image

フォークアウターの下に六角のドレンボルト

これが固くて外れないと様々な車種で言われている










image

手持ちのじゃ届かない

長い方を指すと持ち手にエクステンションを付けれずに回せない...






σ(・ω・*)んと…










image

コイツを買ってきた!



image

image

これでやってみた!










万力がいるわっ!
ヾ(´□`* )ノ



専用の回り止め工具がない人は、インナーチューブを押し込んだ状態で緩めるらしいが、アウターチューブが回らないように片手で押さえるとレンチが回せないw









そんなこともあろうかと...



image

次はコレ!



ガレージ内装作業で借りているインパクトがあるのだよ(ΦωΦ)フフフ…
(いつものトライク知人より拝借中)










image

がっがっがっ!







image

緩んだぞーー!

このインパクト、知人が大工さんからもらったプロ仕様らしいので打撃力が違うのよね!










image

中から出てきた!








image

バラバラに出来た!










image

ダストリップを抜いて




image

ここが原因か!











image

外れ防止のスプリングを外す








image

磨いてみたら綺麗だったので再使用だな!








image

オイルシールを抜いた

見た感じは摺動部のリップが切れている様子はないので、サビなどの異物が噛みこんだのかもと思ってインナーチューブを確認してみたら....









image

縦キズがあった!


キズと言っても『擦れた跡』のようだ

爪で引っかからないのでちょっと磨けば良さそうだ





このへん判断は前職が自動車メーカーの変速機部門にいたので役立つな(笑)

変速機にもオイルシールが使われているので、こんな感じの不具合は腐るほど見てきたわ( ´∀`)ハハハ



さて、はずしたパーツをとりあえず洗浄しておくか!
(๑•̀ㅁ•́ฅ✧