2009年09月

2009年09月27日

記録更新中

6caf6a2a.jpg

さてさて、シルバーウィークとやらは、donomiyaにとって今日が最終日。

この9日間、只管日帰りツーであちこち回った。
なにぶん、金欠Familyなのでお泊りは厳禁(笑)。

仙台を中心に、放射状的あちらこちらロードを開拓していき、もう少しで行くところが無くなりそうな気配。


高速は上りも下りも車・車・車、それからリヤシートに大荷物を括り付けたカットビバイク集団、みんな一体何処へ行くのかしら?と渋滞を余所目に、自分はほとんど交通量の無い峠道で毎日を過ごした。

久し振りに通った国道347号鍋腰峠、ブナの木が生い茂る気持ち良い道端で。

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 17:39|PermalinkComments(0) FLHTC 

2009年09月15日

朋あり、遠方より来る5

62a60fe2.jpg

20年近く前まで活動していたバンドのドラム担当だった「おやじ」が、定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演するという情報を得、夕方4時に見に行くことにした。その後、栃木には翌日帰る予定で、一緒に飲みましょう、という段取りである。
午前中は風が強いもののまずまずの天気だったので、ちょいと近場に100km走行。
画像は、そろそろ全開の蕎麦の花。
新蕎麦の季節ももうすぐ!

かみさんと2人、予定の時間に駆けつけると、バンドのメンバーには、ちらほら懐かしい顔が。狭い宇都宮、50近くの今だバンド活動現役となると、たぶん「友達の友達の友人」ってなことで、全て繋がる気がする。
このバンドは、E,W&Fのコピーバンド。
ジャンル的にも、自分のやっていたものと多少かぶる事もあって、久々に楽しいひと時であった。
(残念ながら、ノリノリで踊ったため画像なし:笑)

しかし、やはりディスコバンド、50近い肉体には40分のステージが限界のようである。ボーカルやダンサー、ベース奏者の肩で息する姿には「感動」という言葉を進呈致したい思いであった。

おやじ!来年も見に行くよ!お元気で!また呑みましょう!



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 16:59|PermalinkComments(0) FLHTC 

2009年09月06日

レアモデル?

我がエレグラ君、実はレアモデルらしい(By.ディーラー)。

 

その理由は・・・

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:40|PermalinkComments(2) FLHTC 

東北スポミーVol.3〜銀山温泉行

077440e2.jpg

今日は「東北スポーツスターミーティングVol.3」の日。
プレスタート以来、正式な第一回目から、スポーツスターで参加した事が無い(笑)。

とりあえず、集合写真まではいようかな〜と思いきや、カミサンから帰れコールが。

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:29|PermalinkComments(0) FLHTC 

2009年09月05日

リターン ザ ロード

と、文法的に「?」なタイトルにしてしまったが、要するに前回回った「東北道→水沢インター→国道397号→104号→45号→三陸道」というおもろいコースを逆に回ろうという土曜日のロンリー企画。

今日は、行く先々、曇り空を払いのけるように晴天になって行き、「真っ青な空、碧い海、青いバイク」が煌めくキラメク、雨男donomiya思いっ切り返上。

それでは、本日出会ったおもろい人々の話。

まず、一人目。

397号沿いの道の駅で声をかけたVーMAX海苔の男性。

岩手の方で、約半分は聴き取り不能な岩手弁を駆使されており、以下通訳込みの会話。

 

彼「あんたのバイク、外車?」
どの「・・・はい。」
彼「俺のバイクも逆輸入車っていうの?外車なんだよ〜」
どの「なるほど(笑)・・・良いバイクですよね。」
彼「俺の相棒がハーレーに乗ってるんだけど、あれは故障が多いバイクだよ〜」
・・・その後、どんなにその相棒君のハーレーがダメなのか、20分位説明を聞く。
彼「・・・っていう訳さ。ハーレーなんか乗るもんじゃねえよ本当。ところで、あんたのバイク、あれ何?」
どの「(えぇ!?)・・・・あ、ハーレーですけど・・・」
彼「あら?そう?俺の相棒のは、あんなにゴテゴテエンジン周りについてね〜けどな〜・・・・」
どの「(え〜!!:汗)ハーレーにもいろんな種類がありまして・・・・」
彼「へ〜、そうなの。」

50過ぎのバイク海苔からはそこそこ人気があるはずのFL系だが、この人にはまったく眼中に無かったようで。

その後、急激に下腹部を襲った昨晩の深酒の祟りを払い除けているうち、彼はその場から去っていったのであるが、気分良く397号を再び走り出すと、数分で彼に追いつく。こちらに気付くと減速し「どのインターから乗るの?」と訊くので、「水沢インターです」と答えると、「じゃあこっちへ行かないと。」彼は誘導を始めた。
・・・・ハッキリ言って、自由気ままに走りたいんですけど・・・
仙台ナンバーなので、ここは地元とばかり親切心が働いたのであろう。
まあ、彼も「八戸」というフレーズが何度か出ていたので、そこから高速に乗るのだろうと思い、黙って付いて行ったが、インター入口で、先に行け!行け!という手振りをするので、丁寧にお辞儀をし抜かしてETC入口に向かうと、彼はUターン、一般道を戻っていった。


「あ!わざわざここを教えるために来てくれただけなんだ!」
・・・・東北人は、本当に面倒見がいいな〜って話(笑)。

 

で、次、二人目。

水沢インターから高速に乗り、最初のSAで一服していると、いかにもお水系(しかも過去形)の70前後&50前後のWおばちゃんが近寄ってきた。

50前後「このばいく、私でも足着くかな?」
70前後「そんなの、跨ってみるしかね〜だろ」
50前後「そうだな、またがってみるか」
・・・・といって、二人でこちらをじっと見ている。
どの「・・・・(なんなの一体)・・・あ、ど〜ぞ」
50前後「あ、そ。(よっこいしょっと)・・・・あれ〜足着かね〜よ〜!ぎゃははは。しかし、股が熱いな、こりゃあ。よく乗っていられるな〜、ぎゃははは!」

すぐに降りると思いきや、いつまでも跨ったままで、煙草に火をつけだした。
さらに、時折大きなあくびまでしながら、まだ跨ったまま。
約5分くらいであったが、一本の煙草を吸い終えるまで跨り、「はい。ど〜も」と言って、彼女は去っていった。

 

その自由さ加減、素敵だわ〜(爆)。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:54|PermalinkComments(0) FLHTC 

2009年09月02日

坂内食堂

1cfa4242.jpg

仕事で奥会津まで行くことになり、折角だからと喜多方でラーメンを食べることにした。

一度行っておかないといけない坂内食堂である。
バイクも結構来ていた。
熊谷ナンバーなど関東圏のナンバーが多く、遠くは松本ナンバーまで。

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 19:01|PermalinkComments(0)

2009年09月01日

とんぼの季節

今日は亡くなった父の誕生日。
朝から家族全員で、仏壇にお線香を上げる。
末娘は、「受験に受かりますように、家族が健康で幸せになれますように」と祈ったそうである。
・・・・神社と間違っているようだ。

台風一過で朝のうちはいい天気だったが、夕方から雨模様となり、カバーをかけ忘れていたバイクが気になって、駐車スペースに向かってエレベーター前に行くと、一匹のとんぼが。

あまり元気でないようだったので、つい捕まえると、思いの他元気に暴れる。
離してやると、蛍光灯の周りにじたばたと飛び回るので、人差し指を差し出すと「ふっ」と停まった。
逃げる気配も無いので、そのままエレベーターに乗り、11階から1階へ。
そこで指を動かすと元気に飛び去った。

数十分でバイク小屋から戻ると、またまた蛍光灯周りでじたばたしている。
おいおい、待っていたのか?とばかり、人差し指を差し出すと、また停まってじっとしている。

なんだか可愛くなってしまって、家まで連れて来る。

マンションの部屋にそのまま入ると、想像を絶する家族の悲鳴。

しょうがないな〜、と11階のベランダから離すと、一瞬で消えていった。

 

「きっとおじいちゃんよ、あのとんぼ。」とかみさん。

 

 

・・・・・・ああ、それで・・・・・・って、オヤジはとんぼかいっ!(笑



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:37|PermalinkComments(0)
Profile
Cord Name “Donomiya”




極東単車乗換促進連盟仙台支部の諜報部員。基本的に同一バイクを「12ヶ月以上、6,000km以上」乗ってはいけないという使命を真に受け、実践中。日々「NEXT DAY,NEXT BIKE」を心に刻み、情報収集に余念がない。乗り換えたバイクは25台。任務を終了するのはいつの日か?
終わりなき旅の徒然日記・・・・である。