2005年06月

2005年06月25日

試乗の日3

z750sローキンの800km走行が終わったので、無料初回点検クーポンを使いに行って参りました。本日はカワサキ車の試乗会をやっているとの情報も得ていましたので、待ち時間、乗りまくろうという魂胆です。

さて、本日の一番の目的、VN2000に乗りました。インプレですが、ま〜〜、すんごいパワーだこと。につきます。ただ、ウルトラ並かそれ以上の重さで、一発で起こせませんでした。走り出せば何も感じないけど。2速でアッちゅー間に100km/h、70km/hまではOHVのドコドコ感がありますが、それ以上ではマルチ並のシルキーなバイクに変貌します。つまり・・・なんかパワーのみ注目されますが、ちと中途半端かな〜。やはりOHVのV−Twinはご本家に敵わない。と言い切ってしまいます。YAMAHAのSilveradoに乗ってしまってからでは、まったく感動はありませんでした。YAMAHAのが上だな。

折角「パワー」を味わったのだから、久々にスポーツ系も乗っちゃおう何て〜事で、次はZ750Sに。あらま〜、軽いことはいいことだ♪なんて歌が聞こえてきそうなヒラヒラ感といくらでも引っ張れそうな盛り上がり型パワー。グッツィのブレヴァ750に似とる!で、おもしろい!このあたりが、峠では最も面白いんだろうなあ。

次、W650。上記2台の後で乗ってはいけません。なんか排気量の大きいスーパーカブに乗った様な気がしてしまいました。

そして、ZRX1200R。お〜、X4だ!久々にリッターオーバーマルチの安定した加速感を味あわせて頂きました。

さあ〜、今日の一番は、いわずもがなZ750Sで決まり!欲しいな〜こういうのも。ただし、ローキンからの乗り換えは考えられません。あくまでもセカンドバイクとして。近場の峠攻め用で。ま〜贅沢は許されませんから、買うことは無いでしょう。短期間で大人になった気分です(笑)。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 18:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年06月23日

Fがむずい

息子が「ギターが弾きたい!」というもんですから、毎日特訓してます。
とりあえず、「ポルノのシスターがいい!」とF10Gの理解から遠いところの曲を頑張ってます。前奏のコード5つ(Am,D,F,Em,G)を教えましたが、Fが大変だそうで。・・・確かに、自分も苦労した。手が小さくて、指先から血も滲むし、何でこんなコトも出来ないのかな!?と少々切れてみたり。
でも、キレイに音が出るようになったとき、たぶん進歩した自分に満足するんだよね。何か懐かしい〜、良かったな〜あの頃。そして息子君はそんな時代の真っ只中。
 
がんばれ!


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 22:15|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2005年06月20日

そこは江田島

ff1ひょんなことから、夫婦2組の日帰りツーがまとまりまして、広島は呉の南、江田島へ。

 

 

 ff2                

通りすがりのおじ様に撮って頂きました。

 

 

 ff3               

旧海軍士官養成所。

明治時代から補修していない超高級レンガ造りだそうです。今、イギリスに頼んでも誰にも出来ないレンガだそうな。触感はツルッツル。

このとなりに、当時の資料館があります。特攻隊として若い命を散らせて行った方々の遺書や写真、絵画等が数多く展示されています。無料で約1時間30分、行って見る価値必要十分大。岡山の方々は往復400km程度ですから、日帰りツーに是非!

なわけで、走行距離800kmを越えましたので、土曜日は油交換かな?



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 22:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0) ローキン 

2005年06月13日

ブラッキーなローキンカスタムカスタム話

FL1 いきなり定番のエアクリ登場。当然Gotaroさんご指摘のHSR42キャブが隠れてます。

ただし、シリンダーのみでは分かり辛い100CCボアアップなんかも・・・・インプレですが、FXDXTの時との違いを瞬間で感じました。たかが100CC、されど100CC、です。

FL2テーマは相変わらず「かみさん孝行タンデム仕様」、タンデムステップでさえ、標準ではいけません(笑)。この光物、定価ではB万くらいします。ほんと、価格設定については、笑いがでますね。

 

FL3 その2。ピロールックシートとライダーバックレスト(タンデム様手摺用:笑2)、幅30冂兇離織鵐妊爛丱奪レストパッド。デカキャリア。今回はソロツー時の後部スッキリルックをも視野に入れ、すべて「デタッチャブル」に。 

 FL4ウィンカーですが、オレンジの標準レンズをちょいスモークタイプにして、頭を花形満タイプにしました。けっこうおしゃれさんで気に入ってます。

 

 

 

FL5ローキンの標準スクリーン、当然デタッチャブルタイプに。ライトも奥行きを増して、いわゆる象鼻を強調してみました。

 

 

FL6トータル右斜め後方。ローキンカスタムならではの古いFLルックが薄れてますが、そこはそれ、「デタッチャブル」ですから。ソロではぜ〜んぶ外して、1粒で2度おいしいグリコ的バイクライフを味わっちゃお〜かな〜、なんちて。

 FL7             

それから、最終的なオマケといっちゃ〜なんですが、スクリーン裏のこの小物入れ、結構重宝します。オススメの一品。

 

 

FL8細かいところをヒカリモノにしてみました。グリップはFXDXT〜XL1200R〜FLHRSと三代続いた・・・・江戸っ子でい!少々ラバー部分がすれてきてます。

 

と、まあ、思ったほどのカスタムじゃあないな(爆)。でもこんなもんでB10くらいかかってますから、ほんといくらあっても足りないのがカスタムのカスタム所以、知り合ったウルトラの父は乗り出し600と言ってました。そうなると、バイクを乗り出した頃の「ちょっと不良なタカラモノ」感覚が失せやしないか、余計なお世話を焼いちゃうよね〜。

・・・・そんなわけで、このFLHRS、10年物として世に羽ばたかせる!真に「嫁ぐ娘の父」を鉄のお馬さんで実践する!

 

そんな想いのここ数日(水爆)。

 

FL10相棒のヘリテイジ(借)と仲良く伯耆大山スカイラインです。初夏の木漏れ陽が清清しく射し込んで、あれよあれよと言う間に(言い回しが古い?)納車翌日にして400卅行。土曜日には初油交換要byディーラー、本当HDJの営業戦略が我々小市民の財布を覗かなくなるのはいつの日か!みなさん、その日までさようなら!(嘘)

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 22:28|PermalinkComments(7)TrackBack(0) ローキン 

2005年06月12日

Here comes 道路王 !

5adbba20.JPG
九州地方や関東でさえ梅雨入りした6月11日。
とうとう道路王がやってまいりました。
大変幸いにも雨雲は去っていき、雨男donomiya返上!
 
カスタム的な部分は次回にして、とりあえずチョイツー350kmは蒜山のベストショット。


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ローキン 

2005年06月06日

95周年記念ロードグライド

5485930c.bmp
このロードグライドをイメージしました。
かっこいいですよね〜。
カウルはローキン用の標準スクリーンにしましたが、シート周りはほぼ同じイメージに・・・・なったかな?
 
 
なんか、土曜日・・・・梅雨入りかニャ〜(涙)


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月05日

も〜い〜くつ寝ると♪

今回はこれまでで最大級のオプション込み契約だった為、出来上がりが遅いんです。待ちどおし〜な〜。
で、次の土曜日、納車決定!
何をどうイジったのか、納車レポは写真満載でアップ(の予定)。


cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 19:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
Profile
Cord Name “Donomiya”




極東単車乗換促進連盟仙台支部の諜報部員。基本的に同一バイクを「12ヶ月以上、6,000km以上」乗ってはいけないという使命を真に受け、実践中。日々「NEXT DAY,NEXT BIKE」を心に刻み、情報収集に余念がない。乗り換えたバイクは25台。任務を終了するのはいつの日か?
終わりなき旅の徒然日記・・・・である。