗 出演の「あずみ2/Death or Love」を観ました。 ●ストーリー 戦国時代が終焉を告げ、世を二分する徳川と豊臣の戦いもいよいよ終盤を迎えていた頃、徳川に対抗する豊臣勢力を滅ぼす命を受けた刺客として、あ...
14. 【映画】あずみ2 Death or Love 上戸 彩 石垣 佑磨、小栗 旬 主演 小山 ゆう 原作  [ 映画&ドラマ&音楽deTRACKBACK ]   2005年11月10日 23:25
あずみ 2
15. あずみ2 Death or Love  [ シアフレ.blog ]   2006年07月07日 14:37
前作に比べるとストーリーやアクション性に乏しくなっていますが、今作では使命と恋の狭間で揺れるあずみの心情を中心的に描かれています。 全体的に迫力に欠けますが、様々な武器を使う忍びが数多く登場し繰り広げられる死闘はなかなか見応えがありました。 

この記事へのコメント

1. Posted by かんすけ   2006年07月08日 10:51
コメントありがとうございました。
前作はまぁまぁ楽しめたんですが、ちょっと今作はあまり楽しめませんでした(−−;
確かに、この面子で「SHINOBI」は観てみたいですねー(^^;
2. Posted by かわいいさだぼう   2006年07月08日 19:43
敵キャラだけなら今作を推したい所なんですが……

「SHINOBI」はアレでしたけど、アニメ版の「バジリスク」はオススメです

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
かわいいさだぼう
主食は「ニンジャ」「吸血鬼」「ダメ男」
リンクやコメント、トラバはご自由にどうぞ
御意見ご要望はコチラまで。
■を@に変えて送信してください。
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」