IMG_2331


ある年を境に一気に流行ったのがピストバイクと呼ばれる、Fixed gear Bike。それまでBMXこそ自転車と言い張ってた俺だったが、T19のシンゴやキックスくん、スノーボーダーのウエさん(植村能成氏)らが乗ってたことや、当時トランスワールドジャパン勤務だったので周りもピストライダーが増えてった影響で興味を持って同僚から名車、『3 Rensho』のヤレたフレームを譲り売ってもらった。この頃撮影で知り合ったT19のオオさん(大滝ひろし氏)がまた情報に詳しくて。情報だけでなくカルチャーにも詳しく、この頃サンフラスシスコでブイブイ言わしまくってたMASHの存在なんかも教えてもらったり。そんなオオさんのピストも本当にパーツのセレクトからセンスが良い上にシブくて、この人からはいろんなものを吸収させてもらった。ちなみに今、中目黒の事務所に置いてるBMXのS&Mの24インチもオオさんの影響だ(この話は今度また)。ピストのフレームはかなり年季が入ってヤレてたけど、曲がりもなく状態は良かったので、オオさんの紹介で当時まだ神宮前にあったCARNIVALに出向き、いろいろパーツを揃えて組んでもらってマイバイクが完成した。昔からいろんな乗り物が好きだけど、自分でいじれるのはスケボーだけ。自転車は空気入れるのとサドルの高さ調整するくらいしかしないので、セッティングはプロに任せるのだ(笑)。
初めて乗るFixed gearに違和感を感じるも、それすら心地よく、とにかく細いタイヤのスピード感は爽快そのもの。一漕ぎでどんだけ走るねんってくらいスイスイ走る。まさしくコンクリートジャングルを駆け抜ける最高の1台だ。BMXの鬼漕ぎとは対照的だ(それはそれでいいのだが)。しかもFixed gearだけに足は常にペダルと同期してるから下り坂で高速回転になり、危うく死にそうになった経験がある。

爆発的に広がったピストブームだったが、ノーブレーキが故に日本中のあちこちで事故も多発。R246では死者も出たそうな。そんなことで現在はFixed gearでもブレーキ装着が義務化され、もしノーブレーキで走ってるのがバレたら切符を切られるという事態になった。アホらしい。

ピストの乗り心地は抜群だったけど、ブレーキつけるならなにもFixedじゃなくていいやんって思ったし、都内の道路ではピストに対してだけ警察の過剰な取り締まりもあったのでマイバイクからは距離を取るようになった。ただ、それなりに愛着を持って作り上げたバイクだけに人に譲るのももったいなくて、このチャリだけは今も会社のガレージに眠っております。近々空気入れて久しぶりに走ってみるか。