2007年08月

2007年08月28日

SUGO5

62042841.jpg

全日本ロードレース選手権第5戦が、25〜26日仙台近郊のSUGOサーキットで行われました。

初めての観戦、カミサン共々、ぶっ飛びました。
実際に目の前で見る時速300kmは、半端じゃあございません。

26日の決勝を観ましたが、この日は事故が多く度重なる中断で、残暑厳しい中、身も心もHOTになって帰ってきました。

 

今度はゆっくり観たいな〜。
ビデオやTVでは味わえない超高速感、まだ経験の無い皆さん、是非行ってみたほうがいいよ!



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 12:51|PermalinkComments(0) R1100RS 

2007年08月19日

仙台でさえ暑かった・・・5

6d2413c6.jpg

夏休みが今日で終わります。

しかし、暑かった!
ここ仙台でさえ37℃越えがありました。


で、通算1300km走ってしまいました(笑)。
痛いほどの日差しを受け、半袖ツーの結果、両腕もろ焦げ茶色。

夏はこうでなきゃ、ね。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 22:36|PermalinkComments(3) R1100RS 

2007年08月11日

激暑の納車5

a57b749b.jpg

やって来てしまいましたね。RS君。

激暑の中、300km乗って来ました。

インプレです。

‥榲鵑硫誕
△靴咾譴覦未慮歹梓
クイックなハンドリング

以上の3点、コレには程遠い(笑)。

でも、いいんです、イインダナ〜コレが。

いかにも「乾式」というつながり時のメカニック音の後、RS君はゆ〜っくり加速していきます。ローはちょっと「あかんよ君君!」ってな感じですが、2〜3速はそこそこ良い加速感、で、そろそろ80km/h?という体感速度にもかかわらず、実は100km/h出ています。これは本日一日中感じたチャームポイント、つまり、「スピード感」が無いんですねぇ。

ワインディングでもコレは顕著に現れ、いつものあのコーナーを+10〜20km/hで進入しても全然怖くない。前回のR1200Rの試乗の時も同じでした。これはBMWのBMWたる所以??
・・・・メーター狂ってるとか(爆)。この感覚で慣れると、確かに高速で160km/h巡航も可能となりますな。

ともあれ、マッタリとした安定感のもと、もっと遠くへ!もっと!とRS君が語りかけます。5年で10万km走っちゃうオーナーが多いのも納得、これまでなら「え〜っ?新潟ぁ?」なんて距離感だったdonomiyaが、佐渡行きツーを本気で考えてるんですから。

ちょいとハンドリングに影響あるかな〜と思っていた、フロント17インチリヤ18インチという一世代前の組み合わせ(kawasaki Ninja GPZ900Rなんかもそうでした)も、全然気になるレベルじゃありません(donomiyaが判らないレベル=技量、という事ね)。

4発に乗ってまた欲しくなるツインの鼓動感、当然ハーレーのリジットマウントには敵いませんが、ハーレーリジットが「5」なら、「3.5」位の点数をつけてもいいかな?換装予定の社外マフラーが大変楽しみになりました。

 

さてさて。

明日も炎天下、何処行こうかな〜・・・・



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:01|PermalinkComments(4) R1100RS 

2007年08月05日

梅雨明けに・・・5

考えたこともなかったBMW Motorrad。

とうとう契約に至ってしまいましたね〜。

でも、さすがに追い金発生はカミサンに離婚されそうですから、
ここはひとつ、チョイ旧めのということで・・・ 

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 22:52|PermalinkComments(2)

2007年08月01日

なるほど「あがりのバイク」5

ef929601.JPG

前回モトグッチ1200スポルトで、ドキドキの右揺れを経験し、どうやらBMWのボクサーエンジンも同じらしいという情報を得たものですから、もう居ても立ってもいられなく試乗へと(笑)。

自宅から一番近いところにあるバイク屋さんが、実はBMWディーラーでしたが、「自分には関係ないっすね〜」的横目で見ていたこともあり、立ち寄ったこともなかったのですが、あらためて広い店内にビックリ。

「BMWマイスター」なる店長に、ひととおりBMWのRエンジンとは?の講義を受けた後、最新型のR1200R試乗実施です。ま、一番気になっていたBMWはRocksterでしたが、昨年で生産終了、1200ccとなってRoadsterで統一されてしまいました。スペック的にはどうもZRXより最高出力・トルク共上らしい、さてさていかがなものか・・・・。

で、インプレですが。

「あがりのバイク」って、オヤジが乗るバイクって意味とは違〜う!

というのが率直な感想。
ハーレーとは対極にあるバイクとな〜んとなく思ってましたが、んがしかしっ!そこはTWINならではの奥深さ。シリンダーの置き方一つでエライバリエーションを我々に知らしめます。
当然物静かなマフラーからはHondaカブと変わらぬ「とととととと」という音色が吐き出されてはいましたが、4000〜6000回転位までで繋いで行くと、その鼓動感はちょうど以前乗っていたYAMAHAのTDMに似てる!
当然シフトアップ・シフトダウン時にお約束の右揺れが起こりましたが、これがあなた、い〜いカンジの癖じゃああ〜りませんか。
そして、そんなことより何より、一番の感動は「テレレバー」ですな。
シャフトドライブの癖なんぞは全く取り去るこの仕組み、フロントノーズダイブが全く(チョイ大げさ?)ありましぇん!ノーズダイブのないバイク、これって凄い発明ですよホンマに。このシステムの恩恵は、長距離を乗って初めて判るものかな、と。

そういえば、BMWは「300km体感試乗」が売り物。
判っているんですね、売る方としては。
そう、少なくとも100km以上試乗して初めて判るこのバイクの乗りやすさは、もう何物にも変えられない安心と快感を感じさせてくれます。
だって、この「ノーテク・ノー度胸」donomiyaでさえ、いつもより+10〜20km/hでコーナーに突っ込んでいけるのです!コレはマジ面白いよ〜。

てなわけで、100km試乗を無事終えたdonomiya、当然向かう先は「果てしない闇の向こうにオッオ〜手を伸ばそう♪(by.ミスチル)」という事に・・・・

 

 

判る方には判って頂けますね、では次回を乞うご期待(爆)。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:23|PermalinkComments(3)
Profile
Cord Name “Donomiya”




極東単車乗換促進連盟仙台支部の諜報部員。基本的に同一バイクを「12ヶ月以上、6,000km以上」乗ってはいけないという使命を真に受け、実践中。日々「NEXT DAY,NEXT BIKE」を心に刻み、情報収集に余念がない。乗り換えたバイクは25台。任務を終了するのはいつの日か?
終わりなき旅の徒然日記・・・・である。