R1100RS

2007年10月21日

20years later5

1f799d82.JPG

ちょうど20年前、かみさんと東北旅行した時に立ち寄った岩井崎。
仕事の途中で偶然通りかかり、あまりにもの懐かしさから、本日かみさんと行って参りました。

波が高い日には、潮吹き岩が見物です。

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 22:28|PermalinkComments(0)

2007年09月29日

早速ですが3

456a0d22.JPG

も〜、ちょい浮気心が芽生えてまして。

 

 

BMWが、時代の流れから伝統のフラットツインを捨ててまで、2輪メーカーとしての生き残りをかけ開発した次世代エンジン、4気筒Kシリーズ。

結局、従来からのボクサー信者の声が大きすぎて、逆に「日陰者」となっていった悲しい歴史を持っています。

しかし、このメーカーの威信をかけたデザイン性、エンジン配置への拘り、他の追従を許さない空力特性(=飛行機メーカーですから)など、今でも、いや、今だからこそ、斬新に感じられる「色」を我々に提供してくれます。

たった5年間製造しただけで次のモデルへバトンタッチした、このK1100RS、気になる気になる。

すっごく重いそうです。(乾燥重量280kgだそうで)
コーナリング時、基本に忠実な無駄のない動きをしないと、曲がらず突っ込んで行くそうです。
パーツがさすがBMW料金(Rシリーズはそうでもないけど)、純正シート換装だけでも福沢さん50枚で足りないそうです(!)。
そもそも20年以上前の設計、電気系統やオイル系の管理で日々悩まされるそうです。

 

異口同音、「止めた方がいい!」

 

でも、

チャレンジャーになろうかな・・・・・・という想いが日々募り。

ま、今回は、本当に、本当に、時間をかけて、時間をかけて、考えよう、考えよう。(爆)



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 00:11|PermalinkComments(4)

2007年09月28日

ノロジーホットワイヤー5

b3a6b52c.jpg

我がRS君、1000〜2000回転時のモタツキがちょっと気になっていました。
ネイキッドモデルのRやOFF系のGSと比べ、RSやRTは高速走行重視の設計なので下のトルク感はイマイチ、とはよく聞きますが、それにしても安定しないエンジンの回り方。
ディーラーの店長に相談すると、
「コレなんかどうですぺ?」(注:原文ママ)
と、ノロジーのホットワイヤーを薦められました。
スポのころ、よく見かけたそのプラグコードは、色がチョイおしゃれで「いつか着けようサービス品」という想いでしたが、とうとう実現しないままでした。
今回清水の舞台から飛び降りたつもりで(笑)、納車後初オイル交換とともにお願いした、というわけで。

で、インプレですが、これがあーた、ま〜すごい!
プラグコードひとつで、こんなに違うもの?と驚かされました。
低回転時のモタツキがだいぶ改善された上、スロットルをあおったときのツキが全然違う!当然、1〜2〜3とつないでいった時のパワー感も20%増しってなところでしょうか、プラグ自体は純正そのままでも「豹変」致します、はい。

設定のあるバイクに乗られている諸兄、ぜひお試しあれ。

大絶賛のノロジーホットワイヤーはツインで15,750円税込み、こりゃ〜次は徹底したアーシングって奴か??



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:42|PermalinkComments(0)

2007年09月17日

試乗の日〜BMW編 その1

d881a982.jpg

二日連続で300km近く、あてもなく走ったので、今日は雨ということもありバイク磨きに専念しようかな〜と思っていましたが、チョイ気になるバイクを試乗することに。

この試乗の後、「購買に至る」ということが度々あるので、その辺りは注意してディーラーに向かいました(意味不明)。

まず、K1200R。
4気筒のネイキッドです。
163馬力だそうで、donomiya初体験の100PSオーバーマシン。

乗りました。

で、すぐ帰ってきました。

こえー!


とても乗れません、私には(笑)。

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:58|PermalinkComments(0)

南三陸

19b3bcad.JPG

三連休初日は、午後から海岸沿いを北に向かいました。
気仙沼で魚でも買って来ようか、と考えていましたが、甘い甘い。
午後出で下道では、たどり着くのは至難の業でした。
止むを得ずユーターンして、本日走行280km。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 11:53|PermalinkComments(0)

2007年09月13日

BENETON5

70181bcb.jpg

最近購入した赤ヘルが、周囲からたいへん評判悪いため(笑)、
チョイ大人しめのカラーリングヘルの購入に踏み切りました。

折角ですから、ここはひとつ、システムヘルメットでも買おうと・・・・
BENETONのコレにしました。

決め手は2点。


.筌侫クで半額以下
△箸△襯汽ぅ箸料着モデルに何故か哀愁を感じて。

 

そのモデル写真は・・・

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:34|PermalinkComments(0)

2007年08月28日

SUGO5

62042841.jpg

全日本ロードレース選手権第5戦が、25〜26日仙台近郊のSUGOサーキットで行われました。

初めての観戦、カミサン共々、ぶっ飛びました。
実際に目の前で見る時速300kmは、半端じゃあございません。

26日の決勝を観ましたが、この日は事故が多く度重なる中断で、残暑厳しい中、身も心もHOTになって帰ってきました。

 

今度はゆっくり観たいな〜。
ビデオやTVでは味わえない超高速感、まだ経験の無い皆さん、是非行ってみたほうがいいよ!



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 12:51|PermalinkComments(0)

2007年08月19日

仙台でさえ暑かった・・・5

6d2413c6.jpg

夏休みが今日で終わります。

しかし、暑かった!
ここ仙台でさえ37℃越えがありました。


で、通算1300km走ってしまいました(笑)。
痛いほどの日差しを受け、半袖ツーの結果、両腕もろ焦げ茶色。

夏はこうでなきゃ、ね。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 22:36|PermalinkComments(3)

2007年08月11日

激暑の納車5

a57b749b.jpg

やって来てしまいましたね。RS君。

激暑の中、300km乗って来ました。

インプレです。

‥榲鵑硫誕
△靴咾譴覦未慮歹梓
クイックなハンドリング

以上の3点、コレには程遠い(笑)。

でも、いいんです、イインダナ〜コレが。

いかにも「乾式」というつながり時のメカニック音の後、RS君はゆ〜っくり加速していきます。ローはちょっと「あかんよ君君!」ってな感じですが、2〜3速はそこそこ良い加速感、で、そろそろ80km/h?という体感速度にもかかわらず、実は100km/h出ています。これは本日一日中感じたチャームポイント、つまり、「スピード感」が無いんですねぇ。

ワインディングでもコレは顕著に現れ、いつものあのコーナーを+10〜20km/hで進入しても全然怖くない。前回のR1200Rの試乗の時も同じでした。これはBMWのBMWたる所以??
・・・・メーター狂ってるとか(爆)。この感覚で慣れると、確かに高速で160km/h巡航も可能となりますな。

ともあれ、マッタリとした安定感のもと、もっと遠くへ!もっと!とRS君が語りかけます。5年で10万km走っちゃうオーナーが多いのも納得、これまでなら「え〜っ?新潟ぁ?」なんて距離感だったdonomiyaが、佐渡行きツーを本気で考えてるんですから。

ちょいとハンドリングに影響あるかな〜と思っていた、フロント17インチリヤ18インチという一世代前の組み合わせ(kawasaki Ninja GPZ900Rなんかもそうでした)も、全然気になるレベルじゃありません(donomiyaが判らないレベル=技量、という事ね)。

4発に乗ってまた欲しくなるツインの鼓動感、当然ハーレーのリジットマウントには敵いませんが、ハーレーリジットが「5」なら、「3.5」位の点数をつけてもいいかな?換装予定の社外マフラーが大変楽しみになりました。

 

さてさて。

明日も炎天下、何処行こうかな〜・・・・



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:01|PermalinkComments(4)
Profile
Cord Name “Donomiya”




極東単車乗換促進連盟仙台支部の諜報部員。基本的に同一バイクを「12ヶ月以上、6,000km以上」乗ってはいけないという使命を真に受け、実践中。日々「NEXT DAY,NEXT BIKE」を心に刻み、情報収集に余念がない。乗り換えたバイクは25台。任務を終了するのはいつの日か?
終わりなき旅の徒然日記・・・・である。