July 22, 2005

新入生だったあの頃

Stargirl 題名:Harry Potter Et L'Ecole Des Sorciers
 著者:J. K. Rowling
 イラスト:Emily Walcker
 ISBN: 2070518426  約78000 305p
 レベル:???
備考:邦訳:ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)
 オススメ度:★★★★★






額に稲妻型の傷を持った11歳のハリーは、おじ、おば、
従兄弟から邪魔者扱いをされている孤児。
ある日、ハリーの下に不思議な手紙が届いた。
それは、魔法界に存在するホグワーツ校の入学許可証。
これを境に、ハリーの世界が動き出す。

−−−


ハリポタおフランス版です。

本当は、スペイン語版が欲しかったのです。
以前、オペラ座の怪人をスペインで観て以来、
スペイン語に取り付かれてしまっているので(笑)
クリスティーヌの敵役、カルロッタがスペイン人という設定のせいか、
いやにカルロッタに力が入っているオペラ座ではありましたが...
それを差し引いても、スペイン語の魅力は強烈だった。
(ちなみに、CDならこれがおすすめ

ので、どうせならスペイン語でと思ったのだけれど。
オーディオCDがamazon.comに1巻のみしかなかったのです。
しかも、1巻だけで100ドル弱。
高い...

ということで、amazon.frにてフランス語版オーディオCDを注文してみました。
1巻:Harry Potter a l'ecole des sorciers
2巻:Harry Potter et la chambre des secrets
3巻:Harry Potter et le Prisonnier d'Azkaban
送料込みで111ユーロ也。
輸送は普通便で、注文後約2週間にて到着。

早速1巻を聞いてみましたが...
面白いかも。
通勤時に聞くと、柔らかい気持ちで仕事に取り掛かれるような気がします(笑)
いや、だって朝って寝ぼけてて刺々しいから。
電車が混んでるとますます...だし。
来週も取り組んでみます。

それにしてもこのやる気のなさがにじみ出たハリー、ロン、ハーマイオニー。
文化の違いなのか、それとも、本当に
イラストレーターにはやる気がないように見えたのか。
そこがまた良い味を出していると言えなくもないのだけれど。
まぁ、どこの国の本もハリポタの挿絵って変だけれど。

ちなみに、イタリア語版も頼んでみました。
注文したのはココ、iBS.it Internet Bookshop Italia
本を1〜5、オーディオCDを1、2巻。
しめて145ユーロで、こちらは120ユーロ以上は送料無料!!
しかもFedExなので、注文後5日にて到着。
イタリア時間では考えられない素早さ!!
こちらは、就寝時にLR。
なんだか目が冴えて眠れなかった。
懐かしきアッシジでの日々。

またヨーロッパに行きたい。


−−−

イタリア語は少し理解しています。
滞在経験とNHK語学番組にて勉強したので。

フランス語は全くの初心者です。
ベルばらを知っているくらいです。  
Posted by cay06310 at 19:01Comments(1)TrackBack(0)フランス語

July 17, 2005

敵か味方か?! 混血の王子

Stargirl 題名:Let That Be The Reason
 著者:J.K. Rowling
 ISBN: 0439784549  約150000 652p
 レベル:7
 備考:邦訳:ハリーポッターと混血の王子(仮題)
 オススメ度:★★★★★




ハリーは16歳。
O.W.L試験も無事パスし、魔法学校の6年生に進級する。
魔法省でのヴォルデモード一味との闘い以降、
ダンブルドアとの間に出来てしまった溝をハリーは埋める事が出来るのか?
混血の王子とは敵なのか、味方なのか?
そして、今回も悲しい事件が起こってしまうのか...

衝撃的エピソードで始まり、終わりまで目が離せません。

−−−

今回はUS版を購入してみました。
PBはUK版を購入するのだから、どうせならUS版を読んでみようと。

結論から言って。
私にとっては読みにくかったです。

慣れの問題なんだろうけれど、"と'の違いがうっとうしく感じたり、
(他のUS版を読んでもそう感じないのに、ハリポタでは感じてしまう...)
章毎の挿絵が気になったり...
英文自体はそれ程違いはないけれど、紙質などでも読みやすさは変わりますね。

でも、良かった点も二つ。
文字の大きさが読みやすかった(笑)
老眼のせいなのか、それとも近視がすすんだのか。
もう一つは、ハードカバーは開きやすい。
PBだと開くだけで腱鞘炎になってしまうから。
でも、今回も持ち歩きに耐える重さではないです。

ネタバレは...
まだ英訳を読み終えていない人も、邦訳を待っている人もいるので、
今は書かないと思います。
もうちょっとほとぼりが冷めてからですね。

もう一つ思い出した事。
うさじろうさんのところでAnimagusとは?で盛り上がったのです。
じゃ、思い通りに変身する事はできないのか?で???になっちゃったのですが...
出来ますよ、トンクスちゃんがそう、Metamorphmagusなんです。
あれこれ魔法が出てきて、覚えきれてません(笑)
ハリポタ、奥深し。  
Posted by cay06310 at 11:53Comments(6)TrackBack(0)レベル7

July 11, 2005

ヒップホップ文学

Stargirl 題名:Let That Be The Reason
 著者:Vicki Stringer、Vickie M. Stringer
 ISBN: 1886433852  約67000 247p
 レベル:5
 備考:邦訳:ワケありってコトで Hiphop★novels
 オススメ度:★★★★☆




主人公パメラはカルメンと偽名を名乗り、
幼い息子と自分の生活のためにスラムで生きる決意をする。
売春斡旋、盗品売買、麻薬密売、そして暴力。
生活できるだけの大金を手に入れたパメラはスラムを抜け出そうとするが、
かつての恋人チノから最後の仕事にと大掛かりな麻薬密売を持ちかけられる...


麻薬密売の罪で7年間服役した著者が獄中で書き上げた自伝的小説。
暴力、麻薬と言った目をそらしてしまいたくなるようなダークな裏社会を、
女性の心理描写に絡ませてリアルに描いている。
ヒップホップ文学の代表的作品(らしい)。
(英語ではHip-Hop-Lipと呼ぶらしい)

−−−

近所の図書館の品揃えがえらく良くなった。
区民税をしこたま払っている身としては、
こういうところで少しでも元を取らなくてはいけない。
我が家のお犬様は、
人間のお子様と違って医療費控除の対象にはならないのし。

しかし、働いている身としては週末しか図書館には行けない。
それでは全く元が取れないので、
早く帰れる日はギリギリでも図書館によることにした。
こういう時は本の選り好みなど出来ない。
とりあえず、端から適当に借りるのみになってしまう。
(これでいいのか?!)

で、たまたま手にしたのが今回のこの本。
ギャングとか(古い?)、マフィアとかには興味がないし、
ダークな裏社会物にも興味がない。
正直、自叙伝的なものにもあんまり興味がない。
選り好みしていたら、絶対に手にしないような本だ。

でも、読み出したら止まらない、引きつけられる何かがこの本にはあった。
それは、主人公パメラの心の葛藤が鮮明に描かれているからだろう。

彼女の悩み、戸惑い、そして未来の選択が手にとるように伝わってくる。
小難しくて言い訳がましいものではなく、
彼女の心の中全てをさらけ出した、
懺悔にも近い内容だったからなのかもしれない。

自分とは違った道を歩んだ人の軌跡を辿るのも、
私の人生の幅を広げてくれると言うことを改めて感じさせられた。

 おまけ
都内では、どこの図書館でも本を受け取ることが出来るサービスがあるらしい。
(ただし、ネットワークに参加している区のみだが)
あくまで、『らしい』。


もう一作オススメ
Stargirl
Black
邦訳:黒蝶―ブラック・バタフライ

主人公カイアの記憶に残るのは、血まみれになって倒れている父親と
血のついたナイフを手に持つ母親の姿。
母親からは虐待を受け、友人からは裏切られ、そして恋人にも見放されたカイア。
しかし、たった一人だけカイアを温かく受け入れてくれた親友シンファニー。
カイアは、シンファニーの支えのもと、本当の自分を探し出していく。  
Posted by cay06310 at 19:13Comments(2)TrackBack(0)レベル5

July 10, 2005

夏の乾いた日々

Stargirl 題名:The Secret Life of Bees
 著者:Sue Monk Kidd
 ISBN: 0142001740 約89000 302p+15p
 レベル:5
 備考:邦訳:リリィ、はちみつ色の夏
 オススメ度:★★★★★






舞台は1964年のサウスカロライナ。
父親と馬が合わないリリィの心のよりどころは死んだ母親だった。
しかし、ある日父親から、死んだのではなく家を出たのだと告げられる。
事実を知ったリリィは家を出、養蜂家の黒人姉妹の下に転がり込む。
そこで、リリィは自分の心を取戻していくのだった。

−−−

まだ2005年の上半期が終わったばかりだけれど。
この本を越えるものはもう今年は見つけられないかもと
感じてしまうくらい、読みながらゾクゾクしてしまった。
ゆったりとした夏の十代を思い起こさせるような素晴らしい1冊!!

親との確執、愛に飢える心、そして、自分自身を取戻すたくましさ。
まるで、本当に蜜蜂の羽音が聞こえてくるような錯覚に陥ってしまうくらい
美しい情景描写と、リリィの心理描写がたくみに描きこまれている。

英語を英語のまま味わえる多読をやっていて良かったと本当に思った。
邦訳も素晴らしいものかもしれないけれど、
ぜひ原作を、ありのまま感じ取って欲しい。  
Posted by cay06310 at 13:48Comments(0)TrackBack(0)レベル5

July 01, 2005

コージーミステリ

Stargirl 題名:Death by Darjeeling
 著者:Laura Childs
 ISBN: 0425179451  約75000 256p
 レベル:5
 備考:邦訳:なし
 オススメ度:★★★★☆






ここはチャールストン。
歴史を色濃く残す地区にあるインディゴ・ティー・ショップ。
オーナーのセオドア、お茶好きなドレイトン、
そしてお菓子好きな学生ハーレイ。

ハロウィンも近いある夜、歴史的建造物の公開と共にガーデンパーティが開かれた。
ケータリングを請負ったインディゴ・ティー・ショップは
いつもの面々に加えハーレイの友人ベサニィも借り出されて対応。
ところが、ベサニィが注いだお茶を飲んだ男が
テーブルに突っ伏すようにして死んでしまうのだった。

−−−


最近コージーな本にはまっている、
らしい。

このシリーズを読んでいた時、友人に『コージーな本だね』と言われた。
なにも知らなかった私は
『コージー??? 甘いもの出てくるけど...』ととぼけた事を言ってしまった。

人生失敗ばかりなんです >_<

コージー:居心地がよい、のんびりしている
なんて意味らしい。
私はコージーコーナーが頭に思い浮かんじゃったんだもの。

本格派ミステリがお好みの方には物足りないだろうけれど、
ゆっくりと時が流れるのがお好きな方にはぴったりな本。
風景も素敵だし、登場人物の人柄にも癒されるし。
巻末についてる紅茶の淹れ方も楽しめるし。

そして、このシリーズのもう一つのお気に入りはワンコ。
レトリバーとダルメシアンのmix犬アールグレイが活躍するのです。
アールグレイはただの犬ではなく公認セラピー犬。
そんな活躍も楽しめちゃうのです。
やっぱりワンコが出てくるのは最高♪

他にも最近はまっているコージーミステリ
Stargirl
Her Majesty Investigatesシリーズ
 イギリス女王のメイドが主人公
 全てフィクションらしいけれど、聞いた名前がちらほら
 邦訳:バッキンガム宮殿の殺人






Stargirl
Hannah Swensen Mysteriesシリーズ
 こちらはクッキー専門店
 邦訳版の挿絵も可愛い
 邦訳:チョコチップ・クッキーは見ていた






Stargirl
クッキングママシリーズ
 ご存知、コージーミステリの草分け的存在
 邦訳:クッキング・ママは名探偵  
Posted by cay06310 at 18:30Comments(2)レベル5

June 29, 2005

ジャックの謎

Stargirl 題名:Little House on the Prairie
 著者:Laura Ingalls Wilder
 イラスト:Garth Williams
 ISBN: 0064400026  約40000 335p
 レベル:3.5
備考:邦訳:大草原の小さな家 ― インガルス一家の物語(2) 福音館文庫

 オススメ度:★★★★★



−−−

大草原のシリーズが大好きだ。
親子でアメリカを東へ西へと旅して歩く。
時には一家全員が病気になってしまったり、
バッタの大群に襲われてしまったりする。

それでも挫けず、何事も神の思し召しと真摯に受け止め、
明るく楽しく生活するインガルス家。

その中でも一番好きなのはやっぱり大草原だ。

大きな森の家からインディアン居領地へ向かうインガルス家。
途中、愛犬ジャックとはぐれてしまったり、
落ち着いた土地でインディアンと遭遇したりとドキドキハラハラさせられる。
結局はインディアン居留地だということで、
また東へ戻る旅をすることになるのだが。

インガルス家は父チャールズ、母キャサリン、
メアリー、ローラ、キャリー、グレースの6人家族。
そして、愛犬ジャックがいる。

不思議なのが愛犬ジャック。
本文にはジャックはブルドッグだと何度か書かれているが、
挿絵は原作も邦訳もブルドッグとはかけ離れて見える。
ブルドックというと思いつく、ダブダブの皮が描かれていないのだ。

ずっと不思議だったので、開拓時代の犬に関して調べてみたら、
アメリカン・ピット・ブルテリアと呼ばれている犬種が多く存在したことがわかった。

このアメリカン・ピット・ブルテリアはダブダブの皮がないらしい。
とても闘争本能が強く、ヨーロッパなどでは法律で飼育が禁止されていたりする。

西部開拓時代に闘犬として賭け事に使われたのをきっかけに
より闘争本能の強いアメリカン・ピット・ブルテリアが作り出された。

ジャックもその血をもった犬の1匹だったのだろう。
しかし、家族にはとても忠誠心が強かったことや
普段はとてもおとなしい事などを考えると、
純粋なアメリカン・ピット・ブルテリアではなかったのかもしれない。

少し謎が解けた。
(私の勝手な想像だが)
でも、これ以上調べてしまったら、私が抱く大草原のイメージを壊してしまいそうなので。  
Posted by cay06310 at 12:38TrackBack(0)レベル3

June 26, 2005

ダレンシャン 新シリーズ

Stargirl 題名:The Land of Far Beyond
 著者:Darren Shan
 ISBN: 0007209835  約43,000 264p
 レベル:4.5
 備考:邦訳:デモナータ1幕 「ロード・ロス」

 オススメ度:★★★★★





デモナータ1幕の主人公は天真爛漫なグラブス少年。
幸せな生活を送る彼にある日悲劇が襲いかかる。
人間界にはいないはずの悪魔によって破壊された彼の未来。
グラブス少年はこれからどうなっていってしまうのか...

−−−

待ってました!!
ダレンシャンの新シリーズです♪

今回も天真爛漫な少年の運命が180度逆転。
グラブス少年は今後どうなってしまうのか?
しかも、このシリーズには主人公が3人いるらしい。
1巻にはグラブス少年しかでてこないということは...
今後の彼がますます心配。
最後まで活躍できるのか?!


ダレンシャンの何が好きかって、あの独特の引き込まれる世界。
今回も、一度入ったら抜けられないテンポの良さですよ。
ちょっと物足りない部分もあったけれど、次作以降で埋められるのでしょう。
でも、この物足りなさが次作への渇望につながるんですよねぇ。
一度はまったらやめられない、そんなとこが良いのです。

今回購入したのはPBの大型版。
ハードカバーとほぼ変わらぬ値段ですが、廉価版PBが出るまで待てませんでした。
だって、もう邦訳も出てるんだもの〜
原作で読む快感が減っちゃうじゃないですか。
2巻は年明けらしいのですが...
待てない〜  
Posted by cay06310 at 11:05Comments(2)TrackBack(0)レベル4

June 21, 2005

宗教 ピルグリムファーザーズ

Stargirl 題名:The Land of Far Beyond
 著者:Enid Blyton
 ISBN: 1901881229  約34,000 224p
 レベル:4.5
 備考:邦訳:なし

 オススメ度:★★★★☆



John Bunyanの『The Pilgrim's Progress』を基に描かれている。
3人の子どもたちが紛争中の都市から逃げ出し、
海の向こうの平和で心落ち着ける土地へ目指して旅をする。

−−−

まんま、ピルグリムファーザーズ。
イーニッドブライトンが、子どものために分かりやすく書き直しているものですしね。
アメリカやイギリスの子どもたちにとっては、とてもメジャーな本のようです。
日本でいう道徳の教科書(今はもうないのかなぁ?)のような役割かな。
アメリカなどは、公立校での宗教の時間は公には認められていないようですが、
それでも自主的に参加しているという形で授業が行われているようですし。

残念ながらプロテスタントではないので、
感動したとまでは行きませんでしたが、
それでも、基本となる部分は理解できたかなとは思いました。

大草原のローラも宗教と密な生活が描かれていてとても興味深いけれど、
この本のようにターゲットを絞った内容も面白い。
それが、子供向けにアレンジされているというのがまた良い感じ。

せっかく英語多読をするのだから、英語圏の生活に沿った本を読むというのも良いのかも。  
Posted by cay06310 at 12:48Comments(0)TrackBack(0)レベル4

June 14, 2005

小学生探偵3

Stargirl 題名:Emil and the Detectives
 著者:Erich Kastner
イラスト:Walter Trier
 ISBN: 0099413124  約35000 218p
 レベル:5.5
 備考:邦訳:エーミールと探偵たち
 オススメ度:★★★★☆







−−−

ケストナーの作品が大好きで何度も読んだ。
特にお気に入りなのが、二人のロッテと点子ちゃんとアントン。
残念ながら、どちらも英訳版は絶版らしい。
(amazon.comのusedや赤い靴にはあるが)

ちょっと前にサザンテラスの紀伊国屋に寄ったら、
ドイツ文学作品の特集コーナーがちんまりと開かれていた。
ドイツ語は、学生時代に第2外国語としてとっただけだったけれど、
あの挿絵に負けて購入(笑)

Stargirl
どうせならと、amazon.deにCDも注文。
でも、よく確認しなかったからUnbridgeではなくドラマ仕立てだった(笑)
これはこれで楽しく聞いているけれど。


momoのドイツ語版は日本で販売されているものと同じ表紙なのだけれど、
英訳版は表紙が違うんだよねぇ。
あれがイヤで、momoはまだ購入していない。
本家版表紙にならないのかなぁ...



Stargirl
話しがかなりそれた。
いきなり完訳もよいけれど、GR版も味が出ててオススメ。
英訳版がなくなってしまう前にぜひケストナー作品を読んでみて下さい。

GR版:Emil and the Detectives  
Posted by cay06310 at 12:37Comments(2)TrackBack(1)レベル5

June 12, 2005

小学生探偵2

Stargirl 題名:Adam Sharp:the Spy Who Barked
 著者:George Edward Stanley
イラスト:Guy Francis
 ISBN: 0307264122  約2500 44P
 レベル:2
 備考:邦訳:なし
 オススメ度:★★★★★



主人公アダムは8歳の小学生。
しかし、実はIM-8という秘密機関のスパイなのだ。

学校で、アダムのお弁当箱が盗まれた。
そのお弁当箱は、実は最新コンピュータ搭載だったからさぁ大変。

アダムはお弁当箱を追ってオランダへと飛ぶのだった。

−−−

このシリーズは、RANDOM HOUSE
Magic Tree Houseをはじめ、STEP into READINGやJunie B
Marvin RedpostNate the Greatといった有名どころの作品が多い出版社。

その中でもイチオシがこのアダムシャープシリーズ。
物語自体は子供向けスパイ物といった感じ。
でも、007を意識したつくりになっていて、
ボンドガールならぬアダムガールが毎回現れ大活躍したり、
ありえない!!と笑いながら読めるのがこの物語の良いところ。

Nate the Greatのようにオシャレな感じは無いけれど、
これはこれで愛着がわく挿絵でもあるかなぁ。

いつでもどこでもタキシード姿(5巻でカウボーイになるけれど)も可愛いし、
あの目つきもまた愛嬌が...
腕毛ボウボウの同級生なんかが出てくるところは、
日本には無い感覚かも(笑)

参考サイト:KIDS@RANDOM  
Posted by cay06310 at 08:31Comments(0)TrackBack(0)レベル2

June 10, 2005

小学生探偵1

Stargirl 題名:Chasing Vermeer
 著者:Blue Balliett
イラスト:Brett Helquist
 ISBN: 0439372976  約35000 254p
 レベル:3.5
 備考:邦訳:なし
 オススメ度:★★★★★







舞台はシカゴ。
大学付属小学校の同級生ペトラとカルダーは、
課外授業の博物館研修で意気投合する。

その博物館研修で観たフィメールの絵画が盗まれた!!
犯人は、そして絵画は?!

二人は謎解きに立ち向かう。


−−−

Scholasticの本が大好きなのです。
日本で言うところのポプラ社かな。
教育的なことをうまく埋め込み、子どもを大活躍させる。
という王道パターンの本を売る出版社。

このScholasticの本と一般PBを織り交ぜながら多読をする、
いわゆるSSS的にはパンダ読みが私には絶大な効果があった。

レベルを決めてしまってた頃はしっくりこなかったけれど、
難しいものにチャレンジしつつ、簡単なもので穴埋めしていくと、
不思議と英語の幅が広がったし。

優しい本、特に児童書などは、西洋の文化や、生活様式も垣間見れるし。
この本もシカゴの町並みや、学校生活が描かれていて興味をそそられた。
特に、博物館研修の様子などは読んでいてとても楽しかった。

ここまできて気づいた人も多いと思うけれど。
絵画、謎解き...

そう、この本の宣伝文句は、
『子ども版DaVinci Code』

そんなところもまた楽しい。
続刊に期待大!!

参考サイト
Scholastic社:Scholastic
Scholastic社:本の紹介ページ
Chasing Vermeer:pentominoes
  
Posted by cay06310 at 12:04Comments(2)TrackBack(0)レベル3

June 09, 2005

生と死

Stargirl 題名:The Old Woman Who Named Things
 著者:Cynthia Rylant
イラスト:Kathryn Brown
 ISBN: 0152021027  約500 32p
 レベル:3
 備考:邦訳:なし
 オススメ度:★★★★★




『キッズ(だけにじゃもったいない)ブックス』 より抜粋
友人もなくなりひとりひっそりと暮らす老婦人は、
自分のまわりにある「物」すべてに名前をつけて寂しさを紛らわす。
古い車には「ベスティ」、毎日座る椅子には「フレッド」、
家には「フランクリン」、そしてベッドには「ロクサンヌ」。
もうこれで寂しくないわと暮らし始めたある日、1匹の子犬が迷い込んで来る。
子犬をかわいがる主人公。そしてこの子犬が突然老婦人の前から姿を消したとき、
老婦人のなにかがゆっくりと溶け出してゆく。

−−−

テーマは老い。

主人公のおばあさんは、居心地の良い「もの」で身の回りを整え、
快適に暮らしている。

しかし、そこに生ある「もの」が迷い込んでくる。

おばあさんの戸惑い。
そして、生への渇望。
おばあさんが気がついた時、もう子犬は姿を消してしまって...

自分が老いたときを考えちゃいました。
このおばあさんのように穏やかに過ごせるのか。
生と死と向き合うことが出来るのか。

一語一語がしみてくる絵本って、奥が深いです。

Stargirl 題名:キッズ(だけにじゃもったいない)ブックス

やさしい英語の本がたくさん紹介されています。
また、紹介している物語に出てくる関連サイトなども紹介されていて、興味を書き立ててくれます。
参考サイト:KID's BOOKS
  
Posted by cay06310 at 12:13Comments(0)TrackBack(0)レベル3

June 08, 2005

ペットロス

Stargirl 題名:さようなら、ラブ子
 著者:よしもと ばなな
 ISBN: 4101359237  約xxx 317p
 レベル:xx
 備考:著者の公式サイト:よしもとばなな

 オススメ度:★★★★☆






著者の日記。
普段の生活や、息子のことなどが綴られている。
その中に、13年ともにした愛犬ラブ子の発病から死に至る事実を
著者自身が受け入れる過程が描かれている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
よしもと ばなな
1964(昭和39)年、東京生れ。日本大学芸術学部文芸学科卒。
’87年「キッチン」で「海燕」新人文学賞、’88年単行本『キッチン』で泉鏡花文学賞、
’89(平成元)年『TUGUMI』で山本周五郎賞をそれぞれ受賞。
海外での評価も高く、イタリアのスカンノ賞、フェンディッシメ文学賞を受賞。
『アムリタ(上・下)』(紫式部文学賞)『不倫と南米』(ドゥマゴ文学賞)など著書多数。
2002年8月の『王国その1 アンドロメダ・ハイツ』刊行より、
「吉本ばなな」から「よしもとばなな」に改名した

−−−

はじめに。
これは、著者が公式サイトに掲載している日記を文庫化したものです。


愛犬が虹の橋を渡って先に逝ってしまう。
これほどつらい事はない。

たかが犬、されど犬。
1日でも一緒に暮らせば、別れはその倍以上にもつらくなるものだ。

ペットブーム到来の中、ペットロスという言葉も認知され始めた。
それでも、いつかは自分にも訪れるペット、いやコンパニオンドッグとの別れは
考える事はおろか、受け入れることなど私には到底出来ないように思う。

生あるもの、いつかは必ず死が訪れる。
全ての死が穏やかである事を願わずにはいられない。  
Posted by cay06310 at 12:13Comments(0)TrackBack(0)和書

June 07, 2005

世界最古の主人公

Stargirl 題名:The Clan of the Cave Bear
 著者:Jean M. Auel
 ISBN: 0553250426  約120,000 582p
 レベル:5.5
 備考:邦訳:ケーブ・ベアの一族 (上) エイラ-地上の旅人 (1)

 オススメ度:★★★★★




クロマニョン人の少女エイラは家族と離れて遊んでいるうちに、大地震に遭遇する。
家族を探すも見つからず、途中でであったネアンデルタール人に拾われ生活を共にする。
旧人類たちからは差別や偏見を受けるが、すばらしい知能そして、
母親代わりのイザの薬師としての高い地位に守られ、
自らも薬師としての地位を築き始めるのだが...

−−−

久しぶりに行ったSSSのオフ会で、たまたま話題に上がった本。
しかし、これが実に良く出来ているのです。

まずね、5部まであるのだけれど引っ張りがうまいの。
1巻も、え?!そこで終わってしまうんですか?
これからエイラはどうなるの???と気をもませてくれるし(笑)

そして、旧人類と新人類の共生。
これって、どこまでがノンフィクションでどこからがフィクションなのか...
(そりゃ物語ですからフィクションですけど)
設定は史実に添っているらしいけれど。
その辺も、興味をそそられるんです。

邦訳版も新版、しかも今回は完全翻訳での出版との事で、出版社の気合の入りようは圧巻。
エイラ地上の旅人

キャッチコピーもすごすぎ。
 全世界3500万ヒットシリーズ、完訳で登場!
 3万5千年前、クロマニオン人の少女が、ネアンデルタールの一族に拾われる。
 29カ国で翻訳され、最古のヒロイン「エイラ」の名で読者を魅了した壮大な愛の物語が、
 初の完訳本で日本に上陸!
  
Posted by cay06310 at 12:06Comments(2)TrackBack(0)レベル5

June 06, 2005

児童書でミステリ

Stargirl 題名:The Mystery of the Burnt Cottage
 著者:Enid Blyton
 ISBN: 1405203935 約34,000 216p
 レベル:3
 備考:邦訳:ミルトン屋敷の謎 五人と一匹 (1)

 オススメ度:★★★☆☆





ピーターウッド村にあるMr.ヒックのコテージが火事になった。
ラリィとデイジィ兄妹は家を抜け出し現場に駆けつける。
そこで、ホテルに滞在している少年ファットとスコティッシュテリアのバスターに出会う。
翌日、グーン巡査から放火の疑いがあると聞き出した兄妹は
親友のピップとベッツの兄妹とファットと共に少年探偵団を作り、事件解決に挑む。

−−−

お気に入りのイーニッド・ブライトンの作品。

子ども向けミステリだけあって、すぐに展開が読めちゃいます(笑)
でも、そこがまた可愛い〜♪
そして、何よりもバスターが折こうさんで可愛すぎる♪♪♪
どうして外国のワンコってこんなにも飼い主に忠実なんでしょう。

少年探偵団なんてとこは、コナン君に似てなくもないけれど、
謎解きはあんなに高度ではありません。
足元にも及びません(笑)

SSSで多読をはじめて、そろそろ児童書に本格的に入りたい
って言うときにはもってこいの本です。
ただ、展開が甘すぎるので★3つ。  
Posted by cay06310 at 12:45Comments(0)TrackBack(0)レベル3

June 05, 2005

日本の文化 manga

Stargirl 題名:Nodame Cantabile
 著者:TOMOKO NINOMIYA
 ISBN: 0345481720 約4,000 208p
 レベル:3
 備考:邦訳:のだめカンタービレ

 オススメ度:★★★★★





カプリチオーソ(気ままに気まぐれに) カンタービレ(歌うように)
不思議少女・野田恵(のだめ)の奇行を見よ!
クラシック音楽コメディ!!

出版社/著者からの内容紹介より

−−−

のだめが英訳された!!
残念ながらのだめ語は表現しきれていないけれど、
それでも楽しさは伝わってくる〜

mangaの中でも台詞は短めだし、一文も短めだから
初めてのmangaにはオススメ。
クラシック専門用語も難なく頭に入ってきちゃうしね。

予約受付中
Nodame Cantabile 2 7月発売予定
Nodame Cantabile 3 11月発売予定
Nodame Cantabile 4 2006年1月発売予定

  
Posted by cay06310 at 20:48Comments(0)TrackBack(0)レベル3

November 25, 2004

推理小説

Stargirl 題名:The Dante Club
 著者:Matthew Pearl
 ISBN: 0099465981 11,000 372p
 レベル:5.5
 備考:邦訳:ダンテ・クラブ

 オススメ度:★★★★☆




ダンテ・クラブ。それは、ダンテの作品を研究し、英訳した人々が集まった実在した文学集団。
『神曲』の英訳中にボストンの文壇たちからのサポートも得、完成間近まで来たある日、
地獄篇の劫罰に酷似した猟奇的殺人事件が起こる。
クラブのメンバーしかわかるはずのない殺人内容。
苦境にもめげず、クラブメンバーたちは犯人との対決に挑む。
−−−

多くの人と同様、私もThe Da Vinci Codeからこれにたどり着きました。
The Da Vinci Codeの作者、Dan Brownが絶賛していたから。

それに、表紙が良かったから(笑)

話の展開的にはThe Da Vinci Codeのほうが良かったかな。
スピード感がよくて、続きが気になって読むのを止めることができなくなっちゃたほどだし。
それに、話が小難しい風な割には、実は簡単であっさりしているから読後感もよく、
読んだ!!って満足感が十二分に得られた。

それに比べてThe Dante Clubはスピード感がまるでなし。
その分重厚さが漂っていて、落ち着いて楽しめるのはこっち。
これが処女作らしいから、後半の崩れも今後に期待でカバーかな。
南北戦争直後のボストンの雰囲気も良く描けているし。
私は、元は取れるくらい楽しめた。

もっと宗教的要素が高い推理小説を希望なら、
ちょっと古いけれどThe Name of the Roseの方がよいかな。
The Dante Clubは宗教だけがメインと言うわけではないから。

薔薇の名前はDVDもあるけれど、字幕でもめてるんだよね。
作品としては問題なく素晴らしいのに。
うーん、残念!!  
Posted by cay06310 at 19:06Comments(0)TrackBack(0)レベル5

November 12, 2004

大人こそ楽しめるお話

Stargirl 題名:Shrek
 著者:Ellen Weiss
 ISBN: 0141312491 約32,000 136p
 レベル:3.5
 備考:邦訳:シュレック
    DVD:シュレック & シュレック 2 ツインパック

 オススメ度:★★★★★



人里離れた沼のほとりにひっそり暮らす緑色の怪物"シュレック"のもとに、
ある夜、横暴なファークアード卿によって追放されたおとぎ話のキャラクターたちが押しかけてきた。
「怪物にだってプライバシーはあるんだ!」憤慨したシュレックは、
ファークアード卿に掛け合う約束をし、追手の役人から助けたおしゃべりロバ"ドンキー"とともに出発する。
一方、ファークアード卿は、正統な王位を継ぐべく、妃となる王女を探していた。
彼が白羽の矢を立てたのは、ドラゴンの城に幽閉されているミステリアスな美女フィオナ姫。
姫を救出する兵の選考競技会へ乱入したシュレックとドンキーは、
ひょんなことからファークアード卿の命で姫の救出に出るはめになった。
ところが、決死の救出劇で助け出した姫には"本当の美しさ"にまつわる重大な秘密が隠されていた…!?
果たして彼等の運命は…。

「BOOK」データベースより

−−−

地上波初登場ということで、テレビでやってましたね。
見ました?

私こういう隠れパロディ大好き〜♪
あれもこれも隠れてる=裏にいろんな意味が隠されているって言うのが面白い。

これくらいのレベルの本だったら、途中途中で意味を考えて読むのもまたいい感じ。
映画では見落とした事も拾えるし、逆に文字だけじゃわからないものを映像でも補強できる。

何度見ても新しい発見があるお話です。  
Posted by cay06310 at 19:05Comments(0)TrackBack(0)

November 11, 2004

夢と希望

Stargirl 題名:Different Seasons
 著者:Stephen King
 ISBN: 0451197127 約135,000 508p
 レベル:6.5
 備考:邦訳:恐怖の四季 春夏編

 オススメ度:★★★★★



トッドは明るい性格の頭の良い高校生だった。
ある日、古い印刷物で見たことのあるナチ戦犯の顔を街で見つけた。
昔話を聞くため老人に近づいたトッドの人生は、それから大きく狂い…。
不気味な2人の交遊を描く「ゴールデンボーイ」。
30年かかってついに脱獄に成功した男の話「刑務所のリタ・ヘイワース」の2編を収録する。
キング中毒の方、及びその志願者たちに贈る、推薦の1冊。

「BOOK」データベースより

−−−

映画好きなら知らない人はいないショーシャンクの空に
でも、この原作がDifferent Seasonsに収められている1編:夏編と知る人は少ないのでは?
結末も映画とは少し異なり、私は小説のほうが好き。

このDifferent Seasons、もう1編:春編はあのゴールデンボーイ
邦訳:ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編

そしてDifferent Seasons (Signet)秋冬版の秋編はスタンドバイミー
残念ながら冬編:マンハッタンの奇譚クラブだけが映画化されていないのです。
この冬編がドキドキしていいんですけれどねぇ。
邦訳:スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編  
Posted by cay06310 at 19:04Comments(0)TrackBack(0)レベル6

November 08, 2004

プラチナブロンドにメロメロ♪

Stargirl 題名:Harry Potter and the Chamber of Secrets
 著者:J.K. Rowling
 ISBN: 0747532745 約85,000 251 p
 レベル:6.0
 備考:邦訳:ハリー・ポッターと秘密の部屋

 オススメ度:★★★★☆



ホグワーツで2年生になったハリー。
ダーズリー家では相変わらずのけ者扱いされ、
ホグワーツの友人たちからは手紙すらこない。
そんなある日、親友ロンが双子の兄フレッド、
ジョージとハリーを助けにくる。
ホグワーツでの2年目の生活が幕を開けた。

−−−

これほど読むのに苦労した本は初めてです。
読破するのに1週間。
はじめに読んだ内容なんて忘れてるんじゃない?!って感じでした。

この本、学生時代に友人に進められて読んでいました。
今回、1巻の邦訳をたまたま読む機会があって、それなら2巻も再読しようと手にとったのです。
でも、2巻の邦訳買うほど余裕はなかったので、
もともと持っていたUK版を。
でも、読み出したらなんだか英語を英語のまま受け入れられず、
一文一文和訳して読んでしまってたんです。

なんとか英語脳に切り替えようと苦戦。
DVDを見てイメージを変えたらといいんじゃない?というアドバイスで、DVDで補強。
賢者の石のほうはDVDの違いって詳細をはしょってあるくらいだったのだけれど、
秘密の部屋のほうはの内容からちょっと外れ、
DVD独自のアレンジでちょっぴり混乱。

でもますます単語、とくに魔法用語や名前なんかが気になってしまって(笑)

1巻の邦訳がよほどつぼにはまってしまったようで、
なんて訳すんだろう(訳しているのだろう)???って気になって進まなかった。
ついつい電子辞書を使い、1で出てきた言葉から連想し...
で1日1、2章ペースになってしまいました。

この読み方、SSS的にはどうなんだろう?ってなってしまうのだろうけれど、
苦労した割には私的には面白かったかも。
邦訳版アメリカ版も買って読んでしまおうか位の勢い。
頻出してくるloveの使い方、イギリス版とアメリカ版で違いがあるのかかなり気になるところ。

そうそう、今までハリポタを英語で読む系の本って軽視していたのだけれど、
今回手に入れた解説本はなかなか良かったです。

ほかの本と違って単語の意味の羅列だけにとどまらず、
現代っ子たちの口調の説明やコックニーのちょっとした説明、解説などがあり、
ハリポタ以外にも興味深く読めました。
なかなかお勧め。

ってことで、今回はハリポタよりも解説本に★★★★★
ついでに、マルフォイ役のトムフェルトン君も★★★★★
ほかにも、アンナと王様のジョディフォスターの息子役などにも出演していたとか。
トムフェルトン君の公式サイトのブログも熟読しちゃいました。
なんか本読むよりも張り合いが出てきた感じ(笑)  
Posted by cay06310 at 19:03Comments(0)TrackBack(0)レベル6