2008年09月25日

[インタビュー] グレシアファイナル製作現場に行く - Playforumより

[インタビュー] グレシアファイナル製作現場に行く - Playforumより

この世界の西方にある‘グレシア’大陸。歴史の中で遠い過去にシュナイマン皇帝がシーレン崇拝者たちを追い出した地であり、それよりもっとずっと前には巨人たちがその文明を派手に開花させた地。しかし今のグレシア大陸は巨人たちの跡だけがぽつんと残されたまま、シーレン崇拝者たちによって暗い機運が全てのものを覆い尽くす絶望の大陸だ。その悪意の機運は海を渡りエルモアデン大陸まで影響を与えるようになり、アデンの多くの賢者たち、あるいは予言者たちは巨大な悪意の機運によって生成されたシーレンの空間を‘カマロカ’、その魔物を‘カヌス’と名付けた。グレシア大陸全体を覆い尽くしてなお足りず、カマロカという空間を作り上げた悪意の機運によって死の世界へ成り果てようとしている危機のグレシア大陸。結局グレシア王国では敵対国であるエルモアデン王国に救援を要請するようになり、そこで苦しむ人々を救うためにエルモアデンのリーダーたちは参戦勇士を募集して救援兵を派遣する事にする…(以下略)

●グレシアファイナル製作現場に行く!!

グレシア Part 1、Part 2を経ていよいよグレシアの終わりを飾る Finalアップデートを控えているリネージュ2。グレシアファイナルは上のストーリーのように危機に落ち込んだグレシア大陸を求めるための勇者たちの話から始めるようになる。危機のグレシア大陸を求めるための未来の勇者たちの手助けになるためプレイフォーラムで特別にリネージュ2 開発チームを直接尋ねてみた。グレシアファイナルアップデート日程に合わせてアップデート準備に玉の汗を流しているリネージュ2 開発チームを尋ねてみよう。

今回のグレシアファイナル開発チーム探訪インタビューにはリネージュ2開発室ゲームデザイン ハンゼヒョクチーム長、リネージュ2事業チーム シンヒョゾンチーム長、リネージュ2開発室アートチーム バクゾンフンチーム長が参加して下さった。

グレシアファイナル製作現場に行く 1
左側からハンゼヒョク開発チーム長、シンヒョゾン事業チーム長、バクゾンフン アートチーム長

グレシアファイナル製作現場に行く 2
リネージュ2 開発チーム事務室の全景


こちらがリネージュ2の開発が成り立つ開発室だ。初めには何か珍しいのがあると予想したが、平凡なオフィスの建物とあまり違わなかった。(ただ1階にある保安デスクは例外-_-)あちこち開発チーム事務室を見回す中記者の目を捕らえる珍しい品物が目に入って来た。浮き草のように見える正体不明の物体!

グレシアファイナル製作現場に行く 3

「これは何でしょうか?」という記者の質問に、グラフィック作業時の光の反射を防ぐための用途で使うひさしのような幕という親切な返事を聞くことができた。モニター画面で蛍光灯の明りが反射すればグラフィック作業をまともに行うことができないし、目に大きい負担をかけるため強烈な光を遮断する事務用日傘と思えば良い。

グレシアファイナル製作現場に行く 4
どんな用途で使われるかすごく知りたい拡声器


開発チーム内部はその他事務室と特に違うことがなかった。一つ珍しい点を見つけることができたが、正午になると事務室内部照明が全て消灯されることを確認することができた。エネルギー節約運動の一環で実施する節電だと言う。一日中電気をつけておく記者の事務室とは少し比較になった(-_-)

今度は開発チーム事務室で直接取るぽかぽかしたグレシアファイナル関連イメージを捜してみる事にした。あちこちきょろきょろと見回す途中記者の目に捕捉された慣れた光景!! すぐログイン画面で見られる飛行船イメージ作業現場だった。


グレシアファイナル製作現場に行く 5
飛行船の作業過程を見たら目を回す

グレシアファイナル製作現場に行く 6
飛行船模式図を見たらなんだか分からなくて高校の物理公式が浮び上がる記者-_-

グレシアファイナル製作現場に行く 7
飛行船の後ろ部分にある歯車・纎細な描写が引き立つ



飛行船を見たらグレシア大陸に移動するためには飛行船に必ず乗って移動しなければならないという事実がふと浮び上がった。この辺でハンゼヒョク開発チーム長のグレシア大陸に対する説明を聞いて見るようにしよう。

ハンゼヒョク開発チーム長 - グレシアはエルモアデン大陸の西方に位置したまた一つの巨大な大陸です。エルモアデンの勇者たちが大陸を発って飛行船に乗ってグレシアに到着し、この時初めて足を踏み入れる所が下の絵に出た飛行船場です。飛行船に乗ってグレシア大陸を旅行してみると古い時代に巨人たちの文明が発展した跡を見つけることができるでしょう。だからグレシアに存在する村の防御システムもやはり下巨人の遺跡と技術を基盤としています。

飛行船を通じて移動するから空中戦闘も追って具現化される予定であり、このような空戦がグレシア大陸で開く戦争の始発点になるでしょう。空中戦闘はこれからアップデートされるThrone3、4コンテンツの一部になりますね。


グレシアファイナル製作現場に行く 8
こちらがグレシア大陸で初めて足を踏み入れることになる飛行船場

グレシアファイナル製作現場に行く 9
飛行船下降動画を撮った写真。画質が…

グレシアファイナル製作現場に行く 10
航海背・飛行船の状態を現わすとに推測されるインターフェースを確認することができる


説明を聞いた後で見た飛行船運航動画。目の前に青空が開かれながら登場した飛行船はとても幻想的だった。上部の羽が動く部分や尾翼が方向を切り替える姿はまるで実際の飛行を連想させるほどリアルだった。飛行船が動く時の瞬間だけは形容することができない位に感動的だったし、飛行船が動きながら出す機械音とエンジン音は巨大な見掛けの飛行船の特徴を表現するのに少しも不足がなかった。

記者が飛行船の雄大壮厳な姿に呆けていると素敵なイラスト原画を見せてくれると言うので付いて行ってみた。

グレシアファイナル製作現場に行く 11
画像をクリックでイメージを拡大


プレイフォーラム - これは何を現わす絵ですか? オークとヒューマンが見えて後には倒れているドワーフとドワーフを脇に抱えて助けてくれているエルフ、一番後には二刀を振り回すダークエルフも見えますね。

ハンゼヒョク開発チーム長 - 上のイメージを理解しようとすれば先にグレシア大陸のコンセプトに対して先にお知らせしなければならないようです。グレシア大陸はシーレンの力によって暗い機運が覆い尽くした状態の姿をしていて、現存するアデン王国とはとても違った姿を見せています。そうだから大陸内部の詳細設定も既存の物とは異なるように企画中です。グレシア大陸にはあちこちにシーレンの追従者たちが大挙集結しているし、この追従者たちを退けてグレシア大陸を救い出すことがまさに顧客の皆さんがして下さらなければならない任務になります。

一方シーレンの力を憧れる勢力は単純な悪魔だけではなく他の種族(ドラゴン、怪獣等々)も多数含みになっています。これらの中には各勢力を代表する多様な形態の魔王が登場して、魔王を処理するボス戦も企画されています。もちろんこの魔王の本拠地を攻略してボスを処理できればそれにふさわしい報酬が待っているでしょう。

バクゾンフン ゲームアートチーム長 - 現在見ていらっしゃるイメージはイラストレーターが想像して自由に描いた絵です。先立って申し上げた魔王たちの本拠地を攻略する戦闘コンテンツ中の一つとして、破滅の種子(Seed of destruction)占領戦を表現したイラストです。竜族の魔王が支配している拠点であり、こちらで竜族の魔王を退けるための戦闘が起こる予定です。それでは次のイメージを見ましょうか?


グレシアファイナル製作現場に行く 12
画像をクリックでイメージを拡大


プレイフォーラム - これはマントではないんでしょうか? 右側には覚醒したように見えるカマエルも見えますね。

バクゾンフン アートチーム長 - はい、そうです。リネージュ2ユーザー達の宿願であるマントがいよいよ登場します。マントイメージの場合止まった時または移動時はためく動きに対して多くの努力を傾けました。カマエルの場合は背中に羽根があるため、カマエルには他の種族とは違う独特な形態のマントを具現化しました。

シンヒョゾン 事業チーム長 - マントはゲーム内の努力を通じて決まった業績を果たせば得ることができるようになります。今後階級や地位を象徴するのにあって、マントの占める役目は少なくないでしょう。

ハンゼヒョク 開発チーム長 - ベルトアイテムも登場します。ベルトはブレスレットと同じく別にイメージが具現化されなくて、付加的なインベントリで活用するか、新しい形態のシステムを具現化することなのかに対してはまだ決まらない状態です。


プレイフォーラム - 絵を見ればとても沢山の数の兵士たちがお互いに大規模戦闘をしている場面が印象的です。これからグレシアファイナルに適用される大規模戦闘に対して説明を頂けたらと思います。

ハンゼヒョク 開発チーム長 - インタールードの時要塞戦、国家戦、領地戦に対して言及したことがありましたが、今度のグレシアファイナルでは領地戦を具現して果てしない戦争のコンセプトを維持する予定です。大規模戦闘の範囲が増えるほど多くのお客様が楽しめるようにペナルティーなくに楽しむ戦争コンテンツを企画中にあります。ペナルティーは単純な死亡ペナルティーだけでなく、戦争をしないお客様も巨大血盟による不利益を受けない形態で登場するでしょう。

今度登場する領地戦の場合追って登場する国家戦の礎となる予定であり、領地戦の初めての舞台はアデン地域になるでしょう。


グレシアファイナル製作現場に行く 13
大規模戦闘が起きる拠点だと推測されるイラスト


プレイフォーラム - 大規模戦争なら戦闘バランスに対して移らざるを得ないのに、どのように修正する計画でしょうか?

ハンゼヒョク 開発チーム長 - まずPvPとPvE の間スキル威力を別に設定する計画です。その間の大規模戦争時1.4攻撃にすぎるほど偏重されていたことが事実です。莫大なダメージを一度に加えて反撃の機会自体を喪失するようにする方向はPvPの楽しさを反感させる要素だと判断して、これに対して長い時間悩んで来ました。以前にも申し上げたようにPvEは近距離戦闘と遠距離戦闘が適切に成り立つダイナミックな戦闘を具現化する予定であり、PvPの場合 10:0 のバランス(で片方に優位な)戦績を見せた部分に対して、コントロール如何によって 6:4 ないし 7:3 位の戦績を見せるように調整中にあります。


グレシアファイナル製作現場に行く 14
国内には公開されないリネージュ2ポスター。北米地域のユーザー趣向に合わせ現地化を経た


プレイフォーラム - PvE、PvPバランスが変わったらスキル部分も変化が生じそうです。

ハンゼヒョク 開発チーム長 - はい、そうです。新規スキルに対して説明させて頂けば、お客様が育成する各職業ごとに自分の思うロマンがあるでしょう。今度のアップデートではそういうロマンを生かすのに力を注ぎました。魔法職なら魔法職らしいロマンがあり、ファイターならファイターらしいその職業だけのロマンがあります。その感じを生かすことができる方向にスキルをアップデートする予定です。

プレイフォーラム - レベル81以上では以後スキルを学ぶことができずレベルアップに対する懐疑を感じるというユーザー達が多いです。

ハンゼヒョク 開発チーム長 - レアスキル供給方向を現在レイドボスドロップ形式で多様な形態に変更する計画です。現在よりは確かに易しく獲得することができるでしょう。ただ、レアスキルを多数が習得することで発生する問題点に対してスキルのバランシング作業が少し必要でしょう。

レアスキル以外に、レベル60、70帯の必要ないスキルもリニューアルを通じて活用度を大幅に強化する計画です。


グレシアファイナル製作現場に行く 15
インタビューを行った空間には混沌の年代記で使われたイラストが順番通りに付いていた


プレイフォーラム - 最近論難になっている量産兵器システムの変化はないんですか?

ハンゼヒョク 開発チーム長 - まず量産兵器の提供で新規/復帰したお客様方には装備の負担を大きく減らそうとする目的は成功だったと評価したいです。しかしドロップ率がとても高くてドクテムの感じ(=アイテムを得るという感じ)を全然感じることができなかったというお客様のご意見は、やはり充分に共感致しました。もういい加減に装備を取り揃えたお客様には事実上量産兵器が必要ありませんから、量産兵器と一般兵器が二つともドロップできるように調整する計画です。


グレシアファイナル製作現場に行く 16
他の会議室に付いている混沌の王座イラスト


プレイフォーラム - グレシアファイナルアップデートに合わせて追加されるビタミンアイテムはありますか?

シンヒョゾン 事業チーム長 - 実はこのようなビタミンアイテムの追加が序盤にはかなり控え目でした。お客様が心から必要とするのが何か、ゲーム内のバランスを害しないかに対する十分な時間をとった検討をしなければならないからです。グレシアアップデート パート2もこのような検討の一環で成立した変化でした。

これまで高レベル主のアップデートによって新規/復帰したお客様と一般のお客様の間に進入障壁がとても高かったし、そういう苦情を解消するためにパート1・2でお客様の意見を最大限反映するために努力しました。ビタミンアイテムもそうした主旨で作られたということを申し上げたく、このため今後ともビタミンアイテムは新規/復帰/ライトなお客様方に比重を置いて適用するつもりです。


グレシアファイナル製作現場に行く 17
リネージュ2 開発チームたちの作業現場。中あるイオン飲料が目立つ

グレシアファイナル製作現場に行く 18
事務室の一方に陳列された各種フィギュア


長時間 探訪インタビューを進行して見ると時間がふらりと過ぎ去ってしまった。もうちょっと開発チームに留まりユーザー達が気になるに値する内容を一つでも探し出したかったが、決まった日程のため惜しくもこの場を後にしなければならなかった。ユーザーの皆さんも惜しいが、次のインタビューを約束しよう。


●リネージュ2開発チーム探訪を終えて

いまだにファイナルアップデートが登場するには多くの時間が残っている。量的・質的に皆を満足させることができるグレシアファイナルアップデートを楽しむことができたら待つ時間位は決して惜しくないだろう。今回の探訪を通じて開発チームの開発姿を見守った結果、ユーザー達の期待感を充分に満たしてくれることができるはずだという確信がわいた。

くれぐれも今度探訪がリネージュ2 ユーザー達においてグレシア大陸への無限な旅程を夢見られるきっかけになるように願う。
2nd Throne, Gracia Final, Coming this winter〜!!

cbdmay at 03:25│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーを含むはてなブックマーク twitterでつぶやくGracia Final | Lineage2韓国

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
はじめに
このブログ/バナー/TBについて
 ⇒こちら

コメントについて
 ⇒こちら

リネコミュ避難所について
 ⇒こちら

リネコミュ避難所

Quick Link
サブクラススキルまとめ

最新グラフィックドライバー

連絡先:右下のメールフォームからご連絡下さい

Yahoo!検索

WEB全体を検索
ワるちゃんブログ内を検索

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録
お天気