XL1200L

2009年05月15日

ヘルメットでPR

e3c4086b.jpg

FLHTCのフェアリングに張ろうとして作ったステッカー。

オマケのミニ版をヘルメットに張ってみた。

 

 

ま、それなりに。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 18:51|PermalinkComments(2)

2009年05月09日

福島へ

745dd6ab.jpg

残り僅かなあなたとの時間・・・・という訳ではないが、スポで楽しいルートを探して福島へ。

高速千円が、自分なりにあった日帰りツーの許容範囲を崩していく。

まずは仙台南から一気に福島西へ。
下道をちょっと戻る形で、磐梯吾妻スカイラインを目指す。

 

初めて通った「日本の道100選」は、はっきり言ってスポには向かない(笑)。
途中、「火山性ガスの発生の恐れがありますので、止まらないで下さい」という立て看板があった。
なるほど、何か息苦しいと思ったらそういうことか。

で、ガタボコ道(舗装が最悪)を我慢して・・・・・

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 18:39|PermalinkComments(0)

2009年05月04日

あ、これですな

判った!

病気再発のきっかけは、これだ。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 00:17|PermalinkComments(0)

2009年05月02日

久々のマスツーリング

d8dcd29d.jpg

4月29日、ディーラー主催のツーリングに参加。

http://hdmiyagi.blog6.fc2.com/

いつもの単独行動とは違い、前後の間隔に注意しながらの走行、結構疲れるものだなぁ、と久しぶりに新鮮な感覚であった。

 

まあ、これが車両入れ替えのきっかけ、といわれても・・・・・・

 

 

否定は出来ないな〜(笑)。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 09:49|PermalinkComments(0)

2009年05月01日

やっちまったな〜

3d683112.jpg

XL1200L納車から丁度6か月。

 

慢性の病気は全く完治せず、またまたやっちまったな〜・・・・・

 

 

月末到着予定のFLHTC、画像でお披露目。

詳細は納車後。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:34|PermalinkComments(4)

2009年04月28日

深夜のシュミレーションゲーム

毎年春が来ると、違ったバイクに乗りたくなる。

これって、俺だけ?

たぶん、病気が治ってないのであろう。
とはいえ、さすがに宝くじに当たった訳でもないし、銀行口座に有り余る残高が在る訳ないし、ここはひとつシュミレーションゲームということで。

 

2004年から、ハーレーに乗ったり降りたり乗ったり降りたり乗ったり降りたり、ネバーエンディングな散財バイクライフを送ってきた訳だが、ひとつ言えることは、
「ハーレーって中古でも高くね?」
という点である。
200万前後の車体が、2年後3年後4年後5年後6年後・・・・・・決して180万以下になりゃしない。
当然、訳アリ物やヤフオク物、危険な匂いのする物ならばその限りではないが、それらに手を出すには、清水の舞台からダイナマイトを抱えて飛び降りた先が北朝鮮のようなものなので、小心者のDonomiyaとしては我慢してディーラー物を漁るしか術が無い。

ただし、ここ最近、車種によってそうでもなくなってきたなぁ〜というのが本音である。

例えば、狙い目は初期のツインカム88。
2000年のFXDXとか1999〜2002年のFLHTCとか。
この2機種は、人気車種の狭間でひっそりと価格を下げているようである。

そう、2002年FXDXT、1996年EVOキャブウルトラには乗った経験アリなので、そのデメリット部分を補ってくれる車種・年式としての魅力があるはず。

もし、FXDXなら。

今の1200Lと同様の「トップケース付き」にする。
キャブはHSR45なんていうものにしてみたり。
ブラックエンジンだからエアクリもS&Sの黒塗りか?
マフラーは安いのが沢山あるし。

もし、FLHTCなら。

やはりキャブ&エアクリ&マフラーは変えるけれど、それだけで済むな。

 

それぞれを購入した場合の散財シュミレーションゲーム。
これが酒気帯びメタボ親父の、夜のロンリープレイ。

 

 

 

・・・・・で、シュミレーションじゃなくなるんだな・・・・・いつも(笑)。

 



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:14|PermalinkComments(1)

2009年04月14日

熱い深夜午後0時

e9e9ae61.JPG

まずい。

このままではまずい。

 

 

今更ながら、夜婦奥マジックにかかっている。

別にどうしても欲しいわけじゃないけど、まあこの値段ならちょっと入札してみる??

これが、深夜0時の酒気帯び親父には大変ヤバイ状況になっている。
気が大きくなってしまうのだ。

例えば昨夜。
ハーレーのスタジャン?いいじゃん。
けど、鷲の刺繍?
うわっダセー・・・・・と思っているのに、ちょっと入札。
終了5分前、おいおい落ちちゃうよー、どうしよう。
でも、まあこの値段なら・・・・って自分自身を無理矢理納得させていると、計ったように1分前、「ひょい!」と更新される。

この瞬間、何故か酒気帯び親父、負けず嫌いなメタボ親父に変身してしまう。

 

これは病気です。

 

結局、無理矢理納得しようとした際の倍以上の金額で落として、ヤッター!
・・・・・と思う間もなく自己嫌悪。

 

この性格だ、この性格。
バイク遍歴(変歴ともいう)もすべてこういう性格が災いしているのか。

 

 

とは言いつつ、「何と着合わせればカッコいいか」これをテーマに商品到着前の夜、あれこれ思い巡らせ、またまた酒気帯び親父。

 

 

暫く続くな・・・・(笑

 

 

 

 



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 00:07|PermalinkComments(0)

2009年04月12日

SAKURA

2bfedee9.jpg

ここ東北にも桜の季節到来。

 

今日は七ヶ宿の蕎麦屋「がんこ」で、田舎盛りそばを頂くショートツー。
ようやく食べることの出来たその唯一のメニューは、いわゆる「まいうー」。

 

途中、山火事で回り道させられたり、行きつけディーラー主催のツーリングに遭遇したり、まあ色々あったけれども、多くは語らずおこう。

 

 

そう、SAKURAの季節はほんの一瞬だから。

 

 

 

 

 

 

・・・・・(爆)。

 



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 20:54|PermalinkComments(0)

2009年04月05日

土日の過ごし方〜2

日曜日。

またまた、テニスの試合の送迎パパから一日が始まる。

今日は昨日の混み具合を考慮し、裏道GOで8時前に自宅到着。
今日は最高気温が15度を超えるという、まさに春の予報に嬉しくなり、昨日より一枚薄着にしようかどうしようか、悩んで悩んで、結局着膨れ親父。

テニスは本日決勝トーナメントということで、午後2時には見に行こうという親父の心を持ち、北を目指す。

昨日、たった200kmで起きるのが辛かった。
寄る年波、今日は100kmに止めよう。

三陸道を終点まで走行、三陸海岸沿いを岩手方面へ向かい、途中から内陸へ。

素晴らしく大らかなワインディングロードに大満足。

しかしまあ〜風の強いこと、何度かバンクした体とバイクが持ち上げられて、危うくコースアウトすること3〜4回。

一関インター手前のラーメン屋は満席であったものの、ごくごく普通の味だった。

試合会場に着くと、「一回戦敗退だぁ〜」とかみさん軍団(かみさんが沢山いる訳ではない、子供たちのお母様たち)。

 

それでは、ということで、前から気になっていたFXSTの試乗をすることにした(笑)。

インプレとしては、結論、購入意欲はわかず、暫く1200Lで行こう!

 

さて、タンクパッドでも張りに行くか。本日全走行距離、300km(爆)。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 18:51|PermalinkComments(0)

土日の過ごし方

bc8faa3e.jpg

4月最初の土日だったが、「三寒四温」ならぬ「五寒二温」で、北西からの風がやたら冷たい。
しかし、天気は土曜の夜遅くから雨が降る意外は、宮城近県ほぼ晴れの予報だったので、「関東スポーツスターミーティング」への一泊二日の参加はあきらめて、近場へ春を探しに行くことにした。

(と、ここまで書いて、883RのGotaroさんよりカーボンタンクパネルが届く)

土曜日。
朝6時30分起床。
末娘のテニスの試合ということで、泉のテニスコートまで送迎パパ。
8時に自宅に戻り、風は無いものの気温が10度まで上がらないという予報から、例によって着膨れ親父バイカーへと変身。
本日のメインテーマは「山形のどこかで十割りそばをいただく」である。
高速も安くなったのかな〜と、とりあえず仙台南からETCレーンに進入。
あまりの風の冷たさに、着膨れ親父も効き目なし。
とっとと村田インターで下り、いつものマイルートを南下する。
遠刈田温泉から蔵王エコーライン入口をかすめてひたすら七ヶ宿を目指す。
まもなく七ヶ宿の道の駅、という時、前に2台のバイク。
一台はBMWっぽいが、よく判らない車種。もう一台はW650?400?
道の駅まであたかも3台でのツーリング宜しく、駐車場に入ると、おや?懐かしい顔では!
1年半前ほど、BMWのK1100RSに乗っていたとき、この七ヶ宿の道の駅で、プチミーを実施、その時K1200RSでいらしていた山形の方であった。
W400は娘さんだという。
いやはや、何とも羨ましい。
蔵王の有名なピザ屋さんに行く途中だそうで、新たにヤフオクで仕入れられたという、K1100LTに接し、暫しバイク談義。

ここで親娘と別れ、そばを求めて七ヶ宿街道を高畠方面へ。

今回、お目当ての蕎麦屋が「冬季休業」(ってまだ冬季?)であったため、近くの十割り蕎麦やに入ったが、ここが大当たり。

怪しげな昭和の香りをプンプン漂わせ、1960〜70年代の雑誌が壁の棚一面を覆っている。入口は写真をご覧あれ。

大満足の蕎麦の後は、お決まりのコースを辿り、午後6時自宅到着、全走行200km。

末娘を迎えに行ったかみさんから、携帯に電話が。
「夕飯作るの面倒だから、近くのお蕎麦屋さんに行かない?」

 

・・・・・よっしゃ、いい勘してるね!



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 18:29|PermalinkComments(1)

2009年03月29日

牛を食す旅

3月29日、といったら暦の上も実際も春でなくてはいけない。
なのに、この晴れ時々曇りのバイク日和も、仙台の最高気温は7℃。

こうなったら、もう牛を食す旅しかない。
あまり遠くへは行けないから。

仙台、といえば「牛タン」というのが定説であるが、これは「太助」というお店が始めたホルモンのひとつの食べ方である。
これは宇都宮の「餃子」に相当する町興しの材料に過ぎない。
仙台人は、まずこれを日常の食材にはしていない(はず)。

当然自分もこうした高価で、たいして美味しくも無く、量が少ない定食には目を向けない。

バイクガレージのドアが北風に押し返されてしまうので、ドアストッパーを工夫して、漸くの思いでドアを固定し、バイクを脱出させる。
冷え切ったエンジンは、さすがのインジェクション、一発始動。
後方確認後にスタートする訳だが、あまりの着膨れに首が斜め後方45度以上回らないので、上半身を大きく仰け反らせて発進。

あすと長町の再開発地区を抜け、駅前を横切り、モール前を過ぎて一路R286へ。

R286を左折し、南へ下る。
向かい風が厳しく吹きつけ、ジェットヘルメットのバブルシールドが「がたがたがたがたがた」といつ飛ばされて行ってもおかしくない位の振動音を発する。

もうすぐ目的地、さて今日は何を食べようか。
昨晩、スーパーでグラム698円の霜降り薄切り肉を2枚しか食べなかったが、胃が重くなってしまったという、48歳を取り巻く現実。
当然油を使っていないのがよろしい。

到着。
ヘルメットをリアのGIVIBOXに格納、上着のポケットから煙草を一本取り出し、火を付ける。
まだ自分の中でメニューが決まっていないのだ。
一人で食べる昼食にも優柔不断の性格が災いするようだ。
・・・・・・よし、決めた!

 

「特盛り、汁ダク、生たまご!」

 

往復5km、本日の旅は、以上(爆)。

 

 



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 17:33|PermalinkComments(4)

2009年03月25日

Spring has come

343de4ef.JPG

春めいてきた。

と、思ったら今日の東北は雪。

今日は、新期に向け、単身赴任解除のお引越し実行。

盛岡インターから営業車で南下し、一関インターで下りる。
気仙沼方面を走り、海岸線沿いから仙台を目指す。
このルートはやっぱりバイクでないとね。

 

ヘルメットを3つほど相次いで購入。

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 19:03|PermalinkComments(0)

2008年12月20日

イーストアーバン〜その25

装着しましたのでインプレをば。

こんなにうるさかったかな〜、というのが率直な感想。
なぜか音質が高音というか、まるで国産アメリカン250ccのリプレイスマフラーみたいなのよね〜。
イーストアーバンのサイトを見たら、CHスタイルマフラーがリニューアルした模様。
取り付け部分の強化対策、サイレンサーのリメイクで価格据え置き。
遠山さん曰く「サイレンサーのエンド部分を長くしたので、排圧がかかり低速トルクアップ」との事だったので、早速サイレンサーのみ入手、本日装着いたしました。
インプレですが、若干音質が低くなり、音量が下がりました。
トルク感は・・・変わりません、たぶん(笑)。

気にしていたインジェクションとの相性も・・・よく判りません(笑:2)。

ただし、バックファイヤーも出ませんし、思った以上に抜けが良くなっていないのかもしれない。ノーマルと比べて、吹け上がりの違いも感じられないし。

 

当分様子見ですね。
まずは一安心。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 22:07|PermalinkComments(0)

2008年12月09日

イーストアーバン4

先日、東京出張の折、少し時間が空いたので、「イーストアーバンに行ってみよう!」と思い立ち、ナビで検索。
古いDVDナビであったにもかかわらず、「イーストアーバンモトサイクルズ」が出てきました!ちょっと感動しましたが、移転前の住所(笑)。
さいわい、近くへの移転だったため、そちらへ向かいましたが・・・・火曜日定休だったのね(爆)。

そんなこんなで、以前Rの時つけていたCHスタイルマフラーがヤフオクに出ており、つい入札。
2万円開始だったので、どうせ駄目だろうと2万1円で入札したところ、だ〜れも参加せず、落ちちゃいました。
1万5千円で自分のを売って、2万円で同様の中古を買う・・・・ちと微妙な気分(爆×2)。

さて、インジェクションで問題ないかどうか、とりあえず装着後にインプレをば。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 09:58|PermalinkComments(0)

2008年11月10日

紅葉も終わりそう・・・5

6b2bbdaf.jpg

東北はめっきり寒くなり、岡山時代の真冬の格好でちょうどよい季節。

シックデザインのカウルをつけました。
久々にカウルの恩恵を思い知った、という感じです。
高速で風速2〜3mになると、ぬふわkmが限界でしたが、装着後はぬうわkmでも余裕余裕。単に風を我慢すれば同じじゃないのって事ではありません。
このプルバックハンドル、体にぬふわkm以上の走行風を受けると、ハンドルから手が離れてくるんだなこれが!
もう握力との戦いで、2時間も高速乗っていると、煙草を吸うにもまるで他人の手で吸っているような感覚(このビミョーな感覚が伝わるかな?:笑)。

あとは給排気系ですな。
さすがにノーマルには飽きてきました(爆)。

インジェクションなので、ポン付け可能なものが少なそう。
研究しないとね。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 10:12|PermalinkComments(0)

2008年10月26日

納車〜女川周遊5

8a7e490b.jpg

土曜日・大安・快晴・ぽっかぽか。納車絶好!

中古とはいえ、08年の試乗車だったため、ディーラーの好意で新車扱いの待遇。
ハーレーダビッドソン宮城の早坂常務はステキな人です(ホメホメ:爆)。

そんな訳で、お決まりの納車式の後(何度目ぇ〜!?)、そのまんま女川方面へと走り出しました。

牡鹿半島はもうすっかり秋本番。
赤とんぼの大群がメットや体に当たる当たる、メットにトンボ型のシミがつきまくり。

久々のVツイン、オンリーワンの鼓動、痺れる指先。

そう、納得の里帰り、これが忘れかけていたファンキーライディングタイム。

いつものワインディングが60〜80km/hで、もう十分面白い!

こりゃあ暫くワクワクですな〜。

 

いや、本当(爆爆)。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 22:01|PermalinkComments(3)
Profile
Cord Name “Donomiya”




極東単車乗換促進連盟仙台支部の諜報部員。基本的に同一バイクを「12ヶ月以上、6,000km以上」乗ってはいけないという使命を真に受け、実践中。日々「NEXT DAY,NEXT BIKE」を心に刻み、情報収集に余念がない。乗り換えたバイクは25台。任務を終了するのはいつの日か?
終わりなき旅の徒然日記・・・・である。