DSC_9040
GO BIG 2010 SAMEGAWA Rd / Photo by Jason Halayko


歴代チャンピオン

今大会のポスターなどのビジュアルには10年の歴史を感じることができる過去の王者の名を記した。昨年は強風のためノーコンテストとなり、はじめて王者不在の年となったのだが、それ以外の8大会は3人のレジェンドしか栄光をつかめていない。

まず最も優勝回数が多いのがダイスの5回。ここぞという時のダイスの集中力は凄まじく、このGO BIGではダイスの勝負強さが際立ってきた証である。

そして2011年、2015年と2度制した釘村孝太。彼もまたこの大会にかける思いは特別で、ベテランとなった今もなお、他のライダーたちの誰よりもこの場所での勝利を狙っている。

以外に知られてなかったのが英吾の優勝が1回ということ。発起人でありながらも、怪我で出場辞退を余儀なくされたり、攻めすぎてクラッシュしたり、なかなか結果が出なかった。それほど英吾はこのGO BIGに対する思いが強く、運営やオーガナイズを務める傍、常にライダーとして本気で勝ちにいっていたのだ。

「世界で戦う前に日本一にならないとね」。

よく英吾はこんな話をしていた。GO BIGがただのローカルコンテストではなく、GO BIGこそ真の"日本一"を決める大会ということを身を以て証明し続けていた。この思いはダイスや孝太も同じで、GO BIGのタイトルというものは単なる称号ではなく、その年、最もGO BIGに攻めたライダーに送られる栄誉なのである。

果たして今年は新たな王者が生まれるのか?それともダイスや孝太が記録を更新するのか?10周年大会の結末が今から楽しみでならない。



11/4(土) GO BIG 2017 / at オフロードビレッジ
前売り券はローチケにて絶賛発売中!

GO BIG公式サイト