FLHTC

2010年10月06日

七ヶ宿の蕎麦やにて

a3ae7f81.jpg

先日、岡山の相棒君のかみさんと七ヶ宿の蕎麦屋に行った。(なぜ、相棒君のかみさんと?説明は長くなるので割愛)

自分では撮ることの出来ないワンショット。

そろそろ新そばの季節ですな〜、待ち遠しい・・・・・・



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 11:14|PermalinkComments(0)

2010年09月14日

秋めいて5

2c6b29e3.jpg

仙台は、先日の異常進路をとった台風の過ぎ去った後、一気に秋めいてきた。

最近よく行く、福島は伊達市霊山地区、ここのアイスクリームが美味い。

しかしさすがに50目前の体、レギュラーサイズはおなかに厳しく、「ミニサイズ」で満足のひととき。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 09:55|PermalinkComments(0)

2010年08月23日

さぼっていました

さぼっているうちに、あれよあれよと3ヶ月が過ぎ。
元気に走ってはいるのだが、なかなかネタが無く。
画像は、七ヶ宿そば街道の蕎麦畑。
白い花がなんとも美しい。
新そばの季節が待ち遠しい!
蕎麦の花

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 11:44|PermalinkComments(5)

2010年05月07日

GWのすごし方

8b879919.jpg

かみさんとの長距離は秋頃までおあずけなので、5月2日〜5日の最高な天気をFLHTC君と満喫した。

総走行距離1,100km。

 

 

富士山往復と何ら変わらず(笑)。

画像は福島相馬漁港付近。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:17|PermalinkComments(1)

2010年05月02日

鍋腰峠にも春が来た5

00385bb5.jpg

腰を患ったかみさんをおいて富士山に行けるわけも無く、GWはほぼイベントレスのdonomiya家。
今日は久々の降水確率0%予報を真に受けバイクを北に走らせると、ま〜何処を通っても車・車・車。
で、渋滞を避けて避けて避けて、気が付くと、宮城〜山形の鍋腰峠に。

ここまで来ると、さすがに車の数は激減、訪れた春を楽しむ余裕も。

画像は、ふと止まった峠道にて。

あたりはふきのとうだらけ。
どの程度のものが美味しくいただけるのかわからないdonomiya、春をそっとそのままにして走り去ったのでありました(笑)。

 



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:02|PermalinkComments(0)

2010年04月05日

春よ来い〜♪・・・ま〜だだよ・・・・1

936c48d2.jpg

という感じで、まだまだ肌寒い日々が続くここ東北地方。

4日日曜日は、それでも降水確率0%を信じ、久々の200kmツー。

福島の伊達市内は気温15℃まで上がっていたが、霊山の峠では3℃・・・・。

体調が狂ってしまうな〜まったく。

来週は暖かくなってくれいっ!もう4月だぜ!



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 07:10|PermalinkComments(2)

2010年04月01日

冬眠から目覚め・・・・5

0ee02d49.jpg

どひゃ〜!

 

正月以来、まったくの冬眠状態。
ひさびさに書き込みを。

先日、左のフロントフォークからオイル漏れを確認、シールの老朽化によるものと判明、急遽入院オーバーホール。
入院費4万6千円成。

入院中、バイクに乗りたい衝動に駆られたときは、これっきゃないでしょ。

 

そんな訳で乗ってみた新型トライアンフサンダーバード、インプレをば。

まず思い出したのは、HONDA VTX。
1600cc水冷ツインのドコドコ感は大変共通するものがあった。
日頃乗りなれているFLHTCとは別の生き物、別の世界感。
とにかく速いです、ハイ。

ただ、旧サンダーバードの3気筒、オーソドックススタイル版に魅力を感じていたおっさんとしては、このアメリカンクルーザースタイルで蘇った雷鳥にいささか疑問・・・・

.掘璽
 中途半端なスポーティシートが一体何処に座ったらいいか判らん!
▲魯鵐疋
 半端に幅広、グリップが変に向こうを向いて、安心感が無い!
リアサス
 若干の調整は可能なタイプが標準だが、大柄330kgを支える質感に乏しい?
 とりあえず、「お尻が痛い」状態。(→たった3km程度の試乗なのに・・・)

てな訳で、当然購買欲は沸かず、ますますFLHTC MY LOVEな状況に。

5月の富士山行き、タノシ身だわ〜

 

 

次はツインカムになったフラットツインでも試乗してみようかな!

 

でも、盆寝もなかなかいいなあ・・・・・(笑



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:58|PermalinkComments(2)

2010年01月01日

A Happy New Year !5

149663d4.JPG

仙台は雪の舞うお正月となる。
岡山から娘が帰って来ていることもあり、何処にも行かず(行けず=金欠)、健康な寝正月。

本年も「What is donomya ?」よろしくお願い申し上げます。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 15:34|PermalinkComments(0)

2009年12月07日

冬の休日

64f999f7.jpg

12月最初の土日は、雨こそ少なかったものの、最高気温は10度前後、気分良く長距離を走れるもんじゃない。

土曜日の走行距離は30km(笑)、さぶいさぶいと、とっとと戻って来た。

日曜日はそれでも13度位まで上がり、これは走るしかないな、と50km走行(爆)。

やはり長距離は必ず峠越えが必要となるので、路面状況を考えると仙台周辺をうろうろするしかない今日この頃。

画像は、仙台市内から最も近いユリアゲ港にて。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 09:05|PermalinkComments(2)

2009年11月20日

国道399号・・・酷道の道祖神5

109ac3ca.jpg

いつか酷道399号の特集をしようと思っているうち、もはや冬季閉鎖。

 

ま、来春、じっくりとご紹介いたしやしょう、恐るべき酷道の実態を。

 

で、秋口に撮った、た〜くさんの道祖神。色・ツヤ・サイズ、敵いません(笑



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:31|PermalinkComments(0)

2009年11月17日

1996年「VIBES」記事にて

216cfe07.jpg

こんな広告を発見。

・・・・多分、違うと思う。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:53|PermalinkComments(0)

2009年11月08日

大内宿

67a7add6.jpgここのところ、アウトライダー誌や培倶人誌等でやたら会津は大内宿の特集をしているので、おおよそどんなところかの見当はついたが、ここはひとつ紅葉の時期に訪れるべきと、東北道を南下する。続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 13:56|PermalinkComments(3)

2009年10月25日

紅葉狩りではなく秋桜狩りに5

b08aec9c.JPG

本日、仙台市の南西に位置する「みちのく湖畔公園」に行ってきた。

ZRX1200R時代に、カミサンと行ったきりであったが、本日まで「コスモス祭り」をやっているというので、最終日には何かオマケがあるだろうという微かな期待をもってズルイ夫婦の参上。

摘み放題の秋桜、と言う若干のオマケに感謝、平和な時間がマッタリと過ぎていくのであった。

 

折角なので、正体不明の公園キャラクターとワンショット。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:20|PermalinkComments(0)

2009年10月18日

土日、バイク三昧

6dbdca01.jpg

この土日、バイク三昧で過ごした。

まあ、ここ東北は、もうすぐ長距離を走るのが辛くなるので、革ジャンでちょうど良い今がベストシーズン。

とりあえず、かみさんと南三陸は「500円刺身ツアー」で土曜日の始まり。

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:29|PermalinkComments(0)

2009年10月10日

初ショートツーwithKちゃんパパママ5

ae610385.JPG

本日、息子のバンド仲間の両親(CB1300SB海苔)と、東北で初の夫婦2組ツーを実施。

まずは、バイク撮影から。

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 18:03|PermalinkComments(0)

2009年09月27日

記録更新中

6caf6a2a.jpg

さてさて、シルバーウィークとやらは、donomiyaにとって今日が最終日。

この9日間、只管日帰りツーであちこち回った。
なにぶん、金欠Familyなのでお泊りは厳禁(笑)。

仙台を中心に、放射状的あちらこちらロードを開拓していき、もう少しで行くところが無くなりそうな気配。


高速は上りも下りも車・車・車、それからリヤシートに大荷物を括り付けたカットビバイク集団、みんな一体何処へ行くのかしら?と渋滞を余所目に、自分はほとんど交通量の無い峠道で毎日を過ごした。

久し振りに通った国道347号鍋腰峠、ブナの木が生い茂る気持ち良い道端で。

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 17:39|PermalinkComments(0)

2009年09月15日

朋あり、遠方より来る5

62a60fe2.jpg

20年近く前まで活動していたバンドのドラム担当だった「おやじ」が、定禅寺ストリートジャズフェスティバルに出演するという情報を得、夕方4時に見に行くことにした。その後、栃木には翌日帰る予定で、一緒に飲みましょう、という段取りである。
午前中は風が強いもののまずまずの天気だったので、ちょいと近場に100km走行。
画像は、そろそろ全開の蕎麦の花。
新蕎麦の季節ももうすぐ!

かみさんと2人、予定の時間に駆けつけると、バンドのメンバーには、ちらほら懐かしい顔が。狭い宇都宮、50近くの今だバンド活動現役となると、たぶん「友達の友達の友人」ってなことで、全て繋がる気がする。
このバンドは、E,W&Fのコピーバンド。
ジャンル的にも、自分のやっていたものと多少かぶる事もあって、久々に楽しいひと時であった。
(残念ながら、ノリノリで踊ったため画像なし:笑)

しかし、やはりディスコバンド、50近い肉体には40分のステージが限界のようである。ボーカルやダンサー、ベース奏者の肩で息する姿には「感動」という言葉を進呈致したい思いであった。

おやじ!来年も見に行くよ!お元気で!また呑みましょう!



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 16:59|PermalinkComments(0)

2009年09月06日

レアモデル?

我がエレグラ君、実はレアモデルらしい(By.ディーラー)。

 

その理由は・・・

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:40|PermalinkComments(2)

東北スポミーVol.3〜銀山温泉行

077440e2.jpg

今日は「東北スポーツスターミーティングVol.3」の日。
プレスタート以来、正式な第一回目から、スポーツスターで参加した事が無い(笑)。

とりあえず、集合写真まではいようかな〜と思いきや、カミサンから帰れコールが。

続きを読む

cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 21:29|PermalinkComments(0)

2009年09月05日

リターン ザ ロード

と、文法的に「?」なタイトルにしてしまったが、要するに前回回った「東北道→水沢インター→国道397号→104号→45号→三陸道」というおもろいコースを逆に回ろうという土曜日のロンリー企画。

今日は、行く先々、曇り空を払いのけるように晴天になって行き、「真っ青な空、碧い海、青いバイク」が煌めくキラメク、雨男donomiya思いっ切り返上。

それでは、本日出会ったおもろい人々の話。

まず、一人目。

397号沿いの道の駅で声をかけたVーMAX海苔の男性。

岩手の方で、約半分は聴き取り不能な岩手弁を駆使されており、以下通訳込みの会話。

 

彼「あんたのバイク、外車?」
どの「・・・はい。」
彼「俺のバイクも逆輸入車っていうの?外車なんだよ〜」
どの「なるほど(笑)・・・良いバイクですよね。」
彼「俺の相棒がハーレーに乗ってるんだけど、あれは故障が多いバイクだよ〜」
・・・その後、どんなにその相棒君のハーレーがダメなのか、20分位説明を聞く。
彼「・・・っていう訳さ。ハーレーなんか乗るもんじゃねえよ本当。ところで、あんたのバイク、あれ何?」
どの「(えぇ!?)・・・・あ、ハーレーですけど・・・」
彼「あら?そう?俺の相棒のは、あんなにゴテゴテエンジン周りについてね〜けどな〜・・・・」
どの「(え〜!!:汗)ハーレーにもいろんな種類がありまして・・・・」
彼「へ〜、そうなの。」

50過ぎのバイク海苔からはそこそこ人気があるはずのFL系だが、この人にはまったく眼中に無かったようで。

その後、急激に下腹部を襲った昨晩の深酒の祟りを払い除けているうち、彼はその場から去っていったのであるが、気分良く397号を再び走り出すと、数分で彼に追いつく。こちらに気付くと減速し「どのインターから乗るの?」と訊くので、「水沢インターです」と答えると、「じゃあこっちへ行かないと。」彼は誘導を始めた。
・・・・ハッキリ言って、自由気ままに走りたいんですけど・・・
仙台ナンバーなので、ここは地元とばかり親切心が働いたのであろう。
まあ、彼も「八戸」というフレーズが何度か出ていたので、そこから高速に乗るのだろうと思い、黙って付いて行ったが、インター入口で、先に行け!行け!という手振りをするので、丁寧にお辞儀をし抜かしてETC入口に向かうと、彼はUターン、一般道を戻っていった。


「あ!わざわざここを教えるために来てくれただけなんだ!」
・・・・東北人は、本当に面倒見がいいな〜って話(笑)。

 

で、次、二人目。

水沢インターから高速に乗り、最初のSAで一服していると、いかにもお水系(しかも過去形)の70前後&50前後のWおばちゃんが近寄ってきた。

50前後「このばいく、私でも足着くかな?」
70前後「そんなの、跨ってみるしかね〜だろ」
50前後「そうだな、またがってみるか」
・・・・といって、二人でこちらをじっと見ている。
どの「・・・・(なんなの一体)・・・あ、ど〜ぞ」
50前後「あ、そ。(よっこいしょっと)・・・・あれ〜足着かね〜よ〜!ぎゃははは。しかし、股が熱いな、こりゃあ。よく乗っていられるな〜、ぎゃははは!」

すぐに降りると思いきや、いつまでも跨ったままで、煙草に火をつけだした。
さらに、時折大きなあくびまでしながら、まだ跨ったまま。
約5分くらいであったが、一本の煙草を吸い終えるまで跨り、「はい。ど〜も」と言って、彼女は去っていった。

 

その自由さ加減、素敵だわ〜(爆)。



cbgbvrxxvx4tdmfxdxtxl1200r at 23:54|PermalinkComments(0)
Profile
Cord Name “Donomiya”




極東単車乗換促進連盟仙台支部の諜報部員。基本的に同一バイクを「12ヶ月以上、6,000km以上」乗ってはいけないという使命を真に受け、実践中。日々「NEXT DAY,NEXT BIKE」を心に刻み、情報収集に余念がない。乗り換えたバイクは25台。任務を終了するのはいつの日か?
終わりなき旅の徒然日記・・・・である。