2005年01月02日

初乗り

94f66f12.JPG
新年初乗りです。
いや〜さぶかった!
プチプチっと100km程度、牡蠣の養殖で有名なスポットへ。
年末の降雪で所々路面凍結があり、結構ヒヤヒヤ慎重な道行きでした。
海の向こうの山々も薄っすら雪化粧中ですね。


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年01月01日

謹賀新年!

e13e1b32.JPG
今年はバリバリと充実したページに致します!


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 00:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2004年12月31日

わ!雪だ!

90984865.JPG
昨晩、我が家でご近所の夫婦とともにプチ忘年会をしました。
ご主人はX4乗り、私の○山唯一のツー友(ツーリング相棒)。
今日は今年のLASTRUNしようかって言ってたのに・・・・
朝起きたら何か静か。おいおいひょっとしたら・・・・って当たってしまいました。○山としては、私が転勤で来て初めての雪ではないでしょうか。
もともと北関東人なので、圧雪路は何てことありませんが、さすがにバイクではね(笑)。
残念!新春初乗りに期待しましょうか!


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 11:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2004年12月26日

冬本番

7caf89eb.JPG
私の住む○山にも本格的な冬が到来って感じの2004 LAST SUNDAY。
夏の夕暮れに大変涼しくて好きだった場所へ、チョイ乗りしてきました。
いやいやいや、寒いのなんの、スキー用のアンダー&ジーンズ&スキーパンツ(!)でも長い時間はちと厳しいっすね(笑)。おかげで車もバイクもほとんど無かったため、良い感じのフォトがビシバシと。
 


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 18:06|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2004年12月23日

ああ!

一昨日でとうとう44マグナムになってしまいました。

月日の流れるのは本当に早いです、この年になると。ついこの前に成人式を迎えたような気がする(笑)。最近、物忘れが半端じゃありません。先月中旬、土曜日11時〜14時、日曜日9時〜12時&15時半〜18時半の計3回、同じ片道1.5時間のコースを怒らイエもんにまたがり走ったのですが、月曜日の記憶では、「2回」同一コースを走った、という記憶しかない!

これがROUKA、というのでしょうか?

おぼろげに浮かび上がる風景は、土曜日に見たものか日曜日に見たものか、判断が付かない!

・・・・こうして、子供の参観日を忘れ、結婚記念日を忘れ、自分の誕生日を忘れ、申込書に記載する年齢の欄でしばしペンが止まり、何杯目のビールか憶えてないのは当たり前、かみさんの名前と娘の名前がごちゃごちゃになり、いずれ忘れ、バイクのキーを挿す位置を忘れ、ズボンをはくのは左からか右からで悩み出し、何かに縋らないとまっすぐ歩けなくなる頃、パンツの中に尿漏れパッドが加わり・・・・・・ああ!恐ろしい!

いずれ必ず。私も、あなたも。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月18日

VRX〜出会いと別れ(前編)

684b41c5.JPG
VRX400。HONDAのSTEEDベースネイキッドといったバイクですが、ライダー諸氏に与える印象はまた別物です。怒の宮は恥ずかしながらこのバイクを知りませんでした。95年発売の99年絶版なので、約20年ライダー生活から遠ざかっていた身としては当然なんですけど。
ある日、いつもの様に米子道を120kmで走っていたら「シュインッー!」と1台の大型バイクに抜かれました。うおっ・・・と追いかける怒の宮の目に飛び込んできたのは、「朝日に輝く緑の山々の中に風のシュプールを描き飛び込んでいくライダーの姿」。
・・・・そうそうそうそう!!これこれ。大学5年(笑)の時にGB250Clubmanを後輩に無理矢理売りつけて以来、終ぞ思いもよらなかったライダーとしての自分の姿。そのライダーの姿を自分の姿に置き換えると、「大いなる自分好き=Mr.ナル」な怒の宮としては、仕事のアポを早々と繰り上げ、昔良く買っていた「Mr.bike」を立ち読みに行き、その帰り道「赤男爵」に寄って、「今、どういうバイクがあるの?」を確かめに。
ま〜、20年もその世界から遠ざかると一切情報を遮断するタイプなので、「買うなら当時買えなかった(車検有の為)SR400」という固定観念がいかに貧相なものであったかを思い知らされました。「こんなデカイバイクが400??」40〜50万で並びまくるアメリカンに大変なショックを受けました。と同時に、「こ・・・これは俺には乗りこなせる訳無いじゃん!」という一種諦めにも似たさみしい風がひゅ〜。アメリカンは軒並み足を思いっきり投げ出した格好で乗るタイプだし、レプリカって何?こんな伏せた上体で前見れんの?ってなポジション。普通のは無いの普通のは?殿様乗りが当たり前のイメージにしていた怒の宮には、やっぱりSRっきゃないのかな〜・・・お?これいいじゃん、メグロじゃん!勘の良い諸氏には言うまでもない「エストレヤ250」が目の前に。「すいません、このバイク良いッすね〜、乗り出しいくら?」赤男爵の営業マンはポツリこう応えました。「これ、米子道なんかのかるい上りの高速じゃ90km程度しか出ませんよ」「ええっ!?そうなの!ダメだなそりゃ」あっという間に興味が無くなった訳ですが、このとき一体何km出すつもりだったんでしょうか(笑)。
そんなこんなで(どんなこんな?)、雑誌買い捲りの日々がスタートしましたある日、「BikeBros中四国版」に激安バイクが。「95年式走行326km、車検受渡23万5千円」。お?このエンジン、アメリカン並のV-Twinじゃない、95年式326km?メーター戻してんのか?エンジか〜ちょっと気に入らんがスタイルもSR似だし、400なら90km以上出るだろ。なんにしてもV-Twinということはあの音が味わえる!早速土曜日朝一番店頭に見に行きました。でかい!でかいなこれ!200kg越えてる?かっこいいじゃんいいじゃんいいじゃん・・・・て、気付いたら、全ての契約が終了していました。
ここから約1年のVRXとの蜜月が始まった訳です。(あ〜長い前置き;汗)
 
ちなみに「かみさんとの出会いと別れ」を描く羽目になるほど、そのぎりぎりの線まで「リアル家庭内戦争」が続いたのは言うまでもありません(爆)。
 
    ・・・・・以降次回!


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月15日

久々にsay yes !

久々に、長距離出張byCarだったものですから、会社の近くのTSUTAYAさんで「怒の宮@懐メロ」CDを3枚ほど借りました。内の1枚、これは発見と同時に手にしてましたが、YESの最高傑作の呼び名も高い「Close to the edge」。中1の頃、ステレオ(DVDコンボ等ではない、ステレオですよステレオ)の前に正座して聴いていた記憶がまざまざと蘇り、涙ながらに聴くそれは、まさしくプログレNo.1。熱烈なファンの方には様々な異論対論極論がございましょうが、中1〜2まででプログレを自己卒業してしまった怒の宮には、これだけがいまだに風化しない「ロックと世界ひいては宇宙(!)と色彩のコラボレート」なんです。すごいですね〜、今聴いてもまったく古くない、いや、古いという表現は如何なものか、コンセプトアルバムというものは多くのミュージシャンが出してますが、1曲でそれはリアル・コンセプト(何いってんのかようわからん:笑)。18分の起承転結はハリウッド映画並みの伏線アリアリ構造、これでもかという変拍子の美的昇華、にもかかわらずなんか浮いてるベースライン(でもクリスが中心のバンドだったっけ?失礼)、結局何が言いたいのか、というとですね、今時こんな曲をリリース出来るバンドってあるぅ?ってことです。時代の波に乗ったYESという名の船は、それでも短い航海の後、一時は「Lonely Heart」で元気な姿を見せてくれましたが、続けて航海をするための海原を見つけられなかったようです。やっぱり「正座してステレオに臨む」時代の申し子だったんでしょうね・・・
 
あ、ちなみに怒の宮は根っからの「black music」FANです、念の為(爆)。


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月13日

バイクってなんだろう・・・〜怒らイエもん号の謎〜

c9ec7da4.JPG
 
いきなり壮大な厳粛なテーマで始まりましたが(笑)、怒の宮にとって、今、バイクとは・・・を語ろうかな、と。

それはたぶん、「自分自身を日常のワイヤーから解放すため」にキーを差込み、「知らない街で初めて出会う風の匂いを楽しむために」ジェットヘルメットを被り、「体験自体を自分の中で幻へと風化させないために」デジカメ君をポケットに入れるんです。

そして、それでも心根の優しい怒の宮は、「かみさんとそんな気分を共有するため」あんまし冴えないシッシーバーを取り付け、「息子が寒いといったら羽織らせるジャケットを1枚持って行くため」デグナーに金を払い、「峠道でマフラーの金属片を落として人様に迷惑をかけぬよう」OVERのアップタイプに換装するのです。(ちと無理矢理か:笑)

ま、まもなく「44マグナム」になろうとする中年親父の「どこでもドア」といったら、一言で終わっちゃう!

そんな訳で(どんなわけだ?)、よ。さんのサイトに以前カキコしたように、

我がすぽすたRは「怒らイエもん」号と命名したのでありました〜。
 
で、今後は、怒らイエもん号に至るまでの短くも長いような半年間のバイク遍歴について、語りたい・・・(「あなたという人が分からなくなってきた」というかみさんのお言葉にお応えするつもりで)、では明日はVRXからいってみよう!
honjitugogo,yuukyuu,musumenoBedside nite.


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 16:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月12日

曇りのち雨

娘が入院してはや1週間、自宅と職場と病院とをぐるぐる廻り、本当に一週間ってこんな長いのって感じでした。

チョイ気晴らしに自宅からバイクで病院に来ようと思えば、降水確率80%。

先週末思いっきり新車状態にした(つもり)ので、乗り出す勇気がナッシング。

バイクノリの風上にも置けん軟な精神力ですな(笑)。

 

ちなみにパソコンも病室に持ち込まれてしまったので、今ベッドサイドで書き込んでます(爆)。

 

ふ〜ちゃん、来週退院出来たらいいね!


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月11日

とりあえず・・・怒の宮です。

f7687896.JPGまずは・・・始める事が肝心ということで。


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 14:46|PermalinkComments(2)TrackBack(1)
Profile
Cord Name “Donomiya”




極東単車乗換促進連盟仙台支部の諜報部員。基本的に同一バイクを「12ヶ月以上、6,000km以上」乗ってはいけないという使命を真に受け、実践中。日々「NEXT DAY,NEXT BIKE」を心に刻み、情報収集に余念がない。乗り換えたバイクは25台。任務を終了するのはいつの日か?
終わりなき旅の徒然日記・・・・である。